Windows Server 2012 パーフェクトマスター

概 要

Windows Server 2012の導入からメンテナンスまでの操作手順を完全解説した全機能操作解説書です。Windows Sever 2012ではモダンUIと呼ばれる新しいUIが採用され、AD CS(Active Directory証明サービス)の新機能、Hyper-Vの新機能、リモートデスクトップなど300以上もの機能が追加されました。また、サーバー管理者が一番利用するであろうサーバーマネージャーのデザインや操作性も一新されています。本書は、Windows Server 2012の新機能の解説に加え、導入、運用、管理の全操作手順をわかりやすく図解で解説しました。また、キャラクターベースのシェルを使った管理手段「Power Shell」の項目を新設し、基本からスクリプト作成のノウハウまで身につきます。

著者 野田ユウキ&アンカー・プロ
価格 本体3000円(税別)
ISBN 978-4-7980-3865-0
発売日 2013/7/23
判型 B5変
色数 4色
ページ数 686
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Windows Server 2012を知るキーワード

1.1 ●Windows Server 2012のアウトライン

1.1.1 Windowsサーバー

Windowsサーバーの使い方

1.1.2 Windows Server 2012の概要

管理ツール

Server Core

Windows PowerShell

Hyper-V

Active Directoryの改良

1.1.3 Windows Server 2012の種類

ラインナップ

必要なシステム

1.2 ●Active Directory

1.2.1 ディレクトリサービスとは

1.2.2 Active Directoryドメインサービス

LDAP

コラム UNC

コラム .NET Framework

1.3 ●IIS8

1.3.1 IIS8

IISの互換性

IISマネージャー

Web Platform InstallerでWeb製品をインストールする

1.4 ●Server Core

1.4.1 Server Coreの構成

Server Coreがサポートする役割と機能

コラム ライセンス認証

Server Coreデスクトップ

1.5 ●Hyper-V

1.5.1 Hyper-V

Hyper-Vによる仮想化

Hyper-V同梱のWindows Server 2012

制約

コラム サブネットマスク

1.6 ●Windows Server 2012の管理ツール

1.6.1 サーバーマネージャーの機能

役割と機能

役割をインストールする

1.7 ●PowerShell

1.7.1 PowerShell

Windows PowerShell 3.0

コマンドレット

コラム WMI

コラム Windows Mediaメタファイルの拡張子

コラム コントロールパネルの項目検索

1.8 ●モダンUIスタイル

1.8.1 チャームメニュー

チャームメニューでスタート画面に移行する

設定チャーム

検索チャーム

1.8.2 スタート画面

「すべてのアプリ」にあるアプリのタイルをスタート画面に配置する

スタート画面をカスタマイズする

1.8.3 Windowsロゴのショートカットキー

Windowsロゴキーを併用する

Chapter 2 Windows Server 2012の導入から運用準備まで

2.1 ●Windows Server 2012のインストール

2.1.1 新規インストール

Windows Server 2012を新規インストールする

2.1.2 ドメインコントローラのアップグレード

Windows Server 2012へのアップグレード

コラム 日本語では「メール」、フランス語では「クーリエル」

コラム サーバーの役割

2.1.3 クライアントアクセスライセンス

Windows Server 2012に必要なライセンス

サーバーライセンス

CAL

コラム ライセンス認証の手続き

コラム Active Directoryの構成要素

2.2 ●ローカルユーザーの登録

2.2.1 ローカルユーザーとドメインユーザー

ローカルユーザーアカウントを作成する

ユーザーをグループのメンバーにする

2.3 ●ローカルコンピュータのログオン/シャットダウン

2.3.1 Windows Server 2012にサインインする

ローカルログオンする

2.3.2 サインアウトとシャットダウン

サインアウト/ロックする

シャットダウン/再起動

コラム 「展開する」とは

2.4 ●初期構成タスクでコンピューター名を変更する

2.4.1 コンピューター名の変更

コンピューター名を変更する

2.5 ●静的IPアドレスの設定

