コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本

概 要

コンサルタントの仕事内容と、コンサルタントとして働く人の本音を紹介したお仕事ガイドです。コンサルティング業とは、経営に関するあらゆる課題解決、解決に向けた具体策の提案、実行、実行後の展開と継続的な定着のサポートをする仕事です。とはいえ、具体的な仕事内容やコンサルタントに求められる素質、待遇など知らないことが多いのではないでしょうか。本書では、コンサルタント業界で働く著者みずから、コンサルタントの仕事内容、給料、典型的な一日のスケジュール例、入社三年目までにやるべきこと、休日の過ごし方、コンサルタント料金の決まり方などを解説。コンサルについて知りたい方、就職・転職を考えている方などに役立ちます。

著者 岩崎剛幸
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3507-9
発売日 2012/9/25
判型 A5
色数 1色
ページ数 192
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

01章 コンサルタントとは何か[就職を考える前に]

01 他にも就職先はいろいろとある中でなぜコンサルタントになりたいのか ゴールドカラーと呼ばれる理由

●ゴールドカラーと呼ばれる仕事だから

就職人気ランキングでも上位にあるから

学生の憧れの職業だから

仕事は月月火水木金金ということを知っているか?

02 仕事に没頭して働くことができるのか 安定よりも刺激が欲しい!

●仕事よりもプライベートを大事にしたい人は就職しないほうがいい

毎日家で食事をしたい人はやめたほうがいい

安定した日常を求める人には向いていない

コンサルタントになった理由

Column CASE 1 二十年前は誰も知らない業界だった

02章 コンサルティング業界とは何か[業界の基礎知識]

03 コンサルタントとは何か 本物のコンサルタントを見つけるには?

●誰が本当のコンサルタントなのか

コンサルタントは本当にゴールドカラーのかっこいい仕事なのか

現場に強いコンサルタントこそ本物のコンサルタント(現場・現実・現物の三現則)

コンサルタントはよく学び、よく働き、よく歩く

04 コンサルティング市場とはどんな市場なのか コンサルティング市場はまだまだ伸びる!

コンサルティング業界市場規模

コンサルティング業界の構造

Column CASE 2 外資系か、国内系か

03章 コンサルティング業界への就職[コンサルタントに必要な能力]

05 コンサルタントは徹底的に勉強好きでなければならない コンサルタントにまつわる誤解

●考えさせることができるか

話す能力より聞く能力が問われる

読書は趣味ではなく日常の一行動に過ぎない

●問題解決型思考だけではコンサルタントにはなれない

ただ話を聞くことだけでは意味がない

仮説を考えることができるかどうか

06 コンサルタントは素直でなければならない いいと思うことをいつでも取り入れることができるか?

●斜に構えると頭がよく見えるという幻想

いかに素直に耳を傾けられるか

できるコンサルタントほどメモ魔である

●新しいモノに飛びついて自分なりに勉強する

先輩や部下、目上の人や目下の人、関係なく話を聞ける

07 コンサルタントはプラス発想でなければならない クライアントの業績が厳しい時ほど必要な発想法

●経営者を前向きにさせられるかどうか

売上が落ちている時にコンサルタントがすべきこととは

コンサルタントの仕事はプレゼンテーション能力に表れる

一枚だけで表現できるか

最悪の状況を想定して前向きに明るく考えるという発想

Column CASE 3 間違ったプラス発想

04章 コンサルタントという生き方[コンサルタントの日常風景]

08 まずはコンサルタントになること コンサルタントのキャリアステップ

●最初からコンサルタントを名乗れるわけではない

コンサルタントになるための必要条件

アシスタント時代の生活

09 コンサルタントの一日 コンサルタントは動き続けるのが仕事

●できるコンサルタントは会社にいることが少ない

朝早く起きて情報発信するのも仕事のうち

コンサルタントは乗り物の中が図書館

●はじめてのクライアントの場合は会社のまわりをぐるっと一回りする

●街を一周して地域のことを知る

クライアントと食事をするほうが同じ会社の仲間と食事するより多い

お茶菓子食べてアタマを休めることも必要

●クライアントとできるだけ長く話をすること

●帰りは一日の整理をして翌日の予習

会社に戻って新しい仕事の進捗を確認する

時にはタクシーで家に帰る(もちろん自腹)

10 アップ オア アウトと呼ばれる理由 コンサルタントは最初の三年が勝負

●外資系は実力勝負 稼げるか、稼げないか

日本系は実力+人柄勝負 ある程度稼いで、人がいいか、悪いか

コンサルタントはヘッドハンティングされやすいのか?

