Excel2013 パーフェクトマスター

概 要

Excel 2013の新機能や基本操作、関数やピボットテーブルなどを使用したデータ分析まで操作方法を効率よくマスターできる解説書です。Excel 2013では、操作画面が一新され、視認性や可読性が高められています。クイック分析やパワービュー、SkyDriveとの連携強化といった注目すべき新機能も盛り込まれました。本書は、Excel2013の新機能はもちろん、Excelの起動や終了といった基本中の基本から、セルの操作、数式の入力、関数の活用法、グラフの作成、図形描画、印刷、マクロ、ピボットテーブルを利用したデータのビジュアル化、クラウドサービスの利用方法までExcelの膨大な機能を幅広く解説しています。サンプルのダウンロードサービス付き。

著者 金城俊哉、秀和システム第一出版編集部
価格 本体2600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3757-8
発売日 2013/3/27
判型 B5変
色数 4色
ページ数 986
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Excel 2013の機能と基本操作

1.1 Excel 2013の起動と終了

1.1.1 Excel 2013の起動

[スタート]画面からExcel 2013を起動するには

デスクトップのタスクバーからExcel 2013を起動するには

コラム タスクバーのボタンを削除するには

ショートカットを使ってExcel 2013を起動するには

コラム 不要になったショートカットを削除するには

既存のExcelファイルから起動するには

コラム Excel 2013で扱うファイル形式

1.1.2 ブックの作成

ブックを作成するには

1.1.3 ブックの保存

ブックの内容を保存するには

コラム ブックが更新されている場合に表示されるダイアログボックス

コラム 目的のフォルダーを選択するには

1.1.4 Excel 2013の終了

[ファイル]タブから終了する

タイトルバーの[Excel]ボタンを使って終了するには

[閉じる]ボタンを使って終了するには

タイトルバーのコンテキストメニューを使って終了するには

Excel 2013を強制終了させるには

コラム ドキュメントの回復

コラム それでも終了しない場合は

1.2 Backstageビューとリボンの操作

1.2.1 Backstageビュー

Backstageビューを開くには

Backstageビューの機能を確認する

1.2.2 リボンの操作

リボンを操作する

データ入力中はリボンを非表示にする

リボンのタブだけを表示する

リボンを常に表示する

リボンをタッチ操作対応にする

1.2.3 リボンのカスタマイズ

リボンタブを新規作成するには

1.3 Excel 2013の新機能

1.3.1 Excel 2013の便利な新機能

クイック分析

「おすすめグラフ」

「おすすめピボットテーブル」

タイムライン

グラフ機能の強化

フラッシュフィル

パワービュー

Q&A

Chapter 2 データの入力

2.1 データを入力する

2.1.1 セル選択

セルを選択するには

コラム 名前ボックスを使ってセルを選択する

コラム 選択範囲の修正

セルを移動するには

ショートカットキーを使用してアクティブセルを移動するには

複数のセルを選択するには

コラム キーボードだけを使って複数のセルを選択する

コラム キーボードとマウスを使った複合技で複数のセルを選択する

複数のセル範囲を一度に選択するには

表全体を選択するには

コラム 表をドラッグして別の場所へ移動するワザ

ワークシート上のすべてのセルをまとめて選択するには

行単位でセルを選択するには

列単位でセルを選択するには

2.1.2 数値を入力

数値を入力するには

桁数の多い数値を入力するには

入力したとおりに数値が表示されない場合に対処するには

コラム 指数って何のこと?

2.1.3 小数を含む値の入力

小数を含む値を入力するには

小数点以下の桁数が多い値を入力するには

コラム 小数点以下の表示

ワンクリックで小数以下の桁数を増やすには

2.1.4 分数の入力

分数を入力するには

2.1.5 文字列の入力

文字列を入力するには

コラム セルから文字列がはみ出した場合の対処法

セル内で改行して文字列を入力するには

コラム 入力モードをすばやく切り替えるには

2.1.6 日付の入力

「1月1日」の形式で日付を入力するには

コラム 入力した日付の年

「2013/8/10」の形式で日付を入力するには

「2013年8月10日」の形式で日付を入力するには

「H25.8.10」の形式で日付を入力するには

コラム 和暦を付加した日付データの管理

コラム セルに「########」と表示された場合

コラム 西暦の下2桁だけを入力して西暦を確定する

コラム 「年」、「月」、「日」の文字を表示する日付データの管理

「平成25年8月10日」の形式で日付を入力するには

コラム 日付と時刻を一度に入力する裏技

コラム 「08月10日」の最初の0を非表示にするには

コラム 日付の表示形式を変えるには

2.1.7 特殊な値の入力

「-(ハイフン)」を含むデータを入力するには

「0」から始まるデータを入力するには

コラム 入力したデータを右揃えにするには

コラム 「'」を入力せずに「-」付きの数字を入力する

記号を入力するには

2.1.8 数式の入力

セル同士の計算を行う数式を入力するには

コラム 「記号と特殊文字」ダイアログボックス

コラム セル番地の便利な入力法

2.1.9 入力後におけるセルの移動

データを入力したあとに任意のセルに移動するには

データ入力後のセルの移動位置を指定するには

2.2 データの削除と修正

2.2.1 データの削除

入力済みのデータを削除するには

入力済みの一部のデータだけを削除するには

セルの書式情報だけを削除するには

コラム セルの書式情報のクリア

指定した範囲のデータをまとめて削除するには

コラム [クリア]ボタンをクリックしたときに表示されるポップアップメニュー

2.2.2 入力データの修正

セル内のデータを直接修正するには

数式バーを使ってデータを修正するには

2.3 複数のセルへのデータ入力

2.3.1 複数のセルへの入力

複数のセルに同じデータを一括入力するには

入力済みのデータをドラッグ操作で複数のセルをコピーするには

2.3.2 指定した範囲へのデータ入力

範囲指定したセルだけにデータ入力するには

コラム セルにおかしな値が表示された場合

コラム 範囲指定した際のアクティブセルの移動

2.4 連続したデータの効率的な入力(オートフィルとリスト)

