介護スタッフのための 安心!薬の知識

概 要

介護スタッフが現場でよく見る薬の効能や注意点、副作用をわかりやすくまとめたリファレンスです。日本は今、超高齢化社会を迎えようとしています。医療の関わり方が問われているのはもちろん、医療に関わるすべての人間が個々の分野で全力を尽くすと共に連携を深めていかねばなりません。そこで本書では、実際に患者さんを介護をする家族や介護スタッフを対象に、薬剤師の著者が薬に関する疑問や注意点を執筆。薬の正しい服薬方法や保管方法、高齢者の体の変化と薬の関係といった薬の基礎知識から、薬をうまく飲み込めない時の対処方法、高齢者によく見られる病気や症状と、治療に使われる薬を解説しています。重篤な副作用を早期発見するための初期症状も付いています。

著者 中澤巧、長野一勢
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-3006-7
発売日 2011/6/30
判型 B6変
色数 2色
ページ数 320
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter(1) 知っておきたい薬の基礎知識

薬のさまざまな種類

服用のタイミングと意味

薬の正しい飲み方、使い方

薬の保管方法

薬が効く仕組み

薬の相互作用とは?

食品と薬の飲み合わせ

薬の副作用は必ず起こる?

注意したい副作用と初期症状

高齢者の服薬に関する注意点

Chapter(2) こんなときどうする? 薬の疑問Q&A

薬は何で飲んでもいい?

一包化されていない薬の服薬介助を頼まれたら?

薬をご飯に混ぜて飲んでもいい?

薬をうまく飲み込めないときは?

薬を飲み忘れたらどうする?

飲み忘れや飲み間違いを減らすにはどうしたらいい?

薬を間違えて飲んでしまったら?

薬を割ったり砕いて飲んでもいい?

坐薬が出てきてしまったら?

健康食品などと薬を一緒に飲んで大丈夫?

点眼薬は1回何滴使用したらいいの?

薬のせいで尿の色が変わることがあるの?

お薬手帳って何?

Chapter(3) 循環器系の疾患と薬

高血圧

狭心症・心筋梗塞

不整脈

心不全

脳血管障害

閉塞性動脈硬化症

浮腫

Chapter(4) 呼吸器系の疾患と薬

かぜ症候群

インフルエンザ

肺炎

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

気管支喘息(成人)

Chapter(5) 消化器系の疾患と薬

逆流性食道炎

胃潰瘍・十二指腸潰瘍(消化性潰瘍)

機能性胃腸障害

下痢

便秘

慢性肝炎

胆石・胆のう炎・胆管炎

膵炎

Chapter(6) 内分泌・代謝系の疾患と薬

糖尿病

脂質異常症

痛風・高尿酸血症

甲状腺疾患

Chapter(7) 腎・泌尿器系の疾患と薬

腎不全

過活動膀胱

尿路感染症

前立腺肥大症

Chapter(8) 精神・神経系の疾患と薬

認知症

うつ病

睡眠障害

パーキンソン病

Chapter(9) 骨・関節の疾患と薬

関節リウマチ

変形性関節症

骨粗鬆症

Chapter10 皮膚の疾患と薬

蕁麻疹

帯状疱疹

白癬

疥癬

Chapter11 眼の疾患と薬

緑内障

白内障

Chapter12 その他、知っておきたい症状と薬

熱・痛み

貧血

がん関連の症状

高カロリー輸液療法(中心静脈栄養法)

ビタミン薬

巻末資料

重篤な副作用と初期症状

PR

秀和システム