2.5.1 IPアドレス

IPv4

IPv6

2.5.2 現在のIPアドレスを知る

ipconfigコマンドを使う

2.5.3 静的IPアドレスを設定する

静的IPアドレス(IPv4)を設定する

2.6 ●DNSサーバーの構成

2.6.1 DNSサーバーの構成

DNSサーバー

ドメイン名のレベル

DNSの名前空間

名前解決

前方参照ゾーンと逆引き参照ゾーン

2.6.2 DNSサーバーのインストール

DNSサーバーをインストールする

2.7 ●サーバーマネージャーによるサービス管理

2.7.1 DHCPサーバーのインストール

DHCPサーバー

DHCPサーバーをインストールする

DHCP構成を完了する

コラム サーバーの役割

コラム UPN

2.8 ●Active Directoryなしのネットワーク運用

2.8.1 ワークグループ

Active Directory非導入

Active Directoryドメインサービスを使わないデータ共有

2.8.2 ワークグループの設定

Guestアカウントをオンにする

共有フォルダーを設定する

ローカルグループ

ドメインからワークグループに参加する

2.8.3 クライアントからワークグループに参加する

Windowsからワークグループにアクセスする

Chapter 3 Active Directoryの基本と構成

3.1 ●Active Directoryドメインサービスの特徴

3.1.1 Acitve Directoryドメインサービスの概要

Active Directoryドメインサービスが提供可能な情報

ドメインコントローラー(DC)

Active Directoryドメインサービスのグループポリシー

コラム ドメイン名の名前空間

3.1.2 Acitve Directoryドメインサービスの構造

"Active Directoryドメインの""ドメイン"""

フォレスト

ドメインモデル

3.2 ●Active Directoryドメインサービスの導入

3.2.1 Active Directoryドメインサービス導入前の検討

準備段階

サーバースペックの検討

ドメインコントローラーの台数の検討

コラム DC以外のサーバーの検討

3.2.2 Active Directoryドメインサービスのインストール

AD DSの役割を追加する

3.2.3 DCインストールの4パターン

フォレスト/ドメインとDCの追加

3.2.4 DCPROMO

DCPROMOの流れ

3.2.5 従来のドメインにDCを追加する

既存のフォレスト/ドメインにDCを追加する

3.3 ●Active Directoryドメインサービスの運用

3.3.1 Active Directoryが管理するオブジェクト

Active Directoryオブジェクト

コンテナー

識別名

コラム ドメインコントローラーのバックアップ

コラム Windows Server 2012の機能レベルとの差

3.3.2 ユーザーの登録

ユーザーアカウントを登録する

3.3.3 グループ

セキュリティグループと配布グループ

グループのスコープ

グループを作成する

3.3.4 コンピューターの登録

あらかじめComputersコンテナーに登録する

3.3.5 グループにメンバーを登録する

グループのメンバーにユーザーアカウントを追加する

コラム ビルトイングループ

3.4 ●OUで管理する

3.4.1 OUコンテナオブジェクトの追加

OUを追加する

3.4.2 OU管理制御の委任

OUの管理権限を委任する

3.5 ●Active Directoryドメインサービスへのログオン

3.5.1 Active Directoryドメインサービスへのログオン

Windows 8/7からログオンする

コラム SMB 2.0

3.5.2 WindowsクライアントからActive Directoryオブジェクトを検索する

Windowsでオブジェクトを検索する

3.5.3 Mac OS XからActive Directoryオブジェクトを検索する

ディレクトリユーティリティで設定する

ディレクトリで検索する

コラム Mountain Lion(Mac OS X 10.8)の場合

コラム Active Directoryのごみ箱機能

Chapter 4 Active Directoryの強化と管理

4.1 ●DNSの強化と管理

4.1.1 Active Directory統合ゾーンモード

Active Directory統合設定を変更する

4.1.2 ゾーン設定

前方参照ゾーンにAレコードを追加する

逆引きゾーンを設定する

コラム ゾーンのレコード

4.1.3 SRVレコードの登録

SRVレコードを追加する

4.1.4 DNSのテスト

nslookupでテストする

監視タブでテストする

4.2 ●読み取り専用DC(RODC)

