図解入門よくわかる 最新ソフトウェア開発の基本

概 要

ソフトウェア開発の全工程を豊富な図表を使ってわかりやすくビジュアルに解説した入門書です。ソフトウェア開発は通常のモノ作りと同じ手順で開発を進行させますが、モノ作りと違ってソフトウェアは目に見えません。そのため開発の効率化や生産性、品質の向上などの面で多くの問題をかかえることになります。本書は、ソフトウェアやコンピュータが専門外の人でもソフトウェア開発の全工程がわかるようにソフトウェア開発に用いられるアジャイル手法やクラウドコンピューティングなどの技術や技法、知識などを専門的ないいまわしを使わずにやさしく解説しています。ソフトウェアエンジニアリングの基礎が身につきます。

著者 谷口功
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-3066-1
発売日 2011/8/31
判型 A5
色数 2色
ページ数 292
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 ソフトウェア開発

1-1 ソフトウェア開発とプログラミング

1-2 ソフトウェアとは

1-3 ソフトウェア開発の特性

1-4 ソフトウェア開発の理論

1-5 ソフトウェア開発工程の全体像

1-6 代表的なソフトウェア開発モデル

1-7 その他のソフトウェア開発モデル

1-8 アジャイル開発手法によるソフトウェア開発

1-9 ソフトウェア開発とクラウドコンピューティング

第2章 開発計画

2-1 開発計画で基本方針を確定

2-2 開発計画の内容

2-3 開発工数の見積り

2-4 COCOMO

2-5 ファンクションポイント法

コラム 重要な保守作業

第3章 要求の分析と要求の定義

3-1 要求の分析、定義の必要性

3-2 データ中心アプローチによる要求定義、分析

3-3 構造化手法を用いた要求の分析、定義

3-4 データフローダイアグラムと構造化分析

3-5 データフローダイアグラムの記法

3-6 データフローダイアグラムの詳細化展開

3-7 データディクショナリ

3-8 ミニ仕様書

3-9 ER図

3-10 データフローダイアグラムを用いた要求分析、定義の手順

第4章 外部設計

4-1 外部設計とは

4-2 システム方式の設計

4-3 コンピュータの処理方式

4-4 サブシステムへの分割

4-5 インターフェースの設計

4-6 データ構造の設計

4-7 セキュリティの設計

コラム 利用者マニュアルの充実

第5章 内部設計

5-1 内部設計で行うこと

5-2 プログラムの単位への分解

5-3 データベースのファイル設計

5-4 データベースの分散の設計

5-5 部品プログラムの再利用

第6章 プログラム設計

6-1 プログラム設計とモジュール分割

6-2 STS分割によるモジュール分割

6-3 トランザクション分割によるモジュール分割

6-4 モジュール分割の評価基準

6-5 モジュール強度によるモジュール分割の評価

6-6 モジュール結合度によるモジュール分割の評価

6-7 制御範囲と影響範囲によるモジュール分割の評価

6-8 モジュール分割の結果

6-9 ジャクソン法とワーニエ法

コラム 成果物による開発工程管理

第7章 プログラミング

7-1 プログラミングで行うこと

7-2 プログラムとコンピュータの関係

7-3 構造化プログラミング

7-4 アルゴリズムとは(プログラムとアルゴリズム1)

7-5 整列のアルゴリズム(プログラムとアルゴリズム2)

7-6 探索のアルゴリズム(プログラムとアルゴリズム3)

7-7 グラフ探索(プログラムとアルゴリズム4)

7-8 文字列照合のアルゴリズム(プログラムとアルゴリズム5)

7-9 いろいろなアルゴリズム(プログラムとアルゴリズム6)

7-10 プログラムで扱うデータ

第8章 オブジェクト指向ソフトウェア開発

8-1 オブジェクト指向とは

8-2 オブジェクトの構造

8-3 オブジェクトとクラス

8-4 同じメッセージで異なる動作(ポリモルフィズム)

8-5 オブジェクト指向によるソフトウェア開発

8-6 オブジェクト指向分析(OOA)

8-7 オブジェクト指向設計(OOD)

8-8 オブジェクト指向プログラミング(OOP)

コラム 仕様、プログラムの変更管理

第9章 ソフトウェアの品質とテスト

9-1 ソフトウェアの品質

9-2 ソフトウェア開発におけるレビュー

9-3 ソフトウェアのテスト

9-4 単体テスト

9-5 結合テスト

9-6 システムテスト

9-7 運用テスト

9-8 テストツールの利用

第10章 開発環境と開発ツール

10-1 ソフトウェア開発ツール

10-2 CASEツール

10-3 GUI環境でのソフトウェア開発

10-4 コンポーネントウェアの利用

コラム テストケースの意味

PR

秀和システム