図解入門ビジネス 最新 コーチングの手法と実践がよーくわかる本[第2版]

概 要

仕事に使えるコーチング手法と考え方を図解でやさしく解説した入門書です。コーチングは、組織のマネジメント・スキルや個人の自己実現のためのスキルとして知られていますが、そのノウハウは人の生活全般にも使えるほど応用力が高く、いまでは企業研修の定番プログラムとなっています。本書では、コーチングの基本から、コミュニケーションの基礎づくり、上司・部下間のコミュニケーション、コーチングによる心を開く褒め方、効果的な叱り方、営業や接客への活用、教育や子育てでの活用、自己向上としてのコーチングなどコーチングに関する知識を幅広く解説しています。巻末にはコーチング関連情報リスト付き。

著者 谷口祥子
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3223-8
発売日 2012/1/21
判型 A5
色数 2色
ページ数 264
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 コーチングとは?

1-1 コーチングとは?

1-2 コーチングが定着した理由

1-3 コーチングとティーチング

1-4 カウンセリングとの違い

1-5 コンサルティングとの違い

1-6 コーチングのポジションと役割

1-7 自問自答の効果

1-8 コーチングの基本は、相手を認めること

1-9 棚卸効果

1-10 対等なパートナー

1-11 コーチに求められる資質

コラム 感じる力を身につける

第2章 コーチングの手順

2-1 コーチングを使い始める

2-2 時間とスペースの確保

2-3 リラックスしてもらう

2-4 現状整理―セッションの進め方 ステップ1

2-5 目標設定―セッションの進め方 ステップ2

2-6 リソースの発掘―セッションの進め方 ステップ3

2-7 アクションプランづくり―セッションの進め方 ステップ4

2-8 リマインダーを設定する

2-9 とにかく練習する

コラム クライアントを主役にする

第3章 コーチングの基本スキル

3-1 傾聴と反応のスキル―話しやすい環境づくり(1)

3-2 ペーシングとミラーリング―話しやすい環境づくり(2)

3-3 承認のスキル―相手を力づける

3-4 フィードバックのスキル―気付きを提供する

3-5 パワフル・クエスチョン―視野を広げる質問

3-6 未来志向と解決志向の質問―可能性を引き出す質問

3-7 具体化のスキル―望みを明確にする質問

3-8 五感に問いかける―心の声を引き出す質問

3-9 リフレーミングのスキル―視点を変える質問

3-10 外在化のスキル―客観視を促す質問

3-11 提案と意見

コラム 「いま、ここ」を大切にする

第4章 コミュニケーションの基礎づくり

4-1 プロトコルを定める

4-2 相手に関心を持つ

4-3 とことん聴いてもらう効果

4-4 先入観を手放す

4-5 事柄ではなく人に焦点をあてる

4-6 自分を空っぽにする

4-7 相手に意識のベクトルを向ける

4-8 話しやすい環境づくりとは

4-9 インタビュー力が距離を縮める

4-10 言いにくいことをいいやすく

4-11 型から入って人の素晴らしさを知る

コラム 過去の自分を癒す

第5章 上司・部下間のコミュニケーション

5-1 レッテル効果を活用する

5-2 イメージを具体化する

5-3 指示待ち社員を減らす

5-4 問題ではなく、解決に焦点をあてる

5-5 コミットする効果

5-6 現状を数値化する

5-7 会話の内容を明確化する

5-8 習慣的行動の根っこを見つける

5-9 部下の心を開くほめ方 心に響くほめ方とは

5-10 相手の心を開くほめ方 (1)ほめ効果を高める

5-11 相手の心を開くほめ方 (2)目上の人をほめる

5-12 効果的な叱り方

5-13 能力を引き出す美点凝視

5-14 新しい現場で効果的に関わる

5-15 メンターとしての資質を高める

5-16 新入社員の定着率を高める

5-17 上司との関わり方

5-18 職場の雰囲気をプラスに変える

コラム 習慣化されるコミュニケーション

第6章 営業・接客・サービス職向け活用術

6-1 患者さんとの信頼関係をつくる

6-2 相手の要望を引き出す

6-3 商品がもたらすドラマをみせる

6-4 相手に合わせる

6-5 相手に貢献する

6-6 否定せず、認める

6-7 言い訳に反応しない

コラム あなたのミッションは?

第7章 教育現場・子育て向け活用術

7-1 コミュニケーションのお手本を見せる

7-2 家庭環境がガラリと変わる

7-3 モンスターペアレントへの対処法

7-4 どうすればできるか?

7-5 一緒に学びの場をつくる

7-6 子供を信じる

7-7 自律意識を持たせる

7-8 長所を伸ばす

7-9 プラスのストロークを与える

コラム 本物のコーチングマインドとは?

第8章 発想力を豊かにするコーチング

8-1 成功体験を振り返る

8-2 視点を変える

8-3 「できる」「ある」という前提

コラム すべての行動に肯定的な意図がある

第9章 自分を向上させるために

9-1 相手を主役にする

9-2 自分の枠を越える

9-3 己を知る

9-4 自己イメージの変革

9-5 宣言することの効果

9-6 成果を挙げる自発力

9-7 体験がいいコーチをつくる

9-8 自分が変われば世界も変わる

9-9 観察力で人間関係を向上

コラム 非言語のメッセージ

第10章 心身の健康

10-1 メンタルヘルスプログラムとしての活用法

10-2 メタボ対策を効果的に

10-3 医療現場での活用法

第11章 コーチングを生み出した心理学・カウンセリング手法

11-1 NLP(神経言語プログラミング)

11-2 ブリーフセラピー(短期家族療法)

11-3 ソリューション・フォーカスト・アプローチ

11-4 ナラティブ・セラピー

第12章 コーチが学んでいる心理学メソッド・関連手法

12-1 グループ・コーチングとアクション・ラーニング

12-2 ファシリテーションとプロジェクトファシリテーション

12-3 EQ

12-4 アファメーション

12-5 ソース

12-6 ストレングスファインダー

12-7 インプロ

12-8 認知行動療法

12-9 交流分析

12-10 アサーション

12-11 ハコミセラピーとラビングプレゼンス

12-12 フォーカシング

12-13 ヒプノセラピー(催眠療法)

12-14 瞑想とグラウンディング

PR

秀和システム