2.4.1 連続した数値の入力

連続した数値を一括入力するには

コラム 数値用のオートフィルオプション

コラム 横方向のセルに対するオートフィルの使用

コラム 任意の数値を起点にして連続データを入力するには

偶数や奇数のような数値間が空いたデータを一括入力するには

太陽の連番を一発で入力するには

コラム 値が5ずつ増える連続データを入力

コラム 月のオートフィルオプション

数値と数字の組み合わせから連続したデータを作成するには

2.4.2 日付と曜日の入力

連続した日付を一括入力するには

コラム 日付のオートフィルオプション

大量の日付を一発で入力するには

コラム 年号月の日付のオートフィルオプション

年号の入った日付を入力するには

連続した曜日を一括入力するには

コラム 和暦入りの日付を入力するには

コラム 曜日のオートフィルオプション

2.4.3 独自に作成したリストからの入力

リストを作成するには

リストに登録されたデータを入力するには

コラム オートフィルによって入力できる連続データ

2.5 入力支援機能を使用したデータ入力

2.5.1 入力候補の自動表示

入力に応じて入力候補を自動的に表示させるには(オートコンプリート)

コラム オートコンプリートの注意点

ショートカットキーだけで入力候補の一覧を表示するには(リスト入力)

2.5.2 自動編集機能の利用(オートコレクト)

