クラウド+UX技術による 業務アプリケーション開発 Google Cloud SQL/HTML5/jQuery Mobile対応

概 要

Google App Engine for Javaによるクラウド業務アプリケーションの開発テクニック解説書です。業務・基幹系でのクラウドの利用はまだ時期尚早と考える方も多いようですが、クラウド・ファーストが主流となった今では業務・基幹系をクラウドで運用することが現実的になっています。本書は、Cloud SQLを使用した業務・基幹系システム開発を中心に取り上げ、仕訳データの登録や受注データの登録処理などのサンプルを使いながら解説しています。また、処理パフォーマンスと操作性の点からオンプレミス以上のシステムにする工夫や、クラウドとデバイスの連携など実践的なテクニックもあわせて解説しています。サンプルソースのダウンロードサービス付き。

著者 清野克行
価格 本体3400円(税別)
ISBN 978-4-7980-3791-2
発売日 2013/4/25
判型 B5変
色数 1色
ページ数 464
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 App EngineとCloud SQLの概要

1.1 GoogleのPaaSクラウド(App Engine)でNoSQLとSQLを比較・検証する

1.1.1 App Engineで最もリクエストの多かったGoogle Cloud SQL

1.1.2 App EngineでCloud SQLを使う意味とメリット

1.2 App Engine Javaの開発・実行環境作成

1.2.1 App Engine Javaの環境設定

1.2.2 App Engineプログラムの作成とEclipse環境での実行

1.2.3 App Engineクラウドへのディプロイと実行

1.2.4 プロジェクトのディプロイと実行

1.3 Cloud SQLの環境設定とサンプル作成

1.3.1 Cloud SQLの環境設定

1.3.2 Cloud SQLのプログラム作成

Chapter 2 App Engineでマスタテーブル作成

2.1 基幹系システムの基本構成とCloud SQLのCRUD処理

2.1.1 2.1のシステム構成

2.1.2 基幹系システムの基本構成

2.1.3 Cloud SQLを使用したCRUD処理:従業員マスタ

2.1.4 jQueryを使用したJavaScriptでUIコントロール操作

2.2 Datastoreを使用してCRUD処理

2.2.1 2.2のシステム構成

2.2.2 Datastoreを使用したCRUD処理:従業員マスタ

2.2.3 データストアクセスのパフォーマンス比較

2.3 DatastoreをjQueryで操作できる「gaedirect」でCRUDを処理実行

2.3.1 gaedirectを使用したApp Engineの基本構成

2.3.2 gaedirectのインストール

2.3.3 gaedirectを使用した基本エンティティ登録

2.3.4 gaedirectを使用した基本エンティティ参照

2.3.5 gaedirectを使用した基本エンティティ更新

2.3.6 gaedirectを使用した基本エンティティ削除

2.3.7 従業員マスタCRUD画面サンプル

2.3.8 gaedirectを使用したプログラムサンプル

Chapter 3 Cloud SQLとHTML5の連携

3.1 Cloud SQLで仕訳入力

3.1.1 3.1サンプルのシステム構成

3.1.2 仕訳データ登録の画面処理

3.1.3 プロジェクト構成

3.1.4 仕訳データ登録のクライアントプログラム

3.1.5 サーブレットプログラム

3.1.6 ビーンズコード

3.1.7 Memcacheを使用して検索スピードを高速化

3.1.8 パフォーマンス測定

3.2 Cloud SQLとWeb Storageによる高速仕訳入力

3.2.1 3.2サンプルのシステム構成

3.2.2 HTML5のWeb Storageとは

3.2.3 Web Storageのプログラミング

3.2.4 Cloud SQLとWeb Storageを使用した仕訳データ登録サンプル

3.3 Web SQL Web Workerを使用して完全待ち時間なしのデータ登録

3.3.1 3.3のサンプルシステム構成

3.3.2 Web Workersによるバックグラウンド処理

3.3.3 Web Workersを使用した簡単なサンプル

3.3.4 Cloud SQLとWeb Storageを使用した仕訳データ登録サンプル

3.4 オフライン仕訳入力とバックグラウンド処理

3.4.1 3.4サンプルのシステム構成

3.4.2 Web SQL Database

3.4.3 3.4サンプルの解説

Chapter 4 App EngineとWebクライアントの連携

4.1 Cloud SQLで受注管理

4.1.1 4.1サンプルのシステム構成

4.1.2 受注管理システムのUI操作

4.1.3 受注管理システムのプログラム―Webクライアント

4.1.4 顧客管理サーブレット

4.1.5 顧客管理ビーンズ

4.1.6 受注管理サーブレット

4.1.7 受注管理ビーンズ

4.2 Channelサービスによる受注状況表示

4.2.1 4.2サンプルのシステム構成

4.2.2 4.2で使用される主なサービスとライブラリ

4.2.3 受注情報表示処理画面(サーバプッシュ表示)

4.2.4 今回サンプルの処理フロー

4.2.5 受注情報登録画面

4.2.6 受注情報表示画面

4.2.7 Channelサーブレット

4.3 Bigtableを使用した商品スペック表示

4.3.1 4.3サンプルのシステム構成

4.3.2 キー・バリューストアを使用して商品スペック選択

4.3.3 「受注情報登録画面」で処理コードの修正

4.3.4 商品スペック選択画面

4.4 Task QueueでSQLからNoSQLバックアップを定期実行

4.4.1 4.4のシステム構成

4.4.2 App Engineのプルタスク

4.4.3 サンプルへのPull Task機能追加

4.4.4 Pull Taskの実行

4.4.5 Chapter 4のシステム構成完成形

Chapter 5 再帰呼び出し関数を使用した部品構成表示

5.1 Chapter 5のシステム構成

5.2 生産管理システムの概要

5.3 部品構成表示のサンプル画面とテーブル構成

5.4 部品構成表示のプログラムサンプル

Chapter 6 スマートデバイスとCloud SQLによる在庫管理

6.1 Chapter 6のシステム構成

6.2 jQuery Mobileプログラミングの基本

6.3 jQuery Mobileで在庫数量の更新画面を作成

6.4 jQuery Mobileを使用した在庫更新プログラム

Chapter 7 gaedirectによる営業状況の報告と管理

7.1 Chapter 7のシステム構成

7.2 gaedirectで営業ステータス報告・管理

Addendum 補足

A.1 Appstatsの設定と使用方法

A.2 Chrome for Androidを使用しスマホでHTML5

PR

秀和システム