ポケット図解 最新 株・証券用語がよーくわかる本[第3版]

概 要

株式・証券に関する重要な330語を、豊富なイラストを用いてわかりやすく解説した入門書です。資産運用の世界もIT環境により情報が氾濫し、何が必要な情報で、何が不必要な情報か選びにくくなっています。本書は、よく使われる株式・証券用語から、株式市場、決算書、企業分析、信用取引、関連する税金、金融や経済に関する用語まで金融の基礎知識をテーマ別にやさしく解説しました。株式や証券の種類や特徴、売買から保管までの手順、株価指標、株価チャートの使い方、企業の決算書の読み方、ファンダメンタルズ分析、ディスクロージャー、デリバティブの専門用語、欧州財政危機などの時事用語、資源価格などの最近の投資環境に関する用語がよ~くわかります。

著者 石原敬子
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-3582-6
発売日 2012/12/15
判型 四六
色数 2色
ページ数 384
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 株式・証券の基本的な用語

1-1 証券とは何か?

■証券

■株式

■証券取引所(金融商品取引所)

■証券会社(第一種金融商品取引業者)

■証券仲介制度(金融商品仲介制度)

■証券外務員

1-2 株主の権利とは?

■株主

■株主の権利

■配当金(1株あたり配当金)

■株主優待

■株主還元

■株主代表訴訟(代位訴訟)

■大株主

1-3 リスクは、どのように抑えることができるか?

■リスク

■デフォルト(債務不履行)

■ハイリスク・ハイリターン

■自己責任

■分散投資

■ドル・コスト平均法

第2章 株式・証券取引に関する用語

2-1 取引口座とは何か?

■口座開設

■本人確認

■前受金

■ラップ口座(SMA)

2-2 株式・証券は、どのように売買されるか?

■業種

■銘柄

■価格優先/時間優先

■指値注文/成行注文

■注文の期限

■売買委託手数料

■約定

■受渡し

■権利落ち日

■取引報告書

2-3 株式・証券は、どのように保管されるのか?

■保護預り

■名義

■証券保管振替制度

■分別保管

■移管

■信託銀行

■株券の電子化(株券不発行制度)

第3章 株式市場に関する用語

3-1 株式・証券は、どのように取引されているか?

■オークション取引

■相対取引

■前場/後場

■新興市場

■マーケットメイク

■立会外分売

■夜間取引(ナイター取引)

■自動売買

■東証/大証

■兜町/北浜

■ウォール街/シティ

■大発会/大納会

3-2 株式は、どのような単位で売買されているか?

■単元株

■ミニ株(株式ミニ投資)

■単元未満株/端株

■(単元未満株の)買取請求

3-3 市場参加者には、どのような投資家がいるか?

■機関投資家

■自己売買(ディーリング)

■投資ファンド

■外国人投資家

■株式分布状況/投資部門別売買動向

■政府系ファンド(SWF)

■オイルマネー

■ヘッジファンド

■デイトレーダー

■投資クラブ

3-4 その他の市場用語には、どんなものがあるか?

■監理ポスト/整理ポスト

■地合い

■循環物色(循環株投資)

■換金売り

■ボックス相場

コラム 銘柄を指す専門用語

コラム 相場に関する専門用語

第4章 株式の種類や特徴に関する用語

4-1 株式には、どのような種類・分類があるか?

■大型株/中型株/小型株

■優先株

■優良株

■割安株(バリュー株)

■低位株/値嵩株

■仕手株

■浮動株/特定株(固定株)

■金庫株

4-2 主な外国株式には、どのようなものがあるか?

■外国株

■米国株

■ADR(米国預託証書)

■中国株

■アセアン株

コラム 売買に関する専門用語

第5章 株式会社に関する用語

5-1 株式会社は、どのような仕組みになっているか?

■株式会社

■会社法

■株主総会

■取締役

■取締役会

■監査役

■会計監査人

■委員会設置会社 

■CEO/COO

■(株主総会における)委任状

5-2 事業資金は、どのように集められるか?

