超氷河期な中高年転職市場で勝ち抜くために! 30代40代のための転職成功ガイド

概 要

「キャリア積んでるし、同業他社なら楽勝で入れるだろ!」なんて甘い考えは、今すぐに捨ててください。超不景気な昨今、「もの凄く有能!というわけではない普通の中高年」が中途採用を勝ち取るのは、並大抵のことではないのです。本書は「30代40代」に限定した転職ノウハウ本です。中高年の転職活動には、この年代特有の「ルールとノウハウ」があり、それを知らずして採用を勝ち取ることはできません。そしてその「ルールとノウハウ」は、既存の「20代をメイン対象としているであろう転職本」を読んでも、決して知ることはできないのです。厳しい転職活動で心が折れそうになっているあなた、ぜひ本書をお読みください!

著者 中谷充宏
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-3195-8
発売日 2011/12/21
判型 A5
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

プロローグ 超氷河期?崖っぷち? 30,40代転職市場の悲惨な現状を理解する

日本の雇用市場はどうなっている?

統計数字では見えない厳しい実態(人材紹介会社編)

統計数字では見えない厳しい実態(転職サイト編)

統計数字では見えない厳しい実態(無料媒体編)

ブランク期間が長期化することで更に状況が悪化

もはや社会から必要とされない、負のスパイラル

エグゼクティブ層でも大苦戦

だからこそ、転職にはしっかりとした戦略・戦術が必要

本書の狙い

この年代だからこそやらなければならない

第1章 ●この年になって今さら聞けない!

転職活動を始めるまえに知っておくべき常識&非常識

1-1 30,40代が転職する際、まず第一に考えるべきこと

今、本当に転職すべきなのか、自分の転職事由を整理しておく

30,40代の転職の厳しさは、予想を遙かに超えている

失敗は許されない年代であるということ

1-2 30,40代が転職でキャリアアップできるのか?

転職して理想にたどり着ける人は、たったの1割

プロパガンダをしっかりと見極める

1-3 30,40代にとってのライバルは、

20代だけではない?

外国人との賃金格差に勝てるだけの付加価値が必要

ライバルは外国人?

日本を出て行くくらいの覚悟も必要

1-4 この年代に最低限必要なデジタルデバイスとは?

デジタルネイティブ世代には勝てないまでも

避けて通れないデジタルデバイスの活用

言い訳無用! 足りないところは今すぐ習得すること

1-5 同じ30,40代でも、求められるものは異なってくる

30代前半、30代後半、40代前半、40代後半という区切り

年代カテゴリーで自分の立ち位置を知る

1-6 転職にあたっての制約事項を整理しておくこと

家族の猛反対で、せっかくの内定を蹴ることにも?

事前にしっかりとしたコミュニケーションを!

家族の問題だけではなく、労働条件の問題も

1-7 30,40代の転職者が問われるのは、

実はたった4つのことだけ

「自己PR」「転職(退職)理由」「志望動機」「職務経歴」

傍系と主流の質問を分けて考える

1-8 30,40代だからこそ、転職活動に自己投資すべき

転職成功には初期投資が重要! ケチケチすると内定は遠のく

苦しいかもしれないが、先行投資を!

この年代にとって即効性のあるものとは?

1-9 この年代が異業種、異職種へ挑戦する場合

非常に厳しい現実が待っていることを認識しておくこと

異職種への転職は非常に難しい

「やりたい」だけでいいのか、よく考えること

1-10 30,40代の応募者に対して、

採用担当者はここを重視する

ポテンシャルを見てもらえるのは、せいぜい30代前半まで

企業はこの世代に「即戦力」を期待している

コミットメント(確約)できるかどうか

40代ならマネジメント・スキルや経営者感覚も

1-11 採用担当者に直接聞いてはいけない質問とは?

福利厚生のことばかりは論外、ブラック企業調査員になるな

最後の最後で命取りになるケースもある

1-12 30,40代だからこそ、履歴書はきちんと作成すべき

意外と知らない履歴書の常識&非常識

履歴書を書くのは10年以上ぶり?

この年代にとって最適な履歴書とは?

1-13 30,40代が一番手を抜きがちなのが、履歴書の顔写真

「人は見た目が9割」、顔写真は最重要項目の1つ

写真は自分の「分身」、絶対に手を抜かない

顔写真のクオリティを上げるには?

