図解入門 最新 病院がまるごとやさしくわかる本

概 要

意外と知らない病院ではたらくヒト、モノ、カネ、それに法律や制度など病院について、まるごとわかる入門書です。病院は誰もが行ったことのある場所ですが、実際に病院で働いている人でさえ、病院の種類や診療報酬の仕組み、検査・治療器機の種類、病院に関わる法律や病院が抱える問題点など「病院」という組織の全体像を把握するのは難しいといわざるをえません。そこで本書では、病院の種類、治療の流れから、病院で働く数々の専門職種、検査・治療機器、お金の流れ、病院に関する法律まで、病院にまつわる基礎知識と現状を図解でスッキリ解説しました。一般の方はもちろん、現場で働いている方、病院で働くことを目指している方、製薬会社や医療関連産業で働く方も必見の一冊です。

著者 福島安紀
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-2988-7
発売日 2011/6/24
判型 A5
色数 2色
ページ数 216
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 病院の種類と医療界

1-1 医療界と病院を取り巻く業界

最大の特徴は皆保険制度

国民医療費は年間35兆円超

1-2 病院の種類

ベッド数20床以上が病院

地域での役割を明確に

1-3 経営主体からみた病院の種類

民間病院と公的病院

病院を規模別に見ると?

1-4 医療計画・医療圏って何?

必要病床数が地域ごとに違う

一次から三次まである医療圏

1-5 がん診療連携拠点病院とは

がん難民をなくし地域格差解消目指す

がんに強い病院へ

1-6 医療施設と介護施設

増え続ける介護保険給付費

介護施設は3種類

コラム 日本人の病院好きは世界一?!

第2章 治療の流れ

2-1 診療科を選ぶ

標ぼう可能な診療科は?

1人の医師の標ぼうは2科まで

2-2 外来診療の流れ

主な目的は診断、検査、治療

守備範囲広がる外来治療

2-3 入院診療の流れ(急性期)

緊急入院と予定入院

急性期とは

2-4 入院診療計画書(クリティカルパス)

入院診療計画書の役割

医療スタッフの役割を明確化

2-5 急性期から亜急性期へ

亜急性期とは

回復期リハビリ病棟の選択肢も

2-6 慢性期治療の流れ

慢性期医療と治療の目的

外来中心で薬物治療や生活指導

2-7 病院連携の中の治療の流れ

多様化する病院連携の形

機能の違う施設との連携が重要

2-8 在宅医療の流れ

ますます進む在宅医療

介護保険の利用を

2-9 終末期医療の流れ

苦痛の軽減と生活の質を重視

患者の意思の尊重が基本

2-10 地域連携クリティカルパス

地域診療連携計画とは

診療報酬で評価する動きも

コラム 長期入院が嫌われる裏事情

第3章 病院で働く人々

3-1 病院を支える職種

医療部門と経営・事務部門

チーム医療と専門分化

3-2 勤務医の仕事

医師になるには

当直回数は月平均2・35回

3-3 開業医の仕事

開業医の平均年収は2500万円?

家庭医としての役割重要

3-4 院長の仕事

病院の責任者の役割

時代の流れを読むことが重要

3-5 看護師の仕事

正看護師と准看護師

広がる守備範囲

3-6 助産師・保健師

助産師になるには

保健師とは

3-7 事務職

医事・保険業務を一手に担う

国家資格は必要ないが認定資格も

3-8 医療クラークと診療情報管理士

期待高まる医療クラーク

診療情報管理士の役割

3-9 薬剤師

重要性増す病院薬剤師

薬局で活躍する薬剤師

3-10 理学療法士

理学療法士の役割

理学療法の3本柱

3-11 作業療法士・言語聴覚士ほか

作業療法士とは

義肢装具士と言語聴覚士

3-12 医療ソーシャルワーカー

ソーシャルワーカーの役割

社会福祉士と精神保健福祉士

3-13 臨床検査技師

臨床検査技師の仕事

医師の補助で行う検査

3-14 診療放射線技師・医学物理士

診療放射線技師とは

医学物理士とその課題

3-15 栄養士・管理栄養士

栄養士になるには

高まる管理栄養士のニーズ

3-16 介護福祉士

介護福祉士の役割

利用者の生活の質を高める職種

コラム 薬物治療の一翼担う「MR」

第4章 病院にある検査・治療機器

4-1 X線検査

画像検査の基本中の基本

検査機器は部位・目的別に多様化

4-2 CT・MRI検査

CTとは

磁力を使った画像診断

4-3 超音波(エコー)検査

超音波検査装置の仕組み

検査のやり方

4-4 PET検査

PET検査の仕組みとメリット

PETの限界

4-5 内視鏡

内視鏡の種類

検査だけではなく治療にも応用

4-6 胸腔鏡・腹腔鏡

胸腔鏡・腹腔鏡って何?

腹腔鏡とロボット手術

4-7 カテーテル検査・治療

カテーテルを使った検査とは

カテーテル治療のメリット

4-8 脳の血管内治療機器

アンギオと血管内治療

血管内治療の長所・短所

4-9 放射線治療装置

進化する放射線治療装置

最新機器と内照射

4-10 重粒子・陽子線治療装置

重粒子線、陽子線のメリット

高額な治療費がデメリット

4-11 レーザー

レーザーメスの仕組み

宝石を使ったレーザーも

4-12 電子カルテ

情報の効率化が加速

電子カルテ市場は拡大?

