図解入門業界研究 最新福祉ビジネスの動向とカラクリがよーくわかる本

概 要

福祉業界をとりまく諸制度と最新動向から将来の展望までを豊富な図表を使ってわかりやすく解説した業界入門書です。バブル経済の崩壊による税収の減少や少子高齢化の影響などによって福祉業界をとりまく環境は厳しくなっています。福祉業界は公費や社会保険給付で成り立つサービスが多い業界ですが、それらに依存しない新しい福祉ビジネスへの変換が求められているのです。本書は、業界人や就職・転職を考えている人向けに、福祉業界や福祉ビジネスの現状と問題点、社会福祉における資格と人材、社会福祉にかかる事業と運営のノウハウ、子育てや介護ビジネスの展望、社会保障と税の一体改革などを図解でわかりやすく解説しています。2012年度介護報酬改定に完全対応!

著者 田中元
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-3419-5
発売日 2012/7/25
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門業界研究
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 日本の福祉ビジネスを俯瞰する

1-1 日本の福祉はどう変わってきたか

1-2 成熟期を迎える福祉サービス市場

1-3 日本の財政課題と福祉業界の展望

1-4 公助から共助、互助、自助へ

1-5 多様化する福祉課題への対処

1-6 福祉業界の近代化に必要なものは

1-7 労働市場としての期待と課題

1-8 福祉事業の国際市場への可能性

コラム 福祉業界が「雇用の受け皿」から脱皮するために

第2章 社会福祉市場の基本を押さえる

2-1 現代の福祉のしくみ(1) 国や自治体による「公助」

2-2 現代の福祉のしくみ(2) 市民の支え合い「共助」

2-3 現代の福祉のしくみ(3) ニーズに合わせた支援「互助」

2-4 支援資源の再編成の流れ

2-5 地域包括ケアシステム

2-6 施設、病院から「地域」へ

2-7 「住」と「食」に向けた福祉の動向

2-8 社会参加に向けた福祉(1) 移送・外出介助など

2-9 社会参加に向けた福祉(2) 早期の機能訓練

2-10 進化する福祉機器

2-11 ネットワークビジネスの進化

コラム 複雑化した「世帯課題」に対応する術が必要に

第3章 社会福祉における資格と人材

3-1 福祉を志すうえで大切なこと

3-2 福祉における専門職とは

3-3 専門分野で働くための資格

3-4 資格取得を目指すための基本

3-5 養成機関などの上手な選び方

3-6 就労に向けた情報収集

3-7 応募から就労までの流れ

3-8 福祉現場における働き方の実際

3-9 現場の労働条件とキャリア形成

コラム 入職したての人材ほど早く辞めてしまう背景

第4章 社会福祉にかかる事業と起業

4-1 福祉サービス事業の種類(1) 居住・拠点系サービス

4-2 福祉サービス事業の種類(2) 訪問・生活サポート系サービス

4-3 福祉サービス事業の種類(3) 相談援助系サービス

4-4 サービスマネジメントのあり方

4-5 サービスの質の向上を目指す

4-6 リスクマネジメント

4-7 福祉業界で起業を目指すには

4-8 成功するための起業チャート

4-9 福祉業界における収益構造

4-10 将来的な成長ビジョン

コラム 福祉サービスの第三者評価はどうなっている?

第5章 社会福祉の実際(1) 高齢者

5-1 介護保険制度の現状とこれから

5-2 高齢者ニーズをどうとらえるか

5-3 将来に向けた住まいの整備事業

5-4 サービス付き高齢者向け住宅

5-5 グループリビングという選択肢

5-6 高齢者世帯の見守り、緊急通報等

5-7 高齢者の「食」に対する支援

5-8 介護予防事業の現状とこれから

5-9 介護保険事業への参入(1) 新制度への対応

5-10 介護保険事業への参入(2) 定額制サービス

5-11 認知症高齢者の権利擁護

5-12 高齢者の就業・社会活動支援など

コラム 介護ロボットなどの福祉用具はどこまで進化したか

第6章 社会福祉の実際(2) 障害者

6-1 障害者自立支援法とは何か

6-2 障害福祉サービスの四つの類型

6-3 障害者福祉の訪問系サービス

6-4 重度障害者への支援のしくみ

6-5 日中活動系サービス

6-6 短期入所サービスへの高いニーズ

6-7 障害児支援を身近な地域で強化

6-8 グループホーム、ケアホーム

6-9 就労移行と就労継続支援のあり方

6-10 相談支援体制はどう充実したか

6-11 障害者虐待防止法の誕生

6-12 障害者総合支援法が可決・成立

コラム パーソナルアシスタンスとは

第7章 社会福祉の実際(3) その他

7-1 児童虐待防止策は進んでいるか

7-2 児童相談所の多様な事業展開

7-3 地域の子育て機関と今後の展望

7-4 里親委託と里親支援機関

7-5 親権停止制度がスタート(1)

7-6 親権停止制度がスタート(2)

7-7 児童自立支援施設の役割

7-8 児童自立支援計画の課題

7-9 DV防止のための支援事業

7-10 母子生活支援施設とは

7-11 母子家庭の自立支援

7-12 父子家庭を対象とした支援

7-13 子供・子育て新システムの行方

7-14 「認定こども園」はどうなるのか

7-15 生活困窮者支援の方向性

7-16 福祉から就労等支援への転換

コラム 待機児童はなぜ減らないのか

第8章 これからの福祉業界

8-1 日本の福祉構造の変化(1) さらに進む効率重視

8-2 日本の福祉構造の変化(2) 重点化とその課題

8-3 日本の福祉構造の変化(3) 業界絵図にも影響

8-4 日本の福祉構造の変化(4) アメリカ型福祉への道

8-5 日本の福祉構造の変化(5) 従事者の処遇改善

8-6 今後の福祉業界のあり方(1) 求められる情報収集能力

8-7 今後の福祉業界のあり方(2) 富裕層向けサービス

8-8 今後の福祉業界のあり方(3) 民間セーフティネット

8-9 今後の福祉業界のあり方(4) 視野を海外へ広げる

コラム わが国にも影響を与えた海外諸国の取り組み

巻末資料

都道府県別、年齢3区分別人口割合

年齢別総人口

要介護者対象サービス種類別受給者数

要支援者対象サービス種類別受給者数

介護サービス種類別1人当たり費用額・累計

介護予防サービス種類別1人当たり費用額・累計

障害者数(推計)

身体障害者の住まいの状況

知的障害者の住まいの状況

精神障害者の住まいの状況

福祉用具JISの制定・改正状況

障害年金のあらまし

年金、手当、給付金の額の推移

身体障害者、知的障害者、精神障害者の年齢階級

平成19年中の収入額

ひとり親世帯における子供についての悩み

ひとり親世帯の年間収入

世帯類型別被保護世帯数の年次推移

保護開始の主な理由別世帯数の構成割合

保護廃止の主な理由別世帯数の構成割合

社会福祉士登録者数推移

社会福祉士国家試験結果

介護福祉士登録者数推移

介護福祉士国家試験結果

介護支援専門員(ケアマネジャー)試験結果

介護支援専門員(ケアマネジャー)試験の職種別合格者数

都道府県社会福祉協議会

PR

秀和システム