メールアドレスにハイパーリンクを自動でセットするには

コラム ハイパーリンクの設定

コラム 設定されたハイパーリンクを取り消すには

コラム ハイパーリンクの自動設定を無効にするには

コラム オートコレクトに登録されている記号

オートコレクトを使って記号を入力するには

コラム オートコンプリートがわずらわしい場合は

コラム 入力中に自動修正されないようにするには

コラム 特定の英単語の先頭文字が大文字にならないようにするには

特殊な文字列を一発でセルに入力できるようにするには

コラム 登録したデータを削除するには

2.6 フラッシュフィル

2.6.1 フラッシュフィルで入力規則を自動判別する

氏名データから姓のみを抜き出して自動入力する

コラム [フラッシュフィルオプション]ボタンを使う

2.6.2 様々なパターンでフラッシュフィルを実行する

顧客番号と氏名が入力されたセルから氏名だけを抜き出して入力する

複数のセルに入力されたデータを1つのセルにまとめる

Chapter 3 セルの操作

3.1 セルをコピーする

3.1.1 セルのコピー

セルの情報をまるごとコピーするには

コラム セルの点滅を消すには

コラム セルのデータをさらに他のセルに貼り付けるには

右クリックメニューですばやくコピーするには

コラム ドラッグ一発でコピーを実行する

コラム 右クリックメニューでコピーを実行するには

3.1.2 複数のセルのコピー

複数のセルをまとめてコピーするには

コラム 選択したセル範囲をドラッグ操作だけでコピーする

コラム 離れたセル範囲をまとめてコピーする

行単位でセルをコピーするには

列単位でセルをコピーするには

コラム 複数の行をまとめてコピーするには

コラム 複数の列をまとめてコピーするには

3.1.3 貼り付ける内容の指定

貼り付ける内容を指定してから貼り付けるには

コラム [貼り付け]ボタンのメニュー

コラム [形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスの内容

コラム [オプション]メニューの内容

コラム セルの書式だけをワンクリックで貼り付ける

貼り付けた内容をあとから変更するには

行と列をひっくり返してコピーするには

コラム [オプション]メニューを表示しないようにするには

3.2 クリップボードによるコピーと貼り付け

3.2.1 クリップボードの操作

[クリップボード]を有効にするには

[クリップボード]にデータをコピーするには

コラム セルをコピーするときの注意点

コラム クリップボードの機能

[クリップボード]にコピーしたデータを貼り付けるには

コラム OfficeクリップボードとWindowsのクリップボード

クリップボードのすべてのデータをまとめて貼り付けるには

3.2.2 クリップボードに登録したデータの削除

クリップボードのデータを削除するには

コラム クリップボードのすべてのデータをまとめて貼り付ける

コラム クリップボードのデータをまとめて削除する

コラム クリップボードのオプション

3.3 セルを移動する

3.3.1 セルの移動

セルを移動するには

右クリックメニューで移動するには

3.3.2 複数のセルの移動

複数のセルをまとめて移動するには

コラム ドラッグ操作ですばやく移動する

コラム 右クリックメニューで移動を実行するには

行単位でセルを移動するには

列単位でセルを移動するには

コラム 選択したセル範囲をドラッグ操作だけで移動する

コラム 複数の行をまとめて移動するには

コラム 複数の列をまとめて移動するには

コラム 切り取った行や列を表の中に挿入する

3.4 セルの挿入と削除

3.4.1 セルの挿入

セルを挿入するには

コラム セルの挿入

複数のセルを挿入するには

行単位でセルを挿入するには

列単位でセルを挿入するには

コラム 任意のセルだけ選択して行や列を挿入するには

コラム 複数の行や列をまとめて挿入するには

3.4.2 セルの削除

セルを削除するには

コラム セルの削除

行単位でセルを削除するには

列単位でセルを削除するには

コラム 任意のセルだけ選択して行や列を削除するには

コラム 複数の行や列をまとめて削除するには

3.5 操作の取り消しとやり直し

3.5.1 操作の取り消し

直前の操作を取り消すには

指定した時点までの操作を一括して取り消すには

3.5.2 操作のやり直し

取り消した操作をやり直すには

コラム [元に戻す]ボタンによる操作の取り消し

コラム 複数の操作を取り消した後で任意の状態までやり直す

Q&A

Chapter 4 セルの表示形式の設定

4.1 セルの表示形式

4.1.1 セルの表示形式の設定

数値を3桁で区切るカンマを表示するには

「\」記号を数値の先頭に付けるには

コラム [セルの書式設定]ダイアログボックスで3桁区切りを指定する

コラム 「\」記号の位置を揃える

コラム 他国の通貨記号を使用するには

コラム 小数以下の表示

小数以下の表示桁数を指定するには

コラム 小数以下の表示桁数を変更しても元の値は変わらない

コラム [セルの書式設定]ダイアログボックスで小数以下の桁数を指定するには

コラム パーセントスタイルを適用したセルの小数以下の値を表示するには

数値を「%」記号付きで表示するには

4.1.2 [セルの書式設定]ダイアログボックスを使用した設定

マイナスの値に▲記号を付けるには

マイナスの値だけを目立つ色で表示するには

郵便記号を入力するには

電話番号を入力するには

コラム 限定! 東京都内だけの便利ワザ

数値を漢数字で表示するには

コラム [セルの書式設定]ダイアログボックスの[表示形式]タブ

4.1.3 セルの背景色の設定

セルに任意の色を設定するには

コラム セルの色をすばやく設定するには

コラム 設定した色を解除する方法

4.1.4 表示形式の解除

設定済みの表示形式を削除するには

コラム 数値を漢数字で表示するには

4.2 ユーザー定義型の表示形式の作成

4.2.1 オリジナルの表示形式の作成

小数以下の不要な「0」を表示しないようにするには

コラム 「0.??」の意味

数値のあとに任意の単位を表示させるには

コラム 3桁区切りと数値に付加する単位の指定

コラム ユーザー定義で使用する書式記号

氏名のあとに「様」と表示させるには

コラム 文字列の位置を示す「@」

プラスとマイナスの値を異なる色で表示するには

コラム 4つの書式を自動的に適用する

Chapter 5 文字の書式設定

5.1 セル内の文字の書式設定

5.1.1 文字のフォントや表示サイズの変更

文字のサイズを変更するには

コラム 文字のサイズはポイント単位で設定される

コラム ミニツールバーを使ってフォントサイズを変更する方法

コラム 文字を選択してもミニツールバーが表示されないときは

数値を直接入力して文字のサイズを設定するには

コラム ボタンを使って文字のサイズを変更する

フォントを変更するには

コラム 特大の文字を表示するには

太字や斜体などの設定と文字飾りの設定を行うには

5.1.2 [セルの書式設定]ダイアログボックスを利用した書式の設定

取り消し線を設定するには

5.1.3 文字のカラー設定

文字の色を設定するには

5.2 データの配置方法の設定

5.2.1 セル内のデータの配置方法の設定

データをセルの幅に対して中央に配置するには

データをセルの高さに対して下揃えに配置するには

コラム セル幅に対する位置を設定するボタン

セル内の文字を均等に割り付けるには

コラム セルの高さに対する位置を設定するボタン

コラム 均等割り付けした文字の前後にスペースを入れるには

セル内の文字列を1文字ぶん字下げするには

セル内の文字列を傾けるには

セル内の文字列を縦書きにするには

コラム 縦書きを解除するには

コラム インデントの解除

コラム 文字列の傾きを細かく制御するには

Q&A

Chapter 6 表の作成

6.1 罫線を利用したシンプルな表を作る

6.1.1 指定した範囲への罫線の設定

表全体に格子状の罫線を引くには

表の周りに太い罫線を引くには

6.1.2 マウスを利用した罫線の設定

マウスを使って罫線を1本ずつ引くには

コラム 行の境界を太い罫線で区切る

コラム マウスを利用した罫線の作成で外枠だけを引くには

6.1.3 セルの結合

セル同士を結合して1つのセルにするには

コラム セルの中に斜線を引く

コラム [セルを結合して中央揃え]ボタンのメニュー

