ASP.NET逆引き大全600の極意 ASP.NET 2.0/3.5/4対応

概 要

ASP.NET 2.0/3.5/4に対応した、やりたいことから引ける逆引き形式のリファレンスです。本書は、ASP.NETアプリケーション開発の現場でもっとも必要とされているWebサイト開発のためのテクニックを包括的に取り上げ、豊富な用例で多彩な機能の使い方をわかりやすく解説。基本構文の極意から、フォーム開発で利用する機能、サーバコントロールと主要なライブラリを厳選しています。リッチコンテンツの制作に欠かせないAjaxや、マイクロソフトのクラウドサービスWindows Azureにも対応。ASP.NET 2.0、3.5、4のいずれのバージョンでもご利用いただけます。独自のサポートサイトではQ&A掲示板やFAQ、サンプルのダウンロードサービスも用意されています。

著者 山田祥寛
価格 本体3000円(税別)
ISBN 978-4-7980-3080-7
発売日 2011/9/14
判型 A5
色数 2色
ページ数 848
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ 逆引き大全
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 ASP.NET導入の極意

1-1 概要(001~005)

001 ASP.NETとは

002 ASP.NETと.NET Frameworkとの関係とは

003 .NET Frameworkクラスライブラリとは

004 ASP.NETと、その他のWeb技術との違いは

005 ASP.NETの内部構造は

1-2 環境設定(006~009)

006 ASP.NETアプリケーションの開発/実行に必要な環境とは

007 ASP.NETの開発/実行環境を準備するには

008 本書のサンプルを展開するには

009 本書で利用するサンプルデータベースは

第2章 基本構文の極意

2-1 概要(010~013)

010 ASP.NETで使えるプロジェクトテンプレートは

011 ASP.NETアプリケーションの予約フォルダーとは

012 ASP.NETアプリケーションを構成するファイルは

013 Webフォームの構成要素は

2-2 Webフォームの構成要素(014~017)

014 WebフォームにVisual Basic/C#のコードを埋め込むには

015 サーバーコントロールを利用するには

016 サーバーサイドコメントを定義するには

017 アプリケーション設定やリソースファイルを取得するには

2-3 ディレクティブ(基本)(018~035)

018 ページ単位の処理方法を宣言するには

019 ページで使用する言語を設定するには

020 セッションを利用するかどうかを指定するには

021 ページが出力するコンテンツの種類を宣言するには

022 現在のページにマスターページを適用するには

023 マスターページ適用時にページタイトルやメタ情報を設定するには

024 ページ固有のエラーページを設定するには

025 ページレイアウトとプログラムコードとを分離するには

026 実行トレースを出力するには

027 ビューステートを無効化するには

028 HTML予約文字を含んだ入力を許可するには

029 ポストバックの前後でスクロール位置を維持するには

030 ユーザーコントロールの基本動作を宣言するには

031 名前空間をインポートするには

032 ユーザーコントロールをページに登録するには

033 カスタムコントロールをページに登録するには

034 マスターページの基本動作を宣言するには

035 マスターページのプロパティを公開するには

2-4 ディレクティブ(キャッシュ)(036~041)

036 ページキャッシュを有効にするには

037 フラグメントキャッシュを利用するには

038 フラグメントキャッシュを複数のページで共有するには

039 リクエストヘッダーによってキャッシュデータを識別するには

040 ブラウザーの種類によってキャッシュを識別するには

041 Webフォームやユーザーコントロールを動的にリンクするには

2-5 Global.asax(042~045)

042 Global.asaxの基本動作を宣言するには

043 アプリケーション共通の例外処理を定義するには

044 URLルーティングを有効にするには

045 ルートパラメーターを取得するには

2-6 デプロイ(046)

046 ASP.NETアプリケーションをIISで動作するには

第3章 基本コントロールの極意

3-1 概要(047~052)

047 サーバーコントロールとは

048 サーバーコントロールの分類とは

049 サーバーコントロールの継承関係とは

050 イベントドリブンモデルとは

051 Visual Studioでイベントハンドラーを生成するには

052 イベントハンドラーのシグニチャーは

3-2 Controlクラス(053~058)

053 コントロールの可視/不可視を切り替えるには

054 ビューステートの有効/無効を設定するには

055 コントロール配下に子コントロールを追加するには

056 サーバーコントロールのID値を取得するには

057 クライアントIDの作成方法を設定するには

058 特定のフォーム要素にフォーカスするには

3-3 WebControlクラス(059~065)

059 ハイパーリンクや入力フォームに対してアクセスキーを設定するには

060 個別の要素に対してタブインデックスを設定するには

061 サーバーコントロールにツールチップを表示するには

062 サーバーコントロールに任意の属性を追加するには

063 サーバーコントロールの見栄えを設定するには

064 スタイルシートでサーバーコントロールの見栄えを設定するには

065 サーバーコントロールを無効化するには

3-4 Labelコントロール(066~067)

