デザイナーのためのスマートフォンインターフェースデザイン

概 要

モバイル、スマートフォン、タブレットPC向けアプリケーションのユーザーインターフェース(UI)デザイナーを対象としたデザインの教科書です。本書ではスマートフォンのようなモバイルデバイスでのUIデザインをどう考えるか、またワイヤーフレームをどう描くかについて説明したうえで、実際にスマートフォン用のグラフィックを作成する際のTipsについて解説していきます。さらにiOSとAndorid OSそれぞれに特有の癖と最適化方法も紹介。見た目がキレイでかつ使いやすいアプリのUIデザイン方法がわかります。なお本書はAdobe Creative SuiteCS5を元に解説しており、Adobe Illustratorの知識があることを前提としています。iOS5およびAndorid 4.03対応。

著者 ドットプルーフ株式会社 中野広明
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3234-4
発売日 2012/1/28
判型 A5
色数 4色
ページ数 176
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter01 UIデザインを考える

UIデザインはなぜ必要か

UIデザインの開発プロセス

デザイナーの役割と作業

UIデザイン成功の決め手はチームワーク

機能をどうUIに落とし込むか

機能を画面に落とし込むために必要な5つのルール

ワイヤーフレームを描く

UIの基本構成を考える

機能やコンテンツでどう画面をわけるか

重要な機能に最短でアクセスするには

補助的な情報をどう表示するか

使い方を説明するにはどうしたらいいか

有料の機能をどう切り分けるか

Chapter02 UIを描く

Illustratorを使うメリット、デメリット

UIグラフィックを描くためのIllustratorの設定

アピアランスを使ったパーツの作成

より複雑なパーツの作成

ボタンのデザインを一括して管理する

UI部品を再利用する

ボタン以外のさまざまなパーツの作成

グラフィックではなくシェイプでボタンを描く

背景グラフィックパーツの作成

スライスを使ってパーツを書き出す

複数アートボードを使ってパーツを書き出す

複数アートボードを使った仕様書作成

Chapter03 UIを実装する

プラットフォームによるUIデザイン開発の違い

iOSのUIデザインまとめ

AndroidのUIデザインまとめ

Androidで異なる解像度に対応する

Android端末のデザイン指定

システムフォントについて

iPhoneアプリをAndroidに移植する時の注意

Android OS 4.0のUIデザイン

拡大縮小可能なボタングラフィック

拡大縮小可能なボタングラフィック

ウィジェットのUIデザイン

ファイルとフォルダのネーミング

画面の大きさで画像を切り替える

グラフィックデータのサイズを削減する

マーケット用のグラフィック素材

PR

秀和システム