これならわかる! C言語入門講座

概 要

愉快なキャラクターたちの会話と、図解イラストを使って短時間でC言語の基礎知識とプログラミング方法が学べる入門書です。C言語は、JavaやPHP、C#、Objective-Cなど、さまざまなプログラミング言語の基本となった言語であり、今でもよく使われています。本書は、プログラミング経験のない初心者でも独学でC言語を学べるように、親しみやすいイラストを多数取り入れ、対話形式で授業を進めることで楽しく学習できるように工夫しています。プログラムの基礎知識から、変数の使い方、条件分岐、ループ処理、関数、ポインタ、ファイルの入出力まで一通りの知識が読み進めていくうちに身につきます。サンプルプログラムのダウンロードサービス付き。

著者 水口克也
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3797-4
発売日 2013/6/21
判型 B5変
色数 2色
ページ数 304
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 C言語の基礎

第0回 C言語入門講座開講!!

●これから勉強するC言語って何?

第1回 コンピュータとプログラム

●コンピュータとは

●コンパイラとは

第2回 Visual Studio Express 2012のインストール

●Visual Studio Express 2012をインストールしよう

●Visual Studio Express 2012の画面構成

●プロジェクトを作成しよう

復習ドリル

第2章 プログラムの基本

第3回 プログラムの書き方と画面表示

●プログラムを書こう

●ビルドとデバッグを実行しよう

●エスケープシーケンスを使おう

●コメント文を使おう

第4回 数値の表示

●数値と数字は違う

●文字と文字列は違う

第5回 四則演算

●計算結果を表示させよう

●算術演算子を使おう

復習ドリル

第3章 変数とデータ型

第6回 変数

●変数とは

●変数の宣言を使ってみよう

第7回 変数を使った計算

●同じデータ型での変数宣言と四則演算

●異なるデータ型での変数宣言と四則演算

●型変換をしよう

●複合代入演算子を使おう

●インクリメントとデクリメントを使おう

第8回 キーボードからの入力

●scanf関数を使おう

復習ドリル

第4章 条件分岐

第9回 条件分岐 その1

●if文を使おう

●論理演算子を使おう

●if~else文を使おう

●if~else if ~else文を使おう

第10回 条件分岐 その2

●switch文を使おう

復習ドリル

第5章 ループ処理

第11回 for文

●for文を使おう

●入れ子構造(ネスト)を使おう

第12回 while文とdo~while文

●while文を使おう

●for文と同様の処理をするwhile文を使おう

●do~while文を使おう

復習ドリル

第6章 配列

第13回 配列

●配列とは

●配列の宣言を使ってみよう

●配列でfor文を使おう

第14回 配列と文字列

●配列に文字列を格納しよう

●マルチバイト文字を配列に格納しよう

第15回 多次元配列

●2次元配列を使おう

復習ドリル

第7章 関数

第16回 関数の使い方

●関数とは

●引数(実引数と仮引数)とは

●複数の引数を使おう

●戻り値とは

第17回 グローバル変数とローカル変数

●グローバル変数とローカル変数とは

復習ドリル

第8章 ポインタ

第18回 アドレス

●メモリのアドレスとは

●配列のアドレスとは

第19回 ポインタ変数

●ポインタとは

●直接参照と間接参照を使おう

●アドレス渡し(参照渡し)を使おう

●ポインタ変数を使おう

●文字列をポインタで指定しよう

復習ドリル

第9章 構造体

第20回 構造体の仕組み

●構造体とは

●構造体を使おう

●構造体の宣言を使ってみよう

復習ドリル

第10章 ファイル入出力

第21回 ファイルの入出力

●ファイルを操作しよう

●ファイルに書き込もう

●ファイルを読み込もう

●バイナリファイルを読み書きしよう

復習ドリル

第11章 じゃんけんゲーム

第22回 じゃんけんゲームの作成

●じゃんけんゲームの動作を考えよう

●じゃんけんゲームを作ろう

●じゃんけんゲームで遊んでみよう

復習ドリル

補 講

Visual Studio Express 2012のシステム要件

ASCIIコード表

「#define」の指定

修飾語

PR

秀和システム