066 任意のテキストを表示するには

067 ラベルと入力コントロールとを関連づけるには

3-5 Literalコントロール(068~069)

068 静的テキストを表示するには

069 Literalコントロールでの出力方法を設定するには

3-6 TextBoxコントロール(070~072)

070 テキストボックスやパスワード入力ボックスを生成するには

071 オートコンプリート機能を有効にするには

072 テキストボックスの内容が変更されたタイミングで処理を行うには

3-7 HyperLinkコントロール(073)

073 ハイパーリンクを生成するには

3-8 Imageコントロール(074)

074 画像を生成するには

3-9 Button/LinkButton/ImageButtonコントロール(075~081)

075 ボタンを表示するには

076 ボタンクリック時の挙動を定義するには

077 画像ボタンクリック時にマウスポインタの座標を取得するには

078 ボタンクリック時にJavaScriptのコードを実行するには

079 ボタンに特定のコマンドを関連づけるには

080 ボタンクリック時に検証コントロールを無効化するには

081 ボタンと特定の検証コントロールとを関連づけるには

3-10 HiddenFieldコントロール(082)

082 隠しフィールドを生成するには

3-11 CheckBox/RadioButtonコントロール(083~085)

083 ラジオボタンやチェックボックスを生成するには

084 ラジオボタンやチェックボックスに任意のHTML属性を追加するには

085 ラジオボタンやチェックボックスをチェックした場合の挙動を定義するには

3-12 ListControlクラス(086~091)

086 リスト形式のコントロールを作成するには

087 個別にリスト項目を追加するには

088 リストコントロールに配列やハッシュをバインドするには

089 リストコントロールにデータソースコントロールでデータバインドするには

090 データバインド時に既存のリスト項目を維持するには

091 リストコントロールを選択した時の挙動を定義するには

3-13 RadioButtonList/CheckBoxListコントロール(092~094)

092 ラジオボタン/チェックボックスのリストを生成するには

093 チェックボックスリストの複数選択値を取得するには

094 自動ポストバックを有効にするには

3-14 ListBoxコントロール(095~096)

095 複数選択可能なリストボックスを生成するには

096 リストボックスの複数選択値を取得するには

3-15 BulletedListコントロール(097~100)

097 箇条書きリストを生成するには

098 箇条書きリストの行頭文字を変更するには

099 ハイパーリンクのリストを作成するには

100 リンクボタンのリストを作成するには

3-16 FileUploadコントロール(101~102)

101 クライアントのファイルをサーバーにアップロードするには

102 アップロードファイルをデータベースなどに保存するには

3-17 Panel/PlaceHolderコントロール(103~104)

103 ページ内の特定のコントロールをグループ化するには

104 ページ内の特定のコントロールをグループ化するには(軽量版)

3-18 Substitutionコントロール(105)

105 特定の領域についてのみキャッシュを除外するには

第4章 検証コントロールの極意

4-1 概要(106)

106 検証コントロールとは

4-2 BaseValidator/BaseCompareValidatorクラス(107~113)

107 検証対象のサーバーコントロールを設定するには

108 検証コントロールの機能を無効化するには

109 検証コントロールによるエラーメッセージの表示方法を設定するには

110 エラーメッセージを設定するには

111 検証コントロールによる検証結果を判定するには

112 検証失敗したコントロールにフォーカスを自動セットするには

113 比較/範囲検証で使用する値の型を指定するには

4-3 RequiredFieldValidatorコントロール(114)

114 必須検証コントロールの初期値を設定するには

4-4 RangeValidatorコントロール(115)

115 数値の範囲検証を実行するには

4-5 RegularExpressionValidatorコントロール(116)

116 正規表現パターンで文字列の妥当性を検証するには

4-6 CompareValidatorコントロール(117~119)

117 2つのコントロールを比較検証するには

118 コントロールへの入力値を特定の値と比較するには

119 入力値のデータ型を検証するには

4-7 CustomValidatorコントロール(120~121)

120 独自の検証ルールを定義するには

121 カスタム検証のクライアントサイド実行を無効化するには

4-8 ValidationSummaryコントロール(122)

122 検証コントロールによる検証結果をサマリ表示するには

第5章 データバインドコントロールの極意

5-1 概要(123~125)

123 データバインドコントロールとは

124 データソースコントロールとは?

125 Visual Studioでデータソースをバインドするには

5-2 GridViewコントロール(126~165)

126 グリッド表を作成するには

127 グリッド表の基本的な見栄えを整えるには

128 グリッド表にキャプションを追加するには

129 表示するデータがない場合にテキストを表示するには

130 先頭列がタイトルとなるグリッド表を作成するには

131 グリッド表のボタンやデータフィールドを自動生成するには

132 グリッド表の列表示をカスタマイズするには

133 列を読み取り専用とするには

134 グリッド表のヘッダー/フッターテキストを設定するには

135 特定列の表示/非表示を切り替えるには

136 列をソートするためのソート式を指定するには

137 データソースから取得した数値/日付データを整形するには

138 書式文字列で利用できる書式指定子とは?

