JSFLではじめるFlash制作自動化入門

概 要

JSFL(Flash JavaScript API)を使って、FLASH制作時の面倒な手作業や定型の単純作業を自動化する手法をやさしく解説した入門書です。Flashコンテンツの開発時に、気の遠くなるような繰り返し処理を手作業ですすめるのにうんざりしたことはありませんか? JSFLを使えばその面倒な作業がコマンド一発であっという間に終了します。本書は、Adobe Flash Professional(FlashIDE)ユーザーを対象に、Adobe Flash CS3~CS5.5で実装された機能を中心に実務で役立つサンプルコードを多用しながらスクリプトの文法や構造を体系的に解説しています。巻末には便利な関数表やオブジェクト表などの補足資料を掲載。サンプルコードのダウンロードサービス付きです。

著者 加茂雄亮
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3103-3
発売日 2011/9/22
判型 A5
色数 1色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 JSFLを学ぶ前に

1.1 JSFLとは

1.2 JSFLの利用

1.3 JSFLの作成と保存

1.4 ActionScript 3.0とJavaScriptのシンタックス

1.5 DocumentObjectModel

1.6 次の章以降であつかうこと

Chapter2 Flashとドキュメントへのアクセスと操作

2.1 flオブジェクト

2.2 ダイアログボックス

2.3 Documentオブジェクト

Chapter3 タイムラインを自在に操る

3.1 Timelineオブジェクト

3.2 Layerオブジェクト

3.3 Frameオブジェクト

Chapter4 エレメントとシンボル

4.1 ElementオブジェクトとInstanceオブジェクト

4.2 Library/Symbolオブジェクト

Chapter5 SWFパネルによるFlashIDEの拡張・外部ファイル操作

5.1 Flashの拡張パネル/SWFPanel作成

5.2 ローカルファイル処理

5.3 Extension(拡張)ファイル

Chapter6 応用編:拡張機能サンプル集

6.1 フレームプリセット

6.2 重ね順パネル

6.3 矩形ガイドラインツール

補足資料 Reference

トップレベル関数

Documentオブジェクト

PR

秀和システム