ポケット図解 韓国鉄道の今と昔をとことん楽しむ本

概 要

朝鮮半島の鉄道の歴史を、当時の写真を豊富につかってビジュアルに解説した肩のこらないポケットサイズの歴史ガイドブックです。韓国鉄道は、ソウルと仁川を結ぶ京仁鉄道の敷設権を米国の政商モースから譲渡された日本の実業家・渋沢栄一によって、19世紀末に開業しました。本書は韓国鉄道の開業から戦中・戦後、2011年に開業した亭子-江南間を結ぶ無人運転電車が走る新盆唐線にいたる現代までの発展の歴史を豊富な写真や図版をつかって、わかりやすく解説しています。また、韓国鉄道史を飾るエピソードや車両の変遷、韓国鉄道の旅や、韓国のSL形式呼称と諸元表などの珍しい資料も掲載。

著者 やまだトシヒデ
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3273-3
発売日 2012/3/23
判型 四六
色数 2色
ページ数 320
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 線路は続くよ、満州へ…(戦前編/鉄道敷設)

1-1 受注した政商モースにお金がない

1-2 国策会社「京釜鉄道会社」

1-3 フランスが敷設権を獲得!

1-4 漢江鉄橋は難工事

1-5 幹線ルートはX型

1-6 幻の鴨緑江橋梁、国境の回転式橋梁

1-7 南満州鉄道直営になった時代もあった

1-8 済州島にあった幻の人車鉄道

1-9 戦争で廃止された金剛山電鉄

1-10 太平洋戦争でローカル線の線路を供出

第2章 アメリカ製車両で出発進行(戦前編/車両)

2-1 機関車も客車もメイドインUSA

2-2 貨車も客車もすべてボギー車

2-3 王様、墓参のため路面電車を米国に発注

2-4 大正末期の半鋼製客車製造

2-5 振動がすご過ぎた蒸気動車

2-6 低質炭に対応した広い火室が特色

2-7 京仁線はオシャレな茶色いタンク機関車

2-8 不評だった廊下側三等寝台

2-9 低重心・軽量化で高速化した特急「あかつき」

2-10 幻に終わった電気機関車

第3章 鉄道員はつらいよ! ハードな男の世界(戦前編/職員)

3-1 現業下級職員を中心に韓国人を雇用

3-2 機械油をストーブにかけて火事!

3-3 SL検修員に過酷な火炎地獄

3-4 優等列車のアクロバティック運転

3-5 構内員から始まる過酷な機関士への道

3-6 SLの機関助士は一人ではない

3-7 間違えてガソリンカーのタンクに水注入

3-8 安全弁を吹かすのは機関士の恥

3-9 機関助士泣かせの無煙炭

第4章 バス路線とホテルを経営していた(戦前編/営業)

4-1 ソウル駅ができる前のターミナルは…

4-2 朝鮮総督府鉄道局の観光政策

4-3 直営ホテルの営業

4-4 観光色の強い韓国式デザイン駅舎

4-5 満州直通列車に「特急」なし

4-6 局営バスを知っているか

4-7 中央線のマスプロローカル駅舎

4-8 いまはなき三浪津の鰻丼弁当

第5章 小西行長まで出てくるちょっと危うい唱歌(戦前編/唱歌と局歌)

5-1 韓国語で書かれた京釜鉄道歌

5-2 鉄道唱歌で歌われた併合直前の鉄道

5-3 日本語で歌われた朝鮮総督府鉄道局歌

第6章 つらく苦しい南北分断(戦後編/南北分断と朝鮮戦争)

6-1 南北分断の混乱といち早い特急の復活

6-2 悲劇の特攻機関士・金裁鉉

6-3 ディーゼル機関車はSL五台ぶん

6-4 日本の鉄道営業法を韓国語訳

6-5 朝鮮戦争で消えた東海北部線

6-6 船積できなかった機関車を国連軍に提供

6-7 壊れた機関車は日本で修理

6-8 スラム街火災の類焼で炎上した釜山駅

6-9 恐怖!運転中爆発するSL

6-10 貨車改造の四等車に五等車

第7章 地下鉄に山岳路! 進むインフラ整備(戦後編/鉄道敷設と路線)

7-1 日本海側の計画線を自力で建設

7-2 石炭輸送で山の中にインクライン設置

7-3 よど号ハイジャック事件のお礼

7-4 地下鉄に右側通行と左側通行がある

7-5 珍しい全線交流区間の地下鉄・盆唐線

7-6 JR九州と共同で高速フェリーを運航

第8章 D51からヘランまで! 個性派車両の数々(戦後編/車両)

8-1 D51を韓国に輸出

8-2 パシコを重油焚きに改造

8-3 大統領専用車にかつての展望車を導入

8-4 もったいないから大型SLを入換に残す

8-5 酷使された日本製ディーゼル動車

8-6 初代セマウル号客車は固定編成

8-7 最初の営業用電気機関車もフランス製

8-8 「韓国にも485系が欲しい」

8-9 電源車を使わない客車に寒さ対策

8-10 オリンピックに向けて開発された新型セマウル号

8-11 地下鉄事故がきっかけで車内は火気厳禁

8-12 南北間列車計画がダメになってできた列車

第9章 鉄道にまつわるサービスいろいろ(戦後編/営業)

9-1 いろいろあった列車名の変遷

9-2 韓国ではSL観光列車は育たない

9-3 離島の子供たちにSLをプレゼント

9-4 人気団体列車「愛の新婚旅行列車」

9-5 最初の自動改札機と券売機はフランス製

9-6 八八年から登場した日韓共同きっぷ

9-7 老朽化で次々消えた鈍行列車

9-8 不人気ですぐに消えたハンバーガー列車

9-9 KTX駅舎、イメージ刷新に張りぼて工法

9-10 初の私鉄は赤字!鉄道公社が株買い取る

9-11 IMF危機で発生、車両メーカー再編

資料編

韓国のSL形式呼称と緒元表

韓国鉄道史略年表

本書で紹介する主な地名と読み

韓国鉄道路線略図(一九三六年)

参考図書

索引

PR

秀和システム