139 フィールド値が空の場合の表示を決定するには

140 フィールド値をもとにハイパーリンクを生成するには

141 フィールド値をもとに画像を生成するには

142 値が空の場合に画像の代わりに表示する代替画像、テキストを設定するには

143 フィールド値をもとにチェックボックスを生成するには

144 [選択][編集][削除]ボタンを生成するには

145 任意のボタンを生成するには

146 自作のテンプレートをもとに列を生成するには

147 GridView配下のコントロールに解りやすいクライアントIDを付けるには

148 グリッド表のスタイルをカスタマイズするには

149 ヘッダーにソート方向を表すアイコンを表示するには

150 グリッド表でページング処理を有効にするには

151 グリッド表でデータの並べ替え機能を有効にするには

152 データソースの主キー値を設定するには

153 グリッド表の総ページ数、現在のページ番号を取得するには

154 ページング操作前後の処理を定義するには

155 コマンドボタンがクリックされた時の処理を定義するには

156 行を生成したタイミングでの処理を定義するには

157 行にデータバインドした時の挙動を定義するには

158 グリッド表のモードを切り替えた時の挙動を定義するには

159 データ更新/削除処理の後処理を行うには

160 更新処理後に編集モードを維持するには

161 更新/削除処理前に処理を行うには

162 データ選択の前後で処理を行うには

163 データをソートする前後で処理を行うには

164 グリッド表のすべての行を取得するには

165 グリッド表のデータを更新/削除するには

5-3 ListViewコントロール(166~185)

166 自由形式のリストを指定されたテンプレートに従って生成するには

167 リストの外枠レイアウトを定義するには

168 リストに新規登録フォームを追加するには

169 表示するデータがない場合にテキストなどを表示するには

170 複数項目をグループ化し、段組みリストを生成するには

171 データ項目/グループごとに区切りを設定するには

172 グループ化で空となった項目のレイアウトを決めるには

173 データソースの主キー値を設定するには

174 リストにページング機能を実装するには

175 前後ページャー、数値ページャーを設置するには

176 リストのソート機能を有効にするには

177 データ項目を選択した前後で処理を行うには

178 挿入/更新/削除処理の前に処理を行うには

179 挿入/更新/削除処理の後に処理を行うには

180 コマンドボタンがクリックされた時の処理を定義するには

181 データ項目を生成したタイミングでの処理を定義するには

182 リスト項目にデータバインドした時の挙動を定義するには

183 データをソートする前後で処理を行うには

184 リストのすべてのデータ項目を取得するには

185 リストに対してデータの挿入/更新/削除を行うには

5-4 DetailsView/FormViewコントロール(186~208)

186 テーブル形式の単票ビューを作成するには

187 自由形式の単票ビューを作成するには

188 データソースの主キー値を設定するには

189 単票ビューの基本的な見栄えを整えるには

190 単票ビューのヘッダー/フッターを設定するには

191 単票ビューのデフォルトの表示モードを決めるには

192 現在の表示モードを取得/設定するには

193 表示するデータがない場合にテキストを表示するには

194 FormViewコントロールで外枠を表す<table>タグを出力しない

195 単票ビューのスタイルをカスタマイズするには

196 単票ビューでページング処理を有効にするには

197 単票ビューの総ページ数、現在のページ番号を取得するには

198 ボタンやデータフィールドを自動生成するには

199 単票のヘッダー/フッター/ページャーを操作するには

200 DetailsViewコントロールのデータ行をすべて取得するには

201 カレントレコードのフィールド値を取得するには

202 単票に表示されたデータの挿入/更新/削除を行うには

203 データの挿入/更新/削除前後のタイミングで処理を実行するには

204 挿入/更新/削除処理の後でページを移動するには

205 挿入/更新/削除処理で発生した例外を処理するには

206 データ処理前に入力値を検証するには

207 表示モード切り替え前後の処理を定義するには

208 ページング操作前後の処理を定義するには

5-5 SqlDataSourceコントロール(209~221)

209 リレーショナルデータベースからデータを取得するには

210 データの取得モードを変更するには

211 取得したデータをキャッシュするには

212 データベースのデータを取得/登録/更新/削除するには

213 SQL命令にパラメーターをバインドするには

214 SQL命令をGUI上で組み立てるには

215 ストアドプロシージャ経由でデータを操作するには

216 プログラムからSqlDataSourceコントロールのSELECT命令を呼び出すには

217 SELECTコマンドを呼び出す前後で処理を行うには

218 プログラムからSqlDataSourceコントロールのINSERT、UPDATE、

DELETE命令を呼び出すには

219 INSERT/UPDATE/DELETEコマンドを呼び出す前後で処理を行うには

220 取得データに対してフィルターを適用するには

221 楽観的同時実行制御を実装するには

5-6 ObjectDataSourceコントロール(222~228)

