アプリ作成で学ぶ Access VBAプログラミング ワンランク上のフォーム&レポート

概 要

Access VBAで売上管理システムを作成しながら、ワンランク上のフォームとレポート作成のノウハウを学ぶAccess VBAアプリ作成の入門書です。情報量や規模が大きく、Excel VBAでは限界を越えてしまう売上管理システムも、Access VBAを使えば圧倒的に手軽に、そして効率的に構築することができます。本書は、Accessを多少なりともかじったことのある読者向けに、実際に売上管理システムを構築しながら、テーブル設計、フォームの作成、クエリの作成、請求書や売上分析グラフ作成まで、ひととおりのノウハウが身につく実践解説書です。AccessVBAを今以上に活用しましょう! 本書で使用したサンプルデータのダウンロードサービス付き。

著者 横山達大
価格 本体2900円(税別)
ISBN 978-4-7980-3508-6
発売日 2012/9/21
判型 B5変
色数 2色
ページ数 448
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 売上管理システムの概要

1-1 Accessを使うことのメリット

Accessはデータベースシステム開発ソフト

データとプログラムに分割することのメリット

Accessは複数のユーザーで使用できる

データベースとは

1-2 Access VBAを使おう

Access VBAについて

本書のVisual Basic Editorの設定

1-3 システムの概要を確認しよう

「売上管理システム」の全体像

・ログイン

・スタートアップ

・売上伝票

・オプション機能

・月次処理

・請求書の印刷

・売上分析

・マスタ登録

1-4 制作のステップを確認しよう

アウトプットを明確にしよう

ルールを決めよう

アウトプットの内容から必要な項目を列挙しグループ化しよう

情報はテーブルに格納する

必要な情報のまとまりをクエリで作成する

クエリをもとにしてフォーム・レポートを作成する

操作性の向上のためにVBAを活用しよう

Chapter2 テーブルの設計をしよう

2-1 正規化について

正規化を行ってデータを適切に管理しよう

2-2 データファイルを作成しよう

ファイルを新規作成しよう

テーブルを作成しよう

残りのテーブルを作成しよう

テーブルの作成方法

テーブルにレコードを登録してみよう

2-3 パスワードを設定しよう

パスワードを設定しよう

2-4 リレーションシップを設定しよう

リレーションシップを設定しよう

Chapter3 マスタ用のフォームを作成しよう

3-1 アプリファイルを用意しよう

ファイルを新規作成しよう

テーブルのリンク設定をしよう

ドキュメントウィンドウのタイプを変更しよう

3-2 「顧客マスタ」フォームを作成しよう

フォームの役割の確認

フォームを作成しよう

デザインビューに切り替えよう

コントロールの書式設定をしよう

レイアウトを解除しよう

コントロールの高さを一括変更しよう

フォームの幅を変更しよう

各コントロールを見栄えよく配置しよう

詳細セクションの高さを変更する

フォームを保存しよう

IME入力モードを自動的に切り替えよう

ふりがな入力支援を設定しよう

住所入力支援を設定しよう

「定型入力」を使って郵便番号の形式を指定しよう

タブオーダーの確認

登録してみよう

入力して気になった点を改善しよう

・「顧客ID」を入力不可にしよう

・「削除」の値を最初から0に設定しておこう

・レコードセレクタと移動ボタンを非表示にしよう

・フォームの幅を設定しよう

・レコードを10件以上登録しておこう

3-3 「商品マスタ」フォームを作成しよう

フォームの役割の確認

フォームを作成しよう

複数のコントロールを左揃えにしよう

コントロールの種類を変更しよう

コンボボックスのリストを設定しよう

「分類ID」のリストを確認しよう

「単価」と「仕入原価」の書式と配置を設定しよう

「商品ID」を入力対象から外そう

その他の設定をしよう

いったん保存して閉じておこう

3-4 「メーカーマスタ」フォームを作成しよう

フォームの役割の確認

ウィザードを使ってフォームを作成しよう

全コントロールに共通の設定をしよう

各コントロールの幅を設定しよう

フォームの幅とヘッダーの背景色を設定しよう

フッターセクションにボタンを配置しよう

その他のコントロールの各種設定をしよう

メーカー情報を登録してみよう

「商品マスタ」フォームから商品情報を登録しよう

3-5 フォームのデザインを統一しよう

デザインの統一について

フォームヘッダーのデザインを設定しよう

今日の日付を表示しよう

ボタンを配置しよう

フォームの標題を設定しよう

「商品マスタ」フォームのヘッダーデザインを設定しよう

Chapter4 「売上伝票」フォームを作成しよう