4.2.1 RODCを構成する

RODCとは

DCオプションでRODCを構成する

RODCを追加する

RODCを設定する

4.3 ●Active Directory構成を変更する

4.3.1 機能レベルの変更

機能レベル

機能レベルを上げる

4.3.2 ドメインコントローラーのプロパティの変更

グローバルカタログ

DCをGCサーバーにする

4.3.3 ドメインコントローラーの降格

DCを降格させる

4.3.4 操作マスター

FMSOの機能

操作マスターを移動する

4.4 ●ユーザーアカウントを管理する

4.4.1 ユーザーアカウントのプロパティ

ユーザープロパティ情報を追加/変更する

4.4.2 ユーザーアカウントの管理

パスワードをリセットする

アカウントの有効/無効を変更する

4.4.3 移動ユーザープロファイル

移動ユーザープロファイル

ホームフォルダー

移動ユーザープロファイルとホームフォルダーを設定する

コラム Active Directoryに共有フォルダーを追加する

4.5 ●サイトを作成する

4.5.1 サイトのトラフィック制御

サイトを作成する

4.6 ●ユーザーアカウントを一括登録する

4.6.1 コマンドラインでユーザー登録

dsaddコマンドでユーザーを追加する

4.6.2 Excelを利用してユーザーを登録する

ExcelでCSV形式のユーザーアカウントファイルを作る

CSVファイルをインポートする

コラム ディレクトリサービスコマンド

Chapter 5 ポリシーとセキュリティ

5.1 ●ポリシーとGPOについて知る

5.1.1 グループポリシーとローカルセキュリティポリシー

グループポリシー

ローカルセキュリティポリシー

5.1.2 GPO

GPOを作成する

GPOのリンクを設定する

スターターGPOを作成する

5.1.3 グループポリシーの設定

グループポリシーの項目を検索して設定する

5.1.4 グループポリシーの継承と上書き

リンクしているGPOの優先順を設定する

5.2 ●グループポリシーでアプリケーションのインストールを制御する

5.2.1 ソフトウェアインストール

ソフトウェア配布の4形態

ソフトウェアインストールを設定する

コラム インストーラパッケージを登録するには

5.2.2 ソフトウェアの削除

ソフトウェアインストールしたソフトを削除する

5.3 ●グループポリシーでアプリケーションの使用を制限する

5.3.1 ソフトウェアの制限ポリシー

クライアントのアプリケーション使用を制限する

5.4 ●グループポリシーでユーザーのIEを管理する

5.4.1 管理用テンプレートでIEのタブブラウズを無効にする

ポリシー管理用テンプレートファイルをコピーする

セントラルストアを作成する

コラム ローカルまたはセントラルか

IEのポリシー設定の編集をする

クライアントWindowsのIEで確認する

5.5 ●セキュリティポリシーを設定する

5.5.1 パスワードポリシー

パスワードポリシーの内容

グループポリシーでパスワードポリシーを設定する

パスワードの長さを設定する

パスワードの変更禁止期間を設定する

パスワードの有効期間を設定する

パスワードの履歴を記録する

パスワードは要求する複雑さを満たす

暗号化を元に戻せる状態でパスワードを保存する

5.5.2 アカウントロックアウトポリシー

アカウントロックポリシーの内容

グループポリシーでアカウントロックアウトを設定する

アカウントのロックアウトのしきい値

ロックアウトカウンタのリセットを設定する

ロックアウト期間を設定する

バランスよく強力なアカウントロックポリシー

アカウントロックアウトを解除する

5.5.3 PSOを使った細かいパスワードポリシー設定

PSOを作成する

PSOをセキュリティグループにリンクする

5.6 ●セキュリティ構成ウィザードでセキュリティポリシーを設定する

5.6.1 セキュリティの構成ウィザード

セキュリティの構成ウィザードを実行する

5.7 ●Windowsのファイアウォールを設定する

5.7.1 Windowsファイアウォール

ファイアウォール

Windowsファイアウォールを設定する

5.7.2 セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール

受信/送信の規則を変更する

規則を新規に作成する

5.8 ●暗号化でセキュリティを強化する

5.8.1 ファイルやフォルダーの暗号化

EFSでファイルやフォルダーを暗号化する

5.9 ●悪意あるファイルの実行を防止する

5.9.1 データ防止

データ実行防止機能を設定する

5.9.2 DEPによってプログラムが閉じたら

コラム SmartScreenスクリーン

Chapter6 ファイルサーバー

6.1 ●ファイルサーバーの役割をインストールする

6.1.1 ファイルサーバーの役割

6.1.2 ファイルサーバーの構成

ファイルサーバーを構成する

6.2 ●共有フォルダーの設定

6.2.1 SMBとNFS

SMBによるファイル共有

6.2.2 共有のアクセス許可

共有のアクセス許可とNTFSアクセス許可

ファイルの共有ダイアログボックスを使って共有のアクセス許可を設定する

6.2.3 新しい共有を設定する

NTFSアクセス許可を設定する

コラム 管理共有

コラム ローカルアクセスにセキュリティを設定する

6.3 ●ファイルやフォルダーの監査

6.3.1 監査ポリシー

監査可能なイベントカテゴリ

監査の継承

監査ポリシーを定義する

6.3.2 監査エントリの追加

共有フォルダーに監査を設定する

6.3.3 監査の表示

イベントログを表示する

コラム おもなイベントID(アカウント管理のみ)

