ビル管理技術者(建築物環境衛生管理技術者)試験 合格テキスト

概 要

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理技術者)試験を受験する人のための試験対策テキストです。ビル管理技術者試験は、異業種間にまたがった広い知識が要求されるほか、1問を約2分で解かなければならない即座の判断力と、大量の問題を解く耐久力が試されます。本書は、ビル管理技術者試験対策テキストの決定版として、多忙な読者が効率的に学習できるように建築基準法、流体力学、ねずみ・昆虫などの対策など試験科目の各分野から合格に必要な知識を88分野に渡って厳選しました。さらに、500点もの図表を用いてビジュアルに図解し、マーカー表示で重要ポイントが一目でわかるように工夫されています。新傾向問題にも完全対応しており、この一冊で合格を目指せます!

著者 田中毅弘
価格 本体3500円(税別)
ISBN 978-4-7980-3682-3
発売日 2013/1/29
判型 B5
色数 2色
ページ数 424
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ 資格試験
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 建築物衛生行政

1-1 建築物衛生法の概要と関連の法律

1-2 公衆衛生と衛生行政組織

1-3 特定建築物の定義

1-4 建築物環境衛生管理基準、管理技術者

1-5 届出、帳簿、立入検査

1-6 事業登録

1-7 環境の管理に関する法律

1-8 生活衛生関連営業に関する法律、その他の法律

第2章 室内環境の衛生

2-1 室内環境と基準、人体生理、生体機能の恒常性、ストレス

2-2 体温調節と代謝量、温熱要素と温熱指標

2-3 感染症、病原体とその予防、対策

2-4 シックビルディング症候群、アレルギー疾患

2-5 空気の組成、主な室内汚染物質、二酸化炭素、一酸化炭素

2-6 窒素酸化物、二酸化硫黄

2-7 オゾン、ホルムアルデヒド、VOCs、臭気、ラドン

2-8 浮遊粉じん、たばこ煙、発がんと石綿(アスベスト)

2-9 細菌類、ウイルス

2-10 音の性質、属性、単位と評価

2-11 騒音、音圧と残響、防音・遮音、振動

2-12 光と視覚、単位と法則、採光、明視とグレア

2-13 採光と照明

2-14 色と色彩

2-15 磁場・電場・電磁波

2-16 水と健康、水質基準

第3章 空気環境の調整

3-1 伝熱過程、熱の単位、熱貫流量

3-2 熱伝導と熱伝導率、熱対流と熱放射、熱容量

3-3 湿り空気の性質、湿り空気線図の使い方、露点温度と結露

3-4 換気方法、換気量、換気回数、気流・換気効率

3-5 空気調和負荷

3-6 空気調和設備と空調方式

3-7 冷凍機の種類、冷凍サイクルとモリエル線図

3-8 熱源方式、冷却塔、冷温水配管、二方弁、三方弁

3-9 蓄熱槽

3-10 ボイラー

3-11 全熱交換機器、コージェネレーション

3-12 成績係数

3-13 空気浄化装置

3-14 ダクトとその付属品

3-15 送風機、送風量の決定と計算

3-16 ポンプ

3-17 加湿器と加湿量の計算

3-18 室内環境の測定

3-19 空気環境の調整における設備・機器の保守管理・運転管理

3-20 光環境の管理

3-21 電気、自動制御の基礎知識と省エネルギー

第4章 建築物の構造概要

4-1 建築設計と建築のプロセス、図面の種類と表示記号、維持管理・運用

4-2 建築基準法

4-3 建築士法

4-4 消防法

4-5 建築構造の種類と形式

4-6 鉄筋コンクリート構造、鉄骨構造、木構造

4-7 建築部材と応力、荷重と構造設計・計画

4-8 建築材料(コンクリート)、仕上材料(ガラス・非金属材料)、不燃・難燃材料、断熱材

4-9 建築物の日照・日射

4-10 防災計画、避難計画、防犯計画

第5章 給・排水の管理

5-1 流体の基礎知識

5-2 飲料水の水質、給水系統配管の維持管理

5-3 給水のしくみ、給水の方式

5-4 使用水量と必要圧力

5-5 貯水槽、給水ポンプ

5-6 給湯設備、給湯方式

5-7 給湯機器、循環ポンプ、貯湯槽

5-8 排水設備

5-9 トラップと阻集器

5-10 排水槽・排水ポンプ

5-11 通気管

5-12 給水管、給湯管、排水管

5-13 衛生器具

5-14 雑用水の利用、雑用水設備、厨房除害設備

5-15 し尿浄水槽

5-16 消火設備

5-17 ガス設備

第6章 清掃

6-1 建築物清掃の位置づけと建築物衛生法

6-2 ビルクリーニングの作業管理、安全衛生

6-3 付着異物の発生原因と分類、ほこり・汚れの除去

6-4 ビルクリーニング機材、用具、洗剤・洗浄剤

6-5 床材の種類と特性、清掃

6-6 各所清掃方法と消毒、外装の清掃、建築物の消毒

6-7 廃棄物の分類と処理、排出量と成分

6-8 建築物内の廃棄物管理と処理設備、中間処理と最終処分

第7章 ねずみ、昆虫等への対策

7-1 ねずみ、昆虫等の防除、建築物内での被害

7-2 ねずみ類の分類・生態、防除方法

7-3 ゴキブリ類の分類・生態、防除方法

7-4 蚊類の分類・生態、防除方法

7-5 ハエ類の分類・生態、防除方法

7-6 ダニ類、その他昆虫類の分類・生態、防除方法

7-7 防除用具、薬剤、ペストコントロール、IPM

PR

秀和システム