ライフスタイルに合わせて股関節痛をなおす本

概 要

股関節外科専門医による、患者さんのライフスタイルに合わせた股関節痛と腰痛の治療法をわかりやすく紹介するガイドブックです。整形外科ではすぐに手術をすすめられる変形性股関節症ですが、生命に直接関係のない疾患であることもあり、患者さんは手術をせずに運動療法で改善する方法を求めています。そこで本書では、股関節症や腰痛の原因と対処法を解説したうえで、患者さんのライフスタイルにあわせた治療法を紹介します。手術の回避、延期ができる保存療法や運動療法から、代表的な手術法、また手術後の早期杖なし歩行の実現などを後押しするためのリハビリ法も紹介しています。

著者 林和生
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-3169-9
発売日 2011/12/10
判型 A5
色数 2色
ページ数 196
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

プロローグ もし、股関節症と診断されたら?

ストーリー(1)

ストーリー(2)

第1章 股関節症について知ろう!

1 股関節症とはなにか?

2 股関節症の種類、原因、症状

3 最も多い「変形性股関節症」とは?

4 股関節症への対処法

5 股関節症と腰痛の関係

6 股関節症の主な治療法

第2章 手術の回避・延期を可能にする運動療法と歩行バランス法

1 運動療法とは

2 運動療法の手順

3 「歩行バランス法」とは?

4 「外転訓練」との違い

5 理学療法士、柔整師、鍼灸師との連携診療

6 歩行バランス法による手術適応の標準化

7 患者さんのライフスタイルに合わせた治療システムの実現

第3章 外科的療法(手術)は最終手段ではない!

1 現在の整形外科外来対応の実態

2 手術のみでは良好なQOLは得られない!

3 股関節症の治療チャート

4 入院期間を短縮し、術後早期の杖なし歩行を実現する「歩行バランス法」(術前リハビリ)

5 再手術と追加出術を防止するための留意点とリハビリ

第4章 股関節痛の外科的療法

1 寛骨臼回転骨切り術

2 THA(人工股関節置換術)

3 THAの術後脱臼が激減!

4 病院選択のコツ

5 セカンドオピニオンの活用を

第5章 ライフスタイルに合った治療法で見事に回復!

1 基本運動療法で手術を回避

2 基本運動療法と歩行バランス法で手術を延期

3 術前リハビリ(基本運動療法と歩行バランス法)で入院期間を短縮

4 術前・術後リハビリ(基本運動療法と歩行バランス法)で腰痛も軽快

5 術前・術後リハビリ(基本運動療法と歩行バランス法)でTHA後、杖なし歩行で早期退院

6 術前・術後リハビリ(基本運動療法と歩行バランス法)で両側THA後でも杖なし歩行

第6章 股関節手術の術前・術後 Q&A

1 術前に関する質問

2 術後に関する質問

PR

秀和システム