6.4 ●別ドライブをフォルダーとして連結する

6.4.1 マウントされたボリューム

リバースポイントを作成する

6.4.2 シンボリックリンク

シンボリックリンクを作成する

コラム シンボリックリンク情報の表示

6.5 ●異なるサーバーの共有フォルダーをまとめる

6.5.1 分散ファイルシステム

分散ファイルシステム

DFSサーバーを設定する

DFSリンクを追加する

6.6 ●ディスクの使用量を制限する

6.6.1 クォータ

テンプレートを使ってクォータを作成する

6.7 ●ディスク使用状況のレポートを作成する

6.7.1 現在のディスクの状況を知る

レポートをいますぐ生成する

6.7.2 新しいレポートのタスクのスケジュール

レポートタスクをスケジュールする

コラム クラスタ

6.8 ●削除した共有ファイルを復活させる

6.8.1 シャドウコピー

シャドウコピーを設定する

6.8.2 以前のバージョン

削除した共有ファイルを復活させる

6.9 ●特定の拡張子のファイルを保存されるのを防ぐ

6.9.1 ファイルスクリーン

ファイルグループを定義する

ファイルスクリーンテンプレートを作成する

ファイルスクリーンテンプレートの作成ダイアログの設定項目

ファイルスクリーンを作成する

ファイルスクリーン例外を作成する

6.10 ●プリンターを共有する

6.10.1 プリンターのインストール

プリンターを追加する

テスト印字する

6.10.2 共有プリンターのセキュリティ

プリンターを共有する

プリンターのアクセス許可を変更する

6.10.3 共有プリンターとActive Directoryドメインサービス

共有プリンターをActive Directoryドメインサービスに登録する

6.11 ●オフライン時でもネットワーク上のファイルを使う

6.11.1 オフラインファイル

オフラインファイル用にサーバーを設定する

コラム ReFS

常にオフラインで使用する

6.11.2 ファイルの同期

ファイルを同期させる

同期させるスケジュールを設定する

6.12 ●ユーザーの特別なフォルダーをサーバーに作成する

6.12.1 フォルダーリダイレクトの設定

フォルダーリダイレクトにマイドキュメントを設定する

Chapter 7 Webサーバー

7.1 ●IIS8をインストールする

7.1.1 IIS8

IIS8のポイント

7.1.2 Webサービスのインストール

IISをインストールする

7.1.3 Webサーバーを確認する

デフォルトのWebページを表示する

コラム ストリームコンテンツのWebページの貼り付け方

コラム IPアドレス

コラム システムプロパティへのキーボードショートカット

7.2 ●Webサイトのホームディレクトリを変更する

7.2.1 ホームディレクトリ

ホームディレクトリを変更する

コラム グループポリシーオブジェクトエディターを起動する

コラム HTTP圧縮

7.2.2 ホームページ

ホームページを作成する

ホームページを表示する

7.2.3 エイリアスレコードの追加

DNSにWebサイトのエイリアスを登録する

7.3 ●仮想ディレクトリを作成する

7.3.1 仮想ディレクトリ

エイリアス

仮想ディレクトリを設定する

「~(ユーザー名)」のユーザーディレクトリを作成する

コラム IIS8のASPサポートを有効にするには

コラム マウントポイント

7.4 ●Webアクセスログを記録する

7.4.1 Webアクセスログ

Webサイトのログを設定する

特定のディレクトリのログ収集を無効にする

Webサイトのログを見る

7.4.2 Webアクセスログの解析

Webログの解析ソフト

7.5 ●デフォルトインデックスを追加する

7.5.1 既定のドキュメント

既定のドキュメントにstart.htmを追加する

7.5.2 既定のドキュメントの無効とディレクトリの参照

既定のドキュメントを無効にする

ディレクトリの参照を有効にする

7.6 ●限定Webサイトを作成する

7.6.1 認証とアクセス制御

基本認証で限定Webサイトを設定する

限定サイトにアクセスする

コラム IPv4アドレスやドメイン名でアクセスを制限する

7.7 ●仮想サーバーを作成する

7.7.1 仮想サーバー

仮想サーバーのための変更ポイント

7.7.2 1つのIPで複数のWebサイトを構築する

DNSにドメインを追加する

