薬を使わず病をなおす バイオフィードバック入門

概 要

腰痛、頭痛などの痛み、失禁・便秘から老い、ADD、うつなどといったきわめて広い範囲の病を、薬を使わずに自己コントロールでなおす「バイオフィードバック」治療法の解説書です。バイオフィードバックとは、心拍計などの医療器具を使って心拍数、血圧、呼吸数、皮膚温、筋緊張、脳波などをモニタリングし、病状や症状を初期段階で発見し、呼吸法や瞑想など適切な対応をする治療法です。本書では、バイオフィードバックの理論とその実践を基礎から解説し、頭痛や腰痛、排泄トラブル、パニック障害、うつ状態、さらには集中力向上やメンタルトレーニングの方法などを紹介しています。ココロとカラダの「見える化」で自分をコントロールしましょう!

著者 辻下守弘
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3170-5
発売日 2011/12/23
判型 A5
色数 2色
ページ数 156
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章バイオフィードバックってなに?

1バイオフィードバックってなんですか?

2バイオフィードバックの歴史

3日本はバイオフィードバック後進国

4これまでの医療とバイオフィードバック

5バイオフィードバックの手順を知る

6バイオフィードバックで使われる機器

ColumnPT、ST、OTって何?

第2章バイオフィードバックが効果的な疾患とは?

1リハビリテーション医療

2心身医学

3精神医療

4小児医療

5痛みの緩和

6排尿排便障害

7スポーツのパフォーマンス向上

第3章腰痛、肩こり、頭痛…、身体のいろんな痛みから解放する!

1痛みには2つの種類がある

2心の叫びが筋肉を痛める

Column人が一番ストレスを感じるのは…

3痛みは自分でコントロールするしかない

4人類病である腰痛を癒す

5女性に多い肩こりを癒す

6不安の象徴である偏頭痛を癒す

第4章尿、便失禁…、骨盤底筋の緩みからくる疾患を解消する!

1誰にも話せない排泄に関するトラブル

2排泄トラブルのカギを握る骨盤底筋

3尿失禁に対するバイオフィードバック

4便失禁に対するバイオフィードバック

5骨盤底筋を鍛えて若返る

第5章不安、パニック、うつ…、心の症状が薬なしで改善する!

1なぜ人は心を病むのか

Columnバイオフィードバックで用いられる精神生理学的指標

2不快な感情の呪縛から心を解放

3バイオフィードバックで心を操縦する

4自律訓練法を利用する

5パニック障害に対するバイオフィードバック

6PTSDに対するバイオフィードバック

7うつ状態に対するバイオフィードバック

第6章メンタルトレーニングでスポーツや勉強まで得意になる!

1パワーを発揮しきれない現代人の脳

2最高のパフォーマンスを発揮するための脳力戦略

3究極の脳トレ、ニューロフィードバック

4スポーツ選手が勝つためのニューロフィードバック

5ビジネスマンや受験生の脳力を高めるニューロフィードバック

6ニューロフィードバックの可能性

PR

秀和システム