図解入門ビジネス ISO 39001道路交通安全管理がよーくわかる本

概 要

交通事故による事業機会損失を防ぎ、保険料の節約でコストを削減するISO39001「道路交通安全マネジメントシステム」を図解でわかりやすく解説した入門書です。交通事故による死者は世界中で毎年約130万人にものぼっています。ISO 39001は、道路交通事故による死亡者及び負傷者の削減を目的とした国際規格です。本書は、組織における道路交通安全マネジメントの必要性や、ISO39001:2012の規格要求事項を正しく理解し、効果的に道路交通安全マネジメントシステムを構築、導入するためのポイントやISO 39001の認証取得をするためのポイントを解説しています。交通事故対策はどうなっているのか、運輸安全マネジメントとの違いなどISO 39001のポイントがわかります!

著者 打川和男
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3687-8
発売日 2013/2/1
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ 図解入門ビジネス
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 交通事故の現状はどうなっているか

1-1 交通事故とその要因

1-2 国内の交通事故の発生状況

1-3 海外の交通事故の発生状況

第2章 なぜ、交通事故が起きるのか

2-1 国土交通省の交通事故要因分析事業

2-2 トラック追突事故の原因は?

2-3 トラック追突防止マニュアル

第3章 どんな交通事故対策があるか

3-1 国土交通省の交通事故対策

3-2 自動車事故対策機構の交通事故対策

第4章 運輸安全マネジメント制度とは

4-1 運輸安全マネジメントの評価基準

4-2 経営トップ、安全方針

4-3 安全重点施策、安全統括管理者

4-4 要員の責任・権限、情報伝達

4-5 事故、ヒヤリ・ハット情報の収集

4-6 重大な事故への対応、関係法令の遵守の確保

4-7 教育・訓練、内部監査

4-8 マネジメントレビュー

4-9 文書、記録

第5章 ISO規格の制度とは

5-1 ISO規格とは?

5-2 ISO(国際標準化機構)とは?

5-3 ISOマネジメントシステム規格

5-4 ISO規格の認定・認証制度

第6章 ISO 39001とは

6-1 道路交通安全マネジメントシステムのISO化

6-2 ISO 39001:2012とは

6-3 ISO 39001:2012の概要

第7章 ISO 39001の用語を理解しよう

7-1 ISO 39001:2012の用語

7-2 道路交通安全、道路交通事故など

7-3 道路交通安全欠陥/不具合、重傷、死亡

7-4 道路、RTSパフォーマンスなど

7-5 トップマネジメントなど

7-6 方針、目的、パフォーマンス

7-7 組織、利害関係者など

7-8 監査、監査員、監査基準など

7-9 要求事項、適合、不適合など

第8章 ISO 39001の要求事項 組織の状況

8-1 組織とその状況の理解

8-2 利害関係者のニーズ及び期待の理解

8-3 RTSMSの適用範囲の決定

第9章 ISO 39001の要求事項 リーダーシップ

9-1 リーダーシップ及びコミットメント

9-2 方針/組織の役割、責任及び権限

第10章 ISO 39001の要求事項 計画

10-1 一般

10-2 リスク及び機会への取り組み

10-3 RTSパフォーマンスファクター

10-4 RTS目的と計画策定

第11章 ISO 39001の要求事項 サポート

11-1 連携/資源

11-2 力量

11-3 認識

11-4 コミュニケーション

11-5 文書化された情報

第12章 ISO 39001の要求事項 運用

12-1 運用の計画及び管理

12-2 緊急時の準備態勢及び対応

第13章 ISO 39001の要求事項 パフォーマンス評価と改善

13-1 監視、測定、分析及び評価

13-2 道路交通事故及びその他のインシデントの調査

13-3 内部監査

13-4 マネジメントレビュー

13-5 不適合及び是正処置

第14章 RTSMSを構築、導入する

14-1 RTSMSの構築、導入ステップ

14-2 RTSMSの体制の確立

14-3 道路交通安全(RTS)方針の策定

14-4 経営上の課題を明確にする

14-5 リスク対応計画の策定

14-6 RTS目的と目標の策定

14-7 ギャップアプローチ

14-8 手順を確立する

14-9 RTSMS文書の基本要件

14-10 RTSMSの文書化成功のポイント

14-11 RTSMSの導入教育

第15章 RTSMSをレビューする

15-1 RTSMS内部監査とは

15-2 監査のガイドライン

15-3 RTSMS内部監査体制の確立

15-4 RTSMS内部監査員に必要な力量

15-5 RTSMS内部監査の計画

15-6 個別スケジュール表

15-7 内部監査チェックリスト

15-8 情報の収集

15-9 インタビュー

15-10 RTSMS内部監査の報告

15-11 RTSMSのレビュー

第16章 ISO 39001の認証審査を受ける

16-1 ISO 39001の認証取得のメリット

16-2 認証審査までのステップ

16-3 ISO 39001の認証審査

PR

秀和システム