人気「美姫」絵師に聞いてきた 彼らがプロになった秘密

概 要

人気絵師から、絵が上達するコツや、どのように絵の道を志し、イラストの仕事を増やしていったのかを聞きだした異色のインタビュー集です。あなたは「イラストが上手くなりたいけれど、もう年齢的にちょっと……」「絵を仕事にしたいけれど別の仕事をしているし……」といった不安を持っていませんか? 本書は、とある魔術の禁書目録の挿絵などで有名な、はいむらきよたかをはじめ、村上水軍、七瀬葵、カスカベアキラ、山本ケイジら強力クリエイター陣に、イラストの練習のポイント、どのようにプロになったのか、プロとなった後に仕事をこなしつづけるうえでの関門などについてお話を伺いました。彼らの語るプロならではのエピソードやテクニックは必見です。

著者 べたにゃ
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3743-1
発売日 2013/3/22
判型 A5
色数 4色
ページ数 168
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 はいむらきよたか

「僕は、絵を描く仕事にはどんな経験でも生かせると思っていて、その経験がないというのはコンプレックスでもありますね」

Chapter 2 村上水軍

「『練習』と言い出すと、描くのが嫌になっちゃうじゃないですか。『好きなものを好きなときに好きなだけ描く』でいいと思います」

Chapter 3 七瀬葵

「画風が変わっても、作家名がわかる『存在感』が残れば問題はないと思います」

Chapter 4 カスカベアキラ

「どこかで人と縁ができると次の仕事につながることが多かったと思います」

Chapter 5 山本ケイジ

「アマチュアのうちは、周囲に絵を褒めてくれる人がいる方が上達すると思います」

PR

秀和システム