iOSデバッグ&最適化技法 for iPad/iPhone 第2版

概 要

iPhoneやiPadをはじめとしたiOSアプリ開発者向けのデバッグ及び最適化技法の解説書です。アプリケーション制作の入門書を読んで、アプリ制作をはじめた初心者が次につまづくのがエラーの対処です。アプリケーションがうまく動かないときはデバッガ、Instruments、コンソールなどのツール群を駆使して、その原因をつきとめますが、それらのノウハウは職場やサークルの先輩から伝授されることが一般的であり、誰もがそのような環境に恵まれるとはかぎりません。本書は、初心者がiOSアプリの不具合の調査やメモリ管理、Objective-C言語の独自ルール、知っておくべき常識など一通りの知識を学べるように工夫した入門書です。アプリの品質を高めるノウハウが満載です。

著者 國居貴浩
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3677-9
発売日 2013/1/31
判型 A5
色数 1色
ページ数 312
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 さあ、始めよう ~iPhoneアプリケーション開発の工程

1.1 Apple社の開発者用サイト(Developer)

1.2 Xcodeのインストール

1.3 iOSアプリケーションの開発

1.4 iOS Developer Programへの登録

1.5 開発者証明書要求

1.6 iOSアプリケーションの配布方法

1.7 配布用証明書準備

1.8 審査要求

1.9 修正・再審査要求

Chapter2 Xcodeに飛び込め ~開発ツールの操作

2.1 iOS Dev Center での情報収集

2.2 Xcodeを起動

2.3 ようこそXcodeへ

2.4 iOSアプリケーションプロジェクトの新規作成

2.5 自分のiOSアプリケーションの作成

2.6 メソッド

2.7 コメントアウト

2.8 変数宣言

2.9 デバッガ

2.10 変数の調査

Chapter3 retainてなに? ~iOSメモリ管理その1

3.1 辞書を引く

3.2 クイックヘルプ

3.3 高度なメモリ管理プログラミングガイド

3.4 オブジェクト

3.5 オブジェクトはどこに生まれる?

3.6 番地:アドレス

3.7 有限であるがゆえに…

3.8 参照カウント

3.9 参照カウントを調査する

3.10 ブレークポイントの設定

3.11 変数の変化を観察せよ!

3.12 何かがおかしい

3.13 誰が殺した?オブジェクト

3.14 retain以外の解決法

3.15 一番大事な事

Chapter4 泡のように消えるオブジェクト ~iOSメモリ管理方法その2

4.1 自動解放プールブロック

4.2 autorelease

4.3 イベント駆動

4.4 いつまで有効なのか?

4.5 スレッドリスト

4.6 main関数

4.7 関数

4.8 アルファでありオメガである

4.9 積み重なる自動解放プールブロック

4.10 クラス宣言と実装

4.11 派生

4.12 オーバーライド

4.13 局所自動解放プールブロックテクニック

4.14 まとめ

Chapter5 リーク・リーク・リーク ~メモリ利用状況計測ツールの操作

5.1 メモリリーク

5.2 Instruments

5.3 Snapshot Now

5.4 リークオブジェクトの調査

5.5 人間コンピュータ

5.6 特別なNSStringインスタンス

5.7 コンソール画面から観察

5.8 コンソール画面

5.9 retain・release履歴

Chapter6 ドット構文そして… ~プログラムソースによく出てくるObjective-C独自の表記法

6.1 ドット構文

6.2 @property

6.3 インスタンス変数

6.4 メソッドと関数の違い

6.5 アクセサメソッド

6.6 プロパティの宣言と合成

6.7 retain・assign・copy

6.8 UILabel

6.9 NSMutableString

6.10 ARC(Automatic Reference Counting)登場

6.11 ARCによる代行処理

6.12 循環参照問題

6.13 strong、weak

Chapter7 delegateだらけ ~iOSアプリケーションの構造

7.1 UIApplicationMain

7.2 UIApplication

7.3 UIApplicationDelegate

7.4 プロトコル宣言

7.5 id

7.6 EDAppDelegate

7.7 UINavigationController

7.8 EDViewController

7.9 Interface Builder画面

7.10 EDViewController.xib

7.11 File's Owner

7.12 IBOutlet

7.13 IBAction

7.14 UITableViewのデリゲートデザインパターン

Chapter8 ハートに火をつけて ~iOSアプリケーションの作成と実機動作

8.1 花火アプリケーションの仕様

8.2 -stopメソッド

8.3 -initメソッド

8.4 FWView

8.5 NSMutableArray

8.6 Xcodeでの作業

8.7 実機での動作

8.8 iOS Developer Programへの入会

Chapter9 ふたたびInstrumentsへ ~iOSアプリケーションのチューンナップ

9.1 Time Profile

9.2 呼び出し履歴

9.3 測定

9.4 チューンナップ

9.5 最後はやはり...

9.6 おしまい、そして始まり

補足資料

Lion以降のOS Xを搭載したMac

XcodeはMacユーザーなら誰でも利用できるようになっています

Xcodeの使い方

iOS実機の装置識別子(iPhone,iPad,iPod touchなど)

会社識別子

Developerサイトでの情報収集

日本語資料

Welcome to Xcodeウィンドウ

高度なメモリ管理プログラミングガイド

スレッド

Instruments

マルチスレッドプログラミング

ゾンビオブジェクト

principalClassName

拡張子

iOS実機でアプリケーションを動かすために必要な作業

秘密鍵・公開鍵

サンプルソースのダウンロード

PR

秀和システム