1-14 転職回数が多い場合の、

効果的な履歴書の作成方法とは?

自分で書式を編集、売りにならない職歴は端的に書く

記載内容のバランスを変える

1-15 30,40代にとって最適な職務経歴書の作成方法とは?

職務経歴書は、型がないからこそ難しい

履歴書に同封されている手書きの職務経歴書は使わない

この年代だからこそ自分に合ったスタイルを選択する

1-16 30,40代にお勧めの職務経歴書の表現形式とは?(1)

「編年形式」で作成する場合のメリット&デメリット

「編年形式」を選択するメリットとは?

「編年形式」を選択するデメリットとは?

1-17 30,40代にお勧めの職務経歴書の表現形式とは?(2)

「キャリア形式」で作成する場合のメリット&デメリット

「キャリア形式」を選択するメリットとは?

「キャリア形式」を選択するデメリットとは?

1-18 30,40代にお勧めの職務経歴書の表現形式とは?(3)

「ハイブリッド形式」で作成する場合のメリット&デメリット

「ハイブリッド形式」を選択するメリットとは?

「ハイブリッド形式」を選択するデメリットとは?

1-19 30,40代にお勧めの職務経歴書の表現形式とは?(4)

「フリースタイル形式」で作成する場合のメリット&デメリット

「フリースタイル形式」を選択するメリットとは?

「フリースタイル形式」を選択するデメリットとは?

1-20 ブランクがある場合の、

効果的な職務経歴書の作成方法とは?

失業期間や療養期間、親の介護期間などをどう表現するか

採用人事が懸念する悪材料を先回りして説明する

1-21 職種転換が多い場合の、

効果的な職務経歴書の作成方法とは?

職種が違っても、応募職種に活かせるスキル・経験がきっとある

3つのスキルに分けて考える

1-22 派遣・アルバイトの経験がある場合の、

効果的な職務経歴書の作成方法とは?

非正規就労はマイナス評価だが、アピールすべきこともある

この年代ならではの視点や取り組みを具体的に記載する

1-23 30,40代がウェブエントリー時に犯す

致命的なミスとは?

ゲームオーバー前のテトリスみたいに字を詰め込んだら誰も読まない

採用人事はウェブレジュメを印刷するもの

1-24 指定された書類以外でアピールしたい場合は?

無断でやると逆にマイナス評価にも 必ず承認をとること

指定以外の文書で送っていいのは添え状だけ

必ず事前に承認を取ること

1-25 30,40代ならば、このような表現は止めること

とても、大変、一生懸命、頑張った、等の抽象的な表現は意味がない

定量的、客観性、具体性の3つのポイントから表現する

1-26 転職回数が多い場合の、

効果的な職務経歴書の作成方法とは?

転職回数を多く見せないように工夫すること

転職回数の多さはマイナス印象だが、詐称は絶対にNG

具体的にどう表現すればいいのか?

第2章 30,40代なら

2-1 「優良な求人情報」をこうして入手しろ!

30,40代にマッチした求人媒体とは?

求人媒体によっては全く適していないものがある

この年代向けの求人情報はどこにあるのか

2-2 各求人媒体について、

30,40代向けに分析してみる(1)

転職サイト、ハローワーク、人材紹介会社…どれが一番よいのか

「人材紹介会社」をイチオシとする理由

転職サイトの活用法は?

2-3 各求人媒体について、

30,40代向けに分析してみる(2)

新聞、ハローワーク、人材銀行、求人雑誌・折込チラシ

新聞の求人情報はどうなのか?

ハローワーク・人材銀行の求人情報はどうなのか?

求人雑誌・折込チラシの求人情報はどうなのか?

2-4 30,40代が応募できる企業の見極め方とは?

この年代が対象外な求人に応募しても時間と労力の無駄

求人側の本音と建前を理解する

不毛な転職活動は時間と労力の無駄

2-5 30,40代だからこそ、人脈をフル活用せよ

体裁は気にせず、前職の会社の仲間・上司や取引先にアタックする

周りに身元保証人になってもらう

障壁は、あなたの「プライド」

第3章 30,40代ならではの

3-1 “戦略的”な履歴書・その他の応募書類

30,40代が最重要視しなければならない書類とは?

