知名度ゼロ、広告費ゼロでもできる! ソーシャル動画マーケティング

概 要

たった18秒で相手の心をガッチリつかむ、効果的なソーシャル動画マーケティングのノウハウ集です。ここ数年の間に映像制作の環境が激変し、誰でも簡単に映像コンテンツの制作と公開ができる時代になりました。いまや知名度ゼロ、広告費ゼロでも動画とソーシャルメディアを組み合わせたマーケティングで多大な成果をあげることができます。本書は、Youtube、USTREAM、facebook、Twitterなどのソーシャルメディアと、動画を組み合わせたソーシャル動画マーケティングで失敗しないための実践的ノウハウを解説します。素人でもプロ並みの動画を撮るテクニックや、視聴者の心をガッチリつかむコツなど視聴者のエンゲージメント(愛着心)を高める方法がわかります!

著者 市原英樹
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3391-4
発売日 2012/6/29
判型 A5
色数 1色
ページ数 240
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

プロローグ ソーシャル動画マーケティングを始めよう! 新しいマーケティング手法のメリットと成功事例

1 「ソーシャルメディア・マーケティング」×「動画」=?

そもそもソーシャルメディアって何?

ソーシャルメディアをマーケティングに使う

ソーシャルメディア・マーケティングは儲かる?

ソーシャルメディア・マーケティングが失敗する理由(1)理解不足

ソーシャルメディア・マーケティングが失敗する理由(2)差別化不足

「ソーシャルメディア×動画」でその他大勢から抜け出そう!ソーシャル動画マーケティングをお勧めする理由

2 「動画には興味ない」といっていられない時代がきた

動画には手を出さない方がいい?

インターネットユーザーの半分以上は動画を見ている

アメリカでは3人に1人が毎日動画を見ている

動画に取り組んでいないことが大きなリスクになる時代

3 SEOには動画が必須

動画の埋め込まれたページは約53倍の確率で検索上位になる

4 スマートフォンユーザーを狙うなら、やっぱり動画

スマートフォンで動画を見る人が急増

5 ソーシャルメディアと動画は親和性が高い

ソーシャルメディアの動画は15%も視聴時間が長い

6 「口コミ」「信頼・愛着」は動画で作る

インターネット上には情報があふれている

「口コミ」「信頼・愛着」がキーワード

7 「ソーシャル動画マーケティング」で差別化を図ろう

素人でも、やる気さえあれば必ず実行できる

的確なステップを踏めば、確実に結果を出せる

8 事例(1)成約率が150%アップした「お茶の佐寿喜園」

YouTube×DVD×口コミで新規事業の立ち上げ

理念やこだわりを動画で発信

動画からウェブサイトへの誘導で成約数150%アップ

9 事例(2)2週間で売上9342万円を稼いだ経営コンサルタント

Facebook×動画プロモーションで教材販売

Facebook上の動画で信頼関係を築き売上9342万円を達成

10 事例(3)「プレゼント」で1万5000人の見込み客を獲得

Facebook×無料プレゼント×動画で見込み客獲得

動画が「いいね!」を押しやすくする環境を作った

11 事例(4)動画SEOで問い合わせが18%増加!

動画を活用してSEO対策

YouTubeと自社サイトの動画で広告費削減、問い合わせ件数18%アップ

12 事例(5)Ustreamでコアなファンを獲得

Ustream×対話で見込み客を集客

わかりやすさと双方向のやりとりに注力

視聴者のファン化に成功し依頼を獲得

第1章 まずは動画を作ってみよう! ド素人でも「プロ並みの動画」がすぐに作れるテクニック

1 構成案・台本を作ろう

まず用語を整理しておこう

企画書

構成案

絵コンテ

台本(シナリオ・脚本)

2 動画の内容は絞り込み整理しよう

動画の目的は必ず1つに絞る

伝えたい内容は最大で3つに絞る

視聴者のゴールを明確にする

体系的に伝える

3 「スライドショー」+「音声」で動画を作ってみよう

必要なのはたった2つ

スライドショーを作る際のポイント

音声を吹き込むための主な方法

4 スピーチ形式の動画を制作しよう

スピーチ型の動画とは?

撮影場所にこだわる

音質は命

テロップはメリットが多い

専門用語は使わない

フリップで安定感を出す

COLUMN 1人で撮影するときのテクニック

5 カメラの前で素をさらけ出そう

撮られるときは笑顔? 真顔?

カメラに緊張しない秘訣

視聴者に好印象を与える目線のコツ

COLUMN プロのアナウンサーはどうしている?

