詳解iOS 5プログラミング

概 要

iOS 5の新機能を手早く理解してクラウド対応のアプリを作るためのプログラミング解説書です。iOS 5ではクラウドやTwitterのつぶやきサポート機能が搭載されました。また、開発サイドでも大きな拡充があり、iOS SDKには膨大な量のAPIが追加され、それをフルに使いこなすためにXcode 4.2が登場しました。本書では、Xcode 3以前の開発の流れとどのように変わったのかを丁寧に説明しながら、Xcode 4.2で効率的にアプリケーションを開発するための方法、アプリケーションをiCloudに対応させる方法、GLKitやTwitterといった新しいフレームワークの使い方について解説しています。

著者 沼田哲史
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3203-0
発売日 2011/12/23
判型 B5変
色数 1色
ページ数 368
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 iOS 5ガイダンス

1.1 iOS 5で進化したiOS

1.2 ユーザ向け新機能のハイライト

1.2.1 通知センター

1.2.2 リマインダーアプリ

1.2.3 Twitterインテグレーション

1.2.4 iMessage

1.2.5 Safariに追加されたリーダーとリーディングリスト

1.2.6 カメラ、写真の機能追加

1.2.7 iPadの改良

1.2.8 Newsstandによる雑誌購読

1.2.9 Game Centerの新機能

1.2.10 Wi-Fi同期とPCフリー

1.2.11 iCloud

1.3 開発者向け新機能のハイライト

1.3.1 UIKitのアピアランス管理

1.3.2 ドキュメントベース開発とiCloudのサポート

1.3.3 Storyboardによる画面遷移の管理

1.3.4 Core Imageの画像フィルタ

1.3.5 Core Animationのパーティクル描画

1.3.6 GLKitによる強力なビジュアルエフェクトの追加

Chapter 2 iOS 5時代のObjective-C

2.1 数値型とデータ型

2.1.1 NSInteger型とNSUInteger型

2.1.2 CGFloat型

2.1.3 BOOL型

2.2 コレクションクラス

2.2.1 コレクションクラスの種類

2.2.2 NSArray (NSMutableArray)

2.2.3 NSDictionary (NSMutableDictionary)

2.2.4 NSOrderedSet (NSMutableOrderedSet)

2.2.5 NSSet (NSMutableSet, NSCountedSet)

2.2.6 プリミティブ型とコレクションクラス

2.2.7 独自クラスの同一判定

2.2.8 配列のソート

2.2.9 配列のソート(比較用メソッドの使用)

2.2.10 配列のソート(比較用メソッドの使用:文字列の場合)

2.2.11 配列のソート(比較用ブロックの使用)

2.2.12 配列のソート(ソート記述オブジェクトの使用)

2.2.13 配列のソート(比較用関数の使用)

2.3 文字列の処理

2.3.1 文字列と数値の変換

2.3.2 文字列内の複数行の分解

2.3.3 正規表現

2.4 ファイルパスとURLの操作

2.4.1 ファイルパスかURLか

2.4.2 ファイルパスとURLの相互変換

2.4.3 ファイルパスの操作

2.4.4 URLの操作

2.5 日付・時刻の操作

2.5.1 日付と時刻を表すNSDateクラス

2.5.2 日時を文字列表現に変換する(descriptionメソッド)

2.5.3 日時を文字列表現に変換する(NSDateFormatterクラス)

2.5.4 タイムゾーンについて

2.5.5 ロケールについて

2.5.6 日時を文字列表現に変換する(オリジナル書式)