コラム データが入力されている複数のセルを結合する場合のデータの取り扱い

セルの結合を解除するには

6.1.4 罫線のスタイル設定

罫線の種類と色を選択するには

6.2 表のスタイルを設定する

6.2.1 セルのスタイル設定

セルのスタイルを適用するには

適用したスタイルを変更するには

見出しのスタイルを設定するには

独自のスタイルを作成するには

6.2.2 条件付き書式

特定の値より大きい数値のセルを強調するには

アイコンセットを適用する

6.3 データの並べ替えと集計

6.3.1 データの並べ替え

昇順で並べ替えを行うには

降順で並べ替えを行うには

コラム 昇順の並べ替え

コラム 項目名を表示している行も一緒に並べ替えられてしまう場合

コラム 降順の並べ替え

コラム 集計行を並べ替えの対象から外すワザ

複数の条件で並べ替えを行うには

6.3.2 データの集計

項目別の集計を行うには

コラム [集計の設定]ダイアログボックス

集計結果だけを表示するには

集計を解除するには

6.4 行や列の表示/非表示の切り替え

6.4.1 行の表示/非表示

指定した行を非表示にするには

非表示にした行を再表示するには

6.4.2 列の表示/非表示

指定した列を非表示にするには

非表示にした列を再表示するには

6.5 テンプレートを利用する

6.5.1 テンプレートの利用

テンプレートを入手するには

Q&A

Chapter 7 ブックの操作

7.1 ブックの作成と保存

7.1.1 ブックの作成

スタート画面からブックを作成するには

コラム テンプレートの利用

Backstageビューからブックを作成するには

コラム Excel起動時に自動でブックを作成するには

コラム Excel 2013で保存できるファイルの種類

7.1.2 ブックの保存

新規に作成したブックを保存するには

開いているブックを上書き保存するには

開いているブックを別のブックとして保存するには

Excelの古いバージョンの形式でブックを保存するには

ブックをプレビューできる状態で保存するには

現在の作業状態をそのまま再現できるようにして保存するには

コラム 保存せずに終了しようとした場合

保存した情報に基づいて作業状態を復元するには

保存したブックを閉じるには

7.2 ブックを表示する

7.2.1 既存のブックの表示

保存済みのブックを開くには

最近使用したブックを開くには

コラム ブックの保存を確認するメッセージ

コラム 特定のブックを[最近使ったブック]に常に表示させるには

ブックを読み取り専用モードで開くには

コラム [読み取り専用]でブックを開いた場合

ブックのコピーを開くには

コラム 最近使ったブックに表示されるブックの数を増やす

7.2.2 Excel 97?2003形式のブックの読み込み

旧バージョンのExcelブックを開くには

他のアプリケーションで作成したデータを開くには

7.3 ブックのセキュリティ対策

7.3.1 パスワードによるブックの保護

パスワードを設定してブックを保護するには

パスワードが設定されたブックを開くには

7.3.2 バックアップファイルの作成

ブックの保存時にバックアップファイルを作成するには

コラム パスワードの解除

Chapter 8 ワークシートの操作

8.1 ワークシートの基本操作

8.1.1 ワークシートの構造

ワークシートの構造を確認する

コラム ポイント、ピクセル、dpiについて

8.1.2 ワークシートの基本的な操作

ワークシートを追加するには

ワークシートを選択するには

ワークシートの順番を変更するには

コラム 連続したワークシートを一度に選択する

ワークシートを削除するには

コラム テンプレートから新たなワークシートを追加する

コラム 誤って削除してしまったワークシートを元に戻す唯一の方法

8.2 ワークシートを編集する

8.2.1 ワークシートの見出しの編集

ワークシートの名前を設定するには

コラム ワークシート名に使える文字数について

ワークシートの見出しの色を設定するには

コラム シート見出しの色

8.2.2 背景の設定

ワークシートの背景にイメージを設定するには

8.3 ワークシートのコピーと移動

8.3.1 ワークシートのコピー

ワークシートをコピーするには

ワークシートを別のブックへコピーするには

コラム 複数のワークシートをまとめてコピーするには

8.3.2 ワークシートの移動

ワークシートを移動するには

ワークシートを別のブックに移動するには

コラム 複数のワークシートをまとめて移動するには

8.4 ワークシートの表示/非表示

8.4.1 ワークシートの非表示

特定のワークシートを非表示にするには

ワークシートの見出しだけを非表示にするには

8.4.2 ワークシートの再表示

ワークシートの構成を確認するには

非表示になっているワークシートを再表示するには

8.5 複数のワークシートを操作する

8.5.1 作業グループの利用

複数のワークシートを同時に編集するには

作業グループの設定を解除するには

コラム ワークシートの保護を解除する方法

8.6 ワークシートの保護

8.6.1 ワークシートの保護

ワークシートを編集できないようにするには

ワークシートの一部だけを入力可にするには

8.6.2 パスワードによるアクセス制限

ワークシートにパスワードを設定するには

コラム パスワードは大文字、小文字に注意

Q&A

Chapter 9 数式の入力

9.1 数式の入力と編集

9.1.1 数式の入力

数式を入力するには

コラム Excelの計算機能

セルに入力された値を数式で使うには

コラム セルを参照する計算式

数式に使用する演算子を確認する

9.1.2 数式の編集

入力した数式を直接、編集するには

コラム セルに数式を表示して修正を行う

コラム オートフィルによる数式のコピー

入力した数式をマウスのドラッグで修正するには

9.1.3 数式のコピー

数式をコピーするには

数式をダブルクリック一発でコピーするには

コピーした数式のエラーを修正するには

コラム 離れた場所にあるセルにコピーするには

9.1.4 オートカルクによる計算結果の確認

数式の計算結果をオートカルクですばやく確認するには

オートカルクの表示を指定するには

9.2 [オートSUM]を利用した集計テクニック

9.2.1 [オートSUM]を利用した集計テクニック

[オートSUM]ボタンを使ってセルの合計値を求めるには

コラム SUM関数の記述

合計する範囲を変更するには

コラム 数式を入力するセルに縦と横のセル範囲が隣接している場合

コラム [オートSUM]の機能

9.3 セルの参照

9.3.1 絶対参照と相対参照

絶対参照について確認する

コラム 相対参照を設定した数式のコピー

コラム 絶対参照を設定した数式のコピー

相対参照について確認する

9.3.2 複合参照

複合参照について確認する

コピーした数式の誤りを見付けるには

複合参照を使って数式の不具合を解消するには

コラム $キーの役割

9.4 ワークシートやブック間における計算

9.4.1 ワークシート間の計算

他のワークシートのセルを参照する数式を作るには

コラム 別のワークシートの参照

9.4.2 ブック間の計算

他のブックを参照する数式を作るには

他のブックのデータを相対的に参照する数式を作成するには

コラム 他のブックのデータを参照するブックを開く際のメッセージ

Chapter 10 実践で学ぶ関数の活用法

10.1 関数の概要

10.1.1 関数の概要

関数について確認する

コラム プログラムでも関数が使われている

関数の構造を見る

関数の入力方法について確認する

関数の種類について確認する

10.1.2 関数の入力

[関数の挿入]ダイアログボックスを使って関数を入力するには

コラム [関数の挿入]ダイアログボックスの使い方

[関数ライブラリ]から分野別に整理された関数を入力するには

最近使用した関数のリストから入力するには

[オートSUM]ボタンを使って関数を入力するには

オートコンプリートを利用して関数を入力するには

10.2 数学/三角関数

10.2.1 特定の範囲の合計値の計算

複数のセル範囲の合計値を求めるには(SUM関数)

10.2.2 配列を用いた集計テクニック

配列を使って合計値を求めるには(SUM関数+配列)

配列を使うメリットを確認する

配列関数を使うには(SUMPRODUCT関数)

