覚えないで作る Android業務アプリ 即席組み立てキット パンフレット編

概 要

かさばる資料をAndroidにスッキリ収めたくはありませんか? コピペだけでお金をかけず、知識ゼロでもAndroid用業務アプリが作れる解説書です。営業マンやショップスタッフの「商品カタログが多すぎる」「カタログに載せる商品が頻繁に入れ替わるから更新が面倒」「顧客をまたせず、さっと目的の資料を提示したい」という悩みを解決します。本書は、プログラミングの知識はまったく必要なく、Androidタブレットで利用できる業務アプリを、手順どおりにテキストをコピー&ペーストしていくだけで完成するわかりやすい解説が特徴です。また、データ管理用サーバの準備も解説しており、運用手順もしっかりわかります。サンプルファイルのダウンロードサービス付き。

著者 高木祐介
価格 本体1680円(税別)
ISBN 978-4-7980-3896-4
発売日 2013/8/24
判型 B5変
色数 1色
ページ数 352
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Androidアプリとタブレットで業務がもっと効率化する!

1-1 Androidタブレットとオリジナルアプリで業務をもっと効率化できる

パンフレットや商品カタログで、不便に感じていることはありませんか?

タブレット端末と業務に合わせたアプリを導入する動きが進んでいます

業務アプリをどうやって導入するのか?

自身でアプリを作成するとしたら?

プログラミング知識や経験が無い方こそ、本書を役立ててください

本書で使用するタブレット端末用OS「Android」

1-2 本書で作成する「パンフレットアプリ」

本書で作成するのはシンプルなアプリ

「パンフレットアプリ」とはどのようなものか?

