図解入門業界研究 最新 水ビジネスの動向とカラクリがよーくわかる本

概 要

水資源開発から上下水道事業、下水の再利用など水にかかわるすべてのビジネスの概要を解説した業界入門書です。日本では水道の蛇口をひねればいつでも好きなだけ水を使うことができます。しかし、世界では水の確保に国を挙げて取り組んでいる国々も珍しくなく、海外に食料の多くを依存する日本にとっても他人事ではありません。本書では、世界の水問題、水ビジネスの歴史と課題、最新の水処理技術の仕組み、主要な関連企業の事業展開、また日本の国家戦略と地方自治体が行っている取り組みなどを図解でわかりやすく解説しています。水ビジネスに関わる業界人のための情報はもちろん就職や転職に役立つ情報も満載です。

著者 吉村和就
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-3470-6
発売日 2012/9/20
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門業界研究
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 世界の水に押し寄せる危機

1-1 地球規模の水不足時代が到来(1)

1-2 地球規模の水不足時代が到来(2)

1-3 地域紛争の火種となる水不足

1-4 気候変動が与えるインパクト

1-5 自然災害とライフライン

1-6 水で世界をつなぐバーチャルウォーター

コラム 人為的原因で進む砂漠化

第2章 水ビジネスの全体像

2-1 世界の水ビジネスの始まり

2-2 日本の水ビジネスの始まり

2-3 水ビジネスが及ぶ範囲

2-4 水ビジネスの市場規模

2-5 上水道事業(1) 水源開発

2-6 上水道事業(2) ダム建設の動向

2-7 上水道事業(3) 水質悪化への対応

2-8 上水道事業(4) 水道管の対策

2-9 造水事業(1) 海水からの上水製造

2-10 造水事業(2) 超純水の製造技術

2-11 再利用水(1) 下水の再生利用

2-12 再利用水(2) 工場内での再生利用

2-13 下水道事業(1) 下水処理場と浄化槽

2-14 下水道事業(2) 生活排水と雨水の排除

2-15 下水道事業(3) 汚泥処理とエネルギー化

2-16 ボトルウォーター

コラム 俳聖、松尾芭蕉が水道工事?

第3章 水ビジネスで注目される最新技術

3-1 多様な浄水処理法

3-2 膜処理による下水処理技術(MBR)

3-3 再生水技術

3-4 主要な海水淡水化技術

3-5 水道漏水対策技術

3-6 水プラント構築技術

3-7 IT技術の活用による水資源管理

3-8 水災害予防システム

3-9 超臨界水

3-10 水圧破砕によるシェールガス採掘

3-11 機能水

コラム 世界に誇れる日本のハイテク水洗トイレ

第4章 世界各国の水ビジネスの最前線

4-1 アメリカ 大国に忍び寄る水不足

4-2 ヨーロッパ(1) フランスの技術戦略

4-3 ヨーロッパ(2) イギリスとその他の国の動向

4-4 中国 世界が狙う水市場

4-5 韓国 水ビジネス成功の軌跡

4-6 シンガポール 水ビジネスへの挑戦

4-7 インド 開拓のむずかしい市場

4-8 中東 国際河川をめぐる紛争

4-9 アフリカ 水問題は永遠の課題

4-10 中南米 民営化が進展する地域

4-11 マレーシア、オーストラリアの水道事業

コラム 地下水の権利

第5章 水ビジネス国外主要企業

5-1 ヴェオリア・ウォーター

5-2 スエズ・エンバイロメント

5-3 テムズ・ウォーター・ユーティリティーズ

5-4 アイビーエム(IBM)

5-5 ゼネラル・エレクトリック(GE)

5-6 シーメンス(シーメンス・ウォーター・テクノロジーズ)

5-7 アクシオナ・アグア

5-8 アクアリア

5-9 ハイフラックス

5-10 ケッペル

5-11 セムコープ・インダストリーズ

5-12 斗山重工業

5-13 韓国水資源公社(K・ウォーター)

コラム なぜ日本の山林が外資に狙われるのか

第6章 水ビジネス国内主要企業

6-1 水処理プラントメーカー(1) 概要

6-2 水処理プラントメーカー(2) 日立プラントテクノロジー

6-3 水処理プラントメーカー(3) 水ing

6-4 水処理プラントメーカー(4) メタウォーター

6-5 水道用資材メーカー(1) 膜メーカー

6-6 水道用資材メーカー(2) 水道管メーカー

6-7 水道用資材メーカー(3) ポンプメーカー

6-8 電気設備メーカー

6-9 維持管理会社

6-10 金融関連企業および団体

6-11 商社

6-12 コンサルティング会社

6-13 業界団体

コラム 利根川水系ホルムアルデヒド事件

第7章 日本の国家戦略と水ビジネスの将来像

7-1 水ビジネスの 国家的な取り組み

7-2 産学官による研究会の発足

7-3 企業の横断的な取り組み

7-4 事業権獲得に向けた行政の支援策

7-5 北九州市の取り組み

7-6 大阪市の取り組み

7-7 横浜市の取り組み

7-8 東京都の取り組み

7-9 埼玉県の取り組み

7-10 広島県の取り組み

7-11 水ビジネス企業が求める人材像

7-12 水ビジネスの現在の課題

7-13 水ビジネスの解決策

7-14 水ビジネスと日本の将来

コラム 水の安全保障

資料編

世界の水事情

日本の水事情

世界の水ビジネス市場

海水淡水化と膜技術

日本の水ビジネス戦略

PR

秀和システム