Excel関数の使い方のツボとコツがゼッタイにわかる本

概 要

Excel関数の使い方のツボとコツを、初心者でもわかりやすく解説した入門書です。Excel関数の学習では、各種関数の機能や使い方を覚えることが基本ですが、それだけでは不十分です。本書では、各種関数の機能や使い方にくわえて、Excel関数を使う上で知っておくと便利なノウハウを、Excel初心者でも無理なく学習できるようにわかりやすく解説しました。それぞれの関数の基本的な使い方はもちろん、関数を組み合わせた複雑な式の作成といった実践的なノウハウまでしっかりマスターできます。Excel 2003/2007/2010対応、学習に利用するサンプルデータのダウンロードサービス付き。Excel 2013およびWindows 8環境での対応確認済み。

著者 立山秀利
価格 本体1900円(税別)
ISBN 978-4-7980-3090-6
発売日 2011/9/15
判型 B5変
色数 2色
ページ数 296
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 関数のキホン

1-1 関数とは

●関数で集計などをより効率的に!

●関数の“一歩進んだ使い方”をぜひマスターしよう

1-2 関数の基本的な記述方法

●関数の書式

●関数に渡す“材料”や“条件”

1-3 簡単な関数を体験しよう

●合計と平均値を関数で求める

●その他の関数記述方法

第2章 関数の実践的な使い方を学ぼう

2-1 サンプル紹介

●文房具の販売管理をExcelで行うサンプル

2-2 現在の日付を取得しよう

●TODAY関数で現在の日付を得る

2-3 条件に応じて集計する

●数量と金額を集計する

●件数を集計する

第3章 複数の表を関数で連動させる

3-1 単一の表によるデータ管理の問題と解決方法

●決まり切ったデータを手作業で毎回入力するのはメンドウ

●2つの表をVLOOKUP関数で連動

3-2 VLOOKUP関数の基本をマスターしよう

●まずはVLOOKUP関数の全体像を把握しよう

●VLOOKUP関数の使い方を学ぼう

3-3 サンプル「販売データ」でVLOOKUP関数を体験しよう

●まずは商品のデータのみを別表に分離

●VLOOKUP関数で商品名から単価を検索して自動入力

3-4 オートフィルと絶対参照/相対参照

●オートフィルの問題

●絶対参照/相対参照の基本を学ぼう

●絶対参照/相対参照を使い分けよう

●商品一覧表を別のワークシートに移動しよう

3-5 納期を関数で求めよう

●WORKDAY関数の基本を学ぼう

●WORKDAY関数で納期を求める

3-6 変更に強いかたちで引数を指定するには

●変更の可能性がある引数の値を、セルを介して参照

●数値に名前を付けて引数に指定する

●セル範囲に名前を付けて引数に指定する

3-7 リストの選択肢も名前で指定しよう

●リストの選択肢の範囲も名前で指定すると便利

第4章 条件によって処理を変える

4-1 期日までの日数を求めよう

●納期の3営業日以前になったら警告する機能を追加する

●NETWORKDAYS関数の使い方を学ぼう

4-2 比較演算子

●比較演算子の基本を身につけよう

●比較演算子を体験してみよう

4-3 IF関数をマスターしよう

●IF関数の基本を学ぼう

●IF関数の論理式に関数を使う

4-4 複数の条件で処理を変える

●AND関数の使い方をマスターしよう

●複数条件によるIF関数にチャレンジ

●ついでにOR関数も学んでおこう

4-5 複雑な数式をわかりやすくするコツ ~その(1)

●式を複数のセルに分割する

●分割先のセルは非表示にしておこう

4-6 複雑な数式をわかりやすくするコツ ~その(2)

●「数式の検証」機能で計算過程を順に確認

●「ワークシート分析」の各種機能を活用しよう

第5章 条件付き書式で関数を使おう

5-1 条件付き書式で関数を使う方法の基本

●条件付き書式を活用しよう

●条件付き書式を体験しよう

●最初からセル範囲を選んで条件付書式を設定することも可能

5-2 条件付き書式と関数で、1行おきの縞模様を作る

●まずは1行おきの縞模様からチャレンジ

●1行おきの縞模様を判別する数式を考えよう

●実際に1行おきの縞模様を作ろう

5-3 5行おきに薄い青色の縞模様にする

●5行おきに薄い青色の縞模様にするアルゴリズムを考えよう

●数式に落とし込み、条件付き書式に設定しよう

5-4 条件付き書式で複雑な処理を作るコツ

●アルゴリズムは書き出して考える

●数式を別途セルに入力してチェック

5-5 変更に強いかたちに改善しよう

●縞模様の間隔の変更を容易にする

●表の場所の変更に強くする

第6章 関数の高度な使い方に挑戦しよう

6-1 複数列の一覧表から目的の値を取り出す

●IF関数を使った方法でも間違いではないが……

●MATCH関数の基本をマスターしよう

●MATCH関数で会員クラスの列番号を得る

6-2 定義した名前の参照範囲を動的に変更する ~その(1)

●名前「商品マスタ」のセル範囲を自動で拡張

●OFFSET関数を学ぼう

6-3 定義した名前の参照範囲を動的に変更する ~その(2)

●名前「商品マスタ」のセル範囲を自動拡張させる

●名前「商品名一覧」の参照範囲も自動拡張させよう

6-4 2種類の表を切り替えて値を取り出す

●VLOOKUP関数で2種類の表を切り替えるには

●INDIRECT関数の基本を学ぼう

●INDIRECT関数で2種類の表を切り替える

6-5 連動したドロップダウンを作ろう

●C列の値によってB列の選択肢を動的に変える

●「データの入力規則」でINDIRECT関数を使う

●名前の付け方とINDIRECT関数の引数指定をさらに工夫する

資料 Excel 2003での操作

1-3 簡単な関数を体験しよう

3-6 変更に強いかたちで引数を指定するには

3-7 リストの選択肢も名前で指定しよう

4-5 複雑な数式をわかりやすくするコツ ~その(1)

5-1 条件付き書式で関数を使う方法の基本

コラム

●第1章

「関数の引数」画面で引数をドラッグで指定するには

●第2章

数式バー内でカーソルを矢印キーで移動可能にするには

●第3章

HLOOKUP関数について

「オートフィルオプション」ボタン

エラーの原因と対策

Excel 2003で「分析ツール」アドインをインストールするには

期日を求める関数あれこれ

「名前の管理」ダイアログボックスで他にできること

VLOOKUP関数の第4引数「検索方法」に「TRUE」を指定した場合

名前ボックスからセル範囲を素早く選択

●第4章

ワイルドカード文字列

英字の大文字と小文字を区別して文字列を比較するには

●第5章

「条件付き書式ルールの管理」ダイアログボックスの使い方

文字列を操作する関数

PR

秀和システム