1-3 本書の構成

本書の構成について

1-4 アプリ作成作業の進め方

作業の進め方:わからない個所があったら

作業の進め方:ソースコードの記述について

第2章 アプリ作成の環境を整えよう

2-1 アプリの作成に必要な環境を確認しよう

本書で作成するアプリの概要について

アプリ「ShuwaEP」の作成に必要なもの

2-2 タブレットのOSバージョンを確認しよう

Android OSのバージョンを確認する

タブレットのAndroid OSを更新する

2-3 Androidアプリの開発環境を準備しよう

「ShuwaEP.zip」ファイルをダウンロードする

ファイルの内容を確認する

インストール済みのJDKがあるかどうか確認する

JDKをインストールする

JDKの環境変数を設定する

Eclipseを起動する

2-4 クラウドサービスの利用を開始する

「Nifty Cloud C4SA」について

「Nifty Cloud C4SA」を利用するために必要なもの

「Nifty Cloud C4SA」の利用を開始する

2-5 キャンパスを作成して必要なファイルをアップしよう

「キャンパス」とは

キャンパスを作成する

「Web Dav」を設定する

必要なファイルをアップロードする

データベースを作成する

次に行うこと

第3章 アプリを作成しよう

3-1 アプリ「ShuwaEP」の概要について確認しよう

このセクションで行うこと

全体のシステム構成

端末側の役割とシステム構成

サーバー側の役割とシステム構成

3-2 アプリ「ShuwaEP」で使用するデータについて確認しよう

サーバー側でのデータの取り扱いについて

サーバー側のデータベースが保持するデータについて

サーバー側のデータベースの構造について

アプリ側でのデータの取り扱いについて

アプリ側のデータベースに保存されるデータについて

アプリ側のデータベースの構造について

サーバーからアプリへのデータ送信について

3-3 アプリ「ShuwaEP」の画面構成と機能について確認しよう

アプリの作成条件について

アプリを構成する画面について

「トップ画面」の画面構成と各部の名称

「トップ画面」で実行される処理について

「更新画面」の画面構成と各部の名称

「更新画面」で実行される処理について

「パンフレット閲覧画面」の画面構成と各部の名称

「パンフレット閲覧画面」で実行される処理について

3-4 ソースファイル・リソースファイルの構成について

プロジェクト名とプロジェクト内部の構成

「src」フォルダーの構成とソースファイルについて

「src」フォルダーに作成するパッケージの構成について

各パッケージに含まれるソースファイル(クラス)について

「res」フォルダーの構成とリソースファイルについて

3-5 Eclipseの各部の名称と概要について

Eclipseの画面構成と各部の名称

ビューを表示する

パースペクティブの表示と切り替え

Javaパースペクティブについて

デバッグパースペクティブについて

DDMSパースペクティブについて

3-6 すぐアプリ作成に取りかかりたい人は

このセクションからはじめる人は必ず読んでください

このセクションで行うこと

Androidプロジェクトを作成する

Androidプロジェクトのエンコーディング設定

ファイルの編集後は保存する

ビューの表示と切り替え

パースペクティブの表示と切り替え

まとめ

3-7 プロジェクトを作成しよう

プロジェクトを作成する

各種フォルダーを準備する

3-8 アプリで共通に使用されるクラスを作成しよう

このセクションで作成するクラスの概要

? IntentKeysクラスを作成する

? ConstantURI列挙型を作成する

? HttpRequestorクラスを作成する

? DirectoryUtilityクラスを作成する

作成したプログラムの動作確認準備をする

作成したプロジェクトをはじめてデバッグ実行する

同一プロジェクトでの2回目以降のデバッグ実行

作成したプログラムの動作を確認する

まとめ

3-9 レコードを一時的に保存するためのクラスを作成しよう

準備

このセクションで作成する「Recordクラス」の概要

Recordクラスを作成する

3-10 サーバーから取得したレコードを解読するクラスを作成しよう

準備

このセクションで作成するクラスの概要

? JSONDecodableインターフェイスを作成する

? CompanyImgRecordDecoderクラスを作成する

? PamphletRecordDecoderクラスを作成する

作成したプログラムの動作確認を準備する

作成したプログラムの動作を確認する

まとめ

3-11 アプリ内データベースを操作するクラスを作成しよう

準備

このセクションで作成するクラスの概要

? AbstractTableHelper抽象クラスを作成する

SQL文をまとめたファイルを作成する

? CompanyImgTableHelperクラスを作成する

? PamphletTableHelperクラスを作成する

? DatabaseHelperクラスを作成する

? PamphletDBクラスを作成する

3-12 アプリのトップ画面を作成しよう

このセクションの作業の流れと準備

このセクションで作成するリソースファイルの概要

トップ画面で表示する文字列を定義する

ユーザーインターフェースのデザインを定義する

UI部品のサイズを定義する

トップ画面のレイアウトを定義する

トップ画面用オプションメニューの内容を定義する

ProductListFragmentレイアウトを定義する

パンフレット(商品)一覧表示エリアに表示されるアイテムのレイアウトを定義する

このセクションで作成するクラスの概要

? ProductListAdapterクラスを作成する

? ProductListFragmentクラスを作成する

? TopActivityクラスを作成する

作成したクラスの動作確認を準備をする

作成したクラスの動作確認を行う

3-13 ファイルの更新処理を作成しよう

準備

このセクションで作成するクラスの概要

UpdateProccess列挙型を作成する

進捗状況を伝える文字列を定義する

InterfaceDataRequestProcessインターフェイスを作成する

InterfaceFileUnzippingProcessインターフェイスを作成する

UpdateManagerクラスを作成する

DataRequestTaskクラスを作成する

DownloadReceiverクラスを作成する

FileUnzipTaskクラスを作成する

3-14 更新画面を作成しよう

このセクションで行うこと

更新画面で使用する文字列リソースを定義する

更新画面で使用するサイズ情報を定義する

更新画面のレイアウトを定義する

更新画面に含まれるフラグメントレイアウトを定義する

このセクションで作成するクラスの概要

DataRequestProcessクラスを作成する

FileUnzippingProcessクラスを作成する

UpdateCompanyImgFragmentクラスを作成する

DataRequestProcessクラスを作成する

FileUnzippingProcessクラスを作成する

UpdatePamphletFragmentクラスを作成する

UpdateActivityクラスを作成する

動作確認の準備をする

更新画面を表示する

更新画面の動作確認をする

3-15 パンフレット閲覧画面を作成しよう

パンフレット閲覧画面で使用する文字列リソースを定義する

パンフレット閲覧画面のレイアウトを定義する

ImageSwitcherで使用するViewのレイアウトを定義する

イメージ表示の切り替えアニメーションを定義する

このセクションで作成するクラスの概要

ImageSwitchViewFactoryクラスを作成する

ImageSwitcherControllerクラスを作成する

PamphletBrowseActivityクラスを作成する

3-16 アプリケーション全体の動作を確認してみよう

動作確認の準備をする

パンフレット閲覧画面の動作確認を行う

アプリ「ShuwaEP」の完成です

第4章 パンフレットアプリのデータを変更しよう

4-1 ファイルアップロード場所について確認しよう

「publi_html」フォルダーの構成を確認する

会社イメージファイルのアップロード場所を確認する

パンフレットファイルのアップロード場所を確認する

4-2 会社イメージファイルを変更してみよう

会社イメージファイルを新規に作成する場合のルール

会社イメージファイルをアップロードする

データベースレコードを変更する

4-3 パンフレットファイルを追加してみよう

パンフレットファイルを新規に作成する場合のルール

パンフレットファイルをアップロードする

データベースレコードを追加する

4-4 ファイル変更時に注意すること

会社イメージファイルを入れ替える際の注意事項

パンフレットファイルを追加・編集する際の注意事項

第5章 ユーザーインターフェイスをカスタマイズしよう

5-1 アプリアイコンを変更するには

アイコン用イメージの保存場所

アイコン用のイメージファイルを変更する

5-2 アプリ名を変更するには

アプリ名を変更する

5-3 文字の色やサイズを変更してみよう

文字色を変更する

文字サイズを変更する

5-4 Viewの背景色を変更してみよう

背景色を変更する

5-5 Viewのデザインを変更してみよう

Viewを本来のデザインに戻す

Viewのデザインを変更する

まとめ

第6章 その他アプリ作成で知っておきたいこと

6-1 プロジェクトを削除する

プロジェクトを削除する

6-2 プロジェクトの名前を変更する

プロジェクトの名前を変更する

端末に表示されるアプリ名を変更する

6-3 パッケージを削除する

パッケージを削除する

6-4 パッケージの名前を変更する

パッケージの名前を変更する

ルートパッケージ名を変更する際の注意点

Activityを継承したクラスを含むパッケージ名を変更する時の注意点

6-5 ファイルを削除する

ファイルを削除する際の注意点

6-6 ファイルの名前を変更する

リソースファイル名を変更する

ソースファイル名を変更する

6-7 プロジェクトのクリーンを行う

プロジェクトのクリーンを行う

6-8 端末ドライバーのインストールとネットワーク接続

端末にドライバーをインストールする

端末をネットワーク接続する

PR

秀和システム