4-1 メインフォームを作成しよう

「売上伝票」フォームの完成形を確認しよう

メインフォーム用のクエリを作成しよう

デザインビューを使ってクエリを作成しよう

クエリ「Q売上基本情報」をもとにメインフォームを作成しよう

コントロールの書式を統一しよう

フォームの幅を変更しよう

各コントロールを見栄えよく配置しよう

コントロールのフォントサイズと文字配置を変更する

「伝票番号」を入力対象からはずそう

その他の設定をしよう

詳細セクションの高さを変更しよう

フォームヘッダーの設定をしよう

フォームフッターの設定をしよう

「四角形」コントロールで顧客情報をグループ化しよう

直線コントロールを配置しよう

「顧客ID」以外の顧客情報を表示専用にしよう

保存しよう

4-2 サブフォームを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

もとになるクエリを作成しよう

フォームを作成しよう

フォームフッターのテキストボックスの設定をしよう

フォームのスクロールバーの設定をしよう

4-3 メインフォームとサブフォームを連携させよう

メインフォームにサブフォームを組み込もう

「売上伝票」フォームで登録してみよう

合計金額をメインフォームに表示しよう

Chapter5 スタートアップフォームの大枠を作成しよう

5-1 非連結フォームを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

フォームを作成しよう

詳細セクションにサブフォームコントロールを配置しよう

タブコントロールを配置しよう

その他のコントロールを配置しよう

標題等の設定をしておこう

「売上管理システム」の起動直後にこのフォームが表示されるようにしよう

5-2 VBAを使ってみよう

自動的にフォームを最大化しよう

「伝票作成」ボタンから「売上伝票」フォームを表示しよう

「売上伝票」フォームのボタンの設定をしよう

操作の流れを確認してみよう

Chapter6 「オプション」フォームを作成しよう

6-1 ボタンを整然と配置しよう

フォームの役割を確認しよう

フォームを作成しよう

「閉じる」ボタンでフォームを閉じよう

6-2 位置やサイズの変更ができないフォームに変更しよう

位置やサイズの変更ができないフォームに変更しよう

スタートアップフォームから「オプション」フォームを開こう

「オプション」フォームの表示位置を制御しよう

「顧客マスタ」フォームを表示しよう

2つのマスタフォームのボタンの処理を書こう

Chapter7 「伝票一覧」フォームを作成しよう

7-1 フォームを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

フォームを作成しよう

フォームやコントロールの設定をしよう

7-2 スタートアップフォームに組み込もう

サブフォームコントロールに「伝票一覧」フォームを表示しよう

動作を確認しよう

フォームを開くときに自動的に今日の日付を表示しよう

7-3 伝票一覧から「売上伝票」フォームを表示しよう

処理の内容を確認しよう

「←」ボタンのクリック時のコードを書こう

伝票一覧のリストを更新しよう

7-4 伝票一覧のリストがないときの表示を工夫しよう

今回の処理の概要

メッセージ表示用のフォームを作成しよう

「伝票一覧」の件数に応じて2つのフォームを切り替えて表示しよう

スタートアップフォームが開かれたときにもこの処理を適用しよう

Chapter8 「売れ筋商品」フォームを作成しよう

8-1 クエリを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

クエリを作成しよう

抽出条件を設定しよう

8-2 フォームを作成しよう

フォームを作成しよう

各種プロパティの変更をしよう

スタートアップフォームに組み込もう

8-3 コンボボックスの設定をしよう

「年」コンボボックスの初期設定をしよう

フォームを表示したら年月コンボボックスの値も表示されるようにしよう

Chapter9 「得意先売上」フォームを作成しよう

9-1 クエリを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

クエリを作成しよう

抽出条件を設定しよう

9-2 フォームを作成しよう

フォームを作成しよう

各種プロパティの変更をしよう

スタートアップフォームに組み込もう

「再クエリ」の処理を追加しよう

Chapter10 「顧客検索」フォームを作成しよう

10-1 フォームを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

クエリを作成しよう

フォームを作成しよう

10-2 「売上伝票」フォームから操作できるようにしよう

「売上伝票」フォームから「顧客検索」フォームを開こう