222 ビジネスオブジェクトとデータバインドコントロールを結びつけるには

223 ObjectDataSourceコントロールで利用できるビジネスオブジェクトを

定義するには

224 データメソッドの種類をVisual Studioに通知するには

225 Visual Studioでデータアクセスコンポーネントを自動生成するには

226 自動生成されたデータアクセスコンポーネントを拡張するには

227 大量データのページング処理を実装するには(ビジネスオブジェクト編)

228 大量データのページング処理を実装するには(データソース編)

5-7 XmlDataSourceコントロール(229~232)

229 XML形式のデータソースを読み込むには

230 読み込んだXMLデータをXSLTスタイルシートで変換するには

231 XSLT変換の前に処理を行うには

232 取得したデータをキャッシュするには

第6章 リッチコントロールの極意

6-1 MultiView/Viewコントロール(233~235)

233 切り替え可能なマルチビューを作成するには

234 ビューがアクティブ/非アクティブになった時の挙動を定義するには

235マルチビュー配下のすべてのビューを取得するには

6-2 Wizardコントロール(236~246)

236 ウィザード形式のページを作成するには

237 ウィザードのサイドバーを非表示にするには

238 ウィザードで初期表示するステップを設定するには

239 ウィザード上でアクティブになっているステップの情報を取得するには

240 ウィザードの概観をスタイル付けするには

241 ウィザード上における各種ボタンをカスタマイズするには

242 [完了][キャンセル]ボタンクリック時の遷移先を設定するには

243 ウィザードステップをテンプレートで定義するには

244 ウィザードが完了した時の処理を定義するには

245 ウィザードステップの移動をプログラムから制御するには

246 ウィザードで確認ページを準備するには

6-3 Chartコントロール(247~268)

247 Chartコントロールとは

248 棒グラフを生成するには

249 折れ線グラフを生成するには

250 曲線グラフ、階段グラフ、エリアチャートを生成するには

251 折れ線グラフの空値を補足するには

252 円グラフ/ドーナツグラフを生成するには

253 円グラフでスライス機能を有効にするには

254 レーダーチャートを生成するには

255 100%積み上げ棒グラフを生成するには

256 積み上げ棒グラフを複数のグループに分割するには

257 さまざまな積み上げ棒グラフ/面グラフを生成するには

258 散布図を生成するには

259 バブルチャートを生成するには

260 ロウソクグラフを生成するには

261 3Dのチャートを生成するには

262 複合グラフを生成するには

263 Y軸に省略のための波線を付与するには

264 チャートにタイトルを表示するには

265 凡例を追加するには

266 凡例の表示をカスタマイズするには

267 データポイントにマーカーを付与するには

268 データポイントにラベルを表示するには

6-4 Calendarコントロール(269~275)

269 月別カレンダーを表示するには

270 月別カレンダーの表示スタイルを変更するには

271 月別カレンダーで年月、曜日、前後リンクのテキストを変更するには

272 カレンダーから日付を選択させるには

273 カレンダーから複数の日付(月、週)を選択させるには

274 カレンダーの日付セルに文字列を埋め込むには

275 カレンダーの表示月を変更した時の挙動を定義するには

6-5 ImageMapコントロール(276~278)

276 クリッカブルマップを生成するには

277 ホットスポットをクリックした場合の挙動を変更するには

278 クリッカブルマップでポストバック処理を行うには

6-6 AdRotatorコントロール(279~285)

279 広告バナーを循環表示するには

280 広告の表示スケジュールを定義するには

281 キーワードで表示すべき広告をフィルタリングするには

282 広告スケジュールファイルに自前の情報を追加するには

283 広告バナーの出力時に行うべき処理を定義するには

284 データベースで広告情報を管理するには

285 広告バナーのクリック数をロギングするには

第7章 メンバーシップフレームワークの極意

7-1 概要(286~287)

286 メンバーシップフレームワークとは

287 メンバーシップフレームワークを利用するのに必要な準備は?