コラム Boot.iniファイルの編集

ゾーンファイルにレコードを追加する

仮想サーバーにWebサイトを追加する

7.7.3 プロトコルの異なるサイトにバインドを追加する

バインドを追加する

コラム 「Default Web Site」を変更する

7.8 ●Webエラーメッセージを変更する

7.8.1 サーバーエラー

HTTPエラーメッセージをカスタマイズする

7.9 ●SSLやTSLを設定する

7.9.1 SSLとTLS

CA

証明書の要求ファイルを作成する

公的CAにサーバー証明書を要求する

サーバー証明書をインストールする

SSLを有効にする

独自の証明書

コラム SSLサイトへアクセス

7.10 ●リクエストを別のサーバーに送る

7.10.1 HTTPリダイレクト

コラム GUIかCUIか

HTTPリダイレクトを設定する

7.11 ●Webサーバーを安定させる

7.11.1 アプリケーションプール

ワーカープロセス分離モード

アプリケーションプールを追加する

アプリケーションプールに割り当てる

コラム ワーカープロセスを確認する

コラム 回復コンソール

7.12 ●インターネットアプリを設定する

7.12.1 CGI

EXEタイプのCGIを許可する

7.12.2 FastCGI+PHP

FastCGI

PHPをインストールする

PHPをFastCGIにマッピングする

Chapter 8 SMTPとFTP

8.1 ●SMTPサーバーを設定する

8.1.1 SMTPサーバー

IIS6でSMTPサーバーを設定する

コラム NICチーミング

8.1.2 SMTPサーバーの配信処理

SMTP仮想サーバーへの接続を制御する

メールの中継を制限する

コラム IISのデータをバックアップするには

8.2 ●FTPサーバーを構成する

8.2.1 FTPサーバー

FTPを追加する

FTPサーバー用のメッセージを設定する

8.2.2 FTPへのアクセスを制限する

特定のユーザーの利用だけを拒否する

8.2.3 anonymousFTP

anonymousFTPを設定する

8.2.4 FTPサービスの開始

FTPサービスを開始する

8.3 ●ホームページにFTPを設定する

8.7.1 FTPの仮想ディレクトリ

FTPの仮想ディレクトリにWebホームフォルダーを設定する

8.4 ●FTPサービスを利用する

8.4.1 FTPサービスを利用する

FTPクライアントソフトを利用する

コラム IPP

コラム 「%Systemroot%」とは

Chapter 9 仮想化と仮想マシン

9.1 ●Hyper-Vをインストールする

9.1.1 Hyper-V

Hyper-Vの特徴

9.1.2 Hyper-Vのインストール

Hyper-Vのインストール要件

Hyper-Vをインストールする

コラム Hyper-Vの使用可能言語

コラム Hyper-Vで実行できる仮想インスタンスの数

9.2 ●Hyper-VゲストOSを構成する

9.2.1 ゲストOS

仮想マシンを新規作成する

仮想マシンにWindowsをインストールする

コラム Hyper-V

9.2.2 統合サービス

統合サービスのインストール

9.3 ●仮想マシンの基本操作

9.3.1 Hyper-Vマネージャー

仮想マシンを起動する

コラム Windows 8から仮想マシンに接続する

仮想マシンをシャットダウンする

9.4 ●Hyper-Vで仮想マシンを設定する

9.4.1 Hyper-Vの設定

Hyper-Vの設定を変更する

9.4.2 仮想マシンの設定

仮想マシンを設定する

9.5 ●仮想マシンの状態を保存する

9.5.1 仮想マシンの保存

仮想マシンを保存する

保存されている仮想マシンを起動する

9.5.2 スナップショット

スナップショットを保存する

過去のスナップショットを適用する

9.6 ●Linuxを仮想マシンにインストールする

9.6.1 SUSE Linuxを仮想マシンにする

ダウンロード

SUSE Linuxを仮想マシンに追加する

コラム Server CoreでHyper-Vをインストールする

SUSE Linuxをインストールする

コラム Live Migration

Chapter 10 サーバーとクライアントの管理

10.1 ●リモートデスクトップ接続でサーバーを管理する

10.1.1 リモートデスクトップ接続

コラム リモートデスクトップサービスのメリットとデメリット