6 セミナー動画・対談動画を作成しよう

セミナー撮影は音声が命

対策(1)会場のマイクの音をカメラに入れてもらう

対策(2)カメラ用のマイクを用意する

対策(3)ICレコーダーを活用する

7 カメラ選びはこんなところに気を付けよう

プロ仕様! 失敗しないカメラ選び

カメラの設定値で見栄えが大きく変わる

三脚は安いものでOK

COLUMN 一眼レフは使えるか?

COLUMN ウェブカメラは使えるか?

8 マイク選びはこんなところに気を付けよう

外付けマイクを使うだけでプロ並みの音に

音量設定もマニュアルで

9 照明選びはこんなところに気を付けよう

お勧めの照明機材

被写体の正面、2?4mほどの位置に設置しよう

10 撮影時はこんなところに気を付けよう

編集時間は撮影で決まる

無駄なカットは回さない

捨てカット、活きカット

カチンコのようなものがあると便利

11 編集時はこんなところに気を付けよう

お勧めのソフト

動画の取り込みはいつするか

動画の取り込み方

編集の注意点

編集の基本

12 音声編集時はこんなところに気を付けよう

音質の調整

音量の調整

BGMミックス、調整

13 映像に関わる法律に気を付けよう

著作権

肖像権

パブリシティー権

第2章 最後まで見てもらえる動画を作ろう! 動画を見始めた人の心をガッチリ掴むためのテクニック

1 動画が最後まで見てもらえない理由を知ろう

動画の質で最終視聴率が変わる

半分近くの人が18秒地点で離脱

18秒で離脱する6つの理由

2 ターゲットを絞ろう

ペルソナの設定

ターゲットを表現する

3 始めに自己紹介をしよう

自分が何者なのかを明確にする

専門分野を明らかにする

4 ターゲットに合わせたデザインにしよう

全体デザインをターゲットに最適なものにする

企画自体もとことんターゲットの好みを考える

5 動画をできるだけ短くしよう

動画はできるだけ短く

ダイジェスト映像の編集方法

画面構成

テロップ

動画の長さを示す

6 アイキャッチを作ろう

興味がない人に興味を湧かせる

タイトルの表示を工夫する

登場のしかたを工夫する

テロップから始める

結論を先に述べる

7 虎の威を借りよう

専門家に登場してもらう

身近な専門家を探してみよう

自分自身の価値を見直してみよう

COLUMN 権威のある人に協力してもらう方法

8 テロップを付けよう

音声を聞けない環境は意外と多い

いきなり音が流れるような自動再生の仕組みは避ける

9 メリットのわかるタイトルにしよう

タイトルはとても重要

10 BGMを入れよう

冒頭にBGMを入れる

著作権フリーのサイトを利用する

11 SEでメリハリを出そう

効果音で注意を引く

SEの入手方法

SE挿入のコツ

12 ドラマ形式や物語形式で

エンターテインメント性を演出しよう

社員自らが演技をするドラマ仕立てのPV

イラストメインの展開で、物語を語る

ドキュメンタリー形式で実際の映像に伝えたいことを込める

CGでクールにイメージを伝える

企画、構成が重要

13 語る人を変えてみよう

一人称から二人称へ、二人称から三人称へ

第3章 商品が売れる動画を作ってみよう! 動画を売上に結びつけるテクニック

1 動画を通じて教育しよう

売り込むのではなく教育する

お客さまは商品の使い方を知らない

COLUMN 説明書フリーな時代

COLUMN 小冊子との併用

2 カテゴリーに分けて伝えよう

内容を盛り込みすぎると失敗する

すべてをいっぺんに伝える必要はない

COLUMN 隠されたこだわりを動画にする

3 接触回数を増やそう

長い1本の動画より短い複数の動画

接触回数を増やすと好意を得やすくなる

7日以上に分けた動画を配信すると成果が上がりやすい

COLUMN 動画は信頼関係を築く有効なツール

4 見込み客に次の行動を促そう

動画内で次の行動を促す

サイト内で導線を引く

COLUMN ターゲットに「刺さる」メッセージ

7 サンキュー動画を用意しよう

リピート客を大事にする

サンキュー動画を用意する

購入まで至らなかった場合もフォローしよう

COLUMN コミュニティを作る

8 広告を併用しよう

ソーシャル動画マーケティングなのに……広告

どんな広告があるのか

どんな成果が出るのか

どんな広告戦略をとるべきか

第4章 売り物になる動画を作ってみよう! 知識をお金に変える有料コンテンツ作成のテクニック

1 有料コンテンツを作る3つのメリットを押さえよう

知識や経験がお金になる

収益の柱が増える

継続的な収益を確保できる

ブランディング効果がある

有料コンテンツは意外と手間がかからない?

