セラピストなら知っておきたい解剖生理学

概 要

エステティシャン、アロマセラピスト、リフレクソロジスト、介護・福祉ケアといった、人の身体をケアする方々がぜひ知っておきたい、人体の構造と機能を理解する解剖生理学の入門書です。さまざまなメディアの健康・美容情報は、びっくりするほど多くのものが誤っています。そこで本書では、医学博士・鍼灸師・ケアマネージャーの資格をもち、実践している著者が、健康や美容に関するボディワーカーが直面する体の悩みに必要な、人体に関する正しい解剖生理の知識を、図解でやさしく解説。身体の基本をおさえることで、よりその人にあわせた施術ができるようになり、ケアに自信がもてます。もちろん、よりよいセルフケアにも必ず役立つ一冊!

著者 野溝明子
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3084-5
発売日 2011/9/23
判型 A5
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 セラピストが知っておきたい「からだのキホン」

1.からだを作っているものたち(基礎知識)

1-1 からだをつくる細胞のなりたち

1-2 からだの細胞は生まれ変わる?

1-3 器官を作る細胞集団…組織とは

1-4 体液とホメオスタシス

1-5 水と塩分の微妙な関係

1-6 臓器を入れる部屋と袋

1-7 医学で使うからだの呼び名

2.からだをめぐる「流れ」のしくみ(循環器系・リンパ系)

2-1 血液とは何か?

2-2 全身をめぐって戻る血液の道

2-3 命を保つ心臓のはたらき

2-4 主な動脈の名前を覚えよう

2-5 主な静脈の名前を覚えよう

2-6 リンパとは何か?

2-7 血液とリンパ液を流す力

3.内側から自分を守るしくみ(免疫系)

3-1 防衛部隊、白血球たちのはたらき

3-2 強力戦法?免疫という戦い方

3-3 リンパ節で起きていること

3-4 いろいろな生体防御システム

3-5 免疫は時には困りもの

4.吸って吐いて 呼吸のしくみ(呼吸器系)

4-1 空気が肺までたどる道?気道

4-2 吸って吐くしくみ

4-3 腹式呼吸とは

5.食べてこなれて 吸収するしくみ(消化器系)

5-1 口から肛門まで食物の通る道

5-2 消化を助ける付属器官

5-3 食物はどうやって吸収される?

5-4 うんちの出かた(排便反射)

6.装置としてのからだの動き(運動器系)

6-1 骨は生きている

6-2 背骨と胸の内臓を守るかご

6-3 主な骨と体表で触れる部位

6-4 ここでからだが動く?関節のしくみ

6-5 筋肉名を覚える前の基礎知識

6-6 主な骨格筋1 体幹の運動

6-7 主な骨格筋2 四肢の運動

6-8 ちょっと変わり者の骨格筋

7.脳とからだの連携のしくみ(神経系)

7-1 神経の分類と名前

7-2 脳を包む膜と液体

7-3 脳の役割分担

7-4 大脳のシワが担当していること

7-5 本能と情動は間脳にあり

7-6 脳に出入りする個性的な神経

7-7 脊髄神経と神経のくさむら

7-8 からだを動かす指令の伝わり方

8.刺激を感じるしくみ(感覚器系)

8-1 美味しいね、いいニオイ

8-2 耳は聞くだけではない

8-3 脳と目で見る

8-4 見なくてもわかる自分の格好

9.からだの調子を整えるしくみ(自律神経・内分泌系)

9-1 内臓をコントロールする神経

9-2 交感神経と副交感神経のはたらき

9-3 ホルモン・内分泌とは何か

9-4 ステロイドって何?

9-5 ホルモンが出てくるきっかけ

9-6 いろいろなホルモンのはたらき

9-7 ホルモンで血糖値を調節

9-8 ストレスからからだを守るホルモン

9-9 骨とカルシウムとホルモン

10.余分なものを捨て去るしくみ(泌尿器系)

10-1 尿がからだの外に出てくるまで

10-2 尿は血液から作られる

11.外側から自分を守るしくみ(外皮系)

11-1 皮下脂肪も皮膚のうち

11-2 毛と爪と汗腺は表皮の仲間

11-3 からだを守る皮膚

12.女性らしさ、男性らしさのしくみ(生殖器系)

12-1 子宮と卵巣はつながっていない

12-2 月経周期と女性のからだの変化

12-3 精子が外に出るまでの道

12-4 赤ちゃんができて生まれるまで

第2章 からだの悩みを医学の目で「診る」

1.むくみを深く知る

1-1 むくみ(浮腫)とは何か?

1-2 むくみの原因1 血漿タンパク質

1-3 むくみの原因2 内臓の病変

1-4 むくみを見つける・対処する

2.血液や循環・呼吸のトラブル

2-1 貧血って結局、何?

2-2 立ちくらみがしたらどうするか

2-3 血圧が高い・低い

2-4 息が苦しい時はどうする?

3.からだを守るしくみの反応

3-1 リンパ節が腫れたら

3-2 冷え性への対処

3-3 解熱剤使う? 使わない?

4.消化のシステムに関わる悩み

4-1 口がクサイ? 口臭の悩み

4-2 胃のトラブルと胸やけ

4-3 便秘とガスの悩み

4-4 下痢、過敏性腸症候群

4-5 肥満と痩せ 拒食症と過食症

5.骨・関節・筋肉の問題

5-1 関節リウマチとは

5-2 変形性関節症とは

5-3 膝が痛い

5-4 脚と足の変形

5-5 顎がカクカク 口が開かない

5-6 背骨の曲がり 円背と側弯

5-7 腰痛・ぎっくり腰のいろいろ

6.神経と感覚器に関わる困りごと

6-1 よく眠れない…

6-2 坐骨神経をたどろう

6-3 軽いマヒは自然に治る?

6-4 顔が痛い 顔の皮膚が動かない

6-5 皮膚に水疱ができて痛い

6-6 この頭痛はどの頭痛?

6-7 白内障と緑内障ってどう違う?

6-8 めまいは何科のお医者さん?

7.自律神経とホルモンの不調

7-1 汗が出て困る? 発汗のしくみ

7-2 痩せているのに糖尿病?

7-3 女性に多い甲状腺の病気

8.お肌の悩み

8-1 お肌のくすみ、しみ・そばかす

8-2 シワとたるみとコラーゲン

8-3 ニキビで考えるお肌の健康

8-4 爪が教えてくれること

9.悩み多きおしっこ

9-1 くしゃみをすると尿が…

9-2 膀胱炎にならないために

10.女性と男性それぞれの悩み事

10-1 女性ホルモンに翻弄される

10-2 赤ちゃんが欲しい

10-3 男性の排尿と勃起の困りごと

第3章 もっと素敵に暮らすための「からだのこと」

1.マッサージを医学的に考える

1-1 どこにアプローチするの?

1-2 深いリンパの流れ

1-3 浅いリンパの流れ

1-4 顔と頸のマッサージ

2.「すこやかきれい」なからだを作る

2-1 骨を強くしていつまでも元気に

2-2 筋肉の特徴を捉えて鍛えるには

2-3 猫背を治してきれいな姿勢に

3.からだと気持ちのつながりを知る

3-1 香りで気持ちがやすらぐしくみ

3-2 続くストレスでからだはどうなる?

3-3 睡眠不足でホルモン異常?

4.もっと素敵な暮らしのために

4-1 からだの中の毒を出す

4-2 月経、排卵、妊娠のタイミング

コラム 医学用語の難しさ

コラム 加齢臭とオヤジ臭

PR

秀和システム