あなたはがんを知っていますか?

概 要

日本人男性の二人に一人、女性の三人に一人がかかる「がん」について、患者の立場から説明した入門書です。日本人の死亡原因の1位は「がん」ですが、現在も劇的な治療法はみつかっていません。しかし、「がん」の基本的な知識さえあれば予防や早期発見、早期治療につなげることができます。そこで本書では、東京大学医学部付属病院、癌研究会付属病院、国立国際医療センターで放射線治療に携わる現役医である著者が、がんの原因や発生、進行などの知識、がんが疑われた場合の検査、治療の種類、がんの種別による症状・検査・対処法、がんとの向き合い方までをやさしく解説しています。あらかじめ、がんについて学んでおくことで、いざというときにそなえましょう。

著者 加藤大基
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3322-8
発売日 2012/3/30
判型 四六
色数 1色
ページ数 248
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

序 章 はじめに

あなたはがんをどこまで知っていますか?

若いうちに発病することも

筆者も二人に一人の中に入っていました

がん予防

第1章 がんになる前に

1-1 発がん

1-2 がんになる前にできること

がんに対する二段構え

1-3 がんになりにくい生活習慣

タバコと食事に注意することが「がん予防」の第一歩

要素がからみあう食事の要因

自分の努力でがんになる確率を七割も減らすことが可能

1-4 がんを防ぐための新十二カ条

がんを七割予防するために

なくなった項目は?

加わった項目は?

引き継いだ項目もあります

さらに引き続き注意を求められる項目は?

コラム 遺伝性のがん

1-5 検診が有効ながん

検診総論

がん検診の目的

検診と健診

1-6 医療リテラシーの向上

医者任せ病院任せの時代は終わりました

医療リテラシーの向上を目指す

第2章 がんが疑われたら

2-1 検査方法

いろいろある検査方法

X線検査

MRI(磁気共鳴画像検査)

内視鏡検査

超音波検査

PET(陽電子放射断層検査)

病理検査

検査の組み合わせ

2-2

原発と転移、進行度(ステージ分類)

まず場所と大きさを調べます

原発

上皮内がん

領域リンパ節

湿潤

転移

まずは原発巣を見つける

少数転移

播種

転移がんと治療

コラム 原発不明がん

第3章 がんになってしまったら

3-1 告知について

本人への告知

診療室において

告知後の実体験

3-2 情報をどこで手に入れるか

インターネットで調べる

民間療法との接し方は?

科学的根拠に基づいた医療

相談できる医療スタッフを見つけよう

3-3 治療法の選択

がんの三大療法

治療法を組み合わせる治療が主流

実は緊急を要するものではないことが多い

コラム ステージ分類とクラス分類

第4章 治療にあたって

4-1 抗がん剤治療

はじめに

細胞毒性抗がん剤

細胞毒性抗がん剤の使用法

抗がん剤治療をどう考えるか

生存曲線から見る抗がん剤治療

必要なときに使われる治療法

今後の抗がん剤治療のあり方

腫瘍内科医

4-2 放射線治療

はじめに

放射線治療の方法と放射線の種類

小線源治療の特徴

放射線治療の特徴と目的

放射線治療の現状

治療法の進歩

放射線治療の副作用

進歩する放射線治療

4-3 手術療法

がん三大療法で最も古くからある療法

後遺症

4-4 緩和ケア

緩和ケアとはなんでしょうか?

モルヒネなど医療用麻薬の活躍

痛み止めの処方方法もいろいろあります

医療用麻薬の副作用

痛みを取り去り快適にすごす

4-5 サプリメントと代替療法

がん患者とサプリメント

身体によい栄養素も、組み合わせで逆効果

治療薬と飲み合わせがあるサプリメントも

逆に働くサプリメントがいろいろあります

健康食品もサプリメント同様?

バランスが大切です

4-6 腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとはなんでしょうか?

数値にあまりこだわることはありません

コラム 治療成績のトリック

第5章 がん種べつ

5-1 子宮頸がん

はじめに

病状

子宮頚がんの原因 「ヒト・パピローマ・ウィルス」

ワクチン

検診

ワクチンと検診の併用を

治療法

まとめ

Tips

5-2 乳がん

はじめに

検診

診断

危険因子

進行度

治療

まとめ

5-3 胃がん

はじめに

危険因子

ヘリコバクタ―・ピロリと胃がん

検診

胃がんの進行

治療

まとめ

5-4 大腸がん

はじめに

症状と検診

検査

治療

まとめ

コラム 非喫煙者の肺がん

5-5 肺肺がん

はじめに

予防と検診

症状

分類

検査

治療

肺がんの抗がん剤

まとめ

5-6 肝臓がん

はじめに

B、C 型肝炎ウィルス感染

症状

治療法

まとめ

5-7 前立腺がん

はじめに

加齢と食生活の欧米化が高リスク

PSA 検診

前立腺生検

治療/肺がん

はじめに

予防と検診

症状

分類

検査

治療

肺がんの抗がん剤

まとめ

コラム 感染症で起こるがん

第6章 がんとどう向き合うか

6-1 再発と転移

再発とはどういうことをいうのでしょう?

精神的ダメージは、再発時の方が大きい

6-2 治療後の生活習慣

治療後の再発を予防する

6-3 五年生存率と余命

五年再発しなければ治癒?

余命は目安?

がんとの付き合い方

6-4 死生観

6-5 老いの喜び

6-6 誕生日に思うこと

PR

秀和システム