COLUMN ニッチなコンテンツが求められる

2 フロントエンド商品としての動画を作ってみよう

いきなり求婚しても断られるだけ

苦労せずに売れるものを用意する

商品のヒントは顧客にあり

3 バックエンド商品としての動画を作ってみよう

フロントエンドとバックエンド

バックエンド商品は複数の価格帯を用意する

バックエンド商品がない段階でフロントエンド商品を用意しない

忙しいのにバックエンド商品を用意しても無駄?

COLUMN フロントエンド商品とバックエンド商品は同時に作る

4 eラーニングのメリットを押さえておこう

DVDからeラーニングへ

在庫がいらない

欠品が発生しない

eラーニングに有利な視聴環境が整いつつある

ソーシャルメディアと相性が良い

5 eラーニングを立ち上げよう

既存のASPを利用する

自分で簡単なシステムを組む

6 eラーニングの配信プラットフォームを選ぼう

Easy Video Playerで配信する

Amazon S3を使用する必要がある

7 DVDやCDのパッケージ商材を検討しよう

あなたのお客さまが何を求めるか

情報の鮮度によって形式を変える

8 パッケージの内容を検討しよう

できるかぎり3つのパッケージ内容を用意する

テキスト、音声、動画の形式と内容

第5章 動画を使ってお客さまを集めよう! ソーシャルメディアで動画を広め、売上に結びつけるためのテクニック

1 動画を使ってリストを集めよう

ハウスリストを作る

ハウスリストを作る一般的な方法

動画が見込み客を集めるための「特典」になる

ランディングページに動画のダイジェスト版を用意する

ステップメールを特典とした場合も動画を活用する

2 生中継でコアなファンを集めよう

コスト0円で生中継できるようになった

生中継の5つのメリット

生中継のデメリット

生中継に必要な機材

3 ソーシャルメディアを使って生中継を盛り上げよう

生中継の告知はTwitterやFacebookで

当日は2時間くらい予定し延長も視野に入れよう

定期的に中継してコアな見込み客を育てる

Facebookのイベント機能を活用する

Facebook上で生中継を実施する

「Ustream」と「ニコ生」の使い分け

4 バイラルを起こそう

「口コミしたいもの」を考える

ショッキングな動画はバイラルが起こしやすい

バイラル動画を作ることが目的ではない

「ためになる」動画でバイラルを起こす

ネガティブな意見にも感謝する

コメントの促進、プレゼントの提供でバイラルのきっかけを作る

5 動画SEOを徹底しよう

上位表示をさせて視聴数を稼ぐ

動画SEOの手順

キーワードを決める

キーワードを意識して動画コンテンツを作成し、YouTubeへアップする

メインキーワードを含むわかりやすく魅力的なタイトルを作成する

キーワードを含んだ、わかりやすく魅力的な説明文を作成する

COLUMN 説明文や動画内テキストリンクで自身のサイトへ誘導する

6 YouTubeのタグ設定を活用しよう

タグ設定で視聴数を稼ぐ

人気の動画に自分の動画を紹介してもらう方法

複数の動画を観てもらう方法

7 効果を検証し最適化しよう

「ソーシャル動画マーケティング」のROI

動画の効果測定

Googleアナリティクスとは?

動画サイトから自社サイトへの流入数を測る

「動画のどの地点で再生をやめてしまうか」を測定する

8 ABテストで改善しよう

ABテストで効果測定する

ABテストの注意点

9 動画を使って自分のサイトへのトラフィックを増やそう

YouTubeチャンネルだけではもったいない

YouTubeの動画を自社サイトに貼り付ける方法

「オリジナルの動画チャンネル」を作ろう

定期的にコンテンツを増やして再来訪を促そう

10 ソーシャルメディアでの関係構築へ持ち込もう

動画をきっかけに見込み客をファンに変える

動画にボタンを設置するだけで50倍の視聴数

動画にコメント欄を設置する

意外と重要なサムネイル

親しい人にコメントしてもらう

11 複数のアプローチを組み合わせよう

YouTubeにアップしただけではもったいない!

複数の箇所に貼り付ければ視聴数が上がる

リアルな人間関係も駆使する

12 CSR活動こそソーシャル動画で広げよう

企業のブランディングにつながるCSR活動

「愛着心」「絆」を生む動画

動画は動かぬ証拠になる

PR

秀和システム