履歴書、職務経歴書等の応募書類 その特性と目的

30,40代の場合、履歴書よりも職務経歴書が遥かに重要

他の書類は出すだけで競争率を下げることができる

3-2 履歴書を作成する際の、1番のポイントとは?

凡庸では勝てない 訴求力を上げるためのコツを掴め

この年代だからこそ、読み手の立場に立って考えること

3-3 30,40代の人がやりがちな、履歴書作成時のミスとは?

読んですらもらえない、秒殺されるケースがある

第三者にチェックしてもらうことで秒殺は防げる

こんなばかげたミスも!?

3-4 30,40代なら履歴書の志望動機はこう書け!

応募業種・応募企業・応募職種の階層からとらえる

皆が凡庸だからこそしっかり書く

この年代向けの効果的な表現方法とは

3-5 30,40代なら健康状態や趣味・特技欄はこう書け

ちょっとした工夫でアピール度の高いものに

健康状態を記載する際の注意事項

趣味・特技を記載する際の注意事項

3-6 本人希望欄に書いてはいけないこととは?

ここで権利ばかり主張すると、マイナス評価になる

額面どおりに書いてはいけない

willとmustの違いを知る

3-7 30,40代だからこそのハンデを補う方法とは?

マイナス印象を放置しておくことは厳禁

ハンデは先回りしてフォローする

短所は長所の裏返し

3-8 企業指定のエントリーシート、

キャリアシートはこう書け

自分だけの事例を盛り込むこと

敵前逃亡するライバルが多い=チャンス

この年代だからこそ書けることがある

3-9 30,40代なら、自己PR書が非常に効果的

この年代ならではの有効な自己PR書の書き方

プラスαの書類で情報量に差をつける

自己PR書6つのポイント

3-10 30,40代なら、志望動機書も非常に効果的

ビジネスプラン(事業計画)とコミットメント(責任を伴う約束)

企業だって自分に好意を持ってもらいたい

この年代が志望動機書に書くべきこと

3-11 30,40代こそ、添え状(カバーレター)は必ず作成すべき

添え状は応募書類を読んでもらうための先導役

添え状はビジネスマナーとして常識

この年代が添え状を作成する際の3つの落とし穴

3-12 30,40代だからこそ、

応募書類の送り方には気を付けたい

意外に分かっていない、送付方法の基礎

たかが書類を送るだけ、ではない

相手に手間を取らせない、受け取る側の立場になって考える

第4章 30,40代ならではの

“戦略的”な職務経歴書

4-1 法人営業職向け職務経歴書のポイントは?

顧客の問題発見、並びに問題解決能力をアピール

過去の実績だけではNG、30,40代はプラスαが必要

4-2 個人営業職向け職務経歴書のポイントは?

幅広い顧客に対応できるコミュニケーション能力をアピール

「売り切ったら終わり」というスタンスは捨てる

4-3 ルートセールス向け職務経歴書のポイントは?

顧客との安定した信頼関係を築けることをアピール

信頼関係を構築する能力が求められる

中高年特有の「腰の重さ」は出さない

4-4 店舗販売職向け職務経歴書のポイントは?

店舗販売数字+店舗マネジメント力を前面に

販売職は「年長者としての強み」をPRしやすい

4-5 一般事務職向け職務経歴書のポイントは?

事務処理能力・スピードとパソコンスキルは必須

業務改善や人材育成に関する経験を前面にアピール

4-6 営業事務職向け職務経歴書のポイントは?

お客様との信頼関係構築力もアピールする

マルチタスク的な能力をPRする

4-7 人事職向け職務経歴書のポイントは?

実績が見えにくい取り組みをどうアピールするか

どの領域で何ができるのかを明確に

海外での業務経験も武器になる

4-8 経理職向け職務経歴書のポイントは?

仕訳ができるレベルなのか、決算書を作成できるレベルなのか

30,40代だからこそ、高い専門性をPRしないとNG

4-9 総務職向け職務経歴書のポイントは?

幅広い業務の中、自身のコアスキルをいかにアピールするか

単なるオールラウンダー、ではNG

4-10 商品企画職向け職務経歴書のポイントは?

