実践図解MOTマーケティング入門

概 要

技術者が顧客のニーズと自社の技術を結びつけ、売れる新製品・新技術を開発する、技術者のためのマーケティング手法「MOTマーケティング」の入門書です。マーケティングというと、すでにある商品をどのように売るのかという視点で語られがちですが、MOTマーケティングでは、これから作る商品はどのようなものを作れば売れるのだろうかという技術者のためのマーケティング手法です。本書は、商品開発に携わる技術者向けに将来どのような商品が顧客に必要とされ、その商品が持つ顧客価値を自社の技術で商品化する手法を解説します。「何が顧客のベネフィットなのかわからない」「技術価値と顧客価値のつなぎかたがわからない」などでお悩みの皆さんにおすすめします。

著者 出川通
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3714-1
発売日 2013/2/28
判型 A5
色数 2色
ページ数 280
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 基礎編

第1章 イノベーションを成功させる未来センシング

1-1 今なぜ理系(技術者)のためのマーケティングか

1-2 筆者が味わったマーケティング理論の違和感

1-3 一般のマーケティング用語の基礎と限界

1-4 MOTマーケティングは何を創るかのマーケティング

1-5 MBAのマーケティングとMOTのマーケティング

第1章のまとめ

第2章 理系のマーケティングのためのMOT基礎知識

2-1 イノベーションの必要性とものつくりの変遷、MOTの役割

2-2 技術コアからの将来の事業化テーマ抽出(事業構想の考え方)

2-3 市場ニーズからの将来の製品・事業化テーマへの考え方

2-4 MOTにおける研究、開発、事業化、産業化の4つのステージ

2-5 開発・事業化に役立つマーケティングとは

第2章のまとめ

第2部 実践編

第3章 マーケットの区分けとしてのライフサイクルとキャズム超え

3-1 まだないマーケットと製品寿命(PLC)

3-2 新製品の統計的予測:ロジャースの理論から

3-3 キャズム理論と新事業展開

3-4 MOTの各ステージでのマーケティングでの対応

3-5 さまざまなキャズムの変形展開から学ぶ

第3章のまとめ

第4章 顧客と対話して隠れたニーズを探り、ベネフィット展開へ

4-1 MOTマーケティングとは技術と市場との距離をつなぐこと

4-2 ベネフイットとは何か:顧客価値と付加価値

4-3 技術仕様から顧客価値への転換がベネフィット

4-4 ベネフィットを語る利点:開発の下請け化を防ぐ

4-5 顧客との未来への対話:技術とマーケットを埋める

4-6 ベネフィットとB to C、B to B、B to B to Bへの考え方

第4章のまとめ

第5章 見えないマーケットの推定と定量化でのフェルミ推定の活用

5-1 フェルミ推定とは何か、その背景と方法論の基礎

5-2 フェルミ推定の応用:マーケットのサイジング問題

5-3 まだないマーケットをどのように推定するか:市場推定とフェルミ推定

5-4 フェルミ推定による、売上、利益などの現実的な推定プロセス

5-5 フェルミ推定はどこまで使えるか、実践的なプロセス

第5章のまとめ

第3部 応用編

第6章 研究開発・新事業テーマのためのMOTマーケティング

6-1 テーマ探索と設定のための事業構想と市場

6-2 研究開発、新事業テーマの探索と評価のためのMOTマーケティング

6-3 ステージゲートを用いた絞り込みとMOTマーケティング

6-4 ポートフォリオを用いた絞り込みとMOTマーケティング

6-5 実際のMOTマーケティングとTIG法の具体的な適用事例

第6章のまとめ

第7章 ロードマップ、ビジネスプランにおけるMOTマーケティング

7-1 ロードマップの変遷と作成の基本

7-2 技術ロードマップ統合化のためのMOTマーケティング

7-3 製品・商品ロードマップのMOTマーケティングの実際

7-4 ビジネスプラン作成のためのMOTマーケティング

7-5 ロードマップのオーナーの意向と社内マーケティング

第7章のまとめ

第8章 知財マネジメントにおけるMOTマーケティング

8-1 最近の知財マネジメントの環境変化と市場とのかかわり

8-2 知財マネジメントと事業展開ステージからの視点

8-3 市場構造と知財の戦略的マネジメントからの視点

8-4 知財移転、技術移転、事業移転のためのMOTマーケティング

8-5 知財評価のためのMOTマーケティング

8-6 知財の棚卸しのプロセスとMOTマーケティング

第8章のまとめ

第9章 リスクマネジメントとMOTマーケティング

9-1 イノベーションにおけるリスクマネジメントの概要

9-2 新事業における開発、事業化ステージのリスク

9-3 リスクマネジメントとMOT:死の谷とキャズムを超えるMOTマーケティング

9-4 MOTマーケティングによる付加価値向上事例

9-5 リスク予測、内部リスクと外部リスク

第9章のまとめ

第10章 技術者の成功はMOTマーケティングから:日本のマーケットの特徴

10-1 日本の強みとは何かを再考

10-2 日本のマーケットの特徴・日本の場合

10-3 日本のマーケットの特徴・米国、欧州との比較

10-4 日本のマーケットの特徴・韓国、台湾、中国との比較

10-5 日本の技術者はマーケットに出ていく絶好のチャンス

第10章のまとめ

資料 実践MOT研修におけるMOTマーケティング演習マニュアル

資料1 演習に関する全体像と共通留意事項

資料2 演習の進め方と課題へのガイダンス、フォーマット例

資料3 ロールプレイ(役割分担実践演習)によるトレーニング法

全体のまとめ:MOTマーケティングの実践のポイント

PR

秀和システム