コラム SUMPRODUCT関数で行われる処理

10.2.3 配列と複数の関数の組み合わせによる数式の作成

関数を組み合わせて1行おきのセルの値を合計するには(SUM、IF、MOD、ROW関数+配列)

作成した数式をほかのセルにコピーできるように改造するには

10.2.4 配列数式による処理の実際

複数の関数を組み合わせた配列数式の構造を分析するには(ROW、MOD、IF関数)

配列数式の処理の流れを確認する

10.2.5 条件に合うデータの集計

条件に合うデータだけの集計値を求めるには(SUMIF関数)

コラム SUMIF関数

条件式と対象のセルをそのままコピーできるようにするには

10.2.6 ばらばらの項目をすばやく集計する

ばらばらの項目の集計結果を専用の表に表示するには(SUMIF関数)

10.2.7 数値の加工

数値を四捨五入するには(ROUND関数)

コラム ROUND関数

数値を任意の桁で切り上げるには(ROUNDUP関数)

コラム ROUND関数で四捨五入される位置

コラム ROUNDUP関数

コラム ROUNDUP関数における処理

数値を任意の桁で切り捨てるには(ROUNDDOWN関数)

コラム ROUNDDOWN関数

コラム ROUNDDOWN関数における処理

小数を含む値を整数だけにするには(INT関数、TRUNC関数)

コラム INT関数

コラム TRUNC関数

コラム INT関数とTRUNC関数の処理の違い

コラム CEILING.MATH関数

コラム 端数処理を行う関数

コラム 数値を丸める方法

数値を1000円単位で切り上げるには(CEILING.MATH関数)

数値を1000円単位で切り下げるには(FLOOR.MATH関数)

数値を1000円の一番近い数値に変換するには(MROUND関数)

コラム FLOOR.MATH関数

コラム MROUND関数

10.3 統計関数

10.3.1 平均値の算出

平均値を求めるには(AVERAGE関数)

離れたセルの平均値を求めるには(AVERAGE関数)

条件が合致するデータだけの平均値を求めるには(AVERAGE関数+配列)

コラム AVERAGE関数

コラム AVERAGE関数とIF関数を組み合わせた配列数式

10.3.2 最大値と最小値の検索

指定した範囲の最大値を求めるには(MAX関数)

指定した範囲の最小値を求めるには(MIN関数)

コラム MAX関数の機能

コラム MIN関数の機能

10.3.3 セルの分析

数値が大きい順に順位を付けるには(RANK.EQ関数)

コラム RANK.EQ関数

指定した範囲内のデータを数えるには(COUNT関数)

コラム COUNT関数

未入力のセルの数を求めるには(COUNTBLANK関数)

コラム COUNTBLANK関数

指定した条件に合致するデータの件数を求めるには(COUNTIF)

コラム COUNTIF関数

偏差値を求めるには(STDEV.P関数、AVERAGE関数)

コラム 偏差値を求める方法

コラム 偏差値とは

コラム STDEV.P関数

10.4 論理関数

10.4.1 条件によって異なる結果を出す

条件によって異なる結果を表示するには(IF関数)

10.4.2 複数の条件による判定

複数の条件で合否を判定するには(IF関数+AND関数)

コラム AND関数

コラム IF関数とAND関数の組み合わせによる処理の流れ

どれか1つの条件を満たせばOKとするには(IF関数+OR関数)

コラム ダイアログボックスを表示して入力済みの数式を修正するには

コラム OR関数

コラム IF関数とOR関数の組み合わせによる処理の流れ

複数の条件で処理を3つに分けるには(IF関数のネスト)

コラム IF関数のネスト

10.5 文字列関数

10.5.1 文字数のカウント

セルに入力されている文字数を調べるには(LEN関数)

コラム LEN関数

10.5.2 文字列の変換

数値を特定の文字列に変換するには(TEXT関数)

コラム TEXT関数

コラム その他の文字列変換関数

半角文字を全角文字に変換するには(JIS関数)

コラム JIS関数

全角文字を半角文字に変換するには(ASC関数)

コラム ASC関数

10.5.3 文字列の操作

セル内の不要なスペースを削除するには(TRIM関数)

コラム TRIM関数

指定したセルから文字列の一部を取り出すには(LEFT、RIGHT関数)

コラム LEFT関数とRIGHT関数

文字列の先頭部分の不要な文字列以外を抜き出すには(LEN関数)

コラム 先頭の3文字を除いた文字列を抜き出す仕組み

コラム LEN関数

コラム 別々のセルに入力されている文字列を結合するには(CONCATENATE関数)

コラム LEFT関数を使って文字列の末尾の文字以外を抜き出す

コラム CONCATENATE関数

10.6 財務関数、情報関数

10.6.1 借入可能額の計算

毎月定額で支払う場合の借入可能額を算出するには(PV関数)

コラム PV関数

10.6.2 ふりがなの表示

名前のふりがなを表示するには(PHONETIC関数)

コラム 「毎月支払可能額」を正の値で入力できるようにする

コラム PHONETIC関数によるふりがなの表示

Chapter 11 日付と時刻の計算

11.1 日付と時刻を管理するシリアル値

11.1.1 日付や時刻の表示形式とシリアル値

入力した日付や時刻と実際の表示を確認する

コラム システムの表示形式とセルの表示形式の関係

11.1.2 Excelの日付と時刻の管理方法

シリアル値の実体を見る

11.2 日付や時刻の管理

11.2.1 年数に関する計算

今日の年月日をセルに表示するには

コラム TODAY関数

勤続年数を求めるには(DATEDIF関数)

1月1日から同じ年の12月31日を1年としてカウントするには

勤続年数に応じた支給率を表示するには

コラム DATEDIF関数

11.2.2 日付に関する計算

ある時期からの経過日数を求めるには(DATEDIF関数)

