リハビリスタッフ・支援者のための やさしくわかる高次脳機能障害

概 要

高次脳機能障害のリハビリテーションや支援の方法が図解でやさしくわかる解説書です。高次脳機能障害は、脳卒中や外傷性脳損傷で長期リハビリを必要とする人などに多く見られる病態です。本書では、現役のリハビリテーション専門医・神経内科専門医である著者が、リハビリテーションの現場や臨床を通じて得た経験を踏まえて、高次脳機能障害とそのケア方法についてやさしく解説。高次脳機能障害の基礎知識から、診断方法、失語症や失行、注意障害、半側空間無視、遂行機能障害、感情や行動の障害といったさまざまな症状まで詳しく説明し、患者さんや家族への支援とアプローチの方法がわかります。

著者 和田義明
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3289-4
発売日 2012/3/14
判型 B5
色数 2色
ページ数 176
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 高次脳機能障害の基礎知識

1-1 高次脳機能障害とは

1-2 高次脳機能障害を引き起こす疾患

1-3 認知症、せん妄、うつ病との関連

1-4 リハビリテーションの必要性

Chapter 2 高次脳機能障害の症状と診断

2-1 代表的な症状と障害の関連性

2-2 診察・診断の方法

2-3 どのような検査を行うか

2-4 脳の障害部位と症状の関係

Chapter 3 失語症

3-1 失語症とは

3-2 失語症の分類ととらえ方

3-3 失語症での主な症状

3-4 失語症の検査と評価

3-5 代表的な失語症と病巣部位

3-6 失語症のリハビリテーションと支援

Chapter 4 失行

4-1 失行とは

4-2 失行の概念と病巣

4-3 失行の検査と評価

4-4 失行のリハビリテーションと支援

Chapter 5 失認

5-1 失認とは

5-2 失認の検査と評価

5-3 失認のリハビリテーションと支援

Chapter 6 知能障害

6-1 知能・知能障害とは

6-2 知能の評価

6-3 知能障害と認知症へのリハビリテーションと支援

Chapter 7 注意障害

7-1 注意障害とは

7-2 注意障害の機序と病巣

7-3 注意障害の検査と評価

7-4 注意障害のリハビリテ―ションと支援

Chapter 8 半側空間無視(方向性注意障害)

8-1 半側空間無視とは

8-2 半側空間無視の機序と病巣

8-3 半側空間無視の検査と評価

8-4 半側空間無視のリハビリテーションと支援

Chapter 9 記憶障害

9-1 記憶とその種類

9-2 記憶障害とは

9-3 記憶の回路

9-4 記憶障害の検査と評価

9-5 記憶障害のリハビリテーションと支援

Chapter 10 遂行機能障害 前頭葉症状

10-1 遂行機能障害 前頭葉症状とは

10-2 前頭前野の機能とその障害

10-3 遂行機能障害以外の前頭葉障害に伴う症状

10-4 遂行機能障害・前頭葉障害の検査と評価

10-5 遂行機能障害・前頭葉障害のリハビリテーションと支援

Chapter 11 感情と行動の障害

11-1 感情と行動の障害とは

11-2 感情と行動の障害の病巣

11-3 感情と行動の障害のリハビリテーションと支援

Chapter 12 患者・家族への支援とアプローチ

12-1 高次脳機能障害への支援・アプローチ

12-2 患者に対する家族や支援者の接し方

12-3 就労・復職

Chapter 13 画像で見る高次脳機能障害と関連ある部位

13-1 CT、MRIによる脳画像の観察・部位同定

13-2 高次脳機能障害での脳画像の症例集

PR

秀和システム