■資金調達

■増資

■減資

■公募発行増資

■売出し

■株式分割

■潜在株式

■CB(転換社債型新株予約権付社債)

■WB(新株予約権付社債)

■ストックオプション

■エンジェル/ベンチャー・キャピタル

■従業員持株会制度

■自社株買い

5-3 上場とは、どのような意味か?

■上場

■上場基準

■未公開株

■IPO(新規公開)

■幹事証券会社(幹事会社)

■ブックビルディング(需要積上げ方式)

■公募価格/公開価格

5-4 事業再編は、どのように行われるか?

■経営統合

■業務提携/資本提携

■株式持ち合い

■持株会社

■株式交換/株式移転

■M&A(企業の合併・買収)

■TOB(株式公開買付け)

■MBO(マネジメント・バイアウト)

■買収ファンド

■会社更生法

■民事再生法

■産活法

コラム 投資家保護に関する専門用語

第6章 決算書に関する用語

6-1 決算書とは何か?

■決算

■財務諸表

■連結会計

■持分法適用会社

■セグメント

■キャッシュフロー計算書

■米国会計基準(SEC基準)

6-2 損益計算書には、何が書かれているか?

■損益計算書

■売上高

■営業利益(損失)

■経常利益(損失)

■最終利益(損失)

6-3 貸借対照表には、何が書かれているか?

■貸借対照表(バランス・シート)

■資産の部

■負債の部

■純資産の部

■自己資本

■引当金

■有利子負債

■債務超過

■時価会計

第7章 企業分析に関する用語

7-1 企業分析は、どのように行うか?

■ファンダメンタルズ分析

■時価総額

■企業業績

■会社四季報/日経会社情報

■証券アナリスト/テクニカルアナリスト

■ストラテジスト

■レーティング

■スクリーニング

7-2 企業が効率よく儲けているかを見るためには?

■収益性

■売上高営業利益率

■EPS(1株あたり利益)

■効率性

■ROA(総資産利益率)

■ROE(自己資本利益率)

■成長性

■EVA(経済的付加価値)

■EBITDA

7-3 企業の信用リスクに備える安全性は?

■安全性

■自己資本比率

■有利子負債比率

■固定比率

■流動比率

■BPS(1株あたり純資産)

■流動性

■発行済株式数

7-4 投資収益を判断するためには?

■株式益回り

■配当性向

■配当利回り

7-5 投資効率を判断するためには?

■割高/割安

■PER(株価収益率)

■PBR(株価純資産倍率)

■Qレシオ(実質株価純資産倍率)

■PCFR(株価キャッシュフロー倍率)

■EV/EBITDA倍率(簡易買収倍率)

■騰落レシオ

第8章 情報開示と投資家保護に関する用語

8-1 ディスクロージャーとは何か?

■証券取引法

■金融商品取引法(投資サービス法)

■日本証券業協会

■投資者保護基金

■ディスクロージャー

■適時開示

■決算発表

■目論見書

■有価証券報告書

■大量保有報告書

■5%ルール(株券等の大量保有の状況に関する開示制度)

■IR(投資家向けの広報活動)

■SRI(社会的責任投資)

8-2 不正な取引とは?

■インサイダー取引(内部者取引)

■風説の流布

■粉飾決算

■虚偽記載

第9章 株価と株価指標に関する用語

9-1 株価は、どうやって決まるのか?

■株価

■需要と供給

■投資部門別売買動向

■内部要因/外部要因

■材料

■サプライズ

■四本値

■気配値

■呼値

■ストップ高/ストップ安

■板寄せ

■年初来高値/年初来安値

■騰落

9-2 株価指標には、どのようなものがあるか?

■株価指標

■インデックス

■出来高(売買高)

■売買代金

■単純株価平均/加重株価平均

■TOPIX(東証株価指数)

■日経平均株価

■NYダウ(ダウ30種平均)

■ナスダック総合指数

■MSCIワールド・インデックス

■裁定取引残高

■イールドレシオ

第10章 株価チャートに関する用語

10-1 株価チャートは、どのように使うか?