企画から運営までの、一連の業務遂行スキルをアピール

この年代だからこそ、地に足のついた姿勢が問われる

4-11 マーケティング職向け職務経歴書のポイントは?

この年代の未経験者が採用されることはまず無い

応募企業の業務領域と自らの経験に接点を見出す

4-12 システムエンジニア(SE)向け

職務経歴書のポイントは?

PMとしての経験やスキルが重要

企業はこの年代を一介の開発者として採用しない

4-13 WEB制作職向け職務経歴書のポイントは?

手掛けた作品よりもディレクション力が問われる

「確実性」は若年層には出せない最大の強み

4-14 研究・開発職向け職務経歴書のポイントは?

応募要件を満たす経験の豊かさを、いかに伝えられるか

ピンポイントの求人に自身がマッチしているか

4-15 クリエイティブ職向け職務経歴書のポイントは?

今まで手掛けた作品を見てもらうのが一番

作品が全て、という職種

4-16 コンサルタント職向け職務経歴書のポイントは?

業界経験や高い専門性があれば未経験でも受け容れられる

この年代だからこそ実務経験が一番の「売り」

第5章 30,40代ならではの

“戦略的”な面接トーク

5-1 この年代なら必ず押さえておきたい

「2つの面接テクニック」とは?(1)

PREP法を駆使すべし

いたずらに話が長くなってしまってないか?

面接特有のコミュニケーション術が必要

PREP法とは?

5-2 この年代なら必ず押さえておきたい

「2つの面接テクニック」とは?(2)

YES~BUT法を駆使すべし

聞かれたくない質問に対する効果的な対処法とは?

5-3 30,40代だからこそ、事前の徹底した面接対策が重要

PDCAサイクルを回す

採用試験は面接で9割決まる

具体的な面接対策は?

5-4 「今までの職歴について説明してください」

単に事実を伝えるのではなく、求める人材像に合った説明が必要

求人情報と自分の経験のベクトルを合わせる

5-5 「誇れる実績や成果はありますか?」

社内表彰等の経験がなくても、必ずアピールする方法がある

過去の栄光と、その勝因分析をセットで

5-6 「マネジメントの経験はありますか?」

管理職経験がない場合は、インフォーマルな経験をアピール

管理職経験=マネジメント経験ではない

5-7 「弊社を志望される理由を教えてください」

採用人事も人の子、入社の想いが強い人こそ採用される

なぜ、他社ではダメなのか?

5-8 「前職を退職した(する)理由を教えてください」

単なる「悪口・批判」だけは絶対にNG

まずは本音をベースとする

5-9 「前職を短期間で辞めていますが、

その理由を教えてください」

すぐに辞めた理由に正当性があるのか?

短期間での退職は、間違いなくマイナス要素となる

方向性が違ったならば、決断は早い方がよい

5-10 「自己PRしてください」

応募業務に貢献できる自分の経験とスキルは?

自分をフリーで目一杯PRできる時間

PREP法を駆使して明瞭に伝えること

5-11 「あなたの仕事のやり方について説明してください」

柔軟性や環境適応性が足りない、と思われたらOUT

変化に柔軟に対応する姿勢をアピール

5-12 「あなたの長所・短所を教えてください」

短所の答え方は要注意!そのまま伝えるとマイナス評価に

長所は裏付けを話し、短所はフォローを話す

5-13 「ご自身で今、何か励んでいることはありますか?」

応募先企業の仕事に関連したものをPRすること

体調管理への取り組みを話す、でもOK

5-14 「仕事上、人間関係で困ったことはありましたか?」

職場仲間や取引先との協調性、柔軟性を見られる

「全く無い」はあり得ない!

5-15 「仕事上で一番大きなミスをした経験を

お聞かせください」

そのミスにどう対処したのか、を語ること

ミスの責任転嫁はとてつもなくマイナス印象

5-16 「ストレスに対してどう向き合っていますか?」

メンタルヘルスは企業における労務管理の最大の懸案事項

自分なりのストレス解消法・コントロール法を伝える

5-17 「あなたは弊社で何ができますか?