コンサルタントを続けられるかどうかは最初の三年でほぼ決まる

仕事と稼ぎのバランスがとれだすのは三十代過ぎてから

プライベートが充実し始める三十代半ばに仕事もきちんとやれるか

独立も一つの道だが、コンサルティング会社に永久就職も悪くない道になってきた

Column CASE 4 コンサルタントの仕事が厳しい理由

05章 プロフェショナルコンサルタント[コンサルタントの仕事]

11 コンサルタントの業務の種類 どんな仕事もコンサルティングになる

●実務コンサルティングこそが本業

講演はステージ

セミナー・勉強会で情報交換

雑誌や本の執筆は自身の棚卸しである

テレビでのコメンテーターは修行の場

12 コンサルタントにもいくつかの仕事がある ちがうからこそおもしろい?

●男性と女性のちがい

ライン職とスタッフ職のちがい

若手とベテランのちがい

現場と理論のちがい

クライアントの業種によって仕事の内容も変わる

お気楽な仕事は一切ない

Column CASE 5 コンサルタントのファッションとは

06章 プロフェッショナルへの道[努力した者しか報われない]

13 入社三年目までにやるべきこと 仕事脳に切り替える!!

●とにかくすべての仕事を断らない

三年間は自由な時間がゼロだと思え

現場にでることを最優先に

何日会社に泊まったかが誇り

14 入社十年目までにやるべきこと 行脚一〇〇で自らを鍛えよ!

●自分のお客様を持つこと

お客様と真剣に向き合うこと

自分の担当業種・テーマの100行脚に取り組むこと

これは日本一と言えそうな個人のコンサルティングスキルを磨くこと

一生付き合いたいと思える経営者三人と出会う

15 入社二十年目までにやるべきこと 自分が育つから人を育てるへ

●自分より優秀なコンサルタントを育てること

MBA以上の現場情報を必死で勉強すること

自分のコンサルティングノウハウを本にまとめること

小さくてもいいからコンサルタントを率いるチームのリーダーになる

クライアントの中に自分のノウハウを完全にコピーできる人を作る

Column CASE 6 コンサルタントとして記憶に残る仕事とは?

07章 コンサルタントに必要なもの[夢と情熱 そして体力]

16 やはり体力勝負!? 優秀な頭脳は健全な肉体に宿る!?

●腹が痛いだの頭が痛いだの言ってはいけない

いつも朝から元気でいられるか?

多少の風邪は仕事で治す?

休みに風邪をひく

17 休日の過ごし方 仕事のスイッチをいつでもON

●休みがなくても楽しいと思えるか?

休みは思い切ってとる

仕事のスイッチをいつでもONにしておく

休日にこそ仕事に活きる情報が得られる

18 さまざまな人脈 コンサルタントは人脈が命!!

●情報を教えてくれる人

人脈を紹介してくれる人

知識を教えてくれる人

刺激を受ける人

お客様を紹介してくれる人

師と呼べる人

19 お金のこといろいろ コンサルタントの給料は実績で決まる

●新卒入社時の給与は?

高級取りと思われているが実際は?

基本的にすべてのコンサルタントは実績に応じて給与が決まる

数千万円のボーナスもありうるが、賞与ゼロもありうるのがコンサルタント

20 夢を持つことは大切 いつもやりたいことがある

●いつまでも子供のような人が多い

夢をもって仕事をしている人が多い

いつもおもしろいことを探している人が多い

お金よりもやりがいを大切にしている人が多い

お客様のために一生懸命な人が多い

夢を実現する人が結果的に多い

Column CASE 7 私の夢

08章 コンサルタントのトリセツ[能力以上に人間性が重要]

21 経営者の決断力 会社のことを本気で考えてくれるか?

●本気でパートナーだと思えるか

自社をどうしたいのかイメージを持っているか

自分が一番働く覚悟ができているか

22 コンサルティング料 いくらが適正なのか?

●コンサルティング料金は誰が、何日働くかで決まる

どこまでの内容を依頼するのか

どこの会社が自社に合っているのかを冷静に考える

料金はディスカウントしないほうがいい

コンサルタントはなぜ先生と呼ばれるか

23 どのコンサルタントを選ぶか 業績を上げてくれるかどうか?

●経験は大きな価値

センスはなかなか育たない

人柄は大切なコンサルタントの要素

でも業績が上がらないのならばそのコンサルタントは不適格

コンサルタントの競合は異業種からやってくる

コンサルタントに将来はあるのか

Column CASE 8 あなたがコンサルタントになるためには

エピローグ コンサルタントというお仕事

PR

秀和システム