豊富な仕訳例で世界一使いやすい! 勘定科目と仕訳の事典

概 要

パターン別、場面別の豊富な仕訳例を満載した勘定科目の仕訳事典です。本書では、個人事業者や法人の経理担当者を対象に、勘定科目と仕分けの方法を、「勘定科目別索引」「摘要別索引」「決算書体系図索引」の3つの索引からカンタンに検索できるようにしました。また、実務でよく遭遇することの多い仕訳を取り引きシーンごとに「個人事業をはじめたら?」「従業員との忘年会は?」などの48のケースで取り上げて解説しているので、事例から知りたいことを検索することもできます。原則見開き2頁構成で、決算書の表示区分、個人・法人別、消費税区分、業務の流れなどが一覧できます。平成25年12月から新制度に移行する公益法人の決算書と勘定科目も収録。

著者 駒井伸俊
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3315-0
発売日 2012/3/29
判型 A5
色数 2色
ページ数 404
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 知っておきたい会計処理と決算書の仕組み

1-1 会計とはなにか?

1-2 決算書の仕組みはどうなっているのか?

1-3 簿記の仕組みはどうなっているのか?

1-4 日本の会計制度はどうなっているのか?

第2章 知っていたら便利な取引ごとの仕訳

2-1 事業開始時・設立の取引

個人事業を開始する場合(青色申告)

個人事業を開始する場合(白色申告から青色申告へ)

新たに法人を設立した場合

個人事業から法人成りした場合

2-2 金融機関との取引

取引先の口座へ振り込んだ場合

定期預金が満期になった場合

借入金をした場合(利息の前払い)

借入金をした場合(利息の後払い)

定期保険に加入した場合

火災保険に加入した場合

2-3 売上に関する取引

コンサルティング収入の場合

商品券による販売の場合

販売した商品が返品された場合

入金先がわからない振込があった場合

2-4 仕入に関する取引

仕入先よりリベートを受けた場合

仕入先より買掛金の請求がない場合

2-5 固定資産に関する取引

パソコンを購入した場合

携帯電話を購入した場合

固定電話を購入した場合

事務所を借りる契約をした場合

2-6 給与の支払いに関する取引

従業員に給与を支払った場合

アルバイトに給与を支払った場合

従業員にボーナスを支給した場合

役員にお金を貸した場合

2-7 経費の支払いに関する取引

紹介手数料を支払った場合

取引先にお香典を支払った場合

会社案内を作成した場合

ホームページを作成した場合

ソフトウエアの開発を委託した場合

従業員と忘年会をした場合

残業した従業員に夜食を出した場合

弁護士に報酬を支払った場合

資格取得のための費用を会社が負担した場合

人材派遣を活用した場合

2-8 税金等に関する取引

法人税等を中間納付した場合

法人税等の還付を受けた場合

法人税等を確定申告・納付した場合

駐車違反で反則金を支払った場合

消費税を中間納付した場合

消費税を確定申告・納付した場合

給与等の源泉徴収税の場合

利子等の源泉徴収税の場合

2-9 決算に関する取引

在庫の決算処理をする場合

在庫数量が異なる場合

未払いの利息がある場合

未払いの給与がある場合

貸倒引当金の処理の場合

減価償却の処理の場合

第3章 資産の項目

3-1 流動資産

現金(げんきん)

小口現金(こぐちげんきん)

預金(よきん)

受取手形(うけとりてがた)

売掛金(うりかけきん)

有価証券(ゆうかしょうけん)

棚卸資産の全体像(たなおろししさんのぜんたいぞう)

商品/棚卸資産(しょうひん/たなおろししさん)

製品/棚卸資産(せいひん/たなおろししさん)

仕掛品/棚卸資産(しかかりひん/たなおろししさん)

原材料/棚卸資産(げんざいりょう/たなおろししさん)

貯蔵品/棚卸資産(ちょぞうひん/たなおろししさん)

前渡金・前払金(まえわたしきん・まえばらいきん)

立替金(たてかえきん)

仮払金(かりばらいきん)

短期貸付金(たんきかしつけきん)

未収金・未収入金(みしゅうきん・みしゅうにゅうきん)

未収収益(みしゅうしゅうえき)

前払費用(まえばらいひよう)

貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)

繰延税金資産(くりのべぜいきんしさん)

仮払消費税(かりばらいしょうひぜい)

仮払法人税等(かりばらいほうじんぜいとう)

3-2 固定資産(有形固定資産)

建物(たてもの)

建物付属設備(たてものふぞくせつび)

構築物(こうちくぶつ)

機械装置(きかいそうち)

車両運搬具(しゃりょううんぱんぐ)

工具器具備品(こうぐきぐびひん)

土地(とち)

建設仮勘定(けんせつかりかんじょう)

減価償却累計額(げんかしょうきゃくるいけいがく)

3-3 固定資産(無形固定資産)

のれん(のれん)

特許権(とっきょけん)

借地権(しゃくちけん)

電話加入権(でんわかにゅうけん)

ソフトウエア(そふとうぇあ)

3-4 固定資産(投資その他)

投資有価証券(とうしゆうかしょうけん)

出資金(しゅっしきん)

長期貸付金(ちょうきかしつけきん)

長期前払費用(ちょうきまえばらいひよう)

差入保証金(さしいれほしょうきん)

3-5 固定資産(繰延資産)

創立費(そうりつひ)

開業費(かいぎょうひ)

株式交付費(かぶしきこうふひ)

社債発行費(しゃさいはっこうひ)

開発費(かいはつひ)

第4章 負債の項目

4-1 流動負債

支払手形(しはらいてがた)

買掛金(かいかけきん)