コラム CT、MRIってこんなに必要?

第5章 病院をめぐるお金

5-1 診療報酬と病院のお金の流れ

診療報酬は保険診療の料金表

支出の5割以上が人件費

5-2 診療報酬の決まり方

診療報酬1点イコール10円

改定率の配分は中医協が決定

5-3 レセプトって何?

保険者への請求明細書

支払基金などでレセプト審査

5-4 出来高払いと包括払い

出来高払いとは

DPCによる包括支払い方式

5-5 経営への影響大きい看護基準

最高評価は7対1看護

看護基準の維持は死活問題

5-6 公立病院は赤字?

85%の自治体病院が赤字

民間病院に困難な医療を提供

5-7 民間病院の経営状態

赤字病院が増加

黒字病院と赤字病院の格差開く

5-8 診療収入が多い科は?

入院単価が高いのは循環器系

医師別外来では泌尿器科

5-9 アウトソーシング

目的はコスト削減

IT関連の外注化が課題?

コラム 障害者福祉制度、障害年金もフル活用を

第6章 病院に関わる法律・制度

6-1 医療法

医療法の内容と目的は?

患者のための情報公開も推進

6-2 医師法・歯科医師法

医業は医師だけに認められた行為

歯科医業は歯科医師の独占行為

6-3 保健師助産師看護師法

看護師、保健師、助産師の業務とは

看護師、保健師、助産師になるには

6-4 薬事法

医薬品には国の承認が必要

市販薬の販売は緩和の方向

6-5 薬剤師法

調剤で国民の健康を守る資格

患者の自宅でも調剤可

6-6 混合診療

保険診療と保険外診療の併用は原則禁止

混合診療解禁のメリットとデメリット

6-7 広告規制

不当な広告による被害を予防

比較広告、誇大広告は厳禁

6-8 病床規制

保健医療計画の根拠

病床規制は医療費削減が目的

6-9 健康保険制度

国民皆保険制度の仕組み

職業によって異なる保険

6-10 介護保険法

社会全体で高齢者を支える仕組み

介護サービスの種類

6-11 がん対策基本法

患者の苦痛の軽減とがん医療の充実目指す

目標はがんの死亡率20%減

6-12 高額療養費制度

申請しないと戻らない場合も

入院には「限度額適用認定証」

6-13 医療費控除

医療費自己負担が10万円を超えたら

交通費や市販薬の費用も合算できる

コラム 改めて確認したい災害医療体制

第7章 医療費削減政策のカラクリ

7-1 医療制度改革って何?

医療制度改革が進んだ背景

安心な医療の維持と医療費抑制

7-2 国が医療費を削減したいワケ

医療費増大で国がつぶれる?

診療報酬マイナス改定も改革の一環

7-3 進む病院の機能分化

療養病床ができ役割明確化

社会的入院削減策とは

7-4 増える患者自己負担

自己負担割合は年齢で異なる

避けられない高齢者の負担増

7-5 後期高齢者医療制度

新たな財源確保策だったが

新高齢者医療制度も課題山積

7-6 メタボ健診

目的は生活習慣病と医療費の削減

メタボリックシンドロームとは

7-7 ジェネリック

薬剤費の削減が急務

使用率が伸び悩むワケ

7-8 保険料と国民負担率

経営難に陥る健康保険組合

潜在国民負担率は50%に

7-9 医療費は使いすぎ?

低医療費で長寿実現の優等生?

医療費抑制政策を続けるか

コラム 病院に勤める職種の収入は?

第8章 病院でのトラブル回避策

8-1 院内感染を防ぐには

多剤耐性菌が問題に

院内感染防止策

8-2 医療事故対策

病院全体で事故防止を

事故を防ぐ3つのレベル

8-3 医療安全支援センター

医療安全支援センターとは

トラブルになる前に相談を

8-4 医療メディエーター

医療メディエーターとは

訴訟を防ぐには

8-5 モンスター・ペイシェント対策

5割以上の病院で院内暴力発生

被害を防ぐには

8-6 患者・家族の相談室

金銭面・治療面の悩みの解消をサポート

相談員が患者代弁者となる病院も

8-7 医療廃棄物

排出者責任が原則

感染性廃棄物の処理

コラム 合格が難しい医療系国家資格は?

第9章 医療が抱えるこれだけの問題

9-1 医療崩壊

委縮医療と医療崩壊

急速に露呈した問題点

9-2 救急医療の疲弊

受け入れ困難都市部に集中

救急病院は7年間で400減少

9-3 医師不足

医師不足で閉院する病院も

過疎地の病院で不足深刻

9-4 医師の偏在

北海道・東北が最も不足

目立つ診療科の偏在

9-5 看護師不足

高い離職率

看護師不足の解決策は?

9-6 特定看護師制度

特定看護師とは

医師の業務軽減が期待されるが

9-7 医療訴訟

訴訟は2005年以降減少気味

訴訟の増加、長期化を防ぐには

9-8 歯科医師過剰

財政難の歯科業界

格差開く中で被害出る危険も

9-9 無保険者の増加

受診が遅れて死亡する人も

非正規労働者の13・8%が無保険

9-10 医療費高騰への対応

1錠3000円近い薬も

金の切れ目が命の切れ目?

9-11 医療ツーリズム

医療ツーリズムとは

市場規模5500億円?

PR

秀和システム