西谷史先生のライトノベルの書き方の教科書 Ⅲプロット・物語の作り方編

概 要

ライトノベル作家を目指す人を対象に、核になるアイデアの膨らませ方や物語の設計図であるプロットの作り方、そしてその捨て方を解説した教科書です。物語を作るときに一番最初にする作業は、物語の核になるアイデアを発想することです。そしてアイデアを生かすプロットを作らなければなりません。本書は、物語のアイデアを得るためのコツや取材のノウハウ、さらには、取材から得た情報をどのように練り上げ、キャラクターの成長にあわせて修正し、プロットを膨らませていくのかといった一連の流れをわかりやすく紹介しています。また、平凡な作品に後からオリジナリティーを注入してプロットを変えていく方法も詳細に解説しています。姉妹書の『西谷史先生のライトノベルの書き方の教科書 Ⅰ基礎編』『西谷史先生のライトノベルの書き方の教科書 Ⅱ文章技術編』もあわせて読むと効果的です。

著者 西谷史
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-3681-6
発売日 2013/1/31
判型 A5
色数 1色
ページ数 208
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

★第一章 物語の作り方

第一節 物語の核を発想する

第二節 物語を考え、検証する

第三節 物語を膨らませる

★第二章 神話・伝説から物語を作る

第一節 世界中に、そっくりな神話があるわけ

第二節 三つの応用例

第三節 応用例を発展させる

第四節 世界中の類似した神話・伝説

★第三章 旅をして物語を作る

第一節 なぜ作家は『旅』をするべきなのか

第二節 『神々の血脈』について

第三節 『神々の血脈』を基にした国内の設定

★第四章 調査して物語を作る

第一節 赤い稲妻

第二節 文献調査とフィールドワーク

第三節 物語を発想する

第四節 物語の概要

★第五章 主人公に苦労させる

第一節 『坊ちゃん』/夏目漱石

第二節 『人間失格』/太宰治

第三節 『ノルウェイの森』/村上春樹

第四節 『バカとテストと召喚獣』(第一巻)/井上堅二

第五節 『ビブリア古書堂の事件手帖』/三上延

★第六章 主人公を成長させる

第一節 二人の出会いと別れ『黄金の剣は夢を見る』

第二節 恋を成就させる『聖杯は迷宮に誘う』

★第七章 科学的なことに立ち向かおう

第一節 医学的なこと

第二節 自然を観察しよう

第三節 天体の動きを知ろう

第四節 不思議を科学しよう

番外編 全霊を込めて小説を書く

PR

秀和システム