たのしい電子工作 Arduinoで電子工作をはじめよう!

概 要

とっても簡単なマイコン開発ボード「Arduino」を使って電子工作を楽しむ入門書です。最近のマイコンは周辺で必要とされる回路が簡素化されており、初心者でも比較的すぐに始められますが、それでも開発環境や書き込み機が必要です。本書で紹介するArduinoは開発環境の一種であり、回路やソフトウェアのすべてが公開されています。本書では、Arduinoの操作方法を、実際の電子工作の実例を示しながらやさしく解説。LEDの制御、フルカラーLEDの使用、音を出す方法、距離センサーやサーボモーターの使い方、液晶ディスプレイの利用、温度の測定、ラーメンタイマーの制作、電子さいころや時計などを実際に作りながらArduinoでの電子工作を学べます。

著者 高橋隆雄
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3208-5
発売日 2011/12/21
判型 B5変
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

chapter 1 Arduinoについて知りたい!

1-1 Arduinoって何だろう?

◆Arduinoはマイコン開発ボードのひとつ

◆“シールド”という考え方

◆いろいろなArduino

●Arduino Diecimila

●Arduino Duemilanove

●Arduino UNO

●Arduino UNO R3

●Arduino Pro

●Arduino Pro mini

●Peggy

◆Arduinoの入手

◆Arduinoを見てみよう

1-2 まずは使ってみよう

◆必要なものは?

●Arduinoソフトウェアの入手とインストール

●デバイスドライバのインストール

●とにかく動かしてみる

●いったい何をやっているのか?

●すこし書き直してみる

1-3 Arduino“だけ”でできることは他にはないか?

◆シリアル通信を使ってArduinoを制御してみる

●スケッチを書く

●使ってみる

●少し改造してみる

1-4 はんだ付けなしで回路を作る

◆ブレッドボードを使おう

●ちょっと試してみよう

●スケッチを書く

chapter 2 はんだ付けなしでの電子工作

2-1 LEDを増やしてみる

◆2個のLEDを制御する

◆両方同時点滅

◆交互点滅

◆明るさを制御する

◆PWMを使って明るさを制御する

◆PWMの応用

2-2 LEDをさらに増やしてみる

◆パルス幅変調を使う

◆スケッチを書く

◆もう少しスマートに書いてみる

2-3 色を制御してみる

◆フルカラーLEDを使う

◆色を確認してみる

◆明るさを制御してみる

◆色の変化を見てみる

◆色が変化するイルミネーションを作る

2-4 音を出してみる

◆圧電スピーカーを使う

◆音を出すスケッチ

◆さらに高い音を出すには

◆ちょっと工夫する

◆アナログ入力を使ってみる

2-5 明るさを調べてみる

◆CdSセルを使う

◆明るさを測ってみる

◆暗くなったらLEDを点灯する回路を作る

◆明るさのしきい値を設定できるようにする

2-6 温度を測定する

◆温度測定専用のICを使う

◆動作を確認する

◆温度で表示できるようにする

2-7 距離センサーを使ってみる

◆距離センサーモジュールを使う

◆電圧を読み取ってみる

◆距離を表示させたい

2-8 ライブラリを使ってみる?サーボモーター?

◆Arduinoのライブラリを使う

◆サーボを動かすだけのスケッチ

◆距離センサーと組み合わせてみる

◆改良する?そして罠にはまる?

2-9 液晶ディスプレイを使う

◆多少のはんだ付けは必要

◆まずは何か文字を表示する

◆2行表示してみる

◆『距離計』と組み合わせてみる

chapter 3 シールドを使ってみよう

3-1 いくつかのシールド

◆完全に『キット』状態のもの

◆半完成状態のもの

◆完成品のもの

◆自作用

3-2 プロトシールドを作る

◆シールドの組み立て

3-3 電子サイコロを作ってみる

◆電子サイコロ

◆テスト用のスケッチを書いてみる

◆サイコロの『出目』を作る

◆スイッチの入力でサイコロを振る

◆電子サイコロとしてまとめる

3-4 MP3プレイヤーシールドを使ってみる

◆SD FAT Libのインストール

◆サンプルスケッチを利用する

◆サンプルスケッチを修正する

◆再生状態を見る

◆サンプルスケッチを見てみる

3-5 バニラシールドの使用例と液晶の応用

◆スケッチを書く

◆問題のある液晶とその対応

◆強引に対応させてしまう方法

◆ライブラリを改造する

3-6 ラーメンタイマーを作ろう

◆回路の動作を確認してみる

◆押しボタン入力を確認する

◆時間を数える

◆ラーメンタイマーとしてまとめる

◆Arduinoを電池で使う

3-7 『高級』ラーメンタイマーを作る

◆スケッチの修正

3-8 モーターを動かしたい

◆Ardumotoを使う

◆ブラシレスモーターを使用する

3-9 Arduinoで『時計』を作ってみる

◆Arduinoの時計ライブラリ

◆ハードウェア

◆スケッチを書く

3-10 Arduinoをネットワークにつなぐ

◆Webサーバにする

◆NTPクライアントとして動作させてみる

◆NTPで時刻を自動合わせする時計を作る

3-11 Arduinoのピンが足りない場合には

◆2線インタフェースを使う

chapter 4 Arduinoを使って動くものを作ってみる?クローラーの製作

4-1 クローラーを作る前の準備

◆材料など

4-2 左右のモーターの回転方向を確認する

◆接続を確認する

4-3 前進、後進、左旋回、右旋回させる

◆基本のルーチンを作る

4-4 クローラーに距離センサーを付ける

◆センサーを使う

4-5 障害物の検出?停止、後退、旋回、前進するようにする

◆loop()部分の書き換え

4-6 障害物との衝突?左右を調べてから進む

◆loop()部分の書き換え

資料

資料1 Arduino 1.0について

資料2 Arduino簡易リファレンス

資料3 Arduinoライブラリの使用方法

資料4 スケッチの書き方の基本

資料5 Arduinoのピン数が足りなくなった場合には?

資料6 抵抗について

PR

秀和システム