開発現場で役立つ COBOLプログラミング入門 第2版

概 要

COBOLの言語学習から実務までの全てがわかる開発ノウハウが満載の入門書です。現在も膨大なCOBOL資産が存在し、現役のシステムが多数稼働しています。新規開発は勿論、保守や移植の際にもCOBOLの知識は必須です。COBOLを初めて学ぶ人、リプレイス担当者、開発担当者などを対象に、COBOLの基本的な書き方から、入出力エラーからの回復や保守・運用のポイントといった実務知識まで解説しています。第2版では、組込み関数を数多く記述し、評判のVBとの連携やデータベースとの連携に関するプログラミング技術も習得できます。また、章末の確認問題で学習内容を確認でき、サンプルコードは第3次規格準拠用とOpenCOBOL用の2種類を提供します。

著者 細島一司(トータルセブン)
価格 本体3200円(税別)
ISBN 978-4-7980-3885-8
発売日 2013/8/23
判型 B5変
色数 1色
ページ数 392
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 COBOL言語のあらまし

1.1 COBOLのなりたち

1.2 COBOLの特徴

1.3 本書で学習する内容

1.4 COBOLプログラムを動かすには

Chapter2 はじめてのCOBOLプログラム

2.1 COBOLプログラムの構成

2.2 プログラムの書き方

2.3 確認問題

Chapter3 データ構造と算術

3.1 データ構造

3.2 データ項目の項類と字類

3.3 一意参照とスコープ

3.4 算術計算

3.5 確認問題

Chapter4 流れを制御する

4.1 GOTO文とSTOP文

4.2 IF文

4.3 EVALUATE文

4.4 PERFROM文

4.5 見落としやすい判断と反復のプログラム

4.6 確認問題

Chapter5 転記と文字列操作

5.1 転記の文

5.2 間違えやすい転記

5.3 文字列検査と置換

5.4 文字列の連結と分解

5.5 確認問題

Chapter6 表操作

6.1 添字と指標名

6.2 表の初期値と領域の再定義

6.3 指標データ項目と条件式

6.4 逐次表引きと二分表引き

6.5 確認問題

Chapter7 組込み関数

7.1 組込み関数とは

7.2 種類と使用例

7.3 確認問題

Chapter8 ファイルの入出力

8.1 順ファイルの使い方

8.2 相対・索引ファイルの使い方

8.3 確認問題

Chapter9 ソートとマージ(整列併合)

9.1 ソートとマージとは

9.2 整列機能(ソート)

9.3 併合機能(マージ)

9.4 確認問題

Chapter10 報告書機能

10.1 報告書とは

10.2 使用する文

10.3 コントロールブレイク処理

10.4 確認問題

Chapter11 プログラム間連絡(CALL)

11.1 連絡節とパラメタの受け渡し

11.2 COBOLの副プログラムを呼び出す

11.3 確認問題

Chapter12 プログラム作成支援機能

12.1 COPY文とREPLACE文

12.2 デバッグ行

12.3 確認問題

Chapter13 他言語インターフェイス

13.1 Visual Basicとのパラメタの受け渡し

13.2 アライメントと文字列処理

13.3 Visual Basicの画面とCOBOL計算

13.4 Visual Basicの画面とCOBOLファイル

Chapter14 データベースを制御する

14.1 Oracleデータベースにアクセスする

14.2 既存のデータベースに接続してみよう

14.3 データベースの作成と他のSQL文の実行

14.4 ストアドプロシージャの作成とCOBOLからの呼び出し

Chapter15 COBOL指南集

15.1 入出力エラーからの回復

15.2 保守・運用のポイント

15.3 コンパイルエラーの対処のポイント

15.4 実行時エラーの対処のポイント

15.5 COBOLコンパイラ間による差異と移植性

15.6 プログラムの処理速度を上げる方法

15.7 移植時の生産性を上げる方法

15.8 部品化によるシステム部門の指針

資料

1 簡易リファレンス一覧(予約語と一般形式)

(1) 予約語一覧

(2) 一般形式一覧

2 OpenCOBOLを利用したプログラム環境の構築

(1) MinGWの入手

(2) MinGWのインストール

(3) ライブラリのインストール

(4) MinGWの環境変数の設定

(5) OpenCOBOLの入手

(6) OpenCOBOLのインストール

(7) OpenCOBOLの環境変数の設定

(8) MinGW+OpenCOBOLの動作確認

3 OpenCOBOLのコンパイラオプションと注意事項

(1) コンパイラオプション

(2) 注意事項

4 Oracle Database for Microsoft Windowsのインストール方法

(1) Oracle Database for Microsoft Windowsの入手

(2) データベース本体のインストール

(3) Pro*COBOLのインストール

5 確認問題の解答

Chapter 2 はじめてのCOBOLプログラム

Chapter 3 データ構造と算術

Chapter 4 流れを制御する

Chapter 5 転記と文字列操作

Chapter 6 表操作

Chapter 7 組込み関数

Chapter 8 ファイルの入出力

Chapter 9 ソートとマージ(整列併合)

Chapter 10 報告書機能

Chapter 11 プログラム間連絡(CALL)

Chapter 12 プログラム作成支援機能

PR

秀和システム