会社をたたんで幸せになる 上手な廃業マニュアル

概 要

日本の会社の97%を占める中小零細企業の経営者向けに、企業の廃業・譲渡のためのフローや手続きを解説した廃業ガイドブックです。社長の家族が大多数の株式を保有している株式会社や有限会社などの、いわゆる同族会社は、よい後継者が見つからないかぎり、廃業や事業譲渡を考える時がきます。本書は、すでに廃業準備に入っている方から数年後に廃業する予定の方までを対象に、廃業及び事業譲渡の手続きから、会社資産や個人資産の守り方、会社解散の手続き、従業員説明会と離職手続き、リタイア後の第二の人生の心得まで、豊富な経験をもつ経営コンサルタントの著者が具体的にわかりやすくアドバイスしています。

著者 池永章
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-3414-0
発売日 2012/6/29
判型 A5
色数 1色
ページ数 232
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 上手に廃業する時代がきた

1.1 いつか事業は終わることを分かっておく

1.2 ほとんどの事業が衰退期

1.3 人口減少の流れは止まらない

1.4 人口減少が始まる15年前から廃業は増えている

1.5 目標を見失った時

1.6 廃業は失敗ではない

1.7 廃業の決定は難しい

1.8 自ら下山するのか、強風に吹きとばされるのか

第2章 事業承継の検討

2.1 親族への承継

2.2 苦労のバトンを渡さない

2.3 親と子、共倒れにならないために

2.4 事業を引き継いでもらえる会社とは

2.5 他社に買ってもらう

2.6 公私混同はほどほどに

2.7 M&Aで会社を買い取ってもらう(合併)

2.8 子会社・兄弟会社にしてもらう(統合型M&A)

2.9 会社は解散し、事業だけ譲る方法

2.10 会社の事業の買い受け先をどう探すか

2.11 幹部社員への承継

第3章 現状の経営と財政の確認

3.1 業績回復の手を尽くす

3.2 コストは極限まで切り詰めてみたか

3.3 販売価格はアップできる--その気になれば

3.4 追加の融資は受けられるか

3.5 社長家族の生活費は過剰になっていないか

3.6 うまくいかない理由ばかり探していないか

3.7 減価償却費を計上しなければプラスとなるか

3.8 解散価格を計算しておこう

第4章 廃業のスケジュールと廃業の手続き

4.1 Xデーは、お金がある日を

4.2 廃業までの社長の心の動きは

4.3 業種・業態別事業の終わり方

4.4 廃業までの数年間は……。

4.5 廃業に至るまでの数年間の流れは

4.6 廃業の種類

4.7 自己破産の手法は

4.8 任意整理とは

4.9 夜逃げ(放置逃亡)とは

4.10 最後の決断

4.11 連帯保証人(社長)個人の自己破産とは

4.12 個人事業主と法人での廃業手続きの違い

4.13 廃業するなら、やってはいけないこと、やっておくべきこと

第5章 会社資産の守り方

5.1 売掛金の回収が遅れてきたら要注意

5.2 痛みが少ない先への支払いを伸ばす

5.3 在庫は廃業時には二束三文

5.4 不動産は売り急ぐと負け

5.5 仕入先・購入先の買掛金残額を免除してもらう

5.6 倒産防止共済(経営セーフティ共済)を掛けておく

5.7 滞納している税金と社会保険料はどうなるのか

5.8 日本政策金融公庫への対応は素早く

5.9 会社解散時には昨年払った法人税を返してもらおう

第6章 個人資産の守り方

6.1 連帯保証は社長のみに

6.2 自宅を守る方法

6.3 社長の家族が財産を持っておくこと

6.4 担保不動産は、法的処理に入る前に売っておく?

6.5 社長個人の土地を売って会社の借入金を返す時は、無税とできる

6.6 役員報酬を下げ社会保険料と税金を安くしておくこと

6.7 年金・小規模企業共済のもらい方と生命保険の引き継ぎ

6.8 年金・小規模企業共済は自己破産しても保護される

6.9 自宅隣の事業場の固定資産税を安くするには

6.10 自動車任意保険の無事故割引率を廃業後も継続させたい――どうすればいい?

第7章 会社解散の手続き

7.1 会社の廃業は2ステップ

7.2 法人の破産

7.3 社長個人の破産

7.4 各行政機関への届け出

7.5 従業員の退職手続き

7.6 会社解散により名義変更するもの

第8章 残余財産を上手に取るには

8.1 税金を安く廃業する

8.2 留保利益の分配は配当扱い

8.3 清算時の分配金すなわち、みなし配当が多いと税率は高い

8.4 みなし配当の税金を安くするには

8.5 配当よりも退職金の方が税金は安い

8.6 役員退職金を準備しておく5つの方法

8.7 退職金を上手に取る

8.8 逓増定期保険で役員退職金を準備しておく

第9章 「廃業」の意思決定をするには

9.1 自分と周りへの言い訳の仕方、恐怖感の克服

9.2 決められない、あきらめられない時の対処法

9.3 デッドラインを決めておく

9.4 廃業の時、足カセとなること

9.5 自分を「責める」から「許す」へ

9.6 人が行動するための8つの要素

第10章 従業員説明会と離職手続き

10.1 いつ従業員に告知するか

10.2 解雇予告手当を払う

10.3 従業員の雇用保険はどうなるか

10.4 従業員の健康保険と年金はどうなるのか

第11章 次の人生をどう生きるか

11.1 事業をやっている時と、やめてから、毎日の生活は何が変わるか

11.2 人生の収穫の時期を楽しめるためには

11.3 ハッピーなセカンドライフになる4つのポイント

11.4 リタイア後の趣味は前もって準備しておくこと

11.5 どう「退屈」をしのぐか

11.6 人が生きていくには、やることがいる

11.7 廃業したのにまた会社を興されたケース

11.8 死ぬまでにやっておきたい15のこと

11.9 ハッピーなリタイア後のために大切にしたい3つのこと、捨てるべき3つのこと

11.10 未来からの手紙を書く

11.11 やることを、次々と用意しておく

11.12 リタイア後を「忙しく生きる」

11.13 残りの人生を考えておく

PR

秀和システム