選択した顧客IDを「売上伝票」フォームに書き込もう

10-3 読み抽出機能を追加しよう

読み抽出に必要なコントロールを追加し、設定しよう

フォームを開いたときに「よみ」コントロールを選択しておこう

フォームの大きさを指定しよう

10-4 新規登録機能を追加しよう

ボタンを追加して処理を書こう

新規レコードを入力できるようにしよう

発生した問題を解決しよう

Chapter11 「商品検索」フォームを作成しよう

11-1 フォームを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

クエリを作成しよう

サブフォーム用のフォームを作成しよう

「商品検索」フォームを作成しよう

11-2 商品情報を「売上伝票」フォームの明細行に転記しよう

「売上伝票」フォームからこのフォームを開こう

商品情報を「売上伝票」フォームの明細行に転記しよう

11-3 「売上伝票」フォームを仕上げよう

「売上伝票」フォームを表示するときに日付を自動設定しよう

明細行の合計金額をリアルタイムに更新しよう

伝票の削除機能を用意しよう

「売れ筋商品」と「得意先売上」のクエリを修正しよう

「この伝票を削除」ボタンの表示/非表示を設定しよう

明細行を削除できるようにしよう

明細行のない「売上伝票」を自動的に削除しよう

既存の売上伝票を表示するときは、「顧客検索」ボタンを非表示にしよう

Chapter12 「売上グラフ」フォームを作成しよう

12-1 ユニオンクエリを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

もとになるクエリを作成しよう

売上金額が0円のテーブルを作成しよう

ユニオンクエリを作成しよう

さらに集計クエリを作成しよう

12-2 ピボットグラフフォームを作成しよう

ピボットグラフフォームを作成しよう

グラフのデータ系列(縦棒)の色を変更しよう

12-3 スタートアップフォームに組み込もう

サブフォームの設定をしよう

「年」「月」コンボボックスの値でグラフを更新しよう

月の末日を確実に表示しよう

伝票を削除したときにグラフを更新しよう

「閉じる」ボタンでアプリケーションを終了しよう

Chapter13 「月次処理」を追加しよう

13-1 月次処理のための準備をしよう

「月次処理」の概要を確認しよう

「Q売上」クエリを作成しよう

テーブル作成クエリを使って「売上確定情報」を作成しよう

テーブル作成クエリを実行してみよう

「売上確定情報」のリンクテーブルの設定をしよう

「売上確定情報」の全レコードを削除しておこう

テーブル追加クエリを作成しよう

13-2 「月次処理」フォームを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

フォームを作成しよう

コンボボックスのリスト用のクエリを作成しよう

コンボボックスの設定をしよう

選択された年月を取得しよう

アクションクエリの抽出条件を設定しよう

削除クエリ「Q削除_月次処理」を作成しよう

「オプション」フォームから「月次処理」フォームを開こう

ボタンをクリックしたときの処理を記述しよう

動作確認をしよう

「F月次処理」のtxtYearとtxtMonthを非表示にしておこう

13-3 「売上確定情報」のレコードを分析に反映させよう

すべての売上情報を格納するユニオンクエリを作成しよう

クエリ「Q売れ筋商品集計」を修正しよう

クエリ「Q得意先売上集計」を修正しよう

クエリ「Q売上集計a」を修正しよう

スタートアップフォームの確認をしよう

Chapter14 「請求書」レポートを作成しよう

14-1 「請求書の印刷」フォームを作成しよう

フォームの役割を確認しよう

「請求書の印刷」フォームを作成しよう

コンボボックスのリスト用のクエリを作成しよう

リストボックス用のクエリを作成しよう

コンボボックスの値が更新されたらリストボックスを更新しよう

「閉じる」ボタンの処理を書こう

「オプション」フォームから開くようにしよう

動作確認をしよう

14-2 「請求書」レポートを作成しよう

レポートの概要を確認しよう

レポートを作成しよう

グループ化の設定をしよう

各セクションの高さを設定しよう

ラベルの設定をしよう

顧客IDヘッダーにコントロールを追加しよう

顧客IDフッターセクションの設定をしよう

直線コントロールを追加しよう

余白の設定をしよう

印刷プレビューでここまでの確認をしよう

改ページを設定しよう

14-3 サブレポートに組み込もう

サブフォーム/サブレポートコントロールの設定をしよう

「請求書の印刷」ボタンで請求書を出力しよう

更新クエリを作成しよう

請求書発行日が表示されるようにコードを追加しよう

リストボックスの3列目に請求書発行日を表示しよう

14-4 明細行をページ下まで追加しよう

明細行のレコード数に関係なく合計金額をページ下端に表示しよう

