キャラクター設計教室 人物が動けばストーリーが動き出す!

概 要

ライトノベルのキャラクターの作り方について特化した小説の書き方指南書です。キャラクターの作り方と言っても方法はさまざまです。魅力的なキャラクターを先に作ってからキャラが活躍するための世界観やストーリーを考えていく人、物語重視で登場人物はストーリーを最適に表現するためのツールとして作っていく人、それぞれに適したジャンルや作風など一長一短があります。いずれの方法にせよ、作家を目指すのであれば自分なりの工夫をして創作スタイルを確立していかなければなりません。本書では、そのための基礎となるキャラクター作りの知識とスキルを紹介。キャラ創作のポイントを対話式、Q&Aなど楽しい読み物形式で解説していきます。

著者 ライトノベル作法研究所
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3305-1
発売日 2012/3/23
判型 A5
色数 1色
ページ数 280
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 キャラ創作20の秘訣

はじめに

基本を知らなくては何も書けません?

キャラ重視か、ストーリー重視か? それが問題だ!

オリジナリティのあるキャラって言われてもね……

なぜ異性のヒロイン(ヒーロー)は必要なのか?

巻きこまれ型? 引きこみ型? あなたはどっち?

キャラ立ちって、どういうこと?

主人公に動機はあるか?

シリーズに耐えられる主人公とは?

学校――理由不要の絶対的世界観

ファンタジー世界――今いるここではない世界観

いまラノベの存在意義を問う!

なぜヒロインはツンデレでなければいけなかったのか?

なぜお手軽な恋愛観が求められるのか?

読者に恋をさせるために必要なこと

いい脇役のいる風景

親という存在の不在

群れたがる近頃の若者たち

人間にとっては欠点こそ美点となる

コミュニケーションの物語

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず

結局、あなたは何を書きたいのか?

最後に

第2章 キャラ創作対話篇

恐るべき批評

とにかくインパクトがない!

コンセプトだよ、小説は

キャラクターの魅力ってなに?

読者視点というキャラ

必要な設定がある

キャラはハジけているか

ボタンは押してなんぼの世界

キャラは細部に宿る

キャラマップってなんだ?・キャラマップの描き方

読者の身になってみる

第3章 キャラクター設計Q&A

はじめに

自分が楽しめることが最優先。

Q&A集について

キャラが被ってしまう(ヴィルアスさんからの質問)

キャラクターの設定を生かせない(吾妻 空哉さんからの質問)

主人公・ヒロインが魅力のない人物になってしまう(桜ノ風さんからの質問)

主人公が嫌な奴だとダメ?(薔薇燐火さんからの質問)

主人公には特別な能力を持たせるべき?(雪都さんからの質問)

面識のあるキャラ、作中で出会うキャラの利点・欠点(灰流紀穂さんからの質問)

主人公に好意を抱く女性キャラは何人くらいが適正?(ルルカさんからの質問)

主人公の口の悪さはどこまで許されるか?(藤岡竜郎さんからの質問)

主人公の氏名を姓名判断鑑定で完璧にすると売れる?(がりがりさんからの質問)

主人公はヘタレじゃないと面白くない?(蔵神紫苑さんからの質問)

女性キャラと恋愛の関係(威天さんからの質問)

男性が見ても違和感のない男性キャラクターとは?(まりかさんからの質問)

途中で別のキャラが主人公になってしまう(迷夢 翼さんからの質問)

特異な人格のキャラクターは共感を得られる?(鬼の舌震いさんからの質問)

無表情キャラは陳腐化した?(サイとさんからの質問)

ラノベの主人公像はなぜ変化しているのか?

登場人物の設定作りのコツとは?

物語は世相を反映している

ドラゴンボール連載終了の深読み。

ツッコミ役というポジション

PR

秀和システム