電気をつくろう!

概 要

普段わたしたちがなにげなく使っている電気を自分の手でつくる方法や、つくった電気を使う方法を図解でわかりやすく解説した入門書です。電気を自分でつくるというのは、あまり馴染みがないかもしれませんが、やってみると面白く、やりがいのある工作です。本書では、そもそも電気とは、直流や交流とは、という基礎から、電気のつくりかた、電気を充電する方法までをやさしく解説します。エンジンや蒸気や風力による発電の仕組み、自転車を発電機として利用する方法、バッテリーの仕組み、話題の太陽電池による発電や充電など、お子さまの夏休みの自由研究向けの実験もたっぷりです。さらにUSBを電源として使う方法やUPSを非常電源として使う方法など停電にそなえて知っておくと便利な豆知識も紹介しています。

著者 高橋隆雄
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3002-9
発売日 2011/6/25
判型 B5
色数 2色
ページ数 112
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

つくって、ためて、使ってみよう

電気をつくろう!

第1章 そもそも電気とは?

1-1 電気っていったい何なの?

1-2 直流と交流ってどう違うの?

1-3 直流と交流はどう使い分けるの?

1-4 知っておくべき電気の単位と使い方

1-5 電気はどうやってつくられるの?

1-6 発電はエネルギーの変換

1-7 電気はためられないの?

1-8 乾電池はちいさな発電所?

column 電圧いろいろ

第2章 どうやって電気をつくる?

2-1 発電するための力を得る

2-2 発電の基礎を知ろう

2-3 エンジンによる発電

2-4 蒸気(火力)による発電

2-5 風力や水力による発電

2-6 太陽電池による発電

column 原子力は実は蒸気発電

第3章 電気をつくろう!

3-1 人の力で電気をつくるには?

3-2 安定した電力を得るには?

3-3 ハブダイナモで電気をつくろう

3-4 自動車を発電機として活用する

3-5 バッテリーの基礎知識(1)

3-6 バッテリーの基礎知識(2)

3-7 バッテリーの基礎知識(3)

3-8 太陽電池で発電してみよう

3-9 太陽電池で簡易な充電をしてみよう

3-10 太陽電池による充電

3-11 より進んだ充電方法

3-12 太陽電池によるシステム?モデルケース?

3-13 太陽電池によるシステム?規模を拡張する?

3-14 太陽電池によるシステム?補助電源式?

3-15 エンジン発電機による発電

column 手動で発電?

第4章 つくった電気を使おう!

4-1 つくった電気を使おう!?電圧と直流/交流の違いを知る?

4-2 DC 12Vを便利に使おう!

4-3 つくった電気を何に使えばよいのか十分に考えよう!

4-4 家電製品を使うには?

4-5 バッテリーで照明を行う(1)

4-6 バッテリーで照明を行う(2)

4-7 LEDを使おう!

4-8 LEDの効率を上げる

4-9 電圧を変換する

4-10 パソコンを使おう!

4-11 供給と需要を考えてみよう!(1)

4-12 供給と需要を考えてみよう!(2)

4-13 現実的な設計をする

column 必要な材料を入手するには

第5章 知っておくと便利なこと

5-1 USBを電源として使おう

5-2 ちょっとした工夫で明かりをつくろう

5-3 UPSは非常用電源として使える?

5-4 あると便利な測定器

5-5 送電ロスって何だろう?

5-6 送電ロスを減らすには?

PR

秀和システム