2.5.7 文字列表現から日時に変換する

2.5.8 日時の各コンポーネントを取得する

2.5.9 コンポーネントを元に日時を作成する

2.6 高速列挙

2.6.1 NSArray/NSSet/NSOrderedSetの高速列挙

2.6.2 NSDictionaryの高速列挙

2.6.3 NSEnumeratorの高速列挙

2.6.4 NSDirectoryEnumeratorの高速列挙

2.7 Predicateプログラミング

2.8 Blocks記法とブロック

2.8.1 ブロックとは

2.8.2 Blocks記法

2.8.3 ブロック外の変数の利用

2.9 GCDによるマルチコア対応

2.9.1 GCDの基本

2.9.2 グループによる処理完了の待ち合わせ

2.9.3 シリアル・キューによるロック処理

2.9.4 GCDとNSOperationクラス

2.10 ARCによるメモリ管理

2.10.1 ARCについて

2.10.2 ARCにおける変数のライフタイム指定

2.10.3 ARCの注意

Chapter 3 iOS 5の開発環境

3.1 Xcode 4

3.1.1 Xcode 4での変更点

3.1.2 Xcode 4の画面を理解する

3.1.3 既存のXcode 3用プロジェクトの移行

3.1.4 ターゲット情報とビルド設定はプロジェクト・エディタで行う

3.1.5 ビルド構成はスキームでまとめて管理する

3.1.6 複数のプロジェクトを管理するためのワークスペース

3.1.7 MRCからARCへの移行方法

3.1.8 Fix-Itでタイプ中に問題を修正する

3.1.9 静的解析は簡単で重要なデバッグ手法

3.1.10 プレビューつきのテキスト置換

3.1.11 Gitによるソースコード管理

3.2 iOS シミュレータの新機能

3.2.1 位置情報のシミュレート機能

3.2.2 グラフィック描画の調整・確認機能

3.3 Instrumentsの新機能

3.3.1 基本機能の改良

3.3.2 Leaksインストゥルメントに追加されたCycles&Rootsビュー

Chapter 4 ユーザインタフェースの開発

4.1 UIガイダンス

4.2 Storyboardによるインタフェース開発

4.2.1 Nibによるビュー移動(以前の方法)

4.2.2 Storyboardによるビュー移動(新しい方法)

4.2.3 Storyboardを使った開発の流れ

4.2.4 モーダル形式のセグウェイ

4.2.5 カスタムセグウェイの作成

4.2.6 iPad用のセグウェイ

4.3 アピアランスによる見た目のカスタマイズ

4.3.1 iOS 5で拡張された見た目のカスタマイズ

4.3.2 アピアランス機能で一気に見た目を変更する

4.4 UIPageViewControllerによるページめくりのサポート

4.5 アラートビューによるテキスト入力のサポート

4.5.1 テキスト入力のあるアラートビュー

4.5.2 パスワード入力のあるアラートビュー

4.5.3 ログイン情報入力のためのアラートビュー

4.6 静的なテーブルビュー

4.7 UIImageの使い方

4.7.1 リサイズ可能な画像の作り方

4.7.2 アニメーションつき画像の使い方

4.8 UIReferenceLibraryViewControllerによる辞書検索

4.9 NSLinguisticTaggerによるトークン分解

4.10 スクリーンの明るさ調整

4.11 テーブルビューのセルを対象としたメニュー表示

4.12 UIKitのクラス階層について

Chapter 5 iCloud対応のアプリケーション開発

5.1 iCloudとiOSのファイル管理

5.2 iCloudストレージの仕組みとAPI

5.3 XcodeプロジェクトでiCloud対応の設定を行う

5.4 iCloudが利用可能であることを確認する

5.5 ファイルとディレクトリをiCloudで管理する

5.5.1 ファイルとディレクトリの基本の管理

5.5.2 バージョンの衝突に対応する

5.5.3 未ダウンロード項目の確認

5.6 ドキュメント・ベースのアプリでiCloudに対応する

5.7 iCloudのKey-Valueストレージの利用

Chapter 6 iOS 5のグラフィックス・プログラミング

6.1 OpenGL ES 2.0プログラミング

6.1.1 GLKitによるOpenGL ES 2.0のサポート

6.1.2 GLKMath

6.1.3 GLKTextureLoaderによるテクスチャ読み込み

6.1.4 GLKViewによるバッファ管理

6.1.5 GLKViewControllerによる画面更新の管理

6.1.6 GLKBaseEffectによるシェーダ・プログラミング

6.1.7 GLKSkyboxEffectによる天球の描画

6.1.8 GLKReflectionMapEffectによる鏡面反射

6.1.9 AV Foundationによるカメラ画像テクスチャの作成

6.2 Core Imageプログラミング

6.2.1 Core Image利用の手順

6.2.2 CIDetectorによる顔認識

6.3 Core Animationのパーティクル・システムサポート

6.3.1 パーティクル・システムの基本の使い方

6.3.2 パーティクル・システムの実行時プロパティ変更

6.3.3 サブのエミッタ・セルを使う

6.4 AirPlayと外部ディスプレイのサポート

6.4.1 AirPlayと外部ディスプレイ

6.4.2 外部ディスプレイのサポート

6.4.3 オーバースキャンへの対応

6.5 ゲーム対戦のポート

6.5.1 iOS 5でのゲームのサポート機能

6.5.2 Game Center対応アプリの開発手順

6.5.3 プレーヤ認証について

6.5.4 リーダーボードの使い方

6.5.5 達成項目の使い方

6.5.6 マルチプレーヤのサポート(Wi-FiのP2P形式)

6.5.7 マルチプレーヤのサポート(サーバホスト形式)

6.5.8 マルチプレーヤのサポート(BluetoothのP2P形式)

6.5.9 マルチプレーヤのサポート(ターン制のゲーム)

Chapter 7 iOS 5におけるネットワークとデバイスのサポート

7.1 テキスト送信サービスのサポート

7.1.1 ツイート送信のサポート

7.1.2 メール送信のサポート

7.1.3 SMSメッセージ送信のサポート

7.2 Newsstand Kit

7.2.1 Newsstand対応アプリ開発の流れ

7.2.2 Newsstandフォルダにアプリケーションを表示させる

7.2.3 プッシュ通知に応じてバックグランドでのダウンロードに対応する

7.2.4 アプリケーション・アイコンを更新する

7.3 Core Locationによるジオ・コーディング

7.4 Core Motionにおける姿勢検出の向上

補足資料

A iOS 5のその他の主要なAPI

B Apple社のiOS 5用サンプルコード一覧

PR

秀和システム