ケアマネジャーのための医療系サービス活用の手引き

概 要

ケアマネジャーなら知っておきたい医療職への依頼・やりとり、サービス利用法が具体的にわかる医療系サービス活用の手引き書です。ケアマネジャーは、ヘルパー事業所やデイサービス事業所、福祉用具貸与事業所、そして医療との連携を図り、利用者の生活を支えるためのチームをコーディネイトするのが仕事ですが、ケアマネジャーの多くが医療との連携がスムーズにいかず悩んでいます。本書は、クリニックに10年勤務し、医療機関についてよく知る著者が、医療との連携をスムーズに図るために実践してきた各医療職への伝達・依頼の文例や連携術を図解でわかりやすく紹介します。介護情報提供者のフォーマット例のダウンロードサービス付き。

著者 原田保
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-3766-0
発売日 2013/3/27
判型 B5
色数 2色
ページ数 92
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 押さえておくべき5つのルール

1-1 医療連携で踏まえるべき5つの基本ルール

◎5つの基本ルール

その1―医師と患者の関係に踏み込まない

その2―医師への相談事は、まず患者から話してもらう

その3―医療系サービスは利用者、家族の希望だけでは決められない

その4―医師に対しては依頼ではなく相談を

その5―医学的な知識で対抗しようとしない

◎スタンスの違いと業界のルールを学ぼう

1-2 “ 医療” と“ 福祉”(介護)の視点の違い

コラム 双方向による情報共有こそ連携の基本

第2章 まず、医療職について知ろう

2-1 まず、医師について知ろう

2-2 まず、歯科医師について知ろう

2-3 まず、訪問看護師について知ろう

2-4 まず、リハビリ職について知ろう

2-5 まず、薬剤師について知ろう

2-6 まず、医療ソーシャルワーカー(MSW)について知ろう

コラム 事例を通じてケアマネジャーが何をするかを考える(1)

第3章 医療職との連絡・情報交換などの場のもち方

3-1 利用者本人の通院に同行する

3-2 医師の訪問診療あるいは往診時間に合わせて利用者宅を訪問する

3-3 事前に連絡して外来終了後に訪問する

3-4 病院の医療ソーシャルワーカーに連絡して情報交換する

3-5 書面を利用者か家族に渡して必要事項を確認する

3-6 FAXで意見を交換する

コラム 連絡、情報交換に“ ケアマネタイム” を活用する

第4章 こんなときどうする?

4-1 「訪問看護を導入すべき?」と迷ったとき

訪問看護に関するQ & A

4-2 「歯科訪問診療を導入すべき?」と迷ったとき

4-3 「訪問リハビリを導入すべき?」と迷ったとき

4-4 「通所リハビリを導入すべき?」と迷ったとき

4-5 「短期入所療養介護を導入すべき?」と迷ったとき

4-6 「退院と同時に訪問看護を導入すべき?」と迷ったとき

コラム 医師に何を聞けばよいかわからない場合

第5章 医療サービスへの利用者の導き方

5-1 利用者の医療系サービスへのつなげ方

5-2 利用者入院時はどうすればよい?

5-3 退院時はどうすればよい?

5-4 認知症をもつ利用者の主治医との連携

5-5 ターミナル期の利用者で医療連携は?

コラム 退院時、ケアマネジャーは何を考えるべき?

第6章 文例―医療職への伝達・依頼のしかた

6-1 介護情報提供書のフォーマット例

6-2 対主治医

6-3 対歯科医師

6-4 対訪問看護師

6-5 対リハビリ職

6-6 対薬剤師

6-7 対医療ソーシャルワーカー(MSW)

コラム 事例を通じてケアマネジャーが何をするかを考える(2)

巻末資料

入院時情報連携加算とは

退院・退所加算とは

在宅療養支援診療所とは

在宅療養支援歯科診療所とは

PR

秀和システム