もしものためのiPhoneサバイバル術

概 要

iPhoneを使った、災害時に役立つソーシャルメディアとアプリーション活用術を解説するサバイバル入門書です。東日本大震災の発生直後、電話やメールが通じにくくなり交通網も麻痺するなど、多くの人が不安な時間をすごしました。そんな中で注目を集めたツールがスマートフォンです。なかでもiPhoneには電話やメールだけでなくネット接続を中心としたさまざまな活用法があり、安否確認や情報交換に活躍しました。そこで本書では、いざという時のためのiPhone活用術を「突然電車が運休した」「お腹が痛くなってきた」「外国人に助けを求められた」などケースごとに紹介。災害関連ニュースの集め方、バッテリーを長持ちさせる方法など“もしも”の時に役立つ情報が満載です。

著者 アライコウ
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3028-9
発売日 2011/7/21
判型 四六
色数 1色
ページ数 208
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

イントロダクション──災害時の強い味方「スマートフォン」

第1章 大災害が発生

01 災害に遭った親族・友人が心配 ──ツイッターで安否確認

02 一刻も早く移動したい ──避難所情報をツイッターで収集する

03 ツイッターで助けを求める ──位置情報表示と写真添付

04 まったく電話が通じない ──そんな時のスカイプ通話

05 海外滞在中に実家が災害に遭遇 ──スカイプで海外からでも安否確認

06 万が一、音声機能が壊れたら? ──インスタントメッセージ

07 声が出せない ──アラームで周囲に知らせる

08 安否情報を専用サイトで見る ──災害用伝言板

09 突然、電車が運休 ──GPSマップで歩いて帰る

10 同級生の安否が知りたい ──iPhoneから使えるSNS

11 お腹が痛くなってきた ──公衆トイレを探すアプリ

12 知らない場所で災害に遭遇 ──周辺施設を調べるアプリ

13 救助が来るまでに手当てを ──医学・医療系アプリ

14 外国人に助けを求められた ──翻訳アプリ

コラム1 災害に乗じた詐欺アプリにご用心

第2章 災害関連ニュースを集める

15 文字中心のニュースを見る ──ツイッター、ウェブサイト、アプリの使い分け

16 テレビがなくても大丈夫 ──ユーストリームでリアルタイムのニュース閲覧

17 ユーストリームが回線不調 ──ニコニコ生放送でもニュースが見られる

18 効率よく情報収集 ──RSSを利用する

19 やっぱり音声の情報を聞きたい ──iPhoneをラジオに

コラム2 災害時の検索テクニック

第3章 落ち着いて日常を過ごす

20 停電で何も見えない ──フラッシュライトアプリ

21 いつ停電するの? ──計画停電の時間を知る

22 節電に協力したい ──電力消費量を知る

23 余震に備えを! ──地震予告アプリ

24 天候が気になる ──天気予報アプリ

25 原子力災害が発生 ──放射線量をチェックするアプリ

26 情報を集めすぎることの危険性 ──インターネットとの距離の取り方

コラム3 バッテリーを長持ちさせる方法

第4章 被災地のために行動する

27 まずはお金で支援 ──アプリから募金

28 消費活動で支援 ──チャリティーソングを購入

29 被災地で活動したい ──ボランティア情報を得る

コラム4 あれば心強い外部バッテリー

第5章 被災していない時にできること

30 またいつか大災害は起こる ──非常時を想定したiPhone設定

31 防災グッズを購入 ──ネットショップを活用する

PR

秀和システム