図解入門よくわかる 最新油圧・空気圧の基本と仕組み

概 要

油圧、空気圧の設計と機器選定の基礎をわかりやすくビジュアルに解説した入門書です。油圧、空気圧システムは交通、土木建設、医療、住宅など幅広い分野で利用されている技術です。本書では、油圧システムを構成する基本的な油圧回路をわかりやすく解説し、油圧機器の選定に必要な計算式、トラブル発生時の対処の仕方まで解説。さらに、空気圧については、圧縮空気に関する基本的な知識とあわせて、空気圧の主要機器について難しい流体理論や専門的な解説はできるだけ避け、図を中心にわかりやすく説明しています。油圧や空気圧をこれから学ぼうという初学者はもとより、実際に業務に携わっている技術者にもおすすめする実用書です。

著者 坂本俊雄、長岐忠則
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3135-4
発売日 2011/10/29
判型 A5
色数 2色
ページ数 296
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 油圧の歴史

1-1 パスカルの原理

1-2 日本における油圧技術の歴史

コラム パスカル

第2章 油圧のメカニズム

2-1 圧力とは

2-2 流量

2-3 油圧のメカのズム

コラム 連続の方程式

2-4 作動油の性質

第3章 油圧が活躍する分野

3-1 加工機械・成型機械

3-2 土木・建設機械

3-3 自動車・航空機・船舶

3-4 産業車両・特殊車両

3-5 農業機械

3-6 特殊機械

第4章 油圧要素機器の種類と図記号

4-1 油圧ポンプの種類と構造

コラム エアレーション

コラム フルカットオフ軸入力

4-2 圧力制御弁

4-3 流量制御弁

コラム 圧力補償ピストンの仕組み

4-4 4方向制御弁

4-5 サーボ弁

4-6 油圧アクチュエータ

コラム キャビテ?ション

4-7 アキュムレ?タ

コラム 特殊なポンプ

コラム アキュムレ?タ取扱い上の注意事項

コラム クラッキング圧力

第5章 油圧回路の設計手順と計算式

5-1 油圧回路の作成手順

コラム 汎用電動機の種類

コラム 放熱計数の概算値

5-2 油圧回路設計に必要な計算式

第6章 基本的な油圧回路図

6-1 圧力制御回路

6-2 流量制御回路

6-3 方向制御回路

第7章 油圧機器の選定

7-1 機械の仕様と油圧の仕様

7-2 ボ?ル盤の油圧回路

コラム ハンチング現象

7-3 油圧シリンダの選定

コラム 平均動力で電動機を選定するときの注意

7-4 制御弁の選定

7-5 油圧ポンプの選定のための圧力損失の検討

7-6 油圧ポンプの選定

コラム フィルターの性能評価

第8章 油圧機器・回路の思わぬ落とし穴

8-1 ポンプにおけるキャビテ?ションとエアレ?ション現象

8-2 作動油の圧縮と熱膨張

8-3 ジャンピング現象と防止策

8-4 昇降装置開閉操作時のショックの発生とその緩和

コラム 吸込み不良の解消にエアブリードバルブ

コラム 作動油粘度と圧力損失「弁が開かない」

第9章 空気圧とは

9-1 空気圧利用のいろいろ-歴史と利用方法

9-2 空気圧システムは取扱いが容易と長所と短所

9-3 空気圧力はゲージ圧力表示-圧力の単位

9-4 空気流量は大気状態で表示-流量の単位

コラム エアとニューマティクス

9-5 空気圧伝達の原理-パスカルの法則

9-6 空気の状態変化を知る-ボイル・シャルルの法則

9-7 空気の流れの性質を知る-ベルヌーイの定理

9-8 空気中の水蒸気量には限界がある-飽和水蒸気量

コラム なぜ大気圧は体に感じない?

第10章 空気圧機器の種類と動作

10-1 エアコンプレッサ-圧縮空気を作りだす

コラム 空気圧のノーマルクローズは電気ではノーマルオープン

10-2 エアドヤイヤ-圧縮空気の水分を除去する

10-3 空気圧フィルタ-ゴミと水滴を分離除去

10-4 オイルミストセパレータ-空気中の油霧を分離除去

10-5 オートドレン-フィルタのドレンを自動排出

10-6 減圧弁-圧力を設定維持する

10-7 ルブリケータ-潤滑油を噴霧する

10-8 2ポート弁-バルブの基本

10-9 3ポート弁-単動シリンダを駆動

10-10 5ポート弁-複動シリンダを駆動

10-11 5ポート電磁弁-パイロット形弾性体シールが一般的

10-12 空気圧シリンダ-チューブ内径は市販品から選ぶ

10-13 シリンダのクッション-停止時の衝撃を吸収する

10-14 シリンダの支持形式-動作にあった取付け

コラム 空気圧では低速の動作は不得意

10-15 その他のシリンダアクチュエータ-用途に合わせて

10-16 シリンダのスイッチ-ピストン位置を検出する

10-17 速度制御弁-チェック弁と絞り弁の組合せ

10-18 周辺機器のいろいろ-目的に合わせて使い分け

10-19 配管と継手-空気圧ではプッシュイン継手が一般的

10-20 真空圧の力もバカにできない-真空吸着搬送機器

第11章 空気圧回路

11-1 空気圧図記号の基本-記号の意味を知ろう

11-2 速度制御回路

11-3 高速動作と低速動作回路

11-4 シリンダの中間停止回路-3位置電磁弁の特徴を知ろう

コラム 回路図の書き方

第12章 空気圧機器の選定の基本

12-1 シリンダチューブ内径の選定-負荷率の設定が大事

12-2 電磁弁の選定-目的・環境に合わせて選定

12-3 FRLの選定-流量特性がキー

第13章 空気圧装置の計算式

13-1 理論シリンダ力の計算?ロッド引き側はロッド分小さい

13-2 空気消費量の計算

コラム 空気はタダでない

13-3 エネルギーの計算?クッションの吸収エネルギー

13-4 ピストンロッドの強度に関する計算-座屈とたわみと横荷重

コラム ダニエル・ベルヌーイ

13-5 バルブの流量の算出-音速コンダクタンスから算出

第14章 空気圧の誤解と勘違い

14-1 GめねじにRおねじの継手が使用できる?

コラム方向弁という呼び方は使わない

14-2 エアドライヤを通した空気はドレンが出ない?

14-3 電磁弁からの漏れは電磁弁の故障?

14-4 コイルが発熱しているが大丈夫?

14-5 電磁弁ポートの1・2・3の数字の意味は?

14-6 プッシュイン継手は管を差し込むだけでいい?

PR

秀和システム