改ページコントロールを追加しよう

詳細セクションのテキストボックスの「タグ」を設定しよう

明細行を制御するコードを書こう

動作確認をしよう

Chapter15 「売上分析」フォームを作成しよう

15-1 メインのフォームを作成しよう

フォームの概要を確認しよう

「F売上分析」フォームを作成しよう

コンボボックスの設定をしよう

「オプション」フォームから開くようにしよう

15-2 商品別粗利フォームを作成しよう

フォームの概要を確認しよう

もとになるクエリを作成しよう

商品別粗利フォームを作成しよう

「売上分析」フォームのサブフォームに組み込もう

15-3 月度粗利益フォームを作成しよう

フォームの概要を確認しよう

もとになるクエリを作成しよう

月度粗利益フォームを作成しよう

「売上分析」フォームのサブフォームに組み込もう

15-4 商品別粗利グラフのフォームを作成しよう

フォームの概要を確認しよう

ピボットグラフフォームを作成しよう

グラフの種類を変更しよう

粗利益の大きい順に並べ替えよう

凡例の設定をしよう

「グラフ表示」ボタンからグラフフォームを開こう

グラフをウィンドウの中央に表示しよう

15-5 月度粗利益グラフのフォームを作成しよう

フォームの概要を確認しよう

テーブル「T月度粗利益フォーマット」を作成しよう

「T月度粗利益フォーマット」にレコードを追加しよう

ユニオンクエリを作成しよう

ピボットグラフフォームを作成しよう

「F売上分析」の「グラフ表示」ボタンでグラフフォームを表示しよう

15-6 商品別粗利益レポートを作成しよう

レポートの概要を確認しよう

レポートを作成しよう

レポートの設定をしよう

レポートヘッダー/フッターにコントロールを追加しよう

粗利益の降順に並べ替えよう

「売上分析」フォームの「印刷」ボタンでレポートを表示しよう

15-7 月度粗利益レポートを作成しよう

レポートの概要を確認しよう

集計クエリ「Q月度粗利益集計」を作成しよう

レポートを作成しよう

デザインレイアウトを変更しよう

レポートヘッダーにコントロールを追加しよう

レポートフッターにサブレポートコントロールを追加しよう

「売上分析」フォームから表示できるようにしよう

「F月度粗利益グラフ」の不具合を修正しよう

Chapter16 ログインフォームを作成しよう

16-1 ログインフォームの役割を確認しよう

フォームの概要を確認しよう

ログインフォームの必要性

16-2 ログインフォームを作成しよう

フォームを作成しよう

「ログイン」ボタンの処理を書こう

読み込み時の処理を書こう

「終了」ラベルの処理を書こう

システムの起動時にまず「ログイン」フォームを表示しよう

Chapter17 リンク設定フォームを作成しよう

17-1 リンク設定フォームを作成しよう

フォームの概要を確認しよう

フォームを作成しよう

「閉じる」ボタンの処理を書こう

ログインフォームから表示しよう

17-2 ADOを使ってリンク設定をしよう

ADOとDAOについて

ためしにADOを使ってみよう

ADOを使ってリンク設定をしよう

動作確認をしよう

Chapter18 その他の役に立つテクニック

18-1 検索ボタンを3回点滅させよう

処理を確認しよう

点滅する処理のプロシージャを作成しよう

読み込み時イベントの処理を書こう

18-2 オプションフォームを折りたたんで表示しよう

概要を確認しよう

ボタンのサイズを変更しよう

表示/非表示を切り替えるプロシージャを作成しよう

読み込み時と「マスタ登録」の処理を書こう

18-3 メニューをキー操作できるようにしよう

概要を確認しよう

フォームのプロパティを設定しよう

キー操作を行うためのコードを書こう

18-4 小規模ネットワークにおけるAccess管理システムの構成

ネットワークを介して複数のパソコンでシステムを使用しよう

ネットワークシステムの構成要件を確認しよう

データファイルの準備をしよう

Access 2010がインストールされているパソコンにアプリファイルを保存しよう

アプリファイルのリンクテーブルの設定をしよう

18-5 Access 2010 Runtimeを使ってみよう

Access 2010 Runtimeを導入しよう

Access 2010 Runtimeを使ってシステムを起動しよう

起動時にセキュリティ警告が表示されないようにしよう

アプリファイルの保存場所を信頼できる場所に指定しよう

レジストリの変更部分をエクスポートしよう

レジストリファイルの内容を修正しよう

パソコンCのレジストリに情報を書き込もう

18-6 DAOを使ってリンクテーブルの設定をしよう

DAOを使ってリンクテーブルの設定関数を書いてみよう

18-7 データファイルをバックアップしよう

ファイルをバックアップするコードを書いてみよう

PR

秀和システム