厳しい書類選考を確実に突破するための本 30代40代の転職

概 要

30代40代の転職者が「書類選考」を確実に突破するためのノウハウを解説した転職ガイドです。景気低迷が続き、転職市場が一向に好転しない雇用難の今、内定どころか書類選考すらも全く通過しないという中高年の声が至るところで聞かれます。そんな情勢のなか、会ってもらえれば実力をわかってもらえると、自己流の応募書類を手当たり次第に送っても、書類選考はほぼ間違いなく通過できません。本書は、応募書類代行サービスを提供している著者が、中高年が書類選考を通過するためのコツと、面接に呼ばれる応募書類の書き方を解説しています。ライバルと大差のない経歴なら、通るか通らないかはあなたの応募書類の書き方次第です!

著者 中谷充宏
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3533-8
発売日 2012/10/11
判型 A5
色数 2色
ページ数 280
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 中高年にありがちな「通らない書類」の傾向とは?

最低限おさえておきたい「通る書類」の基礎知識

1-1 なぜ、書類選考を突破することができないのか?

そこには中高年特有の「書類落ち敗因」があった

1-2 「問題外な書類を落とすため」の

一次選考突破が最初の壁

書類の書き方自体が間違っているケースは即不採用!

1-3 これだけある応募書類!

事前の準備なしでは応募に間に合わない

応募書類には提出目的や採用人事が見るべきポイントがある

1-4 経歴の編集は「経歴詐称」になってしまうのか?

まとめて書く、軽く触れる程度に止めるといったテクニックで対処

1-5 若手以上に履歴書の顔写真は重要

「男は顔じゃないから」は、もはや死語だと考えること

1-6 「履歴書は手書きで書かないとNG」は都市伝説なのか?

手書きでもPC作成でもどちらでも構わない、が正解

1-7 履歴書はきちんと作成できて当たり前で、

一つのミスも許されない

誤字・脱字の一つでもあれば、それが不採用につながることも!

1-8 中高年にとって一番重要な応募書類とは?

キャリアを積んだこの年代は職務経歴書が最も重視される

1-9 中高年が職務経歴書作成時にやってしまう

痛恨のミスとは?

経験が長い分だけ、詰め込み過ぎ&ボリューム過多が顕著

1-10 応募書類は履歴書・職務経歴書だけではない

「その他」の応募書類も求められるケースが増えている

1-11 封筒選びから郵送方法まで、

全てが選考対象であることを忘れるな!

採用人事は糊の貼り方、封の仕方といった詳細までチェックしている

1-12 聞き慣れない書類「課題レポート」とは?

最近、企業が応募者に課すようになった応募書類の一つ

第2章 「通る履歴書」の書き方とは?

履歴書の内容に問題は無い、が大前提だと思え

2-1 履歴書を書く際に誰もが迷ってしまうこと

学歴はいつから書くのか?西暦?和暦?(株)と略していいのか?

2-2 履歴書は用紙選びの段階から勝負が始まっている

市販の履歴書はいったい何を基準に選べばいいのか?

2-3 履歴書をPCで作成する場合の注意点

自由度が高いからこそ、作成には注意が必要

2-4 履歴書は二つのバージョンを作っておくこと

手書き版とPC作成版の二つを作成する意義とは?

2-5 送った履歴書が「使い回しだ!」と

見なされてしまうケースとは?

いい年してオンリーワンが表現できないのは「使い回し」も同然

2-6 個人情報欄・学歴欄の効果的な書き方(1)

個人情報はきちんと書けて当たり前 一つのミスも許されない

2-7 個人情報欄・学歴欄の効果的な書き方(2)

連絡欄の使い方に一工夫を メールアドレスの記載には要注意!

2-8 職歴欄の効果的な書き方(1)

職歴は行数の使い方がキモ 入社・退社だけではない!

2-9 職歴欄の効果的な書き方(2)

採用人事が一番気にする退職理由の書き方とは?

2-10 免許・資格欄の効果的な書き方

免許や資格は応募先にきちんとフィットしたものを書く

2-11 退職理由欄の効果的な書き方

採用人事が最も目を光らせる項目の一つ

2-12 志望の動機、アピールポイント欄の効果的な書き方

自由度が最も高い項目だからこそ大きな差が出る

2-13 その他の項目欄の効果的な書き方(1)

欄が小さいからといって甘く見てはいけない!