7-2 ログインコントロール(共通機能)(288~294)

288 ユーザー作成やパスワード問い合わせのタイミングでメールを送信するには

289 ログインページやユーザー作成画面のボタン画像/キャプションを変更するには

290 ログインページや新規ユーザー作成画面に関連ページへのリンクを追加するには

291 認証やパスワード変更、ユーザー登録に成功後の遷移ページを設定するには

292 ユーザー登録やパスワード変更などで発生するエラーメッセージを設定するには

293 新規ユーザー作成/パスワード変更画面でパスワードのパターンを制限するには

294 ログインコントロールの見栄えをテンプレートでカスタマイズするには

7-3 Loginコントロール(295~301)

295 ログイン画面を作成するには

296 ブラウザーを閉じた後もログイン状態を維持するには

297 ログイン後にLoginコントロールを非表示にするには

298 Loginコントロールをよりコンパクトに表示するには

299 ログイン画面のスタイルを変更するには

300 ログイン画面の表示テキストをカスタマイズするには

301 認証処理のタイミングで独自の処理を行うには

7-4 CreateUserWizardコントロール(302~307)

302 新規ユーザー作成画面を作成するには

303 新規ユーザー登録画面でパスワードを自動生成するには

304 新規ユーザーをデフォルトで非アクティブにするには

305 新規ユーザー作成画面のスタイルを変更するには

306 新規ユーザー作成画面の表示テキストをカスタマイズするには

307 新規ユーザー作成のタイミングで独自の処理を行うには

7-5 ChangePasswordコントロール(308~312)

308 パスワード変更画面を作成するには

309 未認証のユーザーがパスワードを変更できるようにするには

310 パスワード変更画面のスタイルを変更するには

311 パスワード変更画面の表示テキストをカスタマイズするには

312 パスワード変更のタイミングで独自の処理を行うには

7-6 PasswordRecoveryコントロール(313~316)

313 パスワード問い合わせ画面を作成するには

314 パスワード問い合わせ画面のスタイルを変更するには

315 パスワード問い合わせ画面の表示テキストをカスタマイズするには

316 パスワード問い合わせのタイミングで独自の処理を行うには

7-7 LoginNameコントロール(317)

317 ログインユーザーの名前を表示するには

7-8 LoginStatusコントロール(318~320)

318 [ログイン]/[ログアウト]リンクを設置するには

319 ログアウト時の処理方法を決めるには

320 ログアウト時の処理を定義するには

7-9 LoginViewコントロール(321)

321 ユーザーの権限に応じてビューを切り替えるには

7-10 構成ファイル(322~338)

322 アプリケーションでフォーム認証を有効にするには

323 アプリケーションをまたいだ認証を有効にするには

324 リソースへのアクセスを許可するユーザー/ロールを設定するには

325 プロファイルプロパティを登録するには

326 プロファイルプロパティをグループ化するには

327 匿名ユーザーがプロファイル情報にアクセスするには

328 匿名ユーザーのプロファイル情報を破棄するには

329 プロファイルプロバイダーの設定を変更するには

330 使用するメンバーシッププロバイダーを登録するには

331 メンバーシップフレームワークでパスワードポリシーを設定するには

332 パスワード問い合わせに「秘密の質問」を利用するには

333 パスワードの初期化/取得を禁止するには

334 ログインの試行回数を制限するには

335 SQL Server Express以外でメンバーシップ情報を管理するには

336 複数のアプリケーションでメンバーシップ情報を共有するには

337 ユーザーロールをキャッシュで管理するには

338 ロールプロバイダーの設定を変更するには

第8章 ナビゲーションコントロールの極意

8-1 概要(339~341)

339 ナビゲーションコントロールとは

340 ナビゲーションコントロールを利用するために必要な準備とは

341 Visual StudioでWeb.sitemapをナビゲーションコントロールに関連付けるには

8-2 TreeViewコントロール(342~352)

342 エクスプローラー形式のツリーメニューを作成するには

343 ツリーメニューのアイコン画像を手軽に変更するには

344 ツリーメニューのアイコン画像やツールチップをカスタマイズするには

345 TreeViewコントロールのツリーラインを変更するには

346 ツリーメニューの表示スタイルを変更するには

347 ツリーメニュー配下のノードを直接定義するには

348 ツリーメニューのすべてのノードを開閉するには

349 ノード選択時に独自の処理を実行するには

350 ノード上のチェックボックスをチェック時に独自の処理を実行するには

351 ノードを展開/折り畳んだ時に独自の処理を実行するには

352 ツリーメニューの子ノードを展開タイミングで取得するには

8-3 Menuコントロール(353~365)

353 マウスホバーで展開可能なリッチメニューを実装するには

354 メニューへの表示テキストを整形するには

355 リッチメニューの描画方法を変更するには

356 初期表示されるメニューの階層数を設定するには

357 最大で表示できる動的メニューの階層数を制限するには

358 メニュー項目を垂直/水平方向に並べるには

359 静的メニューで使用する画像を設定するには

360 静的メニューの表示スタイルを変更するには

361 動的メニューで使用する画像を設定するには

362 動的メニューの表示スタイルを変更するには

363 メニュー項目の表示テンプレートをカスタマイズするには

364 メニュー項目を直接定義するには

365 メニューをクリックした場合の挙動をカスタマイズするには

8-4 SiteMapPathコントロール(366~368)