特定の曜日に指定した文字列を表示するには(WEEKDAY関数)

11.2.3 時刻に関する計算

今日の日付と時刻を表示するには

コラム NOW関数

出退勤時間を15分単位で表示するには

コラム CEILING.MATH関数

コラム 休みの日の出退勤時刻に「0」と表示されないようにする

FLOOR.MATH関数

24時間を越える時間数を表示するには

勤務時間から支給額を計算するには

コラム シリアル値の計算

日をまたぐ退社時刻を処理するには

残業時間と深夜残業の時間をそれぞれ計算するには

コラム 「普通残業」の時間数を求める仕組み

コラム 日をまたぐ場合の時間の計算

コラム 深夜残業の時間数を求める仕組み

Chapter 12 グラフの作成

12.1 Excelのグラフ作成機能

12.1.1 グラフの作成

新規のグラフを作成するには

「おすすめグラフ」を使って新規のグラフを作成する(Excel 2013のみ)

[グラフの挿入]ダイアログボックス

グラフの位置を変更するには

グラフのサイズを変更するには

コラム グラフツールの表示

コラム セルの枠線に沿ってグラフエリアを配置する

コラム セルの枠線に沿ってグラフエリアのサイズを調整する

12.1.2 グラフの構成要素

グラフを構成する要素について確認する

コラム データ系列とデータ系列の要素

12.1.3 グラフの種類

作成可能なグラフの種類と用途について確認する

12.1.4 スパークライン

スパークラインを表示するには

コラム スパークラインの種類

12.2 グラフの移動

12.2.1 グラフ専用のワークシートへの移動

ワークシート上のグラフをグラフシートに移すには

コラム グラフシートの表示サイズを変えるには

コラム グラフを表示領域の100パーセントで表示するには

12.2.2 グラフのワークシート間における移動

グラフシートのグラフをワークシートに戻すには

ワークシート間でグラフの移動を行うには

12.3 グラフが参照するデータの変更

12.3.1 グラフが参照するデータの範囲の変更

グラフが参照するデータ範囲を変更するには

複数のセル範囲を参照するようにするには

コラム 項目軸の縦書き/横書きの指定

12.3.2 参照データの追加

グラフに新たなデータ系列を追加するには

12.4 グラフの編集

12.4.1 グラフの種類の変更

グラフの種類を変更するには

12.4.2 グラフを見栄えよくするためのテクニック

グラフのスタイルを変えるには

グラフのタイトルを表示するには

グラフのレイアウトを変更するには

数値軸に補助線を追加するには

コラム ドラッグ操作だけで参照しているセル範囲を変更する

コラム 目盛線および補助目盛線の書式設定

凡例を見やすい位置に移動するには

コラム 凡例の書式を変更するには

数値軸の目盛の間隔を変更するには

数値軸の最大値を設定するには

コラム 数値軸の目盛を外向きにする

コラム 数値軸の値を斜めに表示する

棒グラフの太さを変えるには

コラム [系列の重なり]と[要素の間隔]