2-14 その他の項目欄の効果的な書き方(2)

ありのまま書いていい欄と、記載に工夫が必要な欄がある

2-15 OK履歴書とNG履歴書の違いとは?

「意味のある情報量」と些細なミスの有無

2-16 勤続年数が短い場合の効果的な書き方

短期間の勤務なので詳しく書くと逆効果に

2-17 非正規社員の期間が長い場合の効果的な書き方

非正規社員であっても、卑下することなく書くこと

2-18 前職退職後のブランクが長い場合の効果的な書き方

その間、何をしてきたか?を採用人事は知りたがっている

2-19 転職回数が1回もない場合の効果的な書き方

1社勤務だからといって、淡泊にならないように気をつけること

2-20 転職回数が多い場合の効果的な書き方

職歴欄ではできるだけ多く見せないように表現の工夫が必要

2-21 実務経験が乏しい場合の効果的な書き方

売りになるかどうか、の観点から考えること

2-22 転職にハンデとなる特殊事情があった場合の

効果的な書き方

今は継続勤務が可能なのか?という不安を払拭する

2-23 フリーランスや自営業で働いていた場合の

効果的な書き方

なぜ今さら就職なのか?という点を採用人事は知りたがっている

第3章 「通る職務経歴書」の書き方とは?

合否はここで決まる! 若手と全く同じレベルでは論外だと思え

3-1 誤解が多い職務経歴書

中高年が注意すべきポイントとは?

一般論ではなく、この年代特有の書き方をマスターすること

3-2 「編年式」職務経歴書とは?

最もオーソドックスなスタイルだからこそポイントを外さないこと

3-3 「キャリア式」職務経歴書とは?

経験豊富なこの年代にマッチするスタイルの一つ

3-4 「ハイブリッド式」職務経歴書とは?

「編年式」と「キャリア式」を配合させたもの

3-5 「フリースタイル式」職務経歴書とは?

コンパクトにまとめることで訴求力を飛躍的にアップさせる

3-6 職務経歴書に最低限入れてほしい四つの項目とは?

職務要約、職務詳細、貴社で活かせるスキル・経験、自己PRの四つ

3-7 「職務要約」はこう書け!(1)

ここの出来次第で、続きを読んでもらえるかどうかが決まる

3-8 「職務要約」はこう書け!(2)

豊富な職歴がある中高年にとって、時系列では書きにくい場合がある

3-9 「職務詳細」はこう書け!(1)

職務経歴書において、採用人事が最も注目する項目

3-10 「職務詳細」はこう書け!(2)

複雑な職歴の場合は、編年式一辺倒では難しい

3-11 「貴社で活かせるスキル・経験」はこう書け!

応募先企業の企業研究が最も活かされる項目

3-12 「自己PR」はこう書け!(1)

自由に書けるスペースだからこそ、ここで大きく差が出る

3-13 「自己PR」はこう書け!(2)

複数のPRを組み合わせて多面性を持たせる

3-14 「特記事項」を項目として活用する方法

退職理由やブランクなど、採用人事が必ず気にかける点をここで伝える

3-15 営業職の職務経歴書はこう書け!

今までの実績数字を意識して書くことが大原則

3-16 事務職の職務経歴書はこう書け!

特筆したスキルや経験がない人こそ工夫が必要

3-17 店舗販売職の職務経歴書はこう書け!

販売数字、店舗マネジメント、人材育成の三つが鍵となる

3-18 技術職の職務経歴書はこう書け!

応募先求人の条件にしっかりとマッチしていることを証明する

3-19 SE職の職務経歴書はこう書け!

担当したプロジェクトをありのまま書くとオーバーフローする

3-20 経理職の職務経歴書はこう書け!

仕訳ができるレベルの人材なら若手でいい、と思われる

3-21 人事職の職務経歴書はこう書け!

この年代に単なる事務処理能力は求められていない

3-22 総務職の職務経歴書はこう書け!

守備範囲が最も広い職種だけに、書き方には工夫が必要

3-23 コンサルティング職の職務経歴書はこう書け!

コンサル未経験でも、その専門分野の業務経験があれば転職可能

3-24 30代前半の職務経歴書はこう書け!

何とかぎりぎり、ポテンシャル採用が許容される年代

3-25 30代後半の職務経歴書はこう書け!

