やさしくわかるBABOK

概 要

ビジネスアナリシス知識体系ガイド「BABOK2.0(A Guide to the Business Analysis Body of Knowledge)」のわかりやすい入門書です。BABOK2.0は「システム開発のあいまいな要求をなくす」というシステム開発の超上流工程と「プロダクトやサービスを提供するための能力を定義する」というビジネスアナリシスに不可欠な要素を統合し、顧客の真のビジネスニーズを分析し、ソリューションを定義するビジネスアナリスト業務に必須の知識体系です。本書は日本企業として初のEEP(認定教育プロバイダ)に認定された著者が、BABOK2.0について日本人向けにわかりやすく解説しました。「BABOKガイド」をより深く理解するために、ガイドを読む前に一度本書をお読みください。

著者 清水千博、川添真智子、銅谷克樹
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3011-1
発売日 2011/6/23
判型 A5
色数 2色
ページ数 288
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 BABOK誕生の背景

1 ユーザ企業の問題(1) ─ ますます高まるビジネスのITへの依存度

2 ユーザ企業の問題(2) ─ IT開発能力の低下

3 ITベンダの問題 ─ 低いプロジェクト成功率

4 ITベンダとユーザ両方の問題 ─ 使われない機能

5 解決策としてのプロジェクトマネジメント(1) ─ 重要だと言われてきたプロジェクトマネジメント

6 解決策としてのプロジェクトマネジメント(2) ─ プロジェクトマネジメント以前の問題点

7 解決策としてのプロジェクトマネジメント(3)─ プロジェクトマネジメントでは解決できない理由

8 真の解決策としてのビジネスアナリシス(1) ─ ビジネス戦略からソリューション定義まで一気通貫

9 真の解決策としてのビジネスアナリシス(2) ─ 超上流工程から「最上流工程」への変革

10 真の解決策としてのビジネスアナリシス(3)─ 重要概念の解説

11 真の解決策としてのビジネスアナリシス(4) ─ BABOKの構造

12 真の解決策としてのビジネスアナリシス(5)─ 知識エリア【エンタープライズアナリシス】

13 真の解決策としてのビジネスアナリシス(6) ─ 知識エリア【引き出し】

14 真の解決策としてのビジネスアナリシス(7)─ 知識エリア【要求アナリシス】

15 真の解決策としてのビジネスアナリシス(8) ─ 知識エリア【要求のマネジメントとコミュニケーション】

16 真の解決策としてのビジネスアナリシス(9) ─ 知識エリア【ソリューションのアセスメントと妥当性確認】

17 真の解決策としてのビジネスアナリシス(10) ─ 知識エリア【ビジネスアナリシスの計画とモニタリング】

18 真の解決策としてのビジネスアナリシス(11) ─ 知識エリア【基礎コンピテンシ】

第2章 エンタープライズアナリシス

1 知識エリア【エンタープライズアナリシス】の全体像

2 ビジネス機会の特定(1) ─ 顧客とニーズ

3 ビジネス機会の特定(2) ─ 3種類のニーズ

4 ビジネス機会の特定(3)─ 顧客セグメンテーション

5 ビジネス機会の特定(4) ─ セグメントにおける競合分析

6 ビジネス機会の特定(5)─ 目標とするセグメントを見つける

7 ビジネス機会の特定(6) ─ テクノロジーライフサイクル

8 ビジネス機会の特定(7)─ キャズムと顧客の特性

9 ビジネス機会の特定(8) ─ ホールプロダクト

10 ビジネス機会の特定(9) ─ 理想の製品・サービス(ホールプロダクトとして)

11 ビジネスニーズを定義する ─ ビジネスのゴールと目標

12 タスク:能力ギャップをアセスメントする

13 タスク:ソリューションアプローチを決定する

14 タスク:ソリューションスコープを定義する

15 ビジネスケースを定義する(1) ─ ROI

16 ビジネスケースを定義する(2) ─ ビジネスケースの例

第3章 引き出し

1 「引き出す(elicit)」の定義

2 知識エリア【引き出し】の全体像

3 引き出しを準備する

4 「引き出しを準備する」タスクで準備されるテクニック ─ ブレーンストーミング

5 引き出しのアクティビティを主導する

6 「引き出しのアクティビティを主導する」タスクで使用されるテクニック ─ フォーカスグループ

7 引き出しの結果を文書化する

8 「引き出しの結果を文書化する」タスクで使用されるテクニック ─ 要求ワークショップ

9 引き出しの結果を確認する

10 「引き出しの結果を確認する」タスクで使用されるテクニック ─ インタビュー

第4章 要求アナリシス

1 知識エリア【要求アナリシス】の全体像

2 要求に優先順位を付ける

3 「要求に優先順位を付ける」テクニック ─ リスク分析

4 ステークホルダーとの調整

5 要求を体系化する

6 [モデル化手法]データフロー図

7 [モデル化手法]プロセスモデリング

8 [モデル化手法]アクティビティ図

9 シナリオとユースケース

10 要求の仕様化とモデリングを行う

11 要求の仕様化とモデリングで使用するテクニック

12 前提条件と制約条件を定義する

13 前提条件と制約条件を定義するテクニック

14 要求を検証する

15 要求を検証するテクニック

16 要求の妥当性を確認する

第5章 要求のマネジメントとコミュニケーション

1 知識エリア【要求のマネジメントとコミュニケーション】の全体像

2 要求のトレーサビリティをマネジメントする

3 要求パッケージを準備する

4 要求を伝達する

5 ソリューションスコープと要求をマネジメントする

第6章 ソリューションのアセスメントと妥当性確認

1 知識エリア【ソリューションのアセスメントと妥当性確認】の全体像

2 提案ソリューションをアセスメントする

3 要求を割り当てる

4 組織の準備状況をアセスメントする

5 移行要求を定義する

6 ソリューションを妥当性確認する

7 ソリューションのパフォーマンスを評価する

第7章 ビジネスアナリシスの計画とモニタリング

1 知識エリア【ビジネスアナリシスの計画とモニタリング】の全体像

2 ビジネスアナリシスへのアプローチを計画する

3 ステークホルダーの分析を主導する

4 ビジネスアナリシスのアクティビティを計画する

5 ビジネスアナリシスのコミュニケーションを計画する

6 要求マネジメントプロセスを計画する

7 ビジネスアナリシスのパフォーマンスをマネジメントする

第8章 基礎コンピテンシ

1 知識エリア【基礎コンピテンシ】の全体像

2 分析的思考と問題解決

3 行動特性

4 ビジネス知識

5 コミュニケーションスキル

6 人間関係のスキル

7 ソフトウェアアプリケーション

PR

秀和システム