いますぐ実践できる コーポレートファイナンスの教科書

概 要

コーポレート・ファイナンスをわかりやすい解説と豊富な国内事例から学ぶファイナンスの教科書です。コーポレート・ファイナンスとは、企業における金融、すなわち「資金」の調達や運用のことをいいます。本書では、具体的な日本企業の事例を挙げながら、コーポレート・ファイナンスの基本となる考え方をやさしく解説。現実を簡略化した事例と、実際の財務諸表などから観察される事例を織り交ぜ、理論的な部分と、理論の現実への関わりかたをイメージしやすく工夫しています。コーポレート・ファイナンスを一から学びたい人、なんとなく知識はあるけれど現実の適用場面がわからない人、証券会社で企業の資金調達の仕事に関わっている人などにぴったりの内容です。

著者 永野良佑
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-3299-3
発売日 2012/3/22
判型 A5
色数 1色
ページ数 176
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 コーポレート・ファイナンスを理解するためのファイナンスの理論

1-1 ファイナンスと金利

おカネはおカネを産み、おカネにはコストがある

運転資金のコスト

運転資金の計算ユニチャームの事例

資金のコストと時間

運転資金のコストと企業業績の関係ユニ・チャームとライオンの比較

1-2 現在価値の考えかた

現在価値の計算が重要な理由

現在価値への換算方法

1-3 IRRとNPV

IRR=内部収益率

マイナスにも対応

IRRと意思決定

IRRを意思決定に用いる場合の注意

IRRと企業

NPV=正味現在価値

IRRとNPVとの関係

NPVの利点

1-4 資本コスト

平均資本コストの考えかた

株式のコストの考えかた

株式のコストと税金

資本コスト計算の実際

資本コストの活用法

1-5 CAPM

CAPMの考えかた

CAPMと無リスク金利

ベンチマークとの連動性

CAPMから資本コストを計算してみる

Chapter2 証券と流通市場

2-1 株式市場

純資産

純資産=解散価値

PBR

利益の水準

PER

配当還元モデル

PERと成長率の関係

株価を上げるにはどうしたらよいのか

上場会社の実例を見てみる

2-2 上場と上場基準

上場そのものは発行会社の資金調達ではない

売り出しによって株主数を増やす

上場のメリット

上場のコスト

上場基準

上場の例

2-3 社債と格付け

債券は上場していない

債券は利回りが重要

債券の利回りを決める要因

信用度の測定と格付け

格付け会社

格付けと債券利回り

2-4 信用度の指標CDS

〝保険〟としてのクレジット・デリバティブ

CDSそのものが取引される

CDSとコーポレート・ファイナンス

CDSと〝スプレッド〟との関係

Chapter3 証券の発行市場と資金調達

3-1 増資

第三者割当と有利発行

上場会社の増資は時価発行・公募増資が一般的

時価発行増資と希薄化

ライツ・イッシュー

戦略的第三者割当

3-2 社債

スプレッド

社債発行とCDS

社債の発行例

3-3 転換社債

転換社債の特徴

転換社債の第三者割当

転換社債の調達コスト

3-4 銀行借入

運転資金

上場会社の例

設備資金

銀行借入のコスト

社債発行会社の銀行借入

3-5 証券化

証券化の基本

証券化の資金調達コスト

Chapter4 資本構成の重要性

4-1 レバレッジとその効果

〝負債〟とほぼ同義

利益率へのレバレッジ

「おカネが足りない」は通常考慮しない

無限大のレバレッジ

反対側のレバレッジの効果

実際の企業のレバレッジ

4-2 MM定理

MM定理の背景

会社ではなく株主がレバレッジを利用する

法人税の影響

MM定理は現実的なのか

4-3 理論と実際信用度と調達コスト

信用度の差

利率の変化とMM定理

有担保債務、無担保債務の選択

4-4 借入の期間と借り換え

会社は銀行が潰す

返済原資

返済までの期間が長い場合

実際は組み合わせ

フリー・キャッシュ・フロー(決算書上)

借り換えが可能な金額に借金を抑える

4-5 配当政策と自社株買い

会社の利益は株主に帰属

MM定理からの類推

上場会社の場合

自社株買い

配当金、自社株買いが株主にプラスになる場合

アップルとマイクロソフト

Chapter5 M&Aと企業価値

5-1 合併と買収

ほとんどすべての合併は吸収合併

合併対価

株式移転

株式交換

買収

5-2 EV/EBITDA倍率

EBITDAの意味

EVの考えかた

EV/EBITDA倍率の実際

5-3 企業価値評価

PERからの推定

純資産とPBR

EV/EBITDA倍率からEVを逆算する

現在価値としての企業価値

キャッシュ・フローとはなにか

割引率

DCF法と「終価」

直接還元法

企業価値評価の実践

5-4 LBO

LBOとは

一般的なLBOの構造

疑似LBO

5-5 MBO

もともとは企業戦略のひとつ

買収ファンドとの融合

創業者による非公開化

PR

秀和システム