366 パンくずリストを作成するには

367 パンくずリストの表示スタイルを変更するには

368 パンくずリストのレイアウトをテンプレートで設定するには

8-5 SiteMapDataSourceコントロール(369~372)

369 サイトマップ情報のルートノードを非表示にするには

370 現在のページ以下のサイトマップ情報のみを読み込むには

371 指定されたページ配下のサイトマップ情報のみを読み込むには

372 n階層下のサイトマップ情報を読み込みの基点とするには

8-6 ナビゲーションコントロール共通&応用(373~377)

373 利用するサイトマップファイルを変更するには

374 スクリーンリーダー用のスキップテキストを設置するには

375 メニュー配下のノードを動的に設定するには

376 メニューにバインドするノードをマッピングするには

377 サイトマップ情報にイベントハンドラーからアクセスするには

8-7 構成ファイル(378~380)

378 サイトマッププロバイダーを登録するには

379 サイトマップ情報からアクセスできないページを除去するには

380 データベース上でサイトマップ情報を管理するには

第9章 Ajax開発の極意

9-1 概要(381~386)

381 Ajaxとは

382 ASP.NET AJAXとは

383 ASP.NET AJAXを構成するライブラリとは

384 ASP.NETアプリケーションでjQueryを利用するには

385 jQueryのコードスニペットを有効にするには

386 Visual Studioで起動するブラウザーを変更するには

9-2 UpdatePanelコントロール(387~399)

387 ポストバックによってページの一部だけを部分更新するには

388 UpdatePanelの外のボタンによって部分更新を実行するには

389 UpdatePanelを<span>要素として描画するには

390 UpdatePanelコントロールを利用する場合の注意点とは

391 UpdatePanelを入れ子にした場合の更新ルールとは

392 非同期ポストバックの前後で処理を実行するには

393 通信発生時にボタンを無効化するには

394 非同期更新が完了したタイミングで更新エリアをハイライトするには

395 非同期通信時に発生した例外を処理するには

396 実行中の非同期通信をキャンセルするには

397 ページ内で複数のUpdatePanelコントロールを配置した場合の挙動は

398 ページ内で複数の非同期更新が発生した場合の挙動は

399 非同期通信の優先順位を変更するには

9-3 UpdateProgress&Timerコントロール(400~402)

400 非同期通信で通信中メッセージ/アイコンを表示するには

401 一定時間おきに非同期通信を実施するには

402 Timerコントロールを利用する際の注意点とは

9-4 ScriptManager/ScriptManagerProxyコントロール(403~420)

403 非同期通信の場合のみ処理を行うには

404 Ajax対応ページの履歴機能を有効にするには

405 JavaScriptからサーバーサイドのメソッドを呼び出すには(サービス編)

406 JavaScriptからサーバーサイドのメソッドを呼び出すには(JavaScript編)

407 JavaScriptからプロファイル情報にアクセスするには(準備編)

408 JavaScriptからプロファイル情報にアクセスするには(読み取り編)

409 JavaScriptからプロファイル情報にアクセスするには(書き込み編)

410 非同期通信で発生した例外の標準的な処理方法は

411 非同期通信で発生した例外の処理方法を決めるには

412 非同期通信で例外が発生した場合の表示メッセージを決めるには

413 非同期通信で発生した例外情報をロギングするには

414 非同期通信のタイムアウト時間を設定するには

415 外部のスクリプトをインポートするには

416 クライアントサイドスクリプトをCDN経由で読み込むには

417 コンテンツページからScriptManagerの機能にアクセスするには

418 複数のスクリプトを結合するには

419 利用しているスクリプトを列挙するには

420 JavaScriptライブラリをまとめ圧縮するには

9-5 ASP.NET AJAX Control Toolkit(421~466)

421 ASP.NET AJAX Control Toolkitとは

422 ASP.NET AJAX Control Toolkitをインストールするには

423 Control Toolkitで提供されるコントロールの見栄えを簡単に整えるには

424 エクステンダーとは

425 エクステンダーをプロパティウィンドウから設定するには

426 必要なJavaScriptファイルをひとつにまとめるには

427 アコーディオンパネルを実装するには

428 折り畳みパネルを実装するには

429 並べ替え可能なリストを生成するには

430 スクロール量に応じてパネルを自動移動させるには

431 サイズ変更が可能なパネルを定義するには

432 画像のサイズを変更可能にするには

433 タブパネルを実装するには

434 モーダルウィンドウを実装するには

435 パネルに影を追加するには

436 パネルの角に丸め効果を付与するには

437 非同期のファイルアップロード機能を実装するには

438 テキストボックスにオートコンプリート機能を実装するには(サービス編)

439 テキストボックスにオートコンプリート機能を実装するには(コントロール編)

440 階層式のドロップダウンリストを実装するには(サービス編)

441 階層式のドロップダウンリストを実装するには(コントロール編)

