図解入門ビジネス 最新マーケティング戦略の基本がよーくわかる本

概 要

マーケティングの基礎から最新理論までを解説した実践力が身に付くマーケティング入門書です。提供者から消費者へのパワーシフトが起こっている今日、マーケティングは企業存亡にかかわる重要な知識体系となっています。本書では、マーケティングの理論と戦略について、図表を交えながら初心者にもわかりやすく解説。企業価値を支えるステークホルダーを満足させ、企業価値を高めるというマーケティング思想を元に、マーケティングの意味、SWOTやPEST分析などの環境分析手法、イノベーション戦略、価格戦略、流通チャネルやプロモーション戦略、マーケティング3.0とCSR3.0について学びます。また、インターネットの活用で再注目されるDRMや企業価値の向上に重要な役割をはたすCSRについても言及しています。

著者 宮﨑哲也
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-2985-6
発売日 2011/6/18
判型 A5
色数 2色
ページ数 370
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 マーケティングの意義と役割

1-1 マーケティングの意義

1-2 マーケティングコンセプトとは何か

1-3 マーケティング発展の経緯

1-4 戦略と戦術の違い

1-5 マーケティングミックス

1-6 マーケティングプロセス

確認問題

第2章 環境分析はマーケテイングの第一歩

2-1 PEST分析、内部環境分析、競合分析

コラム ライバル(コンペティター)と共生相手(コンプリメンター)を見分けよう!

2-2 ファイブフォース分析

2-3 バリューチェーン分析

2-4 SWOT分析

2-5 ABC分析

2-6 市場機会の発見とマーケティングリサーチ

確認問題

第3章 製品・イノベーション戦略

3-1 ドメインとポジショニング

コラム ジュンク堂の秘密

3-2 セグメンテーションと差別化

3-3 ターゲティング

3-4 製品の多様化と精鋭化

3-5 計画的陳腐化戦略の功罪

コラム イントラネットとは

3-6 コトラーの製品の考え方を知っておこう

3-7 プロダクトライフサイクルマネジメント(PLM)

3-8 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)

3-9 アンゾフの成長ベクトル

3-10 新製品開発のプロセス

3-11 イノベーションの意義

3-12 連続的イノベーションと非連続的イノベーション

3-13 製品イノベーションと工程イノベーション

(U戦略とJ戦略)

3-14 イノベーションパラダイム

3-18 オープンアーキテクチャとオープンソース

3-16 ブランドの意義

3-17 ブランドの種類

3-18 ブランドの機能

3-19 ブランドの形成プロセス

3-20 ブランドエクイティ

3-21 IMC(統合型マーケティング・コミュニケーション)

コラム マーケティングとコペルニクスの不思議な関係

確認問題

第4章 価格戦略

4-1 コストプラス型プライシング

4-2 マークアップ型プライシング

4-3 需要志向型プライシング

4-4 競争志向型プライシング

4-5 新製品価格戦略

4-6 心理的価格戦略

4-7 販売促進型プライシング

4-8 EDLP(毎日が低価格)

4-9 価格センシティビティと「買う気圧」の関係

4-10 消費と価格弾力性

4-11 二重価格表示とオープン価格制

4-12 プライスリーダーシップ

4-13 インターネットが価格に与える影響

コラム 広告は物価を上げるか下げるか 米国での大論争

確認問題

第5章 流通チャネル戦略の種類と役割

5-1 流通の社会的役割

コラム 「経験マーケティング」を経験する?

