図解入門 現場で役立つ溶接の知識と技術

概 要

現場で役立つ溶接の知識と技術を豊富な図表を使って解説した溶接入門書です。溶接技術の品質は、オペレーターや施行管理技術者に大きく左右されます。そのため確実な溶接をするためには正しい知識と技術・技能の習得が欠かせません。本書では、教科書と現場を橋渡しするように溶接の原理から実際の作業のポイントまでを解説。溶接のメカニズムと種類、特徴、溶接ができる人になるために必要な教育、材料の特性を意識した施工、機器や材料、材料の特性を生かした溶接など実践的なトピックを豊富に取り上げています。溶接の資格取得のための副読本としてもおすすめです。

著者 野原英孝
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3225-2
発売日 2012/3/14
判型 A5
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 溶接って何だろう?

1 金属をつなぐ方法の仲間たち

2 溶接の基本的メカニズム

3 溶接法の仲間とその特徴

コラム “From機械的接合to溶接”の成功例

4 利用価値の高いアーク溶接

コラム えっ! アークで切断?…プラズマ切断はすごい!

Chapter2 溶接ができる人になるためには…

1 安全衛生の特別教育を受ける

コラム 特別教育は、必ず受講しなければならないの?

コラム 違反した場合の罰則規定は?

2 溶接の弱点を知ろう

コラム 「ひずみ取り」という仕事

コラム 「溶接欠陥」と「溶接不具合」

コラム 溶接部の非破壊検査

3 材料を知ろう

コラム 溶接工学は、境界領域の学問

4 読図から段取り作業へ

コラム これから溶接記号を学ばれる方へ

5 溶接技能の習得

コラム 熟練工いわく『センサは、いらん!』

Chapter3 いろいろなアーク溶接法

1 被覆アーク溶接法

コラム お勧め!…TIG溶接電源を活用しよう

2 マグ溶接法

3 ティグ溶接法

コラム 様々な呼び方がある「ティグ溶接」

コラム 既存設備を活かした高付加価値ティグ溶接法

4 ミグ溶接法

コラム アルミニウムのミグ溶接の技能訓練にこんな裏技が…

Chapter4 知っておきたい溶接施工の予備知識

1 知っておきたい溶接継手

2 知っておきたい溶接機器

コラム 無断で自動電撃防止装置の機能を失わせてはいけません!

3 知っておきたい溶接材料

コラム 長さだけではない! ケーブルによる電圧降下の話

4 溶接に失敗した時は…

コラム 熱的はつり法によるスカーフリングについて

コラム 作動ガスに圧縮エアを使用すれば・・・

Chapter5 溶接作業の勘どころ

1 被覆アーク溶接作業

コラム 定電流特性電源の存在を忘れるな

コラム 被覆アーク溶接棒の溶接電流範囲

コラム ユニークな訓練課題

2 マグ溶接作業

コラム マグ溶接用ワイヤの溶接電流範囲

3 ティグ溶接作業

コラム 純タングステン電極に溶融突起物が…

コラム 拘束ジグの初期温度にも気を配ろう!

Chapter6 各種金属の溶接施工のワンポイント

1 鉄(鋼)の溶接

コラム 鋼材表面の黒皮は不純物

2 ステンレス鋼の溶接

コラム 炭素鋼とステンレス鋼の異材溶接

3 アルミニウム(合金)の溶接

コラム ほかにもあるアルミニウムのティグ溶接機能

コラム 実験計画法のススメ

PR

秀和システム