リモートデスクトップ接続を許可する

クライアントからリモートデスクトップで接続する

10.2 ●リモートデスクトップサービスで管理する

10.2.1 リモートデスクトップサービスの役割

リモートデスクトップサービス

リモートデスクトップサービスを追加する

コレクションを作成する(セクションコレクション)

10.2.2 RemoteApp

RemoteAppプログラムを追加する

10.2.3 RD Webアクセス

WebブラウザからRemoteAppプログラムを実行する

Webブラウザからリモートデスクトップ画面を表示する

10.3 ●ネットワークのトラブル箇所を特定する

10.3.1 ping

pingコマンドの書式

コラム コマンドプロンプトの起動

pingでネットワークの開通を確認する

10.3.2 nslookup

nslookupでDNSサービスを確認する

10.3.3 ipconfig

ipconfigでTCP/IPの設定を確認する

10.3.4 tracert

tracertで経路の障害を調べる

10.3.5 ルーティングテーブル

route

routeでルーティングテーブルを管理する

10.4 ●Telnetでリモート操作する

10.4.1 Telnetサーバー

Telnetサーバーをインストールする

Telnetサーバーを有効にしてサービスを開始する

10.4.2 Telnetクライアント

Telnetクライアントで接続する

クライアントのTelnetコマンド

10.5 ●コマンドでネットワークを管理する

10.5.1 ネット管理用のコマンド

net userコマンド

net userでユーザーアカウントを設定する

net config

net configでサーバーの構成情報を表示する

コラム グリッドコンピューティング

10.5.2 net time

タイムサーバーと時刻を同期する

コラム AppLocker

10.5.3 ポート

netstatコマンド

netstatでポートを使っているプログラムを見付ける

tasklistでプロセスIDの中身を知る

taskkillで特定のタスクを終了させる

ポートを閉じる

10.6 ●Windowsをネットワークからインストールする

10.6.1 Windows展開サービスを構成する

Windows展開サービスをインストールする

サーバーの構成を行う

コラム Windows To Go

Windowsのイメージを作成する

10.6.2 Windows展開サービスによるインストール

ネットワークからWindowsをインストールする

コラム Windows ADK

10.7 ●Server Coreで作業する

10.7.1 Sercer Coreのインストール

Server Coreをインストールする

10.7.2 Server Coreの基本操作

静的IPアドレスを設定する

Sever Coreコンピューターをドメインに参加させる

Server Coreの初期設定コマンド

コラム Sconfig

Server Coreに役割や機能をインストールする

Server Coreコンピューターをシャットダウンする

コラム Server Coreのウィンドウを閉じてしまったら

10.7.3 Server Coreのリモート操作

Server Coreにリモートデスクトップ接続する

Chapter 11 システムのメンテナンス

11.1 ●サーバーをバックアップする

11.1.1 Windows Serverバックアップの設定

Windows Serverバックアップを追加する

バックアップ用のユーザーアカウントを準備する

サービスを停止する

システムのバックアップ(1回限り)を行う

ネットワーク上の共有フォルダーにバックアップする場合

11.1.2 バックアップスケジュール

バックアップをスケジュールする

11.1.3 回復

ファイルやフォルダーを回復させる

システムを回復させる

コラム セーフモードで起動する

コラム Windows拡張オプションメニュー

11.2 ●ハードウェアを増設する

11.2.1 USBデバイス

USBデバイスを追加する

USBメモリの追加

USBデバイスを安全に取り外す

11.2.2 デバイスマネージャー

デバイスドライバーを更新する

11.3 ●ハードディスクを増設する

11.3.1 シリアルATA(SATA)