442 候補検索機能付きのリストボックスを実装するには

443 テキストボックスにカラーパレットを実装するには

444 HTMLコンテンツをWYSIWYGに編集できるテキストエリアを設置するには

445 評価レートを表示/更新するためのパネルを実装するには

446 コンボボックスを実装するには

447 複数ハンドルを持つスライダーを実装するには

448 テキストボックスにポップアップカレンダーを追加するには

449 テキストボックスにアップダウンボタンを追加するには

450 アップダウンボタンに任意の文字列リストを適用するには

451 トグルボタンを実装するには

452 パスワードポリシーに応じてパスワードの強度を表示するには

453 パスワードの強度をテキストで表示するには

454 テキストボックスに透かし文字を追加するには

455 テキストボックスに入力マスクを追加するには

456 テキストボックスに入力可能な文字種を制限するには

457 複数のフィルターを同時に適用するには

458 検証メッセージをバルーン表示するには

459 ページにボット対策を実装するには

460 ページング機能付きの箇条書きリストを生成するには

461 マウスホバー時にポップアップするメニューを生成するには

462 特定の要素にアニメーションを実装するには

463 特定の要素にアクションを適用するには

464 複数のアニメーションを並列に実行するには

465 UpdatePanelコントロールによる更新時にアニメーションを実行する

466 オートコンプリートやホバーメニューにアニメーション効果を実装するには

第10章 Pageクラスと組み込みオブジェクトの極意

10-1 概要(467~468)

467 Pageクラスとは

468 ページイベントとは

10-2 Pageクラス(469~479)

469 ページのタイトルやキーワード/概要を設定するには

470 現在のページ/ユーザーコントロールの格納フォルダーを取得するには

471 指定されたパスをクライアント側で利用可能なURLに変換するには

472 文字列から動的にサーバーコントロールを生成するには

473 ASP.NETページにクライアントサイドスクリプトを追加するには

474 アプリケーションへのワンクリック攻撃を防止するには

475 要求がポストバックによって発生したかどうかを判定するには

476 検証コントロールに共通のエラーメッセージを適用するには

477 コンテンツページからマスターページの内容を操作するには

478 適用するマスターページを動的に変更するには

479 ページやコントロール配下のコントロールを検索するには

10-3 HttpApplicationStateクラス(480~482)

480 アプリケーション共通の情報を管理するには

481 アプリケーション変数を削除するには

482 アプリケーション変数に含まれるすべてのキーを取得するには

10-4 HttpSessionStateクラス(483~487)

483 ユーザー単位の情報を保存するには

484 セッション変数を削除するには

485 セッション変数に含まれるすべてのキーを取得するには

486 セッションを破棄するには

487 セッションIDを取得するには

10-5 HttpCookieクラス(488~496)

488 クッキーとは

489 クッキーに情報を保存するには

490 クッキー情報を取得するには

491 クッキーの有効期限を設定するには

492 クッキーの有効範囲(ドメイン/パス)を制限するには

493 暗号化されていないページへのクッキー送信を防ぐには

494 HTTPクッキーを有効にするには

495 クッキーにサブキーを設定するには

496 クッキーのデフォルト設定を定義するには

10-6 HttpRequestクラス(497~512)

497 アクセスしているユーザーエージェント(ブラウザー)の種類を判定するには

498 クライアントのIPアドレスを取得するには

499 リンク元のページを取得するには

500 ブラウザーの設定言語を取得するには

501 さまざまなリクエスト情報を取得するには

502 リクエストURLを取得するには

503 ローカルからの要求であるかを判定するには

504 SSL通信を使った要求であるかを判定するには

505 クライアントが認証済みであるかを判定するには

506 クライアントが使用しているブラウザーの情報を取得するには

507 フォームからの入力内容を取得するには

508 クエリ情報を取得するには

509 ファイルをアップロードするには

510 任意のリクエストヘッダーを取得するには

511 サーバーの環境変数を取得するには

512 リクエストデータをファイルに保存するには

10-7 HttpResponseクラス(513~531)

513 応答ステータスを設定するには

514 キャッシュポリシーを設定するには

515 応答のコンテンツタイプを設定するには

516 クライアントがサーバーに接続されているかどうかを判定するには

517 ページをリダイレクトするには

518 恒久的なページ移動を表すには

519 リダイレクトと転送の違いとは

520 文字列を出力するには

521 コンテンツをクライアントに送信するかどうかを決めるには

522 ファイルが更新されたらページキャッシュも更新するには

523 その他のキャッシュが更新されたらページキャッシュも更新するには

524 ファイルやキャッシュキーが更新されたらページキャッシュも更新するには

525 IIS標準のログにカスタムログ情報を追加するには

526 IIS標準ログの出力方法を設定するには

527 指定されたファイルをクライアントに出力するには

528 バイナリデータを出力するには

529 バイナリデータをストリーム経由で出力するには

530 HTTP応答ヘッダーを発行するには

531 ページの一部分だけをキャッシュ除外するには

10-8 HttpRuntimeクラス(532~533)