何をしたいですか?」

会社が求めるものと自分のできることの方向性

「できること」と「したいこと」は明確に違う

5-18 「この先、この業界はどうなると予想されますか?」

経験から導き出された自身の見解を伝える

データや他者の見解の羅列はNG

5-19 「この先、弊社はどうなると予想されますか? 」

客観的な事実をベースに、入社後の展望をアピールする

絶対に評論家になってはいけない

最後に「自分が入社して貢献できること」をPR

5-20 「転居を伴う転勤は可能ですか?」

できない場合は、その理由を明確にすること

譲れないことは隠さずに堂々と

入社後に苦労するよりはマシ

5-21 「他社の応募状況はいかがでしょうか?」

応募者の転職活動の軸にブレはないか、も見られる

「御社だけです!」は加点にならない

5-22 「希望する給与額を教えていただけますか?」

1番デリケートな質問 取り扱いに失敗すると不採用にも

希望する理由をしっかりと述べること

5-23 「いつから入社できますか?」

入社タイミングが合わずに不採用になることも

応募先企業が許容するタイミングに入社できるかどうか

5-24 「恋人はいますか?結婚はしないのですか?」

仕事に関係のない私的な質問にはこう答える

正論はマイナス印象になることも

5-25 「現在療養中の病気やケガ、

過去に大きな病気やケガはありますか?」

安定・着実な業務遂行が可能かどうかが問われている

後々になって発覚すると大きな問題になる

5-26 「ご両親の介護が必要になった際、どうされますか?」

将来に備えて、どんな取り組みを始めているのか

業務に影響を及ぼさないようにする具体策がポイント

5-27 「転職回数が多いようですが、いかがお考えですか?」

やむを得なかった理由と、過去の過ちに対しての反省を伝える

この年代の言い訳はみっともない

5-28 「ブランクが長いようですが、

今までどうされていましたか?」

ブランク期間を有意義に過ごしたかどうかがポイント

敗因についてどう見ていて、どう考えているのか

空き時間の取り組み方をアピール

5-29 「何か質問はありますか?」

巻き返しのラストチャンスを絶対に逃すな!

事前に質問は用意しておくこと

5-30 面接終了後は、これを絶対にやること!

お礼のハガキは、間髪入れずに送るべき

この年代は実行率が低いからこそチャンス

第6章 「知らなかった」じゃ済まされない!

最後の仕上げQ&A

Q1 ●現在在職中ですが、業務多忙でなかなか転職活動を進めることができません。このような場合は、一旦会社を辞めてから転職活動に専念する方がいいのでしょうか?

Q2 ●人材紹介会社に登録しようと思うのですが、何か注意しなきゃならないことはありますか?

Q3 ●求人情報には「35歳位まで」と明記されています。40歳の私は応募資格を満たしていませんが、応募できないのでしょうか?

Q4 ●現在、ブランク期間を利用して資格取得に励んでいます。資格を取得した後に転職活動した方が、有利なのでしょうか?

Q5 ●リストラされた経験があり、これはマイナス評価につながると思ってます。できれば伝えたくないのですが、隠しても大丈夫でしょうか?

Q6 ●現在失業中ですが、なかなか就職先が決まらず生活が苦しいです。とりあえず、アルバイトや派遣社員で働こうと思うのですが、その方がいいですよね?

Q7 ●私は未婚(または離婚経験あり)なのですが、これは不利になるのでしょうか? 247

Q8 ●選考スケジュールに予定が合わなくなった場合、どのように調整すればいいのでしょうか?

Q9 久々の面接であがってしまいます。対処方法はありませんか?

Q10 面接本番当日に向けて、何か注意しておくことはありますか?

Q11 ●1次面接、2次面接、最終面接では、質問される内容がどう変わってくるのでしょうか?

Q12 聞き難いことを聞く場合、何に気を付ければいいですか?

Q13 10社に応募してみたんですが、面接にすら呼ばれません。

Q14 ●複数の人材紹介会社にアプローチしても登録すらできませんが、これはどう考えればいいのでしょうか?

Q15 中高年向けの求人情報の、有効的な見つけ方を教えてください。

Q16 ●なかなか転職が決まらないのですが、前職の高額の給与がネックなのかなと考えています。希望する給与を下げれば、採用されやすくなりますか?

Q17 ●公共の職業訓練校や大学院、ビジネススクールなどで、しっかり勉強してから転職活動を再開したいと思います。その方がいいですよね?

PR

秀和システム