ハードディスクを増設する

11.3.2 ダイナミックディスク

ベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する

ダイナミックディスクを拡張する

ダイナミックディスクを圧縮する

コラム システム情報

11.4 ●ディスクをメンテナンスする

11.4.1 チェックディスク

チェックディスクを実行する

11.4.2 ディスクデフラグツール

ディスクデフラグツールを実行する

コラム データー重複除去

11.5 ●システムのパフォーマンスを監視する

11.5.1 信頼性とパフォーマンスモニター

リソースの概要を監視する

モニターツールを表示する

データコレクターセットとレポート

11.5.2 ネットワークセッション

共有フォルダーのセッションを閉じる

11.5.3 システムリソースマネージャー

システムリソースマネージャーのインストール

システムリソースマネージャーでリソースを割り当てる

11.6 ●サーバーの無駄な電力をカットする

11.6.1 電源オプション

電源オプションを変更する

11.6.2 POWERCFG

コマンドで電源設定を管理する

11.7 ●システム起動時のトラブルの原因を探る

11.7.1 システム構成ユーティリティ

サービスとスタートアップを選択する

11.7.2 ブートオプション

セーフブートのオプションを設定する

Chapter 12 PowerShell

12.1 ●PowerShellの基本

12.1.1 PowerShellの基本操作

PowerShellを起動/終了する

PowerShellで簡単なコマンドレットを実行する

コラム PowerShell ISEを起動するには

コラム GetコマンドレットとSetコマンドレット

12.1.2 PowerShellの画面

PowerShellコンソールのキー入力と編集

コラム PowerShellのショートカットキー

PowerShellの対話的な表示

PowerShellの画面の色を変更する

12.1.3 PowerShell ISE

PowerShell ISEの基本画面

PowerShell ISEで簡単なコマンドレットを実行する

12.1.4 エイリアス

エイリアスを利用する

12.1.5 PowerShellのリモート操作

WindowsのPowerShellでリモート操作する

12.2 ●PowerShellでするシステム管理

12.2.1 プロセス管理

Get-Processコマンドレットでプロセス情報を得る

Stop-Processコマンドレットでプロセス情報を停止する

コラム 表示結果をフィルターにかける

12.2.2 WMIオブジェクト

Get-WmiObjectコマンドレットでシステム情報を得る

BIOSの情報の取得

CPUの使用率を表示するには

12.2.3 パラメーターGUIの利用

エクスプローラーのプロセス情報を表示する

12.2.4 システムのシャットダウン/再起動

PowerShellでコンピューターを強制終了するには

PowerShellの変数のスコープ

12.3 ●ユーザー管理

12.3.1 ローカルユーザーの管理

PowerShellでローカルグループアカウントを作成する

コラム 「net」コマンドでローカルユーザーを管理する

PowerShellでローカルユーザーアカウントを作成する

PowerShellでユーザーをグループに所属させる

コラム PowerShellの変数

12.3.2 ActiveDirectoryのユーザーとコンピューターを管理するには

PowerShellでドメイングループを管理する

コラム ドメイングループを削除する

PowerShellでユーザーを追加する

PowerShellでユーザーのパスワードを設定する

PowerShellでユーザーのプロパティを設定する

コラム 主なユーザーオブジェクトのプロパティとADUserパラメーター

PowerShellでユーザーをグループに参加させる

12.4 ●構成

12.4.1 役割と機能の構成

PowerShellで役割と機能をインストールする

PowerShellで役割と機能を削除する

12.5 ●スクリプト

12.5.1 PowerShellのスクリプト

PowerShell のスクリプトを作成する

ISEでスクリプトを実行する

PR

秀和システム