5-2 開放型チャネル戦略

5-3 選択型チャネル戦略

5-4 排他的チャネル戦略と流通系列化戦略

5-5 QRとECR

5-6 リエンジニアリング(BPR)とバーチャル・コーポレーション

5-7 サプライチェーンマネジメント(SCM)

コラム 系列とSCMの意外な(?)関係

確認問題

第6章 プロモーション戦略

6-1 セールスプロモーション

6-2 AIDMAとプロモーションミックス

6-3 AIDMAからAISASEPへ

6-4 プッシュ戦略とプル戦略

6-5 人的販売の効果

6-6 広告、パブリシティ、PRの違い

6-7 広告の効果とその測定法

6-8 インターネット・プロモーション

6-9 口コミ効果とバイラル・バズマーケティング

コラム オープンソース・マーケティングが絶大な宣伝効果を生む

6-10 新製品の普及プロセス

6-11 新製品の普及とキャズム理論

コラム クロスセルとアップセルってなに?

確認問題

第7章 消費者行動とマーケティング

7-1 消費者関与

7-2 関与とプロモーション戦略

7-3 刺激-反応モデル

7-4 情報処理機構としての消費者像(1)

7-5 情報処理機構としての消費者像(2)

7-6 消費者行動と学習理論

7-7 消費者のパーセプション(五感と知覚)

7-8 期待-不一致モデル

7-9 認知不協和理論と対比理論

7-10 知覚品質研究と品質乖離論

7-11 消費者行動に影響を及ぼす様々な効果

7-12 満足基準と最適基準…ショートカット欲求

7-13 プロシューマーの時代

7-14 新しい大衆=「ロウアーミドル」層とは?

7-15 消費者参加型の製品開発とBTO

7-16 ネット系情報/非ネット系情報と消費者行動(1)…暗黙知、サブリミナル効果

7-17 ネット系情報/非ネット系情報と消費者行動(2)…刷り込み

7-18 ネット系情報/非ネット系情報と消費者行動(3)…情報の性質

7-19 マズローの欲求段階説と自己実現型消費

7-20 準拠集団とオピニオンリーダー

7-21 衒示的消費と記号的消費

7-22 リフレッシュメント欲求

7-23 「ワタシ的には…」欲求

コラム いまや意味を消費する時代?

確認問題

第8章 リレーションシップ・マーケティング

8-1 カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)(1)

8-2 カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)(2)

8-3 4Pから4Cへの転換

8-4 顧客開拓型市場戦略から顧客育成型市場戦略への転換

8-5 市場シェアから顧客シェアへの転換

8-6 RFM分析

8-7 FSP

8-8 LTV(ライフタイムバリュー)

8-9 ワン・トゥ・ワン・マーケティング

8-10 データベース・マーケティング

8-11 ITを活用したパーミッション・マーケティング

コラム 人体とクレジットカードがネットワークする日も近い!?

確認問題

第9章 インターネットマーケティングとDRM

9-1 DRMは、古くて新しいマーケティング手法

9-2 Web2.0の本質

9-3 インターネットマーケティングの「3つの壁」の克服

9-4 ネットビジネスで使える消費者心理法則

コラム 脳神経細胞でマーケティングする!?

9-5 FREE戦略の仕掛けと消費者心理

9-6 効果的な顧客リストを作る手順

9-7 魅力的なランディングページ

9-8 フロントエンドからバックエンドへのつなぎ方

9-9 フォローアップとリピーター育成法

コラム ネットで広がるフラッシュマーケティング

9-10 モバイル、動画、Twitter、Facebookも有効

9-11 ソーシャルメディア・マーケティング

コラム Web2.0を先導するデジタル・ネイティブの正体とは?

確認問題

第10章 企業価値経営とCSRマーケティング

10-1 企業価値経営とは何か

10-2 企業価値経営台頭の背景

10-3 企業価値とコーポレートブランド

10-4 ユビキタス・ネットワークと企業価値経営パラダイム

10-5 戦略的アライアンス

10-6 企業価値とM&A

10-7 技術力を収益に結び付けるMOT

10-8 マーケティング戦略としてのIRとは

10-9 グリーン戦略とビジネスパフォーマンス

10-10 社会志向のマーケティング

10-11 CSRマーケティング

10-12 マーケティング3.0とCSR3.0

コラム プロダクト・ローンチ(ランチ)

確認問題

PR

秀和システム