強調したい棒グラフだけ色を変えるには

コラム 棒の色をすばやく変更するには

12.4.3 グラフに表示する文字列の編集

グラフのタイトルを変更するには

タイトルの書式を設定するには

コラム タイトルのフォントを変更するには

コラム 折れ線グラフへの値の表示

グラフの中に値を表示するには

軸ラベルを表示するには

コラム 主縦軸ラベルの文字の向きを変更する

12.4.4 図形用のスタイルの適用

グラフ内の各領域の色を設定するには

グラフ内の各領域に枠線を表示するには

コラム グラフの各領域への色の設定

グラフ内の各領域に効果を適用するには

グラフ内の各領域に図形のスタイルを適用するには

グラフの背景色を設定するには

コラム 背景色にグラデーションを付ける

グラフの背景にイメージを表示するには

12.4.5 画像ファイルとしてのグラフの保存

グラフを画像ファイルとして保存するには

ワークシート上に画像ファイルを配置するには

コラム [影]のオプション

コラム スタイルとテーマの関係

コラム ファイル形式の選択

12.4.6 グラフ専用のボタンでクイック編集

「グラフ要素」を使ってグラフ要素をすばやく設定する

[スタイル]を使ってグラフのスタイルを設定する

[スタイル]を使ってグラフの色を設定する

[フィルター]を使ってグラフのデータを絞り込む

12.5 グラフの構造の変更

12.5.1 行/列の入れ替え

グラフの行と列を入れ替えるには

コラム グラフに表示する列と行の表示

コラム 行と列が入れ替わる状況を見ながら入れ替えを実行する

12.5.2 グラフの表示方法に関する変更

縦軸の順番を変えるには

データ系列の目盛の位置を変更するには

12.6 訴求力を高めるためのテクニック

12.6.1 グラフの見た目を変えて訴求力を高める

折れ線グラフのカーブを滑らかな曲線にするには

コラム 折れ線の書式設定

途切れた折れ線グラフをつなげるには

円グラフの一部を切り離して表示するには

3-Dグラフの傾きを変更するには

円グラフの内部に項目名を表示するには

Chapter 13 図形の描画

13.1 Excelに搭載されている作図機能

13.1.1 Excelの作図機能

Excelで扱える図の種類を確認するには

13.2 図形の作成

13.2.1 ワークシート上への図形の描画

図形描画用のツールを確認するには

直線を描くには

コラム 描画した直線の編集

コラム 直線のスタイルについて

水平や垂直の線を描くには

四角形を描くには

コラム そのほかの線ツール

コラム スタイルの適用

コラム そのほかの四角形ツール

コラム 完璧な正円を描く

円を描くには

フリーハンドで任意の図形を描くには

13.2.2 図形の位置とサイズの変更

図形の位置を変更するには

図形のサイズを変更するには

コラム フリーハンドで描いた図の修正

13.3 図形のスタイル設定

13.3.1 テーマと図形のスタイルの関係

テーマと図形のスタイルの関係を確認するには

線や図形のスタイルを一括して変更するには

13.3.2 線のスタイル設定

線の色を変更するには

線の太さを変更するには

線の種類を変更するには

コラム メニューにはない線種を設定する

線にスタイルを適用するには

矢印の形を変えるには

直線を矢印に変更するには

13.3.3 図形のスタイル設定

図形にスタイルを設定して見栄えをよくするには

コラム メニューにない色を設定する

コラム メニューにない太さを設定する

図形に独自の色を設定するには

枠線の太さを変更するには

枠線の種類と色を変更するには

図形の形を変更するには

図形を別の図形に変更するには

図形に文字列を入力するには

コラム 入力した文字列を編集するには

コラム 複数行の文字列を入力するには

コラム 文字列が入力される範囲

13.3.4 図形のグループ化

複数の図形をグループ化するには

コラム 図形のグループ化

グループ化の設定を解除するには

コラム グループ化を解除したあとに再度グループ化するには

13.4 テキストボックスの利用

13.4.1 テキストボックスの配置とテキストの入力

ワークシート上にテキストボックスを配置して文字を入力するには

セルの内容をテキストボックスに表示するには

コラム テキストボックスの削除

13.4.2 テキストボックスのスタイル設定

テキストボックスの文字にスタイルを設定するには

テキストボックスを指定した色で塗りつぶすには

コラム フォントおよびフォントサイズの指定

13.5 特殊なスタイルの設定

13.5.1 塗りつぶしと輪郭線に対する特殊効果の設定

グラデーションを設定するには

コラム 図形にパターン模様を描画する

輪郭線を非表示にするには

図形をテクスチャで埋めるには

コラム テクスチャの効果を弱くして文字を目立たせる

図形全体にイメージを表示するには

13.5.2 図形を立体的に見せる特殊効果の設定

複数の効果を組み込んだ特殊効果を適用するには

図形に影を付けるには

図形が反射している効果を付けるには

図形が発光しているような効果を付けるには

図形の輪郭をぼかすには

図形を立体的に見せるには

13.6 クリップアート、ワードアート、SmartArtの利用

13.6.1 クリップアートの配置

クリップアートを配置するには

13.6.2 SmartArtグラフィックを挿入するには

コラム SmartArtの調整

コラム 図形を追加する

コラム クリップアートの操作

13.6.3 ワードアートの利用

ワードアートを配置するには

13.6.4 スクリーンショットの挿入

スクリーンショットを取り込むには

挿入した画像の背景を削除する

画像にアート効果を適用するには

Q&A

Chapter 14 ツールを利用したデータの解析

14.1 シナリオの利用

14.1.1 シナリオによる演算(テクニック)

シナリオを使って将来の売上額を予測するには

14.2 分析ツールの活用

14.2.1 ゴールシーク

指定した利益を得るために必要な販売数を求めるには

コラム ゴールシークとは

Chapter 15 ページ設定と印刷

15.1 印刷における基本操作

15.1.1 印刷イメージの確認

印刷イメージを確認するには

15.1.2 余白と列幅の調整

印刷イメージを確認しながら余白を調整するには

コラム 印刷プレビュー

印刷イメージを確認しながら列幅を調整するには

15.1.3 その他のプレビュー画面

ページレイアウトビューを表示するには

コラム 余白を非表示にしてページをまたがる作業をやりやすくするには

改ページプレビューを表示するには

15.2 ヘッダーおよびフッターを利用した印刷テクニック

15.2.1 ヘッダーおよびフッターの印刷

ヘッダー/フッターを付けて印刷するには

コラム フッターに文字列を入力する

コラム ヘッダーやフッターの領域

ヘッダーに日時を入れて印刷するには

コラム [ヘッダー/フッター要素]グループのボタン

設定したヘッダーやフッターを削除するには

ページ番号に総ページ数を入れて印刷するには

ヘッダーにイメージを表示するには

コラム ヘッダーやフッターに印刷できるフィールドの種類

15.2.2 ヘッダーおよびフッターの書式設定

ヘッダーやフッターの書式を変更するには

コラム 図のサイズを変更するには

コラム 設定したフィールドを削除するには

15.3 改ページの設定

15.3.1 改ページの設定

改ページの位置を確認するには

改ページの位置を変更するには

コラム 改ページプレビューによる改ページ位置の指定

15.3.2 改ページのオプション

改ページの破線を表示しないようにするには

15.4 状況に応じた印刷テクニック

15.4.1 必要な情報の印刷

行/列のタイトルをすべてのページに印刷するには

コラム 行/列のタイトルの印刷

行番号や列番号を印刷するには

15.4.2 印刷範囲の指定

選択したシートだけを印刷するには

選択したセル範囲だけを印刷するには

コラム すべてのシートを一括して印刷するには

コラム 印刷範囲の解除

コラム 複数の印刷範囲の設定

ページを指定して印刷するには

複数のブックをまとめて印刷するには

コラム すばやく印刷するには

一部のセルを印刷しないようにするには

複数のセル範囲を別々の用紙に印刷するには

15.4.3 印刷位置の指定

用紙の中央に印刷するには

拡大、縮小印刷するには

用紙に合わせて自動的に拡大/縮小印刷するには

小数点の位置を合わせて印刷するには

15.4.4 知っておくと便利な印刷テクニック

コメントを一緒に印刷するには

カラーのグラフを白黒で印刷するには

計算結果のエラーを印刷しないようにするには

コラム 表と一緒にグラフを印刷する場合

Q&A

Chapter 16 マクロとVBAの利用

16.1 マクロの作成

16.1.1 マクロの作成

新規のマクロを作成するには

マクロを実行するには

作成したマクロを保存するには

コラム マクロ用のファイル

16.1.2 保存したマクロの実行

マクロを含むブックを開いてマクロを実行するには

16.1.3 マクロの削除と編集

マクロを削除するには

マクロを編集するには

コラム VBA

コラム VBAはどうすれば見られるのか

コラム マクロの内容を調べるには

16.2 マクロの応用的なテクニック

16.2.1 マクロを実践的に使うためのテクニック

相対参照でマクロを記録するには

コラム VBEを起動する

コラム オフセットの表示は何を基準にして決める?