キャリアチェンジが難しく、応募可能求人が激減する年代

3-26 40代前半の職務経歴書はこう書け!

40代になると転職市場でのハードルは一気に高くなる

3-27 40代後半の職務経歴書はこう書け!

ハイスペックな人であろうとも非常に苦労する年代

3-28 年齢相応のキャリアがない人の職務経歴書はこう書け!

乏しい業務経験を大きく見せ過ぎるのは危険

3-29 アルバイト・パート期間が長い人の

職務経歴書はこう書け!

その経験が売りになるかどうか、の目線が大事

3-30 契約社員の勤務期間が長い人の職務経歴書はこう書け!

今やこの年代でも多くなった雇用形態

3-31 派遣社員の勤務期間が長い人の職務経歴書はこう書け!

派遣社員としての経験を、採用人事はあまり評価しない

3-32 前職退職後からのブランクが長い人の

職務経歴書はこう書け!

抽象的な言い訳に終始するとかえってマイナスに

3-33 親の介護でブランクが長くなった人の

職務経歴書はこう書け!

採用人事は個別事情を勘案してくれない

3-34 健康問題でブランクが長くなった人の

職務経歴書はこう書け!

採用人事は「反復継続性があるか」を気にしている

3-35 自己都合でブランクを作ってしまった人の職務経歴書はこう書け!

ブランクについての長々とした説明や言い訳は逆効果

3-36 転職回数が1回もない人の職務経歴書はこう書け!

基本的にはオーソドックスに作成すればいい

3-37 転職回数が多い人の職務経歴書はこう書け!

「編年式」を用いるとボリュームオーバーになってしまう

3-38 起業していた人の職務経歴書はこう書け!

なぜ今さら、会社勤めに鞍替えしようとしているのか?

3-39 リストラで退職した人の職務経歴書はこう書け!

「リストラ」をネガティブに気にし過ぎないこと

3-40 同業種・異職種に応募する人の職務経歴書はこう書け!

業界に通じていることは一番の「売り」となる

3-41 異業種・異職種に応募する人の職務経歴書はこう書け!

職歴を長々と書いても意味がない

3-42 異業種・同職種に応募する人の職務経歴書はこう書け!

異なる業種でも問題なく通用することをPRする

3-43 大企業から中小・零細企業へ応募する人の

職務経歴書はこう書け!

上から目線を感じさせてしまうと、当社とは合わないと見限られる

3-44 中小・零細企業から大企業へ応募する人の

職務経歴書はこう書け!

自身の積み上げてきた実績や成果を臆することなくPRする

第4章 「通るWEBフォーム」の書き方とは?

中高年がデジタル世代に打ち勝つためには事前対策が不可欠

4-1 まずはWEBフォームの特性を知っておこう!

昨今の転職活動ではWEBフォーム攻略が大きな鍵となる

4-2 WEBフォームならではの書き方、見せ方、そして注意点とは?

転記が基本だが、WEB向けのアレンジが必要な場合もある

4-3 WEBフォーム上での志望動機・自己PRの書き方のコツとは?

既に作成しているであろう志望動機・自己PRと本質は同じ

4-4 他にも手を抜けない項目がある(1)

職務経歴の中の備考欄をどう活用すればいいのか?

4-5 他にも手を抜けない項目がある(2)

「送信メッセージ」をどう活用すればいいのか?

第5章 「通る自己PR書、志望動機書」の書き方とは?

「若手よりも豊富な経験値」をPRするしかない

5-1 独立した自己PR書、志望動機書に求められること

応募先を徹底的に意識して、応募先に合わせていくことが大切

5-2 独立した自己PR書はこう書け!

いきなり書き始めても、質・量ともに確保できない

5-3 独立した志望動機書はこう書け!

いきなり書き始めても、的を射た文書はできない

第6章 「その他の書類」で、採用への最後の一押しを決める!

書類選考を突破できるかどうか、命運はここで分かれる

6-1 応募メール(問い合わせメール)はこう書け!

転職活動でのメールだからといって特別なルールはない

6-2 添え状はこう書け!

単なる送り状で終わらせるのは勿体ない

6-3 お礼状はこう書け!

面接のお礼は、メールでも封書でもなく手書きのハガキがベスト

6-4 推薦状とは何か?

この年代ならではの人脈を活かした、効果的なダメ押し技

PR

秀和システム