短期借入金(たんきかりいれきん)

仮受金(かりうけきん)

預り金(あずかりきん)

未払金(みばらいきん)

未払費用(みばらいひよう)

前受金(まえうけきん)

前受収益(まえうけしゅうえき)

賞与引当金(しょうよひきあてきん)

その他の引当金(そのたのひきあてきん)

繰延税金負債(くりのべぜいきんふさい)

仮受消費税(かりうけしょうひぜい)

未払消費税(みばらいしょうひぜい)

未払法人税等(みばらいほうじんぜいとう)

4-2 固定負債

社債(しゃさい)

長期借入金(ちょうきかりいれきん)

退職給付引当金(たいしょくきゅうふひきあてきん)

第5章 純資産の項目

5-1 株主資本

資本金(しほんきん)

資本剰余金(しほんじょうよきん)

利益剰余金(りえきじょうよきん)

自己株式(じこかぶしき)

5-2 その他

その他有価証券評価差額金(そのたゆうかしょうけんひょうかさがくきん)

新株予約権(しんかぶよやくけん)

第6章 営業損益の項目

6-1 売上

売上高(うりあげだか)

6-2 売上原価

仕入高(しいれだか)

6-3 販売費及び一般管理費

販売促進費(はんばいそくしんひ)

荷造発送費(にづくりはっそうひ)

外注費(がいちゅうひ)

役員報酬(やくいんほうしゅう)

給与手当(きゅうよてあて)

賞与(しょうよ)

退職金(たいしょくきん)

退職給付費用(たいしょくきゅうふひよう)

法定福利費(ほうていふくりひ)

福利厚生費(ふくりこうせいひ)

会議費(かいぎひ)

諸会費(しょかいひ)

交際費(こうさいひ)

広告宣伝費(こうこくせんでんひ)

旅費交通費(りょひこうつうひ)

通勤費(つうきんひ)

賃借料(ちんしゃくりょう)

地代家賃(ちだいやちん)

水道光熱費(すいどうこうねつひ)

新聞図書費(しんぶんとしょひ)

通信費(つうしんひ)

消耗品費(しょうもうひんひ)

事務用品費(じむようひんひ)

車両費(しゃりょうひ)

支払保険料(しはらいほけんりょう)

支払手数料(しはらいてすうりょう)

修繕費(しゅうぜんひ)

租税公課(そぜいこうか)

減価償却費(げんかしょうきゃくひ)

貸倒引当金繰入額(かしだおれひきあてきんくりいれがく)

貸倒損失(かしだおれそんしつ)

寄付金(きふきん)

教育研修費(きょういくけんしゅうひ)

雑費(ざっぴ)

第7章 営業外損益・特別損益他

7-1 営業外収益・営業外費用

受取利息(うけとりりそく)

支払利息割引料(しはらいりそくわりびきりょう)

受取配当金(うけとりはいとうきん)

有価証券売却益(損)(ゆうかしょうけんばいきゃくえき(そん))

有価証券評価益(損)(ゆうかしょうけんひょうかえき(そん))

為替差益(損)(かわせさえき(そん))

雑収入(ざっしゅうにゅう)

雑損失(ざっそんしつ)

仕入割引・売上割引(しいれわりびき・うりあげわりびき)

7-2 特別利益・特別損失

固定資産売却益(損)(こていしさんばいきゃくえき(そん))

固定資産除却損(こていしさんじょきゃくそん)

投資有価証券売却益(損)(とうしゆうかしょうけんばいきゃくえき(そん))

前期損益修正益(損)(ぜんきそんえきしゅうせいえき(そん))

貸倒引当金戻入(かしだおれひきあてきんもどしいれ)

その他の特別損益(そのたのとくべつそんえき)

7-3 税金他

法人税等(ほうじんぜいとう)

法人税等調整額(ほうじんぜいとうちょうせいがく)

第8章 個人事業者の固有項目

8-1 個人事業者(貸借対照表)

事業主貸(じぎょうぬしかし)

事業主借(じぎょうぬしかり)

元入金(もといれきん)

8-2 個人事業者(損益計算書)

自家消費(じかしょうひ)

専従者給与(せんじゅうしゃきゅうよ)

第9章 公益法人の勘定科目

9-1 公益法人の決算書の仕組みはどうなっているのか?

9-2 貸借対照表(B/S)の構造はどうなっているのか?

9-3 正味財産増減計算書の構造はどうなっているのか?

9-4 公益法人(貸借対照表)

基本財産(きほんざいさん)

特定資産(とくていしさん)

9-5 公益法人(正味財産増減計算書)

基本財産運用益(きほんざいさんうんようえき)

特定資産運用益(とくていしさんうんようえき)

受取入会金(うけとりにゅうかいきん)

受取会費(うけとりかいひ)

事業収益(じぎょうしゅうえき)

受取補助金等(うけとりほじょきんとう)

受取寄付金(うけとりきふきん)

受取負担金(うけとりふたんきん)

事業費(じぎょうひ)

管理費(かんりひ)

評価損益等(ひょうかそんえきとう)

指定正味財産の増減(していしょうみざいさんのぞうげん)

基金の増減(ききんのぞうげん)

勘定科目別索引

摘要別(目的別)索引

決算書体系図索引

決算書体系図(公益法人)索引

COLUMN

棚卸資産の数量の算定方法

棚卸資産の評価基準

総合償却と個別償却

少額減価償却資産と一括減価償却資産

総合償却の除却価額の計算方法

中古資産の耐用年数

減価償却制度の改正(平成19年)

減価償却制度の改正(平成23年)

新しい減価償却の計算例

PR

秀和システム