532 ASP.NET実行環境に関する情報を取得するには

533 現在のアプリケーション情報を取得するには

10-9 HttpServerUtilityクラス(534~537)

534 文字列をHTMLエンコード/デコードするには

535 文字列をURLエンコード/デコードするには

536 仮想パスを物理パスに変換するには

537 コンピューター名を取得するには

10-10 Cacheクラス(538~542)

538 キャッシュデータを出し入れするには

539 キャッシュ項目の追加時に依存関係を設定するには

540 キャッシュの有効期限を設定するには

541 キャッシュの優先順位を設定するには

542 キャッシュデータを破棄するには

10-11 TraceContextクラス(543~544)

543 トレース情報に任意のメッセージを追加するには

544 トレース完了時の処理を定義するには

10-12 IPrincipalインターフェイス(545~546)

545 現在のユーザー情報を取得するには

546 現在のユーザーが指定されたロールに属するかを判定するには

第11章 構成ファイルの極意

11-1 概要(547~549)

547 構成ファイルとは

548 構成ファイルの有効範囲と優先順位は

549 構成ファイルの基本的な構造は

11-2 共通設定(550~554)

550 アプリケーション共通の設定を定義するには

551 アプリケーション設定を外部ファイル化するには

552 データベース接続情報を宣言するには

553 子要素の適用範囲を特定のフォルダー/ファイルに限定するには

554 上位構成ファイルの設定を取り消すには

11-3 ページ設定(555~562)

555 Webフォームにおけるデフォルトの挙動を設定するには

556 ASP.NET 3.5以前との互換性を維持するには

557 ユーザーコントロール/カスタムコントロールを登録するには

558 アプリケーションで使用する名前空間をインポートするには

559 カスタムのエラーページを設定するには

560 アプリケーションで使用するカルチャ/文字エンコーディングを設定するには

561 アプリケーションのトレース機能を有効にするには

562 トレースビューアを利用するには

11-4 セッション設定(563~570)

563 セッションIDをクッキー以外で受け渡しするには

564 セッションの保存先を変更するには

565 ASP.NET状態サービスでセッションを管理するには

566 SQL Serverでセッションを管理するには

567 セッションをカスタムのデータソースで管理するには

568 セッション機能を無効化するには

569 セッションのタイムアウト時間を設定するには

570 セッション情報を圧縮して保存するには

11-5 キャッシュ設定(571~576)

571 キャッシュの使用メモリーや有効期限を設定するには

572 ページキャッシュの有効/無効を切り替えるには

573 キャッシュポリシーを構成ファイルで一元管理するには

574 データベースキャッシングを有効化するには(準備編)

575 データベースキャッシングを有効化するには(設定編)

576 データベースキャッシングを有効化するには(実行編)

11-6 コンパイラ&ランタイム設定(577~585)

577 ASP.NETアプリケーションのコンパイラを設定するには

578 アプリケーションで利用できるアセンブリを宣言するには

579 実行時に自動コンパイルされるフォルダーを宣言するには

580 アプリケーションをホストするサーバー環境を設定するには

581 ASP.NETランタイムの実行タイムアウト時間を設定するには

582 リクエストデータの最大サイズを設定するには

583 応答ヘッダーとしてバージョン情報を出力するには

584 リクエストの待ち行列の最大数を設定するには

585 認証クッキーやビューステートの暗号/複合に使用するキーを設定するには

11-7 アプリケーションの拡張(586~589)

586 HTTPハンドラーを特定の拡張子/パスに割り当てるには

587 IISに未登録の拡張子を登録するには

588 自作のHTTPハンドラーを登録するには

589 HTTPモジュールでリクエストの前後処理を定義するには

第12章 Windows Azure Platformの極意

12-1 概要(590~591)

590 Windows Azure Platformとは

591 Windows Azureで開発を行うには(準備編)

12-2 Windows Azure(592~599)

592 Windows Azureアプリケーションのプロジェクトを作成するには

593 Azureアプリケーションをローカル環境で起動するには

594 稼働しているロールインスタンスの数を変更するには

595 Windows Azureにアプリケーションを配置するには

596 ステージング環境から運用環境に移行するには

597 Azureに配置したアプリケーションを停止/削除するには

598 Windows AzureにVisual Studioからアプリケーションを自動配置するには(準備編)

599 Windows AzureにVisual Studioからアプリケーションを自動配置するには(実行編)

12-3 SQL Azure(600~602)

600 SQL Azureデータベースを作成するには

601 Visual StudioからSQL Azureに接続するには

602 アプリケーションからSQL Azureに接続するには

PR

秀和システム