プレゼンや交渉も思いのまま! 言いたいことが120%伝わる話し方

概 要

誰でもわかりやすく話せるようになる「話し方」のノウハウ本です。「もっと上手く話せれば、もっと仕事の結果が出るのに」と思ったことはありませんか? あなたが普段なにげなく接しているテレビやラジオのニュースは、アナウンサーが視聴者にわかりやすく伝えるために、短い言葉で相手に伝わるよう“ある戦略”に沿って話されています。本書は、現役アナウンサーの著者がニュースをヒントに、言いたいことをわかりやすく、かつ印象良く話す方法を解説します。3ステップ話法、ひとつの話題は1分30秒でまとめる、ワンセンテンスは短くといった、誰でもすぐに使えて、あらゆるビジネスシーンで役に立つ話し方のテクニックが身につきます!

著者 石田芳恵
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-3691-5
発売日 2013/2/16
判型 四六
色数 1色
ページ数 184
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 これだけは絶対! 現役アナウンサーが教える「伝わる話し方」基本の極意

1 「書き言葉」ではなく「話し言葉」で話す! これだけで一気に伝わる

2 「相手は中学2年生」のイメージングがもたらすスゴイ効果

3 ワンセンテンスは短く! 相手をイライラさせない簡単な心がけ

4 「起承転結」は使わず、「まずは結論」から話す

5 「結論から話す」ための助走フレーズ 「これから○○について話します」

第2章 評価される話し方には、構成の戦略があった! ニュースがヒント! 「3ステップ話法」で簡単に伝わる!

1 「伝わる」を徹底追及した、ニュースの戦略的構成

2 ビジネスシーンにこそ最適! ニュースの3ステップ話法

3 「最後まで話を聞いてもらえる」話し方(3ステップ話法の「リード」で工夫)

4 「その場がひとつになる」話し方(3ステップ話法の「具体的な説明」で工夫)

5 「評価される」話し方(3ステップ話法の「展望」で工夫)

6 その場の空気がよめる“デキル”人の話し方

7 理論を知れば、ジョブズのスピーチに近づくのも夢ではない

第3章 ココで差がつく! 日本人に欠けている“時間”の感覚を身につけてグンと話し上手に

1 ひとつの話題は1分30秒にまとめよう

2 相手を飽きさせない「1分30秒」レッスン

3 3ステップ話法を最大限に生かせる1分30秒

4 時間泥棒にならない「時間軸」で、今日から信頼される人に

5 誰でも話し上手になれる時間軸の設定方法(1)

まずは「終わりの時間」を決めよう

6 誰でも話し上手になれる時間軸の設定方法(2)

時間軸の配分を決めよう

第4章 毎日の取材、インタビュー経験から編み出した 誰とでも、どんな場面でもスムーズにコミュニケーションがとれるコツ

1 話の横取りをしない「聞き上手」で、「また会いたい人」になる!

2 「もっとあの人と話したい!」と思われるリアクション

3 相手の本音を引き出す、とっておきの作戦

4 相手と打ち解けるちょっとしたコツ

5 やっぱり服装や身だしなみは大事

6 本物の自信が身につく「堂々として見える」ポイント

7 これでもう「恐い人」と誤解されない

8 人との『壁』を取り払うための大事な一歩

9 独りよがりな「早口」にならない方法

第5章 成果を求められるビジネスパーソンに! 失敗を「ゼロ」にする緊張への対処法

1 科学的にヒトは緊張して当たり前

2 効果的! たった5分で緊張が自信になる方法

3 緊張をコントロールできる事前の3分リハ

4 緊張しない視線の配り方

5 頭が真っ白になっても大丈夫! これがプロのリスクヘッジ

6 それでも緊張してしまったら、深呼吸はちょっと待った! 「ため息」のほうがずっと有効

7 即効! 声の震えを止める本番前のハミング

8 私が放送本番前に実践する、緊張を和らげるマル秘ストレッチ

第6章 明快に話せれば、絶対プラスになる! 聞き取りやすい声になるフィジカルトレーニング

1 声は変えるのではなく、生かす! 名刺代わりの声を育てよう

2 説得力のある声づくりの柱(1) これが本当の「腹式呼吸」

3 説得力のある声づくりの柱(2) 毎日の30秒ハミング

4 滑舌と表情が良くなるトレーニング(1)

「イウイウ/ワオワオ」トレーニング

5 滑舌と表情が良くなるトレーニング(2)

「ハヒフヘホの魔法」と「プルプル運動」

PR

秀和システム