図解入門よくわかる 最新プロジェクトマネジメントの基本と要点

概 要

プロジェクトマネジメントの入門者向けに、知識とノウハウをわかりやすく解説した入門書です。プロジェクトマネジメントというとIT分野というイメージがありますが、幅広い分野の業種で、組織が抱える問題を解決する手法として活用されています。本書は、プロジェクトマネジメントの基礎から高度な専門用語、さらには運用のノウハウまでわかりやすくビジュアルに解説しました。さらに参考事例として架空の中堅企業におけるパーティ開催プロジェクトを掲載、プロジェクトの決定、計画、スケジュール管理、コストと調達、品質管理、コミュニケーション、リスク管理、チームワークと指揮、進捗管理、フィードバック、プロジェクトの終結まで一通りの流れがわかります。

著者 鈴木安而
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-3741-7
発売日 2013/3/16
判型 A5
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 プロジェクトマネジメントとは

1-1 プロジェクトの定義

1-2 プロジェクトマネジメントとは

1-3 マネジメントのプロセス

1-4 フェーズ

1-5 テーラリング

1-6 知識エリア

第2章 プロジェクト決定

2-1 組織の課題検討

2-2 課題解決のソリューション提案

2-3 ソリューションの選定

2-4 組織戦略による集中と選択

2-5 ソリューションのためのプロジェクト決定

2-6 イベントプロジェクト(1):開催決定

第3章 プロジェクト立ち上げ

3-1 プロジェクトの概略と方針

3-2 プロジェクト・マネジャー選任

3-3 プロジェクト体制の決定

3-4 メンバーの意識付け

3-5 ステークホルダーへの対応

3-6 ステークホルダー特定

3-7 ステークホルダー・マネジメント計画の策定

3-8 イベントプロジェクト(2):方針決定

第4章 スケジュール策定

4-1 要求事項の把握

4-2 要求事項の理解と優先順位決定

4-3 仕様書の書き方

4-4 プロジェクト全体像の体系化

4-5 関係者の承認

4-6 合理的なスケジュール

4-7 マイルストーンの決定

4-8 作業の段取り

4-9 実行可能なスケジュール作成

4-10 イベントプロジェクト(3):管理要素と内容整理

第5章 コストと調達

5-1 予算書の作成

5-2 作業単位のコスト集約

5-3 時系列の支出計画書作成

5-4 関係者の説得

5-5 調達品目の決定

5-6 調達プロセス決定

5-7 査定見積り作成

5-8 外注先の選定基準

5-9 契約タイプ決定

5-10 提案依頼書(RFP)の発行

5-11 イベントプロジェクト(4):費用

第6章 品質

6-1 品質基準

6-2 成果物の品質基準設定

6-3 品質と顧客満足

6-4 品質検査方法

6-5 イベントプロジェクト(5):品質

第7章 コミュニケーション

7-1 会議体の決定

7-2 開催スケジュールと参加者の決定

7-3 効率的な会議の進め方

7-4 情報伝達

7-5 効果的な報告書

7-6 情報配布後の作業

7-7 イベントプロジェクト(6):情報の伝達

第8章 リスク

8-1 プロジェクトのリスク

8-2 リスクの洗い出し

8-3 リスク管理票作成

8-4 専門家の偏見

8-5 対策の優先順位

8-6 発生確率・影響度・緊急度

8-7 投資効果分析

8-8 対策の監視

8-9 ヒヤリハットへの対応

8-10 リスクの日常管理

8-11 イベントプロジェクト(7):リスク・マネジメント

第9章 チームワークと指揮

9-1 チーム形成のポイント

9-2 可用性とスキルの確認

9-3 チーム形成はプロセス

9-4 対立の解消方法

9-5 士気の向上方法

9-6 作業指揮

9-7 問題解決後の対応

9-8 外注要員の管理

9-9 イベントプロジェクト(8):チームワーク

第10章 進捗管理とフィードバック

10-1 計画と実績の差異分析

10-2 成果物の完成度確認

10-3 進捗管理のポイント

10-4 コスト管理のポイント

10-5 外注管理のポイント

10-6 顧客からの変更要求検討

10-7 内部からの変更要求検討

10-8 変更作業の監視

10-9 ステークホルダー対応戦略の再検討

10-10 ステークホルダーの関与度評価

10-11 反対者への対応

10-12 支持者への対応

10-13 イベントプロジェクト(9):進捗管理とフィードバック

第11章 調達終結とプロジェクトの終結

11-1 調達成果物の検収

11-2 最終成果物の納品

11-3 資料の更新と保管

11-4 教訓

11-5 ステークホルダーへの最終報告

11-6 ソリューションの効果分析

11-7 イベントプロジェクト(10):イベント開催と終了処理

コラム目次

プロジェクトとは

ISO21500とPMBOKガイド

パーキンソンの法則とサバ読み(1)

パーキンソンの法則とサバ読み(2)

PMBOKガイド第5版の特徴

PR

秀和システム