マクロにショートカットキーを割り当てるには

他のブックから実行できるマクロを作成するには

16.2.2 セキュリティレベルの設定

マクロのセキュリティレベルを変更するには

コラム セキュリティの警告

コラム マクロをショートカットで実行する

コラム 作成したマクロの利用

コラム セキュリティレベル

コラム VBEの画面構成を確認する

Q&A

Chapter 17 Excelのデータベース的活用法

17.1 テーブルを作成する

17.1.1 テーブルの作成

空のテーブルを作成するには

コラム テーブルを作成するときの注意

テーブルのフィールドを設定するには

17.1.2 フィールドの設定

各フィールドに入力規則を設定するには

コラム 入力規則

コラム 入力規則の種類

コラム エラーメッセージの内容を書き換える

コラム スタイルの変更

コラム 作成済みの表をテーブルに変換する方法

17.1.3 テーブルのスタイル設定

テーブルに任意のスタイルを設定するには

17.2 データの入力とテーブルの編集

17.2.1 作成済みのテーブルへデータ入力

テーブルにデータを入力するには

コラム データの連続入力

コラム cキーを押したときに移動する方向を変更する方法

フィールドに数式を入力するには

17.2.2 テーブルへの行や列の挿入

テーブルに行を挿入するには

テーブルに列を挿入するには

17.3 テーブルの活用

17.3.1 集計行の追加

テーブルの行の末尾に集計行を追加するには

集計用の列を追加するには

17.4 オートフィルターの活用

17.4.1 オートフィルターを利用したデータの抽出テクニック

オートフィルターを使って特定のレコードを抽出するには

コラム オートフィルターによる抽出

コラム テーブル以外の表にオートフィルターを設定する方法

コラム ピボットテーブル

コラム スライサー

オートフィルターを使って複数の条件を満たすデータを抽出するには

Chapter 18 ピボットテーブルによるデータのビジュアル化

18.1 ピボットテーブルの作成

18.1.1 ピボットテーブルとは

ピボットテーブルで実現できる操作

18.1.2 ピボットテーブル用のデータの作成

ピボットテーブル用のデータを作成する際の注意

ピボットテーブル用のデータを作成する

18.1.3 ピボットテーブルの作成

ピボットテーブルを作成する

ピボットテーブルの集計方法を設定する

18.1.4 ピボットテーブルをワンクリックで作成

ピボットテーブルをワンクリックで作成する

コラム 「総計」の表示

コラム [ピボットテーブルのフィールド]ウィンドウが表示されなくなった場合は

18.2 ピボットテーブルでデータ分析

18.2.1 行の項目の設定

行の項目を設定して集計を行う

コラム 設定したフィールドを解除するには

行の項目を変更する

18.2.2 列の項目の設定

列の項目を設定する

コラム 集計もとのデータを修正した場合

コラム 集計もとのデータを追加した場合

18.2.3 データの分類と細分化

商品名を分類して表示する

行の項目を細分化する

コラム ドリルダウンとドリルアップ

コラム 集計値の明細を一発で確認する

18.2.4 データの並べ替え

売れている順番で分類を並べ替える

売れている順番で商品を並べ替える

コラム 横方向の並べ替えを行うには

18.2.5 「タイムライン」で期間指定の分析を行う

18.2.6 スライサーでデータを絞り込む

スライサーを利用してデータを絞り込む

Chapter 19 Excel 2013搭載のツールでデータ分析

19.1 パワービューを利用したデータ分析

19.1.1 はじめてのパワービュー

はじめてパワービューを作成する

コラム Silverlightがインストールされていない場合

次回からのパワービューの作成

パワービューにタイトルを設定する

パワービューの表示領域を拡大する

19.1.2 パワービューによるデータの操作

合計の表示

コラム 操作を元に戻す

集計値を表示する

任意のフィールドだけを表示する

フィールドの並び順を変更する

データを昇順/降順で並べ替える

フィルターを利用してデータを絞り込む

特定のフィールドを別の領域に抜き出して表示する

19.1.3 パワービューに背景画像を表示する

パワービューに背景画像を設定する

背景画像の表示方法を設定する

19.2 クイック分析でデータ分析

19.2.1 クイック分析でセルの見栄えを設定する

条件付書式を設定する

条件付書式のクリア

条件付書式のパターンを確認する

19.2.2 クイック分析でグラフを作成する

作成されるグラフのパターンを確認する

19.2.3 クイック分析で集計する

作成される集計パターンを確認する

19.2.4 クイック分析でテーブルやピボットテーブルを作成する

クイック分析でテーブルを作成する

クイック分析でピボットテーブルを作成する

19.2.5 クイック分析によるスパークラインの表示

クイック分析でスパークラインを表示する

Chapter 20 クラウドサービスの利用

20.1 Microsoftアカウントの作成

20.1.1 Microsoftアカウントの作成

Microsoftアカウントを作成するには

ローカルアカウントでサインインする

ローカルアカウントからMicrosoftアカウントに切り替える

20.2 SkyDriveの利用

20.2.1 SkyDriveの利用

SkyDriveにExcelのデータを保存する

SkyDriveに保存したデータを開く

コラム SkyDriveからExcelブックを開くには

20.2.2 他のユーザーとブックを共有する

コラム SkyDriveに新規のフォルダーを作成するには

ブックを他のユーザーと共有する

共有ブックを開いて編集する

コラム Excel Web Appの入手

Q&A

PR

秀和システム