■テクニカル分析

■順張り/逆張り

■株価チャート

■ローソク足

■窓

■移動平均線

■グランビルの法則

■ゴールデンクロス/デッドクロス

■上値抵抗線/下値支持線

■エリオット波動

■ボリンジャーバンド

■一目均衡表

■逆ウォッチ曲線

■サイコロジカルライン

■三角持ち合い(三角保ち合い)

第11章 信用取引に関する用語

11-1 信用取引は、どのように行われるか?

■信用取引

■空売り

■制度信用取引/一般信用取引

■貸借取引

■貸株

■貸借銘柄/信用銘柄

■信用残(信用取引残高)

■信用倍率/貸借倍率

■日本証券金融(日証金)

11-2 信用取引の実務は、どのように行われるか?

■建玉

■委託保証金

■融資金利

■期日(信用期日)

■追証

■現引き/現渡し(品渡し)

■買戻し/転売

■つなぎ売り

■逆日歩(品貸料)

■貸株注意喚起銘柄(注意喚起銘柄)

■規制銘柄

■評価損益率

コラム 信用取引に関する専門用語

コラム 株式以外の証券やデリバティブに関する専門用語

第12章 株式以外の証券に関する用語

12-1 株式以外の証券には、どのようなものがあるか?

■債券(公社債)

■るいとう(株式累積投資)

■格付

■投資信託

■単位型(ユニット型)/追加型(オープン型)

■株式型投資信託

■公社債型投資信託

■インデックス型投資信託(インデックスファンド)

■アクティブ型投資信託(アクティブファンド)

■ベンチマーク

■ETF(株価指数連動型上場投資信託)

■J-REIT(不動産投資法人)

■カントリーファンド

12-2 デリバティブには、どのようなものがあるか?

■デリバティブ(金融派生商品)

■先物取引

■オプション取引

■個別株オプション

■裁定取引

■SQ(特別清算指数)

■オルタナティブ投資(代替投資)

■FX(外国為替証拠金取引)

■ABS(アセットバック証券)

■CFD(差額決済取引)

第13章 株式投資の税金に関する用語

13-1 株式取引には、どのような税金がかかるか?

■値上がり益(キャピタル・ゲイン)

■含み益/含み損

■総合課税/申告分離課税

■譲渡益課税(キャピタル・ゲイン課税)

■インカムゲイン

■配当課税

■確定申告

■特定口座

■損益通算

■譲渡損失の繰越控除

コラム 株価に関する専門用語

第14章 経済・金融に関する用語

14-1 金融の基本的な仕組みは、どうなっているか?

■直接金融

■間接金融

■発行市場

■流通市場

■短期金利

■長期金利

14-2 金融行政は、どのように行われているか?

■日本銀行(日銀)

■日銀金融政策決定会合

■公的資金

■金融庁(FSA)

■証券取引等監視委員会(SESC)

■FRB(連邦準備制度理事会)

■FOMC(連邦公開市場委員会)

■ECB(欧州中央銀行)

14-3 景気指標を、どのように判断するか?

■GDP(国内総生産)

■景気動向指数(DI)

■日銀短観

■鉱工業生産指数

■消費者物価指数(CPI)

■マネーストック

■機械受注統計

■完全失業率

■有効求人倍率

第15章 最近の投資環境に関する用語

15-1 最近の投資環境は、どうなっているか?

■BRICs

■VISTA/N-11

■資源価格

■スタグフレーション

15-2 株価が暴落した大きな出来事は何か?

■バブル

■金融危機

■通貨危機

■ブラックマンデー(暗黒の月曜日)

■ITバブル(インターネットバブル)

■アメリカ同時多発テロ

■ライブドア・ショック

■サブプライムローン問題

■リーマン・ショック

■欧州財政危機

PR

秀和システム