図解入門ビジネス アンケート調査とデータ解析の仕組みがよーくわかる本[第2版]

概 要

アンケート調査の企画・設計から回答の集計・分析・発表までのノウハウを豊富な図表を使って解説した入門書です。ビジネスの現場では、マーケティングにおける顧客の意識調査など様々な場面で、効率よくデータを収集し解析する能力、得られた結果を正しく読む知識が求められます。そこで本書では有意義な結論を出すために、偏りのない信頼性の高いデータをあつめ、推測統計や多変量解析などの分析を行うためのテクニックを解説。アンケート調査の進め方から、調査票を作る際の注意点、調査対象の適切な選び方、分析手法、データの見方、調査結果を報告する際の問題点まで説明しています。社会調査士のカリキュラムに対応した内容です。

著者 竹内光悦、元治恵子、山口和範
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-3266-5
発売日 2012/3/16
判型 A5
色数 2色
ページ数 240
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

序章 アンケート調査の仕組み

序-1 アンケート調査の考え方

アンケート調査とは?

序-2 アンケート調査の流れ

アンケート調査の流れ

調査の仕方

標本から母集団の情報を得る

必要な標本の大きさ

アンケート調査と本書の構成

コラム 一般公開されているデータの活用

第1章 調査データの基礎分析

1-1 データとは?

データに基づく行動の重要性

データの集め方

1-2 データの種類と測定尺度

アンケート調査におけるデータの形式

聞き方による4つのデータタイプ

コラム 非対称データと統計ソフトウェア

1-3 データの分布表

データの全体をまとめよう

表によるデータの整理(1つの変量の場合)

いろいろな度数分布表

表によるデータの整理(複数の変量の関係を考える場合)

コラム スタージェスの公式

1-4 統計グラフでデータを表現

統計グラフを活用しよう

1変量のグラフの種類と特徴

2変量のグラフ表現

多変量のグラフ

1-5 データを客観的に見よう

数値で見るデータ

1-6 データの代表値

データの端の値、平均的な値

データの順序による代表値

例:平均値と中央値を用いたデータ比較

度数における代表値

度数分布表における平均値

1-7 データの散らばり

データのばらつきがもつ情報

データの順位によるばらつき

箱ひげ図

平均値を中心としたばらつき

正規分布

例:標準偏差を用いたデータの比較

その他の統計量

1-8 2つの変数の関係を考える

2変量の関係(相関関係)

共分散と相関係数

例:散布図と相関係数による2変数の関係解明

その他の2つの変量の関係を示す指標

例:順位による相関係数

擬似相関に注意

第2章 調査データの取り扱い

2-1 「想定外」のデータ

想定外データ

想定外データの対応

コラム 想定外と考えるか判断に悩む回答

2-2 外れ値とその検出法

外れ値

外れ値の検出

頑健な統計量

外れ値の原因

2-3 欠測値とその処理法

欠測値の処理

欠測メカニズム

第3章 データの個数の処理と確率(集合、数学記号)

3-1 個数の数え方(順列、組合せ)

場合の数における和の法則と積の法則

順列

組合せ

3-2 集合とは?

ベン図を用いた集合の表現

コラム ベン図を使った選択肢の確認

3-3 合計を表す記号

和を表す数学記号

Σの利用例

コラム Σの式の証明

3-4 確率的な考え方

確率とは?

集合に対する確率

条件付き確率

確率における独立

確率を用いた分布への展開

自由度と上側100αパーセント点

第4章 調査データのさまざまな分析

4-1 統計的推測

推定と検定

標本分布

統計的推定と標準誤差

4-2 区間推定

信頼区間と信頼度

4-3 仮説検定

帰無仮説と対立仮説、有意確率

種々の検定について

t検定とz検定

マンホイットニーのU検定(ウィルコクソン検定)

対応のあるt検定

1元配置の分散分析

クラスカル・ウォリス検定

比率の検定

クロス集計表の検定

標本の大きさについて

第5章 多変量データの解析

5-1 多変量解析とは?

多変量解析法

多変量解析法のさまざまな手法

5-2 未来予測や要因を探る 重回帰分析

回帰分析とは?

与えられたデータから未来を予測

重回帰分析で得られる数字の使い方

例:競合製品の評価から販売予定の適正価格を予想しよう

コラム データ解析の発展

5-3 対象間の関係把握 主成分分析

主成分分析と因子分析の違い

主成分分析の使い方

例:それぞれの映画の評価から映画間の関係を見る

5-4 対象を分類 クラスター分析

クラスター分析法

階層的クラスター分析法

例:食費と交遊費からグループを見つけよう

5-5 カテゴリカルデータを用いた解析

データの数値化とダミー変数を用いた解析法

コラム 統計ソフトウェアを用いたカテゴリカルデータの解析

第6章 社会調査

6-1 社会調査とは?

社会調査の歴史

社会調査の目的

社会調査倫理

6-2 調査方法

調査方法の分類

調査設計による分類

調査の方法(データの収集方法)による分類

量的調査

質的調査

統計的研究と事例研究

6-3 調査票調査(アンケート調査)

調査票調査とは?

調査票調査の種類

コラム インターネット調査

6-4 調査票調査の流れ

調査票調査の手順

6-5 調査票作成の手順

調査票の基本構成

質問文作成の手順

質問形式と回答形式

ワーディング

プリテストと調査票の完成

6-6 調査対象者の選択(サンプリング)

母集団と標本

サンプリング(標本抽出)の方法

コラム 乱数表

コラム 社会調査士とは?

6-7 アンケート票の郵送用宛名印刷

Word 2010の差し込み印刷機能を使う

6-8 インタビュー調査

インタビューとは?

インタビュー調査の方法

インタビュー調査の内容をまとめる

6-9 アンケート実例

記述と説明

調査方法の検討

調査対象者(サンプル)を選ぶ

調査票の作成

調査データの分析

調査の結果報告

第7章 統計解析ソフトウェアを用いたデータ解析

7-1 市販の統計解析ソフト

さまざまな統計解析ソフト

コラム データ入力作業の注意点

7-2 Excelを用いたデータ処理法

Excelを用いたアンケート調査結果のまとめ方

Excelのインターフェース

7-3 Excelを用いた統計解析

データをグラフで表現

計算機としてのExcel

アンケート調査で使えるExcel関数

入力データからの度数分布表やクロス集計表の作成法

Excelを用いた項目のコード化

データの並び替え

該当する対象の抽出

Excelの統計解析機能

ほかの統計解析ソフトとのデータのやり取り

発展するExcel

コラム 検索・置換の罠

第8章 調査報告

8-1 調査報告書の目的および注意点

調査のまとめ方

調査報告書の作成手順

8-2 報告会におけるプレゼンテーション

プレゼンテーションとは?

プレゼンテーションの形式

スライドの作成の仕方

8-3 パソコンを用いたプレゼンテーション

調